ロストドリーム・ジェネレーションズ

原曲:ヴォヤージュ1969
Vocal:めらみぽっぷ Lyric:RD-Sounds

概要


二十世紀の旅人。
二十世紀のノアの箱舟は、期待と不安を乗せて宙を飛んだ。
だが、期待だけを月に置き忘れてきてしまったのだろうか。
未来と言われていた二十一世紀には、不安とほんの少しの幻想だけ
しか残されていなかった。
(東方永夜抄MusicRoom 「ヴォヤージュ1969」)

上記の曲コメントを元ネタとしたRDさんお気に入りの一曲。
1969年はアポロ11号が人類初の有人月面着陸を成功させた年。
月面着陸という夢を成し遂げた20世紀の人々と新たな夢を見い出せずにいる現代人の苦悩がテーマ。

考察

  • 冒頭や間奏で流れている英語
''Does that one small step for man really become a giant leap for mankind-?''
訳すると「あの一歩は果たして本当に人類にとって大きな飛躍となったのか?」あたりだろうか。
もちろん元ネタはアームストロング船長の言葉である。

  • 「ズ」
ロスジェネの世代が複数形なのは、
世代というのは経ていくものであって複数形というのは前の世代から今の世代を
ターゲットにしていれば複数形になるのだけど、前の世代には夢があったと思われるので、
そういう意味では前の世代は「ジェネレーションズ」には含まれないと考えられる一方で、
前の世代の「夢」も偽りに過ぎなかったから結局ロストしてるのは同じなんだよ、
だからお前たちもジェネレーションズに含まれるのだよ、という意味もあるけど、
どちらかというと幻想における現実と、我々自身との異なる世界の二つの世界を
ロスジェネ達を総合して「ズ」とつけてるような感じというかんじ

あっ無論ロスジェネ二つのうち幻想と裏返しになってる現実のほうにはひっひっふーな二人がいると思ってますよ
(RDさんのtwitterより、2013-6-24/25)

小ネタ

  • 2015年1月15日より、JOYSOUNDにて配信中。ただし歌唱難度は凋叶棕の中でもかなり高い。

  • 2016年の例大祭13にて、メロンブックスのコンピレーションアルバムに再録された。

  • RDさんのSoundCloudにオフボーカル版が上げられている。


コメント欄

名前:
コメント: