※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

車のコーティングの嘘と本当



車のコーティングといっても様々あります。それぞれに特徴は違いますが、おおまかに分けると、ワックスポリマーのような表面で固まらないが艶はでる・短期間向きのものや、ガラス系コーティングのように表面で固まるが種類によっても性能が様々・水や汚れに強いが管理が大変…等々いろいろです。それらについて一番気になるのは、「コーティングしたけどどうすればもつの?」という点ですよね。
劣化するとはがれてくる・洗車機は良くないなどよく言われますが、それらは嘘です。塗装のように剥がれることはまずないし、近頃の洗車機は一定の距離を保ってブラシや洗浄を行うのでそれだけ剥がれるということはなさそうです。
雨染みは剥がれた跡と思いがちですがそれも違うようで、実際は表面が傷んでいるだけでコンパウンドで磨くと除去できるとか。
ただ、専門店を専門店をガソリンスタンドとの違いはやっぱりあるようで、完成度はまったく違うそうです。値段の差は性能の差ですね。こちらは嘘ではなかったようです。
目に見えて誰にでも歴然とした違いがわかるものでないだけに嘘なのか本当なのか惑わされがちですが、個人の必要な用途に合わせて選び、施工してもらうのが良いようです。