シェイン・ニコラウス・デネフォージ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シェイン・ニコラウス・デネフォージ (ラテン語表記:Sheyne Nicholaus Deneforge)とは、TWINZAETHに登場する架空の人物。及びその主人公。

人物

第5紀後期に生誕したデネフォージ王家の双子、男の方。先天性の相《 夜煌 》を発現しており、常人を遥かに凌駕する魔法的体質を持つ。個の力が余りにも非常識故に、一部政党・宗教団体から危険視され、物心付く前から魔導量抑制訓練を受けていたとされる。後の解析魔術・幾何光魔術の創設者である。

容姿

微妙に猫毛で、暗い密閉空間である魔導図書館で過ごしていた為か瞳孔もやや大きい。両親共に北方言語圏の人間だが、髪も虹彩も濡鴉のように黒い。顔付きは年齢よりも幼く、精巧な人形のような印象を受ける。体格も細めで背も低いが、ネコ科の猛獣の様にしなやかな筋肉質を持つ。
服装は基本的に魔導用外套を羽織っている。外出時や気温によっては、帽子やマフラー等でぐるぐる巻きにされ、常に何かしらを纏っている。因みに本人の魔法的体質からしてみれば、風避けと防水さえ出来れば冷気を受け付けない。

性格

物静かで言葉足らず。専門である筈の魔法ですら詠唱を端折ってほぼ無言で済ませる。何かしら要求するときは、物凄く恐る恐るといった様子で意図が汲み取って貰えるような位置で仕草をする。察して貰えなくても、重要性に欠ける案件なら引き下がる。察して貰えたら嬉しがる。感情は表に出すが、負の感情だけは胸の内に秘める。
言葉を余り発する事がなく、儚さすら感じる容姿と特異な魔法体質もあってか、幽霊のような印象。人によっては気味の悪さを感じることがある。シェインの悪戯心を刺激すると本当に霊的、場合によっては小悪魔的・魔王的な何かを仕出かすので事態が悪化する事がある。
基本的には来るもの拒まず去る人追わず。有害と判断したら逆に害をもたらし、無害なら懐く。路頭に迷う人がいれば見棄てずに手を貸すが、逆の立場となった場合には頑なに一人で解決しようとする傾向がある。望みを捨てかけた人物に限って、謎のサーチ能力を発揮する。
性別特有の気質を強要する風潮を好まず、男性的・女性的といった概念を避ける傾向がある。肌色に関する人種差別はしないが、宗教差別をする宗教に対しては悪魔的。
理解できない事象に遭遇すると、短時間ながら固まる。動くタイミングは、理解するのを諦めるその瞬間。動揺すると理解出来ない事を理解しようとしなくなる為、固まり続ける事がある。
該当する情緒資質
緘黙症,分離不安,社会恐怖症,(特定の宗派に限り)宗教恐怖症

知能

《超仮想》
直観的な把握能力が極めて長けており、脳内で空間を構築して思考実験を行い、起こりうる現象を記憶して理解する資質。他人に説明するのが困難という欠点がある。
《魔導中枢領域・深度C2A3》
魔導制御を門に司る専門の脳機能が存在する。Cは
「Congenital(先天性)」を意味し、Aは「Acquired(後天性)」を意味する。数値はその進度を表し、高いほど症状が深い。

人間関係

戦闘力

創作に於ける印象付け

動物形象 “雪豹”
「雪原の亡霊」とも呼ばれるネコ科の動物。その名の通り、その地に適した迷彩を有しており、寒さに強い。また崖から崖へ渡り歩く跳躍力も発達している。ふるもっふ。学名のUnciaは「12分の1」を意味し、転じてここではシェイン系統に縁のある数字として12を採用している。
鳥形象“渡鴉”
北欧神話の主神・オーディンの斥候。北米先住民族の神話におけるトリックスター。帰巣本能を利用した船乗りの案内役として古くから貢献してきた。黒髪の表現として、濡れた鴉の羽を形容する事がある。
爬虫形象“ムッスラーナ”
蛇を喰らう蛇。相手の爬虫形象を飲み込む異能。これといって意味がある訳ではないが、蛇もオーディンと縁のある生物である。因みに前世の彼は、蛇と融合していた。
昆虫形象“モルフォ”
蝶は死と魂を司り、儚く美しい。前々世の彼(彼女)が司る事象を表したもの。
Tarot “XII -THE HONGED MAN”
「叡智・試練・慎重・直観」を意味するカード。オーディンをモデルにした挿し絵も存在する。数多なる苦難を受け入れ、乗り越えなければならない試練を課せられている。それは大切な何かを守る力を得る為、更なる上へ到達する為に。
オーディン
際限無く知識を追い求める、魔術と狡知の神。つばの広い帽子に黒いローブといういかにも魔導師然とした風貌である。
ニコラ・テスラ
稲妻博士とも呼ばれる20世紀前半辺りに活躍した電気技師。純粋な理論的学術者としてのリスペクト。あと某世紀末オープンワールドに登場する武器「テスラ・キャノン」を彷彿させる攻撃をシェインが魔法として使用するため。
チャールズ・バベッジ
史上初のコンピュータである解析機関を設計した数学者。シャルルの元ネタその1。
シャルル・ド・クーロン
彼の名を冠した法則で有名。電磁の力で鉄をかっ飛ばす特殊な対物ライフルを秘密兵器とするヘカットの元ネタその1。
主任(ACV)
完全にネタ。所々彼の台詞をオマージュ的な感じで口走る。彼の搭乗する機体は「ハングドマン」。