ムード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


欲求


欲求が満たされれば気分がよくなり、満たされなかったり、不快な状態が続くと気分が悪くなります。
ある一定のポイントを下回ると精神衰弱したり、崩壊したりし、最悪失踪する場合もあります。
メンタルには気をつけましょう。
  • 精神衰弱ポイント:ここを通過すると茫然自失とし、しばらく何も作業が手につきません。
  • 精神崩壊ポイント:ここを通過すると発狂して暴れだしたり、失踪したりします。

居住環境を整えたり、不満を解消することで気分は改善されます。後回しにされがちですが、精神状態が悪化すると、
茫然状態(Daze)になり操作不能になるか、狂暴化(Berserk)状態になり、暴れまわったりし、生産性が落ちたり
ほかの入植者に多大な影響をおよぼします。
警告域に達した時点で警告が表示されるため、危険域にならうちに対処しましょう。
以下のようなちょっとしたことで悪化を防ぐことが可能になります。

  • ベッドを準備しましょう。地面で寝るのは苦痛です。
  • 寝室は個室を用意しましょう。人の出入りがある部屋ではよく眠れません。
  • 可能であれば広い部屋を準備しましょう。広々とした空間は気持ちのいい開放感を与えてくれます。
  • 食事をするための机と椅子を準備しましょう。地面での食事はピクニックのときだけで十分です。
  • 灯りを用意しましょう。人は暗闇を本能的に恐れます。
  • 掃除はまめにしましょう。汚い環境ですごすことは苦痛です。
  • ワンポイントとして植木鉢を置いておくと、花を見るたびに心が安らぎます。
  • 人の死体はキチンと処理しましょう。お墓に埋めてあげるのが人情というものです。
  • ちょっとした娯楽を準備するのも有効です。輪投げを笑うものは輪投げに泣く。


精神に悪影響を与える要素

以下の要素は入植者の精神に悪影響を与える場合があります。性格・特性によっては好影響を及ぼすものもありますが、大抵の入植者は不快に感じます。十分注意しましょう。#br

衣類の問題

  • 裸で過ごす
  • ぼろぼろの衣服
生活環境問題の中では比較的扱いが小さく、対処もそれなりに簡単。
ヌーディストでもないのに裸でいたり、耐久度が50%を切った衣服を身につけていると小さなペナルティを受ける。
また、衣服はコロニストの快適と感じる体温を上下させる効果があるため、身につけていないと暑さや寒さにまつわるペナルティを併発することも多い。
早期から木綿を育てて衣類の生産環境を整え、常に清潔な衣服をストックしておくことや、襲撃者の装備をしっかりチェックし、使えそうなものは保存しておくといい。
なお、画面下部の割り当てメニューを調整することで、衣服の耐久度が50%以下になったら自動的に脱ぐように設定したり、装備する品質の上限・下限も決めることができる。
これを設定しておかないと、勝手にボロボロの防弾チョッキなどを着てしまうため、ゲーム開始時に調整しておくといい。


食事の問題

  • 饑餓
  • 生肉・屍肉
  • 虫肉・人肉
  • 栄養ペーストの摂取
  • 地面で食事をする
食事問題は直接命に関わるということもあり、生活環境問題の中では特別扱いが大きい。
饑餓のムードペナルティは-25と、ゲーム中に発生する物の中では最大級。
また、人肉の摂取や、死体を直接口にするような行為は長時間に渡って大きなペナルティを受ける。
人肉愛好者ですら、ヒトの死体を直接食うようなことははばかるため、どのようなことがあっても屍肉を食わせるようなことは避けたい。
フードディスペンサーから得られる栄養ペーストや虫肉は、環境によっては大量に確保できるため、主食にしてもそれほど
大きな問題にはならない。
異常気象などで食糧を確保するのが難しい場合は、飢えるよりマシだと思えば利用することも考えよう。
なお、人肉・虫肉はどういう調理をしても摂取した人間に元の肉がなんだかバレてしまうので注意。


住居の問題

  • 不潔な部屋に長時間いた
  • 狭苦しい場所に長時間いる
  • 長時間、暗闇を経験した
  • 恋人以外の人間と、寝室やベッドを共有した
  • 長いこと部屋の外に出ていない
  • 高すぎる、あるいは低すぎる気温
  • 安眠が妨害される
  • 娯楽が足りない
  • 野宿

住居問題は項目が多岐に渡るため、複数重なると地道に心象を悪化させていくのが特徴。
不潔な部屋は掃除をさぼっていたり、部屋の景観を著しく損ねる物品が展示されていることに起因する。
発電機やタレット、製造機械などの機械類は顕著で、一つ置いてあるだけで一気に部屋の様子を悪くする。
こうした専門的な施設は別の用途を持つ部屋に収拾させ、生活空間に同居させないように間取りを作ることで解決できる。
なお、電線も-1とはいえペナルティがあるため、壁に埋めこんでおくなりして隠しておくといい。
地面が剥き出しの部屋も良い環境とは言えないが、木や絨毯で床を構築すると、逆に環境を良くしてムードを上向きにできる。

暗闇や圧迫感、温度の問題は短時間であれば記憶されないが、冷暖房や光源が十分ではない環境では頻繁に発生する。
また、囚人を勧誘しようと考えている場合、囚人の心象が悪いと勧誘が絶対に失敗するため、人を増やしていく方針なら牢の環境には配慮しよう。

それ以外の要因

  • 人を殺した
  • 入植者が死んだ
  • 親しい入植者や動物が失われた
  • 囚人が死んだ
親族・婚約者・親友・絆で結ばれた動物が死んだ場合、長期間にわたって大きなペナルティを受ける。
なお、ランダムで襲撃者に生き別れた親族や元恋人・配偶者などが割り当てられたりするため、避けようがない事故になったりする。

  • 死体を見た
デリケートな入植者は、道端に落ちている死体を見るだけで気分を害する。
死後数日経って腐乱した死体の場合、非常にショックが大きいため、死体は常に適切に処理しておくこと。

  • 奴隷を売り飛ばした
  • 誰かの臓器を摘出した
  • 臓器を摘出された
たまに村を訪れる奴隷商に囚人を売り飛ばしたり、闇商に売る、あるいは怪我人のスペアとして臓器を引っこ抜くと、噂が知れ渡って村全体に悪いムードが発生する。
臓器の売買は高額なほか、移植用の代用品も滅多に市場に出回らないため、仕方なく行う場合もあるかもしれない……

  • 囚人、入植者の処刑
錯乱して暴れる入植者や、運動機能を失ったものを牢に放り込んで処刑できるが、結構なペナルティを負う。
医薬品があれば手術で安楽死させた場合、ペナルティは処刑よりはマシになる。

  • 人肉をさばいた
自分、あるいは他人が食肉加工台で人間を捌くと村全体にペナルティが発生する。
本人は大きなペナルティ。ただしサイコパスの特性を持っている場合はなにも感じない。

  • 仲間の死体が放置されている
入植者の死体が埋葬せずに放置されている場合、心象にペナルティがつく。
なお、埋葬には普通の墓穴と石棺があるが、石棺は死者を丁重に扱うことから心象にボーナスがつく。

  • 怪我、病気による苦痛
  • 薬物・アルコール中毒の禁断症状
傷病の苦しみや、薬物中毒患者に特定の薬品を与えないことで発生する。
怪我や病気はその頻度によって程度が変わるが、薬物中毒のペナルティは最大で-35。
広々とした豪華な部屋で娯楽を満載にして十分な食事を与えても、正気を保てないこともすらある。

  • 絆の深いものと離ればなれに
長いこと連れ添い、幾度も調教を施した動物と調教師は絆で結ばれた関係になることがある。
こうした動物を売却したり、事故で死亡したり、あるいは調教師を飼い主に設定しないことでペナルティが発生する。
死んだり売った場合のペナはかなり大きいので、できればそうしたことは避けたい。


ここまで記述されてきた問題とは大きく異なり、直接なにかをした場合に被るケースが多い。
とりわけこの問題が厄介なのは、同じ問題が複数回重なることで悪いムードが蓄積する場合があること。
たとえば、複数人に渡って奴隷の臓器を摘出し、その結果死に至らしめた場合、バラした奴隷の人数分だけペナルティが重なる。
場合によっては最高のムードにあった入植者がたった一日で精神崩壊に追い込まれるほどの打撃を受ける。



精神に良い影響を与える要素

  • 豪華な食事、手の込んだ食事を食べる

  • 部屋が広い
  • 部屋に置かれた家具類が高価
  • 部屋が美しい
  • 快適な家具がたくさんある
  • 娯楽がたくさんある
  • 恋人とベッドを共にする
  • 薬物や酒でハイになる
  • 絆で結ばれた動物の主人

気分が上向きになる要素はそれほど多くないが、その分良い条件を満たしたときには大きなボーナスを得られる仕組みとなっている。
本来ここで説明することではないが、ゲーム中の部屋には室内に置かれた施設によって部屋の役割が設定されるようになっている。

ベッドがある場合は寝室、複数人が寝泊まりする場合は宿舎。
娯楽があり、ベッドなどがない場合は娯楽室。コンロやテーブルがある部屋は食堂。医療用ベッドがある場合は医務室。
これらの部屋には広さ・豪華さ・美しさ・清潔さのステータスがあり、高い次元で要求が満たされていると大きなムードボーナスがある。
豪華さは室内に置かれた物品の総額、美しさは調度品の持つ美しさの合計、清潔さはフロアを構成している床や清掃のレベルで決まる。
また、高価で手間の掛かる椅子やベッドは寝室の「快適性」という隠しパラメータを増加させ、ムードにボーナスを生み出す。
娯楽はそれぞれ種類があるほど心象を良くするほか、ブラウン管以上のグレードのテレビはより短い時間で多くの娯楽を得られる。