※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場人物



主人公

J・P・ポルナレフ

本作の主人公。承太郎からの誘いを受けて、もう一度エジプトの地を訪れる。
最近はある想いがもとになって写真が趣味になりつつある。

スタンド:シルバーチャリオッツ
近距離(~中距離)パワー型。
ヴァニラアイスとの死闘を経て、射程距離が延びた。


アレッサ・カートランド

ポルナレフの妹・シェリーに良く似たアメリカ人の少女。
彼女の祖父がエジプト旅行の際にエンヤ婆から「矢」を購入しており、
その「矢」が原因となって、兄のマーカスが家族全員を皆殺しにして姿を消した。
兄の行方を追いながら、兄を狂わせた元凶を探るとともに、
兄の正気を取り戻す方法を探してエジプトにやってきたのだという。
ポルナレフは彼女とともに、本格的に「矢」の追跡を開始することとなる。

スタンド:ザ・ファントム
遠隔操作型。アイアンメイデンのような不気味な形状のスタンド。
浮遊する2つの腕があり、攻撃を加えた部位を切り離し、自分の内部に封印する。
最後には完全にスタンド内の闇へと束縛する(スタンドの中に閉じ込める)。
終盤で、バラバラに分離して相手を取り囲む能力が追加される。
(最初は少しずつ影に引きずり込むスタンドの予定だったけどサバスっぽいからボツにしました)


ホル・ホース

ある酒場で偶然ポルナレフと再会することになるかつての敵。
現在は世界中を旅しながら女と遊び、酒を飲む気ままな生活を送っている。
街の事情と「ギャング組織」についてポルナレフたちに忠告する。
アレッサの頼みでしぶしぶ仲間になるが、この時点ではまだ、
アレッサが彼の「女」に対する考え方に変化をもたらす存在だとは気づいていない。
ポルナレフの「相棒」役を担当してもらいます。

スタンド:エンペラー
中距離。自由自在に曲がる弾道を発射する。


ティラミス

ギャング組織「パッショーネ」の頭脳の一角を担う少年幹部。
組織の重役だった父親の影響で、半強制的に組織へ入団させられた。
「組織」のボスを追っているポルナレフたちにメッセージを送り、接触を試みる。
脚が不自由なため車椅子生活を送っており、ボスの扱う「麻薬」の存在を心から憎んでいる。

スタンド:マイフェアレディー
自動操縦。妖精のようなスタンド。意思を持っており、生物に関わらず小さな傷を修復する。
自動操縦ではあるが、ティラミスと感覚の一部(視覚など)を共有できる。
(自由に動き回ることに制限のあるティラミスの「自由」への想いが具現化したかのようなスタンド)


ウオーヴォ・ボーロ

情報はまだなんにも^^

スタンド:マイ・ケミカル・ロマンス
対象の健康を操作する能力。力が+方向に向かえば怪我などの治療に使え、
-方向に向かえば、相手にとっての「害」となる。


オノーレ・ウマニタ

女性ではない。カラビニエリ(国家憲兵)の出身で、イタリア国内の美術品の保護を任務としていた。
密輸出取締や窃盗事件捜査でマフィアとはよく関わりがある。
→美術品の保護が任務でなんで密輸とか窃盗と関わるのか?←今の議題

スタンド:Battle Without Honor Or Humanity(バトル・ウィズアウト)
水を操り、ビームのようにして発射することもできる。


ミハエル・P・ブラウン

イタリアの田舎育ちの黒人。小さい頃は周囲の人間にいじめられながら育った。
バチカンへと移住した後はカトリック教徒になり、品を得た。
周囲に信じられる人間が少なかったことから、何よりも自らの「正義」を信じている。
人生で仲間と呼べる存在がいたことがなかった彼は、ポルナレフと出会い、
そのフランクな対応に徐々に心を打たれ、彼と同行することになる。
自らの正義を汚す「嘘」に敏感であり、軽々しく「嘘」をつく人間を嫌悪している。
道に迷った彼に対して適当な対応をして、間違った道を教えたおばちゃんのことがムカついている。

スタンド:イン・ザ・ジャングル・グルーヴ
触れたもの(地形やオブジェ)と同質化する能力。
彼が幼い頃、周囲の子どもたちにとって、田舎出身の黒人は格好のいじめの的であった。
次第に彼は自らの「肌の色」を憎みはじめ、それを隠したいという気持ちは強くなっていった。
そんな彼の気持が、地形同質化の能力・・・ある種の「保護色」のような能力として反映されたのであろう。



トム・モレロ

下っ端ギャングのまとめ役。組織のために全力を尽くしたのだが認めてもらえず、組織へ反発する。
ボスを殺そうとしたが、トゥイギーに謀反がバレて半殺しにさせされる。
だが、同じく組織と戦うポルナレフたちのことを知り、ポルナレフたちに重要な情報を伝える。
しかし、追手のギャングに殺され、絶命する。

スタンド:レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
スタンド像はない。自らの体を硬化させたり、液化させたりできる。
応用として、腕を鋭利な刃物に変えることなどもできる。



敵スタンド使い

下っ端ギャング

+ ...


麻薬チーム

+ ...


親衛隊

+ ...


政府に居る組織の追手

+ ...


幹部

+ ...


その他

+ ...



その他の登場人物

空条 承太郎

ポルナレフに「スタンド能力を引き出す存在」の調査を持ちかけた張本人。
大学の研究が忙しいらしく、調査が始まって数日で帰国。
連絡が取れないポルナレフの身を案じている。

スタンド:スタープラチナ
DIOの「世界」を打ち破った人呼んで最強のスタンド。
最後の戦いから数年経ったものの、そのパワーとスピードは健在。


フォカッチャ

フランスの情報屋。非スタンド使い。



名前:
コメント: