psychology@Wiki privatememo 雑学


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

安眠の基本

・規則正しい生活
規則的に眠る。不規則に仮眠しない。

・生体リズムを整える
睡眠と覚せいは、体の中にある生体リズムによってコントロールされています。
生体リズムの異常は、睡眠・覚せいリズム障害といわれる不眠の原因になりますし、レム睡眠とノンレム睡眠の周期にも、生体リズムが関与していることが分かってきています。
睡眠の質を決定的に左右するのは、生体リズムなのです。

・生体リズムを整えるには
・起きる時間、食事の時間を毎日一定にする
・起きた時(少なくとも午前中)に数分間でも太陽の光を浴びる(散歩などが最適)
・運動不足にならないように、適度に体を動かす
・お風呂は熱すぎるお湯に入らず、ぬるめのお湯にゆっくり入る

・毎日できるだけ他人とふれあう
人と会う・話す事も大切です。社会のリズムに合わせる事で、24時間の周期を感じやすくなる。
家に閉じこもっていると、25時間周期に近い不規則な生活となりやすい。
人と会う機会が減れば、太陽を浴びる時間も少なくなる。

音楽による効能

・ストレス解消
イライラしている時にはテンポの速い曲、
やる気が起きない時にはゆったりした曲を聴くと自分の気持ちが音楽と通じ合って、ストレス解消に役立ちます。

・胎教
母親の情緒を安定させることが出来るので、赤ちゃんの情操教育には必須です。
また、胎児の時期に感じる音や会話などまわりの環境が生まれてから大きく影響すると言われています。
ちなみに赤ちゃんを抱く時は左に頭を持ってくるように抱く母親が多いそうです。
1/fゆらぎである母親の心音で赤ちゃんもリラックス出来るのでしょう。

・老人痴呆症・重度の心身障害児・様々な疾患
高齢者が自分の好きな曲を聴いて元気になる。
自閉症の子供が自発的に言葉を発する。
疼痛薬の使用量が減少。

・植物の生長
同じ条件の温室で片方にはクラシック音楽を流し、もう一方ではロック音楽を流す実験を行なった結果、クラシックを流した方の植物は、音楽の法へ向かって伸びていきました。
ロックのほうは、ラジオから遠ざかるように伸び、逃げ出そうとしているように見えたそうです。

対人恐怖症

対人恐怖症は、他人と同席するような場面において強い不安や緊張感を覚えるもの。普通の人にも起りますが、その程度が強く、日常生活に支障をきたしたり、本人が
それに強く悩むようになってくると治療が必要になります。

★症状
対人恐怖症は、日本では最もポピュラーな神経症。
人前で緊張すると「あがる」という経験は誰にでもあると思いますが、この「あがる」度合いが、かなり強くなったものと考えればいいでしょう。
人前で顔がカーッと熱くなったり、赤面したりする「赤面恐怖症」、人と視線を合わせられない「視線恐怖症」などがその代表です。

★対人恐怖症になりやすい方
思春期などに、「自分が人からどう見られているのか」が気になり始めるころには、誰でも一過的に「対人恐怖的」になるもの。
ほとんどの人はやがて気にならなくなりますが、その状態が青年期を通してもずっとつづいてしまう場合もあり、それが対人恐怖症として定着するようです。
そういう場合、もともと神経質な人ではあるようです。
「対人恐怖症者」は、一般的に自意識と呼ばれるものが人並み以上に強く、その悩みも苦しみも、ほとんど本人の「意識過剰」からくるものです。
「他人はそれほど自分に注目しているわけではない」と頭ではわかっているのですが、それでもその意識から抜け出すのは、彼らにとって容易なことではありません。ですから、なかなか「自分を出せない」という人が多く、当然、新しい環境になじむまでに時間がかかります。
しかし、一度うちとけてくると大丈夫。もともと気づかいに優れていますから、慣れてくるにしたがって周囲からの信頼を得、評価も上がってくることが、人間関係のひとつのパターン。
また、何ごとにも慎重なために、大きな失敗をしないのも利点といえるでしょう。

★予防と対処法
対人恐怖は、思春期的な問題を背景にしているので、
30歳くらいになるまでには、自然によくなることが多いものです。
さまざま人間関係を経験していくうちに人への警戒心が薄れ、同時に、自意識も弱まっていくわけです。
不安が強い場合には、精神安定剤を使う場合もありますが、カウンセリングで自分を十分に表現し
自信を持って現実の人間関係をこなしていくのが理想的といえるでしょう。

チョコレート

チョコレートの1人当たり消費量の多い国

1  スイス
2  オーストリア
3  アイルランド
4  ドイツ
5  ノルウェー

チョコレートの効能

・ガンの発生や進行を抑える。
・胃かいようの発生や悪化を防止する。
・ストレスを予防し、回復を助ける。
・更年期の「不定愁訴」(原因不明のイライラや不快感)を緩和する。
・アレルギー疾患や炎症を抑制する。
・免疫力のバランスを整える。
・O-157やピロリ菌を殺菌する。
・外傷を治癒する細胞などの働きを促す。

電話対応マニュアル

・何度聞き返しても名前が聞き取れない場合
恐れ入りますが、よく聞き取れなかったので、字を教えていただいてもよろしいでしょうか

・取り次ぎ相手が席を外している場合
申し訳ございません。○○はあいにく席を
はずしております。いかがいたしましょうか

・伝言を頼まれたら
かしこまりました。私、חと申します。
戻り次第、○○に申し伝えます

・休暇の場合
申し訳ございません、本日はお休みを頂いております。
よろしければ、ご用件を承りますが、いかがいたしましょうか

・取り次ぎに時間がかかる場合
お待たせしております。もうしばらくお待ちいただきますか、よろしければ折り返しお電話をさせていただきたいのですが

・こちらから折り返す場合
よろしければ折り返しお電話させていただきたいのですが

・すでに帰っている場合
申し訳ございませんが、○○は失礼させて
いただきましたが、いかがいたしましょうか

眠り過ぎも良くない

アメリカの実験で、ヒトが眠りすぎると
どうなるかという調査をしたところ、
注意力が低下し、仕事の能率などが悪くなったという結果がでました。
そのヒトの体質にもよりますが、8時間を超えてくると逆に疲れが出てくると言われています。
際限なく眠ることで、睡眠のリズムが乱れ、目覚めの仕組みがうまく働かなくなることが原因だそうです。
長時間の睡眠は、浅い眠りを継続している場合が多く、疲れの解消にはなりません。
また、ストレスがあるとヒトは長く眠る傾向があるようです。
いつもより長く寝るようになったというヒトは、普段の生活を振り返ってみてください。

口臭の予防の基本

・毎食後の歯磨きを。

定期的に歯磨き、お口の中をいつも清潔にして虫歯や歯周病にならないようにしましょう。
歯周病にかかると、バクテリアが歯垢の下やポケット(歯と歯茎の間の深い溝)内に隠れて、お手入れが困難になってしまいます。

・唾液の分泌量を高める。

乾いた口にはより口臭を生み出しやすい環境にあるといえます。
唾液には口の中の細菌を撃退する殺菌作用があり、唾液の分泌はよく噛んで食事をとることで促されます。
ただし、食後の歯磨きを忘れないように。

・舌苔をとる。

舌苔は食べ物のカスや細菌などが固まり、舌の表面にこびりついたものです。
この舌苔を落とすことも、口臭予防にはかなり効果があります。
歯ブラシで舌の上をかるくブラッシングするだけできれいにとれます。
舌苔は寝ている間につくられるので、朝の歯磨き時に舌のケアもしましょう。

安眠

★人は何のために眠るのか。

人が睡眠を取る理由ははっきりした学説は無いようですが、一般に「脳を休息させる」ためだと言われています。
身体の疲れを取るためよりも、精神的な疲労を取ることが重要なようです。

★毎日どれ位眠る必要があるのか

ある調査では日本人の平均睡眠時間は約7時間といわれていますが、5人
に1人は睡眠上の問題を抱えているそうです。
睡眠時間に絶対なものはなく、必要な量は個々人によってさまざまですが
、熟睡感のキーポイントは心地よく眠りに入って心地よく目を覚ます
睡眠の途中で目を覚まさないことです。

★安眠を邪魔する物
安眠を防ぐものとして、以下のものが挙げられます。

過度に明るい室内
カフェインやニコチン
睡眠薬代わりの寝酒
暑さ
騒音

★安眠のための一工夫

適度な硬さの敷布団と保温性・保湿性のある掛布団を使用
自分の高さに合った枕
ぬるめのお風呂に浸かる
消化の良い夕食を取る
適度なアルコール
ストレッチ運動等、適度な運動

ヘンな食べ合わせ

・プリン+醤油=ウニ

・アボガド+わさび醤油=大トロ

・牛乳+麦茶=コーヒー牛乳
こつは麦茶を濃くいれること。牛乳との比率を考える事。
ビターテイストで案外、美味しいとのこと。

・ きゅうり+蜂蜜=メロン

・安物のマグロの赤身+マヨネーズ=トロ

・かっぱえびせん+マヨネーズ=エビフライ

・バニラアイス+醤油=みたらし団子
これも意外と美味なんだそうです。

・カルピス+梅干=チーズケーキ

・バナナ+マヨネーズ=メロン

・ヨーグルト+豆腐=レアチーズケーキ

・ウーロン茶+炭酸=ビール

・コーヒー+炭酸=ウィンナーソーセージ

・ようかん+バター=スイートポテト