冬の海 夕暮れ 愛の言葉

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さむっ!」
車から出た成歩堂が身震いした。
「風が強いな」
運転席のドアを閉めながら御剣が眉を顰める。
「誰もいないなー」
「当たり前だろう。真冬にこんな所へ来るのは相当の馬鹿だな」
「怒ってるの?」
成歩堂が手を差し出す。
「・・・・・・寒いだけだ」
その手を御剣が握り。二人は歩き出した。
目の前には砂浜。そして、曇り空を映して鈍く光る海があった。

しばらくの間、言葉も無く波打ち際をぶらつく。時刻は確か三時を過ぎた頃だと思ったが、二月とはいえまだ日は短い。太陽は西へ傾き始めていた。波の音が、二人を包むように海岸に響く。カモメがあちこちで群れを作り、風をやり過ごそうとしていた。
「寒いね」
いつものグレーのダッフルコートを着た成歩堂が呟いた。
「そうだな」
御剣は仕事に着ていくトレンチコートではなく、黒いピーコートを着ていた。くすんだ背景にマフラーの赤が鮮やかだった。
「雪、降るかな・・・・・・」
「気温が三度以下にならないと雪は降らないぞ」
「今、何度?」
「知らん」
寒さが二人を無口にする。会話が途絶え、白い息が海風に流されていく。
久しぶりに二人の休日が重なった日の午後、海に行きたいと言い出したのは成歩堂だった。
「大学の二回生の時以来かなぁ。いつも家で過ごすのもアレだろ?」
たまにはドライブしようよ。
御剣は面倒だと思った。「アレ」とはどれのことだ、とも思った。
しかし、断る理由も無い。一人でわくわくしだした成歩堂を見て、仕方なく車を出すことにしたのだった。

足に伝わる柔らかな砂の感触が心地良い。
成歩堂は、視線だけを動かして御剣の顔を覗いた。俯きながら歩く彼の口元に、僅かな笑みを見つける。
(来て良かったな)
そう思った。
ここ最近、余程多忙だったのか、御剣はストレスが溜まっているようだった。お互いが忙しければ会えることは滅多に無いが、電話やメールの様子からトゲトゲした空気を感じた。
行き場の無い苛立ちを自分に向けられるのは構わないが、ストレスは本人を蝕む。御剣がどうにかなってしまう前に気分転換をさせようと思い、ドライブを提案したのだった。
ふいに、眩しい光が二人の目に飛び込んできた。太陽が海に沈もうとしている。
「結構歩いたな」
御剣が後ろを振り返って言った。赤いスポーツカーが小さく見えている。
「そろそろ戻るか」
「・・・・・・そうだね」
日没と同時に気温が急激に下がってきて、名残惜しそうに成歩堂が言った。
二人はもと来た道をたどり始めた。
「寒いな」
御剣が呟く。
「そうだね」
闇が濃くなっていく。車に着く頃には完全に日が暮れるだろう。
「御剣」
呼びかけと同時に、右手に力が加わるのを感じた。振り返らずに返事だけをする。
「なんだ」
「大好きだよ」
思わず成歩堂の顔を見た。優しさに溢れた笑顔。黒目がちの瞳が真っ直ぐに見返してくる。
御剣は、彼の左手を握り返した。
「知っている」
薄闇の中なら、顔が赤くなったのはばれないだろう。
夕暮れの砂浜で、繋いだ手が暖かかった。








|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|