食料


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食料の調達方法について

食料の種類

調達方法としては、狩猟が主となります。食肉解体テーブルで肉を取得できます。

動物の肉

狩猟した動物を解体すると動物の肉になります。生で食べるとおなかを壊します。調理が必要です。

人肉

死亡した人間を解体すると人肉になります。喰人嗜好がない入植者が口にした場合、とても不幸になります。
通常は食糧難の際の最終手段です。

野菜

農業によって作物を収穫したり、野生の野苺やリュウゼツランを収穫することで食料とすることができます。


食料の保管

食料には腐敗までの時間が設定されていて、時間をおくと腐敗してしまいます。
部屋を作り、クーラーを設置して冷蔵庫か冷凍庫を設置しましょう。

冷蔵庫作成のコツ

温度によって冷蔵か冷凍かが変わります。温度管理が必要となるため部屋の広さや構成が大事になります。
まず、食料専用の備蓄ゾーンを設定して、そこを部屋にしますが、部屋を広くするとクーラーの冷却性能がたりず、複数設置の必要も出てきます。
また、人の出入りでドアが開くと、部屋が開放状態となり温度が変化します。理想は外気の影響を受けづらくすることで、手っ取り早いのは二重ドアです。
温度の目安は下記のとおり。
  • 冷蔵庫:だいたい5℃以下ぐらいにすると食料が冷蔵状態となり、保管期間が延びます。
  • 冷凍庫:0度以下にすることで食料が冷凍状態となり、腐敗までの時間が停止します。理想的な保管状態です。凍ったままの食事でも入植者たちは文句一つ言わずに食べます。


調理について

ほとんどの食材は生で食べるとおなかを壊します。ペーストディスペンサーやコンロを設置して
調理が必要となります。

食事の満足度

おいしい食事は入植者を幸福にします。ペーストディスペンサーやコンロで食材の調理が可能です。
  • 糊状ペースト食品:ペーストディスペンサーで作られた味も見た目もいまいちな食料です。食材を入れるだけで生成され、人手をほとんど必要としません。食べれないよりマシですが、まずいです。
  • 簡単な食事:1種類の材料で調理可能です。そこそこの満足感を与えてくれます。
  • ペミカン(Pemmican):肉と野菜を使って作る保存食です。特に美味しくはありませんが、常温でも長持ちします。
  • 手の込んだ食事:2種類の材料が必要となります。おいしい食事です。
  • 豪華な食事:必要な材料の種類は3つですが、とても幸せな気分になります。

生食と食中毒

ほとんどの食材は調理しないと食中毒を起こす危険があります。
可能な限り調理済みの食料をストックしておく必要があります。
ただし、腕の悪い調理師は調理しても食中毒を起こすリスクが高まります。