Cirno,Q?

原曲:おてんば恋娘
Vocal:めらみぽっぷ Lyric:RD-Sounds

概要

“哲学”する妖精、チルノの自問。のジャケットを飾る。
花映塚での映姫との会話、及びEDを踏まえた歌詞となっている。


考察

貴方は妖精なのに強い力を持っています。
でも、そのお陰で自分のテリトリーを外れる事が多い。
そう、貴方は少し迷惑をかけすぎる

そのままでは、貴方は自然の力で元に戻れないダメージを負うかも知れない
すなわちそれは死、という意味です。

小川のせせらぎ、鳥の鳴き声、虫の歌。自然だって死ぬときは死ぬのです。
永遠は自然界に存在しないと思いなさい。
貴方は、少し力を持ちすぎたことを自覚せよ!

(花映塚にて、チルノに対する映姫のセリフより)
  • 「自然の死」
妖精は自然そのものであり、明確な死は存在しない。
しかし、チルノは妖精という枠をはみ出しかけており、その結果として「死ぬ」ことが示唆されている。
「Q」という文字も、丸い輪の「外側へ」の指向を暗示しているように見える。

  • 思索に沈み往くその深さだけ 何かを踏み外すのか
妖精は総じて頭が悪い。チルノも例外ではないが、考えることを知っている。
考えれば考えるだけ、妖精ではない別の何かに近づいて行くのかもしれない。
思いて学ばざれば則ち殆うし、とも言うが。


小ネタ

  • Cirno,Q?
5:00~の歌詞を英単語に直すと

歌詞 英単語
循環し C irculation
保つ同一性 i dentity
投影された r eflection
自然のその姿 n ature
それらの外へ―――外側へと。 o utside
自分というものの存在意義を
問いかけ続けることで… Q uestion

  • 哲学(ぼうけん)
花映塚でのチルノのテーマ「おてんば恋娘の冒険」を意識したものか。


コメント欄

名前:
コメント: