日高仁志

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】響鬼(ひびき)
【登場作品】仮面ライダー響鬼
【本名】日高 仁志(ひだか ひとし)
【異名/愛称/コードネーム】音撃戦士響鬼 ヒビキさん(登場人物ほぼ全員)ヒビキ(立花、斬鬼、小暮)
【年齢/性別】31歳 男性
【人称】自分→俺 明日夢→少年 他人→名前呼び捨て 目上の人→○○さん 立花→おやっさん
 弟子入り後は明日夢を「あすむ」と名前で呼ぶようになる
【立場】音撃戦士響鬼
【身体的な特徴】中肉中背(中の人は身長179㎝)かなり鍛えられている。黒髪オーソドックスな短髪
        ジーンズに猛士Tシャツやノーティカ、アディダス等のアウトドア、スポーツブランドの動きやすさ重視の飾らない服装が多い。
【精神的な特徴】おおらかで気さく。タフさを感じさせないがかなりタフ
        人助けはして当たり前と思っている。
        戦い慣れしていて戦闘中に取り乱すことはない。
【技術/特殊能力】変身音叉音角で音撃戦士響鬼に変身できる
        アームドセイバーを使うことが出来る、ディスクアニマルを操ることが出来る
        野外活動、野営、サバイバルの技術、知識は一通り持っている
        日ごろから心身の鍛錬を積んでいて、身体能力は高い
【紹介】「猛士」関東支部に所属する鬼の一人。
岐阜県出身で元は猛士関西支部所属。5年前に関東支部に異動。
東京浅草近辺在住。鬼としてはベテランで先輩格。実力はかなりのもので、最終話近くでは手順を踏まずに一気に装甲響鬼に変身、生身で烈火剣発動など桁違いの能力を発揮してみせる。
中学を卒業後16歳で師匠を持たずに独学で鬼に変身できるようになった。
驚異的な努力と根性と才能の持ち主。
修行開始から鬼へ変身出来るようになるまでの期間の最短記録保持者。
人当たりが良く気さくで大らか。老若男女問わず親しみやすく人気者。
鬼として自らを鍛え続けるストイックさを持ちながらハングリーで厳しい印象などは全くない。
場を和ませる空気と常に他人を勇気付ける頼もしさを持つ「大人」な男。口癖は「鍛えてますから」。
「シュッ」っと擬音を口にしながら敬礼を崩したような仕草で手をかざすのが決めポーズ。
「かえるのうた」の節にあわせてその時の状況をテキトーな替歌にしてよく口ずさむ。
どこか飄々としていて誰とでも同じ距離感で接し、相手によって態度を変たりする事が無いが、逆に誰か一人を特別思っているような描写がなく、明日夢と桐矢を弟子に迎えて初めて他人に対して責任を負って真正面から向き合う人間関係を手に入れた様子。
心身ともに鍛えており、悩んだり迷ったりすることはないが、それは彼の人生経験と修行の賜物である。
生身でもかなりの身体能力を発揮でき、一般人には少々困難な他人の為の骨折りもさらりとやってのける。
体を張っての人助けは彼にとって人生の意義そのものであり、当たり前の行為。
撥の他に音撃管、音撃弦も使えるが弦は苦手らしく、習得する際には当時まだ未熟だったことから少々もめた模様。私生活面では携帯電話は使えず持たず。メールもPCもダメ。
たちばなの店番もお客と親しげに話し込んだり、お茶をひっくり返したり、レジも満足に打てないと散々な有様で本人も苦手にしている様子。
超ペーパードライバーで車の運転は壊滅的。
バイクは乗れても止まれず、威吹鬼のバイクを路肩の工事用具の中に突っ込ませたりしていたが、後に練習を積み「凱火」で単独出撃できるようになった。
犬や児童の相手は好きなようで、出先の猛士の家の子供と戯れたり迷い犬を抱いてみたりと、幼稚なスキンシップにも積極的。
自称晴れ男。    
【関連アイテム】ディスクアニマル、変身音叉音角、音撃棒烈火、音撃鼓火炎鼓
        音撃増幅剣装甲声刃 凱火
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
- (T: - /Y: - )

投下順に読む

時系列順に読む

死亡者リスト

支給品一覧

その他




リンク





更新履歴