憎悪の声は歓喜する(後編)

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ヒビキと葦原の居なくなったコンコースでは、皆の持ち寄った変身具が床に並べられていた。
斜めに差し込む夕日が、大理石様の模様が描かれた床材にそれらの独特のシルエットを浮かび上がらせている。
ライダーズギア、カードデッキ、ゼクター、ゼロノスベルト。
全く異なる技術によって作られたそれらのアイテムの存在は、もしこれまでに幾度となくその力を見せられていなければ、香川にも到底信じられなかっただろう。
他の者たちも同じ気持ちのようで、床の上の数々の所持品に視線を注いでいる。
香川は咳払いを一つして一同の注意を引きつけると、口火を切った。

「これだけの数が有れば、戦力的には心強いですが、多数が使用者を選ぶものであるためあまり安心もできません。使用できるものとそうでない物を選り分けて再分配した方がいいでしょう」

一同が小さく頷くのを見届けて、香川がまず手に取ったのは黒い刀身、紫の柄を持つサソードヤイバーだった。

「手塚さんが亡くなったのは残念ですが、先程の戦いでサソードの資格が桜井君に移ったのは幸いでした。これでカードを温存することができる」

言いながら、サソードヤイバーを侑斗の方に押し出す。侑斗は香川の物言いに一瞬だけ戸惑った様子だったが、すぐに決意の表情でそれを受け取った。
肝心のゼクターの姿が見えないが、変身時にはどこからか現れると聞いたので心配はないだろう。
次に香川はライアのカードデッキを手に取り、他のメンバーに見せた。

「カードデッキは使用者を選びません。臨機応変に使えば戦況を有利にできるでしょう」
「……あの」

おずおずと声を上げたのは志村だった。
香川はヒビキの仲間だというこの青年が、手塚からライアのデッキを借り受けたのだと聞いていた。
妙に白いその顔に、気弱そうで、それでいて必死な表情を浮かべている。

「もし良ければ、それは僕に持たせてくれませんか。手塚さんの遺志を継いで、戦いたいんです」

香川が見つめ返しても、その目を逸らす事はない。
いかなヒビキの仲間であっても、出会ったばかりの人物を頭から信頼はできないのだが。

「……構いませんが、今君には変身制限が掛かっていると聞いています。何かあれば、すぐ誰かに渡すようにしてください」

一応釘を刺してから、香川は志村にカードデッキを手渡した。志村は礼を言うと、大事そうに上着のポケットにデッキをしまいこむ。

「デルタギアを除くベルトは木場君に持っていてもらいましょう」
「……はい」

木場は真剣な面持ちでギアをデイパックに収めた。憔悴した横顔を侑斗が心配そうに覗き込む。
その様子に香川は若干のやりにくさを感じながらも、残ったゼロノスベルトとゼクターベルト、デルタギアを指差した。

「さて、この三つですが、ゼクターベルトは既に葦原さんが変身資格を得ています。デルタギアは、誰でも変身できるとの事ですが……」
「―――それを使うのは、あんまりオススメできないかな」

背後からのんきなヒビキの声が聞こえ、香川は振り向く。傍らに葦原の姿はなかった。

「さっき変身してみてわかったんだけど、そのベルトは普通じゃない。なんていうか説明しづらいけど……」

複雑そうな表情のヒビキに、香川は「普通ではない」と感じた理由を問うた。

「うーん、上手く言えないんですが……力に引っ張られる、って言うのかな。デルタの力を使って、もっと戦いたい―――って感じるんです」

ヒビキは顔をしかめて「どういう仕組みかはわかんないけど」と括った。その答えに香川は頷く。
ということはつまり、デルタギア自体に装着者の闘争心を高める装置が組み込まれているのだろう。装着者の実力に関わらず、デルタの性能を引き出すための仕様と考えればおかしな事ではない。
だが、ヒビキのような戦い慣れしている人物でさえ違和感を覚える程のものとなれば、無視することはできない。注意が必要だろう。

「でも、これを使ったら修行を積んでなくても戦えるんでしょう?」

今まで黙りこくっていた京介がにわかに口を開いた。
興味津々、と言った様子でデルタギアに手を伸ばす京介を首を振って制止する。

「たとえそうでも、君のような一般人を戦闘に駆り出す訳にはいきません」

彼のような人間が力を持ったとしても役に立つどころか要らぬ面倒が起こりかねない。
先程まで怯えきっていたにも関わらず、この変わり様である。香川は言葉を選んだが、本心ではそう思っていた。
大方ヒビキがデルタギアを使いこなしたのを見て憧れを抱いたのだろうが、やはり侑斗とは器が違いすぎる、と内心香川は溜息をつく。

「誰でも使えるとはいえ……ヒビキさんの話もありますし、扱いには注意した方がいいでしょうね」

宥めるヒビキにも不満げな様子の京介の前からデルタギアを回収して、自分のデイパックに収める。
続いて鬼が使えるというディスクアニマルなるものを侑斗が持っていたのでヒビキに渡し、ゼクターベルトも葦原の荷物へ戻すと、床の上に残ったのはゼロノスベルトだけになった。




「……ところで、ヒビキさん。葦原さんはどうしましたか?」
「えっ? ああ、俺の仲間に用があるって言うから、付いて来てくれるみたいですけど……ここにもすぐ戻ると思いますよ」

突然葦原の事を訪ねられて、いささか面食らいながらもヒビキが答えた。
そうですか、と返しつつ、ちらりと木場に目をやる。香川の目線に気付いた木場は慌てて立ち上がると言った。

「俺が探してきます」

自分に負い目を感じている彼ならそうするだろうと見越しての事だった。
香川が頷くと、続いて志村が「僕も一緒に行きます」と立ち上がった。
二人が連れ立って、やがてその姿が見えなくなると、さて、と眼鏡のブリッジを持ち上げて掛けなおした。

合流したばかりで素性の知れない葦原と志村、オルフェノクの木場はこの場に居ない。
侑斗は言うまでもなく、ヒビキについても香川は少しの間ではあるが行動を共にするうち、彼が城戸真司のような裏表のないお人よしである事を悟っていた。
京介については、謀をする能力もないだろう。
よしんば何かしでかそうとした所で、簡単に制御できると香川は判断した。
意図が読めず、困惑の眼差しを向けてくる一同に、最後に残ったゼロノスベルトを手にとって告げる。

「この際ですから他の皆さんにも知っていてもらいましょう。私は桜井君こそがこの殺し合いからの脱出の鍵となる存在だと思っています」

一同ははっとした様子で、香川と侑斗の顔を交互に見比べている。香川は続けた。

「このベルトの本来の所有者は桜井君です。彼はこのベルトを持つと同時に『時を渡る列車』ゼロライナーのオーナーとなった。
 今は列車を操る事は不可能ですが、もし能力の制限が首輪から来るものであるとすれば、制限を受けていない状態の桜井君と、ゼロノスベルトの二つが揃って初めて脱出への道が開ける事となる。
 変身は誰もが行えるとは言え、リスクも明らかになりましたし、極力使わない方がいいでしょう」

そう言われて、侑斗が唇を噛むのが見えた。ゼロノスとして今までのように戦わせるつもりはない、と宣言されたのなら、当然の反応だろう。

「桜井君とゼロノスベルト、カードを温存するためには皆さんの協力が必要不可欠です。この事を良く覚えていてください」
「でも、それじゃあ、何で俺たちだけに言うんですか?」

とまどいと若干の興奮を交えた声で京介が問う。
一瞬だけ躊躇ったが、ここで自分が彼らをどう思っているかを明かし、注意を喚起したほうがいいだろう。

「……聞く所によれば葦原さんはヒビキさんの仲間と戦った事があり、木場君に至ってはスマートブレインと同じくオルフェノクです。ヒビキさんには悪いですが、志村さんも出会ったばかりで信頼できるとは言い難い」
「香川さん!?」

侑斗が目を見開き、驚愕を露わに香川を見つめる。反発されるのは予想済みだったので、言い募る侑斗を静かに諭す。

「木場さんが香川さんを襲ったのは、俺のせいだって説明したじゃないですか!」
「それでも、です。彼は人間ではない―――私はオルフェノクという存在自体に危険意識を抱いています」

たとえ自分を襲った事が誤解であったとしても、香川の認識は揺るがない。
スマートブレインがオルフェノクを束ねているのだとすれば、何かしらの働きかけを木場に行っている事は十分に考えられる。
現在彼が自分たちに害意を持っていないとしても、香川にとっては警戒すべき存在であることは変わりない。
視界の片隅で、京介がぞっとしたように肩を抱いて呟いた。

「俺も……オルフェノクは信用できないと思う」
「……おい、京介……」
「だってヒビキさん、人間の姿してたって、奴らは化け物じゃないですか! 北崎だって、さっきの奴だって、人間のフリをしてるだけの―――」

なおも不安を口にする京介を咎めると、ヒビキは渋面を作って香川にこう言った。

「香川さん、それはちょっと決め付けすぎじゃないですか? 侑斗を守りたいのはわかりますけど……」
「無論、そうではない事を願っています。ですが、僅かでもその可能性があるなら、気をつけておくに越した事はありません」

そう言って、香川は再び侑斗を見据える。
侑斗は木場を信頼したい気持ちと、香川の言葉の間で惑っているのか、俯いて黙っていた。
幾分か反感を買ったかもしれないが、この話をする事によって侑斗が自分の立場を理解し悪戯に身を危険に晒さなくなる事を期待しよう。

「厳しい事を言うようですが、何に代えても守らなくてはならないのは、君の命とゼロノスベルトです」

香川は手にしたゼロノスベルトを自分のデイパックへとしまい込み、黙り込んだままの侑斗の肩を叩いた。
ゼロノスのベルトと、桜井侑斗自身。
少数の犠牲を払ったとしても、多数の救済のために、必ず守り抜いてみせる。
冷酷と思われても構わない。自ら信じるヒロイズムを改めて胸に刻み込んで、香川はそれが侑斗にも伝わるように願いながら言った。

「……君こそが、私たちを、この殺し合いに巻き込まれた人々全てを、救う道となる」




駅構内から地下へと向かう階段を木場と二人歩きながら、志村は内心ほくそ笑んでいた。
自分の正体を知る手塚が死んだ事。ひとまずは疑われずヒビキに迎え入れられた事。そのどちらもが志村にとっては都合の良い出来事だった。
あまりにもあっさりと自分の言い分を信じられて拍子抜けしたが、ヒビキが出会ったと言う者たちを見て腑に落ちた。
そのうちの二人が、双子の兄弟だと言われれば納得してしまうほどよく似ていたからだ。
実際は赤の他人であるという桜井侑斗―――そういえば長田結花から聞いた名だったか―――と、桐矢京介の存在は、殺し合いに乗っているのは志村と『同じ顔をした他人』だとヒビキに思わせるのに一役買ってくれたのだろう。
その証拠に、情報交換の際にヒビキが語った内容には、『志村が一文字を襲った可能性がある』事は含まれていなかった。

一文字を一人残して探しに来た、というのは我ながら苦しいと思ったが、小細工として一文字の所持品を病院に置いてきたので、それが見つかった時にまた言い訳すればいいだろう。聞かれもしない事を喋ってボロを出してはたまらない。
放送局の一文字の死体をあまり念入りに隠してこなかった事が気がかりだったが、今更どうにもなりはしない。
自分と共に病院に来た、とそう思わせれば、その後の一文字の行動は誰にもわからないのだ。例えそれがどれだけ怪しかろうと。

小ぢんまりとした駅地下の、駐輪場と売店を見回す木場に声を掛ける。

「すみません、勝手に着いてきてしまって。もしかして、葦原さんとお話があったんじゃないですか?」
「いえ、そんな事はないです。ありがとうございます」
「こちらこそ、仮面ライダーとして、皆さんのお役に立ちたかっただけですよ」

これまで交わした会話から、志村はこの木場という男は自らの脅威にはなりえない、と直感した。
頑張りましょう、と笑って手を差し出せば、ためらわずに握り返してくる。その態度に疑いなどは一遍も見えない。
どちらかといえば、城戸や五代などのような、騙しやすい人物に思える。上手く扱えば何かしらの役に立ってくれそうだ。
自分たちの声が聞こえたのか、柱の影からぬっと金髪の男が姿を現した。

「あ、葦原さん! ヒビキさんと一緒に戻ってこないから、どうしたのかと」
「……それでわざわざ探しに来たのか」

ぶっきらぼうに言う葦原に、志村は不安そうな表情を作って尋ねる。

「ヒビキさんと、何かあったんですか?」
「いや。……戻るぞ」

志村を一瞥し、そのまま背を向けてさっさと歩き出す葦原を見て、こちらは扱い辛そうだと思う。
駒となりそうな人間が増えたのは喜ばしいが、接触する相手が増えたため立ち回りにはより一層気を使わなければなるまい。
だが、誤解から木場が香川を襲った事や、ヒビキと葦原の間にあるわだかまりなど、使えそうな情報も得る事ができた。

(そして何より、桜井侑斗はダイヤのカテゴリーキングを所持している!)

自らの目的である14復活のため、どうしても手に入れなければならない。
取り入って譲らせるか、機会を見て奪うか。どちらにせよ、優勝するためには彼らは皆邪魔な存在なのだ。
様々な策謀をめぐらせる志村の目は、前を歩く葦原と木場の背に注がれていた。




葦原を追って数歩足を進めた所で、木場はふと足を止めた。微かな声が耳に飛び込んできたのだ。
葦原と志村の顔を見比べるが、どちらも口を開いてはいない。少し考えて、この場所がコンコースの真下に位置する事に思い当たった。
だとすれば、この声は上にいる香川たちのものだろう。
流石に全てクリアに聞こえるわけではなく、切れ切れではあるが、妙な胸騒ぎを覚えて、いけないと思いつつも耳をそばだてる。

―――私はオルフェノクという存在自体に危険意識を抱いています―――

香川の声だ。
木場の胸にズキリと、ナイフで貫かれたような痛みが走る。
思い違いとは言え、否応なしに攻撃を加えられればそう思われるのも仕方がない、一度失った信頼を取り戻すのは難しい、と解っていても、実際聞かされるとショックだった。
償うためには、今まで以上に香川たちの力になるべく働くしかない。そう思い、拳を握って一歩を踏み出す。

―――人間の姿してたって、奴らは化け物じゃないですか!―――

耳に飛び込んできたその言葉に、木場は雷に打たれたような衝撃を受けた。
激しい拒絶。言葉自体の苛烈さにはもちろんだが、何よりも木場の心を動揺させたのはその声の主だった。

(桜井君……!?)

まさか、そんなはずはない、と頭を振ってその考えを追い払う。
きっと京介だ。侑斗と勘違いして、京介を追い回した事から、怯えられてしまったのだ。
そう思おうとすればするほど混乱は深まり、その声音がどちらのものかわからなくなってしまう。

『お前の声なんて、化け物の声なんて聞きたくない! 行け!!』

かつて侑斗本人の口から発せられた言葉が脳裏に蘇り、木場の心を苛んだ。
微笑みながら手を取り合ったのはほんの少し前の事なのに、消えうせたと思った黒い感情が蠢きだす。
胸を押さえ立ち止まった木場の様子を不審に思ったのか、志村が声を掛けてくる。

「木場さん? どうかしましたか?」
「……いいえ、何でもありません。行きましょう」

その声に我に返り、木場は迷いを振り切るように言った。
決意したのではなかったか、海堂の遺志を継ぎ、『仮面ライダー』となることを。
たとえ疎まれていたとしても―――そう強く念じるが、先程の言葉が耳にこびりつき離れない。
見れば、葦原も立ち止まって、訝しげに木場の顔を見つめている。
重たく感じる足をようやっと前に進ませながら、先程の事を侑斗に問いただすべきか、と木場は考えるが、すぐさま頭がそれを否定する。
聞けるはずがない。知るのが怖い。
信じるしかない、と思うものの、一度芽を吹き出した猜疑心はゆっくりと、確実に木場の思考を侵食していく。

ロビーへと続く階段を登るのが、まるで死刑台へ向かうように木場には感じられた。

状態表



【日高仁志(響鬼)@仮面ライダー響鬼】
【1日目 現時刻:夕方】
【現在地:F-6・駅構内】
【時間軸】:最終回前
【状態】:顔面・胸に切り傷(軽度)、腹部に火傷と刺し傷(中程度)、精神への疲労(大)、強い決意。響鬼・デルタに変身不可(1時間)。
【装備】:変身音叉・音角@仮面ライダー響鬼、劣化音撃棒×2、音撃増幅剣・装甲声刃@仮面ライダー響鬼
【道具】:基本支給品一式×2(ヒビキ+手塚・元の服を含む)、ディスクアニマル(ニビイロヘビ)、戦国時代のディスクアニマル(イワベニシシ)
    野点篭(きびだんご1箱つき)、青いバラ(ビニールパック入り)、マシンガンブレード@仮面ライダーカブト、強化マスク、釘数本、不明支給品×1(確認済)
【思考・状況】
基本行動方針:出来るだけ多くの仲間を守って脱出
1:新たな仲間と共に別行動中の仲間と合流。
2:葦原と五代たちにある誤解を解きたい。
3:歌舞鬼・黒いライダー(澤田)が気にかかる。
4:ダグバと北崎は放置できない。
5:もっと仲間を増やす。
6:志村は信頼することを前提に行動する。


【桐矢京介@仮面ライダー響鬼】
【1日目 現時刻:夕方】
【現在地:F-6・駅構内】
【時間軸】36話、あきらに声を掛けた帰り
【状態】:バイク転倒による擦り傷や打ち身、疲労(大)、僅かな人間不信、動揺。
【装備】:なし
【道具】:基本支給品(食料紛失)、ラウズカード(スペードの10、クラブの10)
【思考・状況】
基本行動方針:生き残る
1:響鬼達に守ってもらう。
2:激しい恐怖(特にダグバ、ゾルダ、ドラゴンオルフェノクに対して)
3:北崎・木場を始めとするオルフェノクに不安。
4:侑斗に僅かな嫉妬・羨望。


【葦原涼@仮面ライダーアギト】
【1日目 現時刻:夕方】
【現在地:F-6・駅構内】
【時間軸】:第27話死亡後
【状態】:全身に負傷・疲労(中程度)腕部・胸に裂傷(軽度)変身の後遺症、仇を討てなかった自分への苛立ち。ギルス・パンチホッパーに変身不可(1時間)
【装備】:フルフェイスのヘルメット、カブトエクステンダー@仮面ライダーカブト、ホッパーゼクターのベルト
【道具】:基本支給品×2
【思考・状況】
基本行動方針:殺し合いには加担しない。脱出方法を探る。
1:ヒビキたちに同行し、五代から話を聞いた上で真実を見極める。場合によっては倒す。
2:白い怪物(風のエル)、北崎は必ず倒す。
3:黒いライダー(カイザ)を探してみる。
4:立花藤兵衛の最後の言葉どおり、風見の面倒を見る?
5:白い怪物(ダグバ、ジョーカー)を倒す。
6:木場の様子がおかしいのが気がかり。

【備考】
※カブトエクステンダーはキャストオフできないため武装のほとんどを使えません。
 今の所、『カブトの資格者』のみがキャストオフできます。
※澤田=カイザ=スパイダーオルフェノクである事を把握しました。


【木場勇治@仮面ライダー555】
【1日目 現時刻:夕方】
【現在地:F-6・駅構内】
【時間軸】:39話・巧捜索前
【状態】:全身に打撲(中程度)、背中等に火傷(軽度)、疲労(大)、激しい動揺。ホースオルフェノク・ファイズ・サイガに変身不可(1時間)。
【装備】:ファイズギア、サイガギア、トンファーエッジ
【道具】:基本支給品×1、Lサイズの写真(香川の発砲シーン)
【思考・状況】
基本行動方針:海堂の遺志を継ぎ、仮面ライダーとしてみんなを守るために戦う。
1:会話の内容に動揺。
2:香川たちの信頼を取り戻すために戦う。
3:死神博士、ゴルゴス、牙王、風のエル(名前は知らない)、東條、北崎を警戒。影山はできれば助けたい。
4:葦原に僅かに憧れの感情。

【備考】
※赤カードの影響で自分が香川の記憶を失った事を把握しました。
※自分を信じるが、自分さえも信じられなくなったらその時は…?


【桜井侑斗@仮面ライダー電王】
【1日目 現時刻:夕方】
【現在地:F-6・駅構内】
【時間軸】:最終回直後
【状態】:全身にダメージ・疲労(中程度)、強い決意、無力感。サソードに変身不可(1時間)
【装備】:神経断裂弾(1発)、サソードヤイバー
【道具】:基本支給品×2、ラウズカード三枚(ダイヤK・ブランク二枚)
     ショッカー戦闘員スーツ×2@仮面ライダー、
     煤けた首輪、双眼鏡、コーヒーセット、デジタル一眼レフ(CFカード)、望遠レンズ
【思考・状況】
基本行動方針:殺し合いの阻止
1:ヒビキたちと共に仲間と合流。
2:香川の話に反感。木場との仲を取り持ちたい。
3:ガドル、風のエル(名前は知らない)、北崎を倒す。
4:五代雄介に一条薫の死を伝える。
5:ナオミにそっくりな少女(真魚)が気になる。
6:ハナの無事に安堵。可能性は低いが良太郎や愛理を探す。

【備考】
※サソードゼクターに適格者として認められました。
※澤田=ダークカブト=カイザ=スパイダーオルフェノクである事を把握しました。


【香川英行@仮面ライダー龍騎】
【1日目 現時刻:夕方】
【現在地:F-6・駅構内】
【時間軸】:東條悟に殺害される直前
【状態】:深い後悔、強い決意。全身にダメージ・疲労(中程度)。 ゼロノスに変身不可(1時間)
【装備】:デルタギア、ゼロノスベルト、ゼロノスカード3枚(内1枚赤カード)
【道具】:リュックサック、保存食2日分、ペットボトル500ml(水入り)、懐中電灯、軍手、医療品(消毒薬、包帯、ガーゼなど少量)
     観光マップ、弾丸(発砲済)
【思考・状況】
基本行動方針:殺し合いの阻止
1:ヒビキたちと共に仲間と合流し、研究所で首輪の解除の方法を探る。
2:オルフェノクの存在に危機感。信頼できるのは今の所ヒビキと侑斗のみ。
3:ガドル(名前は知らない)、北崎を警戒。
4:五代雄介に一条薫の死を伝える。
5:侑斗を生存させるため、盾となるべく変身アイテム、盾となる参加者を引き入れる。

【備考】
※ショッピングセンター・動物園あたりの川に香川の支給品が流されました。川のどこかにあるかもしれません。
※3ヶ月ほど前にスマートブレインによってホテルの従業員と宿泊客の強制退去が行われたと推測しています。
※ホテルの宿泊客管理ソフトのIDとパスワードを記憶してしまいました。忘れる事ができません。
※観光マップは南北C~H、東西1~6の範囲まで載っています。道路や駅、観光地とホテルの位置がわかります。


【志村純一@仮面ライダー剣・Missing Ace】
【1日目 現時刻:夕方】
【現在地:F-6・駅構内】
【時間軸】:剣崎たちに出会う前
【状態】:腹部に火傷(軽度:治癒進行中)、胸にダメージ(中程度)、疲労(大)。アルビノジョーカーに変身不可(1時間)
【装備】:ライアのカードデッキ@仮面ライダー龍騎、蓮華のワイヤー内蔵型指輪@仮面ライダーカブト
【道具】:基本支給品(携帯・地図のみ)、ラウズカード(クラブのK、ハートのK)@仮面ライダー剣、ホンダ・XR250(バイク@現実)、首輪
【思考・状況】
基本行動方針:人間を装い優勝する。
1:根回しの続行。他のメンバーからの信頼を得る。
2:ダグバなどの強敵とは戦わず泳がせる。
3:馬鹿な人間を利用する。鋭い人間(香川・葦原)やアンデットには限りなく注意。
4:誰にも悟られず、かつ安全な状況でならジョーカー化して参加者を殺害。
5:橘チーフを始め、他の参加者の戦力を見極めて利用する。自分の身が危なくなれば彼らを見捨てる。
6:『14』の力復活のために、カテゴリーKのラウズカードを集める。

【備考】
※病院のロビーに、一文字の所持品(特殊マスク)と携帯電話・地図を除く基本支給品を置いてきました。


【補足】
※病院・放送局を経由して仲間と合流した後、研究所に向かう事に決めましたが、バイク・電車など移動手段やメンバー分けは後続の書き手さんにお任せします。
※情報交換が行われましたが、その内容がどこまで詳細に語られたかも同様に後の話によって都合の良いようにしてください。

111:憎悪の声は歓喜する(前編) 投下順 112:闇は――動き出す――
時系列順 112:闇は――動き出す――
桜井侑斗 119:サウンド・オヴ・サイレンス
木場勇治
葦原涼
香川英行
日高仁志
桐矢京介
志村純一
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
- (T: - /Y: - )

投下順に読む

時系列順に読む

死亡者リスト

支給品一覧

その他




リンク





更新履歴