タクシー業界も困るよね


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タクシー業界っていうのは、今規制緩和の対象業種になっているみたいですが、既存の業者からすればあまり好ましくない状態になるかも知れないという事でいろいろあるみたいですね。

国土交通省は、タクシーの初乗りの距離を縮めて運賃を安くすることを業界に促す。近距離でも気軽に乗れるようにすることで、タクシー利用者の減少に歯止めをかける狙いだ。来年度には効果を試す実験も予定しているが、業界側には客当たりの単価が下がることを心配する声もある。http://www.asahi.com/articles/ASHBR4FM3HBRULFA00W.html


国土交通省はタクシーの初乗り運賃を引き下げるよう業界に促す方針だ。今よりも近距離で低料金の初乗り区分を設け、高齢者や訪日客らの利用拡大につなげる狙い。今夏にも東京都区部や大阪市などで実証実験をおこなう見込みで、東京都区部の場合は初乗りを「0.88キロメートル370円」などとする案が有力。http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H40_Z00C16A3MM8000/


タクシーの初乗り運賃が一気に安くなるかもしれない。 例えば、東京23区の場合、現在の初乗り運賃は2kmまでの距離で730円。 その距離を短く設定した分、初乗り運賃をより安くするという検討が、 23日にスタートした。 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445599303/


バブル時代ならいざ知らず、いまや「タクシー移動」など高嶺の花、という読者世代には朗報かも知れない。国土交通省はタクシー料金を「短く安く」する方向で検討を始めた。初乗り距離を短くするとともに初乗り運賃を安くし、近距離でも気軽に利用できるようにするねらいだ。国土交通省自動車局旅客課の担当者が語る。http://www.news-postseven.com/archives/20151127_366721.html