07171014
ようやく、準備していた5種類のマニュアルがアップ出来ました。
やればやるほど混迷する可能性もありますが(笑)、とにかく、目的のために自分の文書の公開が出来る時代の到来です。
引き続き、色々試して行こうと思います。

05192014
色々ありましたが、取り敢えずiTuneに4つ分のマニュアルをUpすることができました。
よかったら、町野猫又で検索して下さいませ。EPUB2に勘違いされる問題は空白の文字入力部位なども原因があったようでiTuneに連絡すると、人によっては親切に不具合場所を教えてくれたり、まぁ、そうでなかったり、色々でした。

特に、インドアプレーン フリーフライト編と受信機編が何故か同じファイルとして認識され、Upする度に入れ替わると言う悲惨な状態。
改めてUpし直すことでファイル認識番号の重複については解決しましたが、何故このような現象が起こるのかについてはお答えいただけず、相変わらず対応の厳しいAppleであることに、ファンとしては悲しい限りです。

いずれにしても、個人出版も夢では無くなってきましたので、これからも精進しようと思います。それにしてもフリーフライト編の承認が遅いわ.......


03202014
 iBook Authorを使って仕事関連のマニュアルとか、将来的には、なにか小遣い稼ぎの出来る出版物を....なんて考える、印税生活を夢見たい(希望(笑))の猫又です。
 しかしながら相変わらず、何かをやるときには情報が探しにくいApple。
 今回はとりあえずiBooks Author->iTuned Producerまでの流れを覚え書き的に記述しておきます(詳しい事書くとAppleにしかられるそうなので)。

【iBooks Author内での手続き】
1:世に出したい内容を作成する(当たり前)
2:作者、タイトル、コメント等の情報をきちんと書き込んでおく
3:プレビュー使って、あらかじめ動作確認をしておく

ここまでは当たり前の世界

4:公開を選択
5:AppleIDを求められる
 このIDは既に持っているDeveloper IDとか、iTune IDは使えません。新たに取得し直す必要があります。また、クレカ情報等たっぷり個人情報を聞かれます。それがいやならApple経由の出版はあきらめましょう。

6:永久に無料の成果物しか出さない場合は問題ありません。が、いつか、有料で出したいと野望ある人は、アメリカのEINナンバー等税金にかかる番号をあらかじめ取得して下さい。ここでたいていの方は引っかかります。
 取得法はググれば出てきます。個人で簡単に出来ますので努力して下さい。

7:Apple IDを取得し、EINナンバー、各種個人情報を入力すると、iTune Connectへの登録だけは出来ますが、承認に時間がかかります。私の場合は土日を挟んで4日ほどかかりました。

8:Appleから承認されたよ、のメールが届きます。
 私はこれで手続き終了かと思ってましたが....甘かった....あ、あまおうたべたい...
 ここまでの手続きでiBooks Authorアプリからは抜けられるのですが....



【iTunes Producer内での手続き】
1:前項8のIDでProducerに入ろうとしますが、何をやっても入れません。説明も全くありません..
......まじめに探せばありました...(ここまでで数時間棒に振りました)

2:iBooks - Publisher User Guide_v7_JPN というのがあり、
これを読み込んでいくと、iTuneに上記IDで入り、「Contracts, Tax, and Banking Infomation」に必要事項を書き込めとありました。ここでも必要な情報をせっせと書き込む必要があります。

3:上記全てを終えて、初めて、iTune Producerに入る事が出来るようになります。
#もーねっ!!


【iTunes Producer内での出版手続き】
1:あとはProducerに従って進めればいいのですが、最後の最後のボタンを押して、色々と間違いをうだうだ指摘されます。
なかでも、『日本語』はEPUB3しか読めねーよ、閲覧用絵の解像度がタンネーよ、が腹立つエラーですね。
 別のサイトにも書いてましたが、使用言語を日本語以外(例えば英語)にすると、エラーは回避できます。
 英語にして出しても、出版物は問題無いと、他の人のところでは書いてましたが、現時点では未確認です(後ほど追記します)。

 今、ちょうどアップロードが終わったところで審査待ちです。忘れないように顛末をメモメモしておきましたが....

Appleはアプリ使うにはいい機械だけど、自分でなんかやりたい(Apple Store経由での各種Publish系)時は、ほんと時間を湯水のように食われてしまいます。

 今日は朝から(0800)やってて、とりあえず落ち着いたのが1500、続けてやっていた訳ではないけれど、放り出したくなる気持ちに拍車がかかります。仕事場じゃ、これは出来ないよ。集中できないし....

 皆様のお役に立たん事を願って(お役に立った場合は、言いたい放題、にコメント入れていただくとやる気が出ます)。