※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】北崎
【登場作品】仮面ライダーファイズ
【本名】北崎(きたざき) 姓以外は不明
【異名/愛称/コードネーム】ドラゴンオルフェノク 北崎さん(村上、琢磨)北崎君(冴子)
【年齢/性別】16歳 男性
【人称】自分→僕 他人→○○さん、○○君、君 
【立場】ドラゴンオルフェノク ラッキークローバーの一葉でリーダー格
【身体的な特徴】当時、中の人は身長170㎝⇔。年齢の割に背は高いが柔和で穏やかそうな顔立ち。
        微笑を浮かべているかのような表情が常。黒髪、宗教画の天使のようなパーマヘア。
        襟ぐりが大きく開いてワンショルダー状になるデザインの黒いロングTシャツを着用
【精神的な特徴】俺様最強。ピュアで残酷。他人に共感することがない。
        面白いことがないかといつも新しい刺激を求めているが飽きっぽい
【技術/特殊能力】ドラゴンオルフェノクに変身できる。デルタ(多分ファイズ、カイザにも)に変身できる
        触れたものを灰に変えてしまう力。琢磨いじめ。
【紹介】
ドラゴンオルフェノクに変身する少年。同窓会事件の実行犯。
「オルフェノクの中でも上の上」集団「ラッキークローバー」の実質的リーダー。
基本的に全員同格の集団の為特に彼に命令権があるわけではないが戦闘能力が
他のメンバーに比べずば抜けており少年ながら一目置かれている。
性格は無邪気で残忍。ただでさえ強い上に触れたもの全てを灰に変える滅びの力を持っていて
他人との物理的接触が出来ないためか共感する心がなく、
相手を追い詰めながら「どうして?」「教えてよ」とその心情を訊ねるぼんやりゆっくりした
子供っぽい口調と高圧的な態度がアンバランスで恐ろしい。
また機嫌を損ねると口調が厳しく冷たいものに変化する。
自らを最強と言って憚ない幼稚な慢心から来る高いプライドの持ち主で、
飽きっぽく非常に気まぐれ。一般的な娯楽の類に触れることが出来ないため
常に面白いことを求めているが灰化に耐えられる娯楽がそうそうあるはずもなく
ダーツしかり紙飛行機しかり、すぐ投げ出してしまう。
デルタドライバーを使いこなし巧や草加を追い詰めるがデルタドライバーもライダーとの戦いも
彼にとっては遊びの一環。戦っている最中でも興味が他に移ればフラフラとそっちに行ってしまう。
そんな彼が唯一飽きなかった遊びは琢磨いじめ。
年上で普段は理性的な琢磨が自分に怯える様子が面白かったらしく罰ゲームにしっぺを提案したり
頬をこぶしでぐりぐりして灰化させたりして脅しては反応を見て楽しんでいたが、
それが仇となり負傷して弱っている時に逆に仕返しされていた。
灰化能力に関しては人間や無機物、静物の類は触れた瞬間に灰化、もしくは
触れて離れた直後に灰化の描写が多い。その気になれば公園一面の草木を灰化することも可能。
ライダーやベルト、オルフェノクを一瞬に灰化することは出来ないようだが
琢磨は自分がいつか気まぐれに灰化されるのではと非常に怯えていた。
また彼のみドラゴンオルフェノクの状態で2段変身が可能。
表皮が割れてはがれ飛ぶような描写の後装甲が1枚はがれたような軽装備姿になり
アクセルフォームのを凌ぐ高速移動が可能になる。
クローバーに来店すると必ずオリーブ抜きのマティーニを頼むが自分が飲むわけではなく
冴子へのプレゼント。勿論グラスは灰化する。
草カイザ三原デルタのタッグでも歯が立たないほどの強さを誇るが
実際のところ知性面を加味した総合能力では村上や花形に及ばない。
ファイズブラスターフォーム相手に敗走した際はショックで
草むらに転がって半狂乱になっていた。
最後は草加の弔い合戦補正のかかったファイズ、デルタのダブルキックを受けて
さすがに重傷を負った直後に冴子、琢磨に裏切られ、身も心も満身創痍になった所を
アークオルフェノクに捕食され果てることになる。
【関連アイテム】デルタドライバー一式、ジェットスライガー、オリーブ抜きのマティーニ
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
- (T: - /Y: - )

投下順に読む

時系列順に読む

死亡者リスト

支給品一覧

その他




リンク





更新履歴