能力制限

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以下、前回のまとめサイトより引用、少し修正しました。

能力の制限について

超人的な参加者は能力の発揮を時間により制限される。
変身制限時間は10分、解除後2時間変身不可。
これにはオルフェノク・上級アンデッド・ワーム等、怪人の能力発揮を含みます。

体術や技術、身体的な能力:原作でどんなに強くても、現実のスペシャリストレベルまで能力を落とす。
魔法や超能力等の超常的な能力と超技術の武器について:効果や破壊力を対個人兵器のレベルまで落とす。

不死身もしくはそれに類する能力について:不死身→致命傷を受けにくい、超回復→高い治癒能力
復活能力は制限により無効化されているとします。

アイテム等の制限

トレーラー以外の乗り物は全て使用不可。一般の車などは可。
アンデッドのリモートによる復活は10分のみ。その後カードに戻る。
ディスクアニマルの活動範囲は半径100mまで。
契約モンスターの活動時間は1分。その後2時間は使用不可。

参加者は首輪(?)により能力が制限されています。
変身アイテムの支給は本人以外不可。物理的に可能ならば、一般人が既存の変身アイテムを使うことは可能です。
強化アイテムは基本的に本人(資格者)以外に配給されます。
原作での設定が曖昧な場合、極端にならない範囲で書き手の裁量で決めてよいこととします。

首輪と禁止エリア

参加者は全員、主催者によって首輪を取り付けられている。
首輪の爆弾が発動すると、その参加者は死ぬ。
この首輪は参加者の生死を常に判断し、主催者本部に参加者の生死と現在位置のデータを送っている。
また、参加者には説明されないが、実は盗聴機能があり音声・会話は全て筒抜けである。
首輪が爆発するのは、以下の条件の時である。
  • 定期放送で指定した禁止エリア内に、参加者が入ったとき。(首輪が自動で爆発)
  • 首輪を無理やり取り外そうとしたとき。(〃)
  • 一週間で、一人も死者が出なかったとき。(一週間で空間が崩壊する為)
  • 参加者が、主催者に不利益な行動をとろうとしたとき(ただの脅し。実際には不可能)
  • 神崎士郎、リュウガなどミラーモンスター勢は首輪をつけることで異空間に半永久的に存在することが可能。
 つけない場合、存在できる時間は1分。

放送について

放送は6時間ごとに行われる。放送内容は「禁止エリアの場所と指定される時間」「過去6時間に死んだキャラ名」「残りの人数」 禁止エリアは一度の放送で3区画ずつ(2時間ごとに1区画ずつ)増えていく。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
- (T: - /Y: - )

投下順に読む

時系列順に読む

死亡者リスト

支給品一覧

その他




リンク





更新履歴