※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【長所】

紳士。
使う晶術をわざわざ教えてくれる。
情けをかけてくれる。

【短所】

よく時を止める。
素で具現まで連携する。
リザレクション使うと退屈する。
後ろに行くと怒る。
SBしまくる。

【主な戦い方】

  • 特徴
他の敵よりも硬直がかなり長め。また重量が0なので浮きやすく飛ばされやすい。
こちらの攻撃が1HITする毎にSPが5ずつ減少する。
また、SP回復の数値も極端に低い。
そのため回避は高めに設定されているが一度コンボを始めてしまえば
すぐにSPが50を切り、コンボから抜けられにくくなる。
HPは膨大だが防御が低く属性耐性もほぼ無い。
悪魔族なので武器に悪魔特攻スロットを付けていれば
晶術も含めた全ての攻撃のダメージが増大する。
リザレクションを使うとインブレイス→アクアリムス、
後ろに回るとクレコメ→派生といったカウンターをしてくる。
HPが半分以下になると1秒毎にブラスターカウントが60溜まるようになる。
そのため何もしなくても17秒弱でSB直前になる。
SBとSBの間にどれだけ効率よくダメージを与えられるかが重要。
SBが切れたら積極的に攻撃してダメージを稼ごう。
前半はクレコメ→人魚姫、後半は詠キャンコンボが有効。
詠キャンコンボはマグナ様にコンボを参照。
勿論最初から最後までクレコメオンリーもアリ。
スネークバイトは非SB時ならプレスガードを三回ほど繰り返す事で
簡単にガードストライクさせることが出来る。


  • 準備
HPの高いキャラを操作キャラにし、
他のキャラの作戦を「素早い敵を倒せ」にでもしておく。
SB時のロアー対策として防御回数の多い篭手や短剣を装備しておく。
機動力も重要になるのでジェットブーツも標準装備。
操作キャラにはHP回復スロットがあるといい。
カウンター対策として、リザレクションを封印。
またエンシェントノヴァや空破特攻弾等、
吹き飛ばし・背後取り効果のある術技やエンチャントを封印しておく。
後衛の回復晶術にはエンチャント「リカバー1」のセットがオススメ。
(スネークバイトの追加効果である毒の回復のため)
具現結晶はマグナ様左に吹き飛ぶ→私の背後に…となる恐れがあるので封印安定。


  • 攻略
SPが高い時はビーストロアー・スネークバイト・ドラゴンキャノンが主体。
ビーストロアーは防御回数の多い篭手(最低10回以上)で防御すればいい。
スネークバイトは一度防御してバックステップするなり、
タイミングよく(プレス)ガードを繰り返すなりで対処できる。
ドラゴンキャノンは防御するのもいいが、懐に入れば反撃のチャンスでもある。
SPが少なくなるとスピリッツリバース(通称「ゆげ」)以外の物理攻撃は
ほぼ使わなくなり術主体に切り替わる。
SP・TPともに少なければ確実にゆげが来ると思って良い。
ちなみにゆげにはマグナ様自身のSPを60回復する効果がある。


HPが75%を切ると3つのFOEを使うようになる。
「貴様の<時>を頂く」(通称時止め)は範囲内だと問答無用で動きを止められる。
さらに、ショートカット(=L2とR2)を受け付けないので注意が必要。
10秒が経過する、又は計20回HITすることで解除される。
出来る限り防御状態でFOEに入ること。
CPUが自分より先に突っ込んでいって止められている場合は
そいつが死ぬまでマグナ様は前進できないので自分まで突っ込まないようにすること。
ただし間合いを空けすぎると前の味方が死ぬと同時にマグナ様が高速前進してきて
死体がマグナ様後方に取り残される→レイズデッド→私の背後に(ryになるので
中距離から射程のある攻撃を撃ったり
スネークにプレスガードを合わせてマグナ様を押し返そう。
「苦しむヒマを与えぬも慈悲か」(通称慈悲)はこちらの防御力が約77%減少する。
20秒が経過する、又は計30回HITすることで解除される。
「情けをかけてやろう」(通称情け)は一定時間経過でこちらのHPが全回復する。
30秒が経過する、又は計12回HITすることで解除される。
主に脅威となるのは「時止め」+スネークバイトや「慈悲」+ビーストロアー。
これが来た時は、前衛は防御を固め後衛に回復してもらうのがいい。


  • ラストバニッシャー阻止
最初に撃ってくるラストバニッシャーは、
ジェットブーツ装備で操作キャラ(1P)を反撃に努めろに設定しておけば
難易度を問わずカイルや仮面の「ダッシュ&J攻撃」や「ダッシュ&蒼破刃」
ハロルドの「ダッシュ&通常」などで妨害できる。
コントローラーは戦闘画面が表示される一瞬前から入力を受け付けているため、
戦闘音楽が始まったのを確認したらタイミングよくダッシュするのがコツ。
慣れるまでは難しいが慣れれば簡単。練習あるのみ。
阻止に失敗したら操作キャラのHPを回復した後に前線に出てマグナ様を押し込むこと。
阻止失敗→前衛湯気で即死→マグナ様接近→その後…は避けるべし。
カイル操作なら蒼破刃→岩斬滅砕陣を繰り返すだけでマグナ様の接近を止める事ができる。


  • 術の詠唱
マグナ様は術を撃つ前に必ずどの術を使うかをセリフで教えてくれる。
戦闘ランクがイージー以外だと具現結晶まで派生させてくるので
まともに食らってしまうと致命傷になる。
マグナ様は術の詠唱中に晶術を食らっても仰け反らないので妨害は打撃で行なうこと。
ただし時止めや高速後退・SBなどのせいでそれも無理な場合も多い。
妨害できないと判断したら無理に追撃するより術を避ける事に集中すること。
特に操作キャラがターゲットにされている場合には適切に対処すれば
被害をほとんどゼロ近くまで軽減できる。

下はセリフと詠唱中の晶術の対応表。
セリフ 詠唱中の晶術
消え行く炎・・・ エンシェントノヴァ
恐慌たる烈風・・・ フィアフルストーム
滅砕せし肉体・・・ グランヴァニッシュ
盲目たる信仰・・・ ディバインセイバー
歪まれし断罪・・・ エクセキューション
愚かな輩だ・・・ インディグネイトジャッジメント

エンシェント、フィアフル、エクセキューションは横ダッシュで回避できる。
グランヴァニッシュは後退で一撃目を避けてから前進で楽に回避可能。
ディバインは一瞬待って周囲に雷が落ちた直後に後退ダッシュが最安定。
インディグは一撃目を術ガードし、すぐに横ダッシュで被害を最低限に抑えられる。
術の発動中はマグナ様は無防備なのでできる事なら避けた後に反撃してしまおう。
故に前進して避けられるスペースがあるなら前進して避けた方がいい。
ただしエンシェントノヴァは見た目よりも攻撃判定が右に広いため無理はしない事。
マグナ様の後ろに吹き飛ばされたら洒落にもならない。