P15~Xファイルに出力してみよう①


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

①まずは、mpoファイルに保存する事をお勧めします。

②次にx.ファイルで保存。

③x.ファイル形式は 直にメモ帳で開けますので
 とりあえず開きます

④Ctrl+Fキーで検索窓を開き 使った画像の形式などを入れて検索すれば
 画像の構文の場所が一発でわかります。

⑤最初はこの場所は↓のようになっています。

("C:\Documents and Settings\s0610016.M0516\デスクトップ\色々\鉄道\RailSim2(試験)\Struct\新しいフォルダ\HI350054.png")

上記の場合では、自分以外のPCでテクスチャーが表示されません。
なのでさきほどの画像のように
ファイル名のみに書き直します。

これは、テクスチャーを貼っている材質全般で行ってください。
ほかの材質はすぐ下にあるので
検索窓は閉じてスクロールして繰り返し行ってください。

応用

テスクチャの量をひとつのフォルダにまとめて軽くするためのコモン。
コモン使用の際は上記の⑤と少し違います。

①コモンフォルダを作ります。

②画像を全てコモンにいれます。

このように
 書き直します。



保存の方法は次項に続きます。





お詫び:( ゚Д゚)

幸一番様、画面からはみ出た構文の整理や
mqoをメモ帳で初心者に開かせるのは難しかったりするので
かんたんに書き直しました。

ご勝手で申し訳ございませんm(_ _)m
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|