02152011
 修羅場の現場から、ちょっち離れて.....
 ....『月の浦ベースの、うにょさーん!!』....


 『はーい!、ベースの、うにょです。こちらは手作り編みぐるみ(キット)前からお送りしております。いやー、年明け初の作品になります。年末から年死(始(笑))にかけ、管理人は嘔吐下痢だし、後始末に追われまして....いたちさんもマリアさんも病院通いが続いて....あの○▲×.....(家族コードに触れるのでこの辺で中継を終わります...by 管理人)』
 と、いうことで、うにょさん謹呈、今年の干支です。

 もう、2月ですねー、とか言ってる間に、バレンタインデーも終わりました。管理人の仕事場は今が修羅場まっただ中、もぅ、出社拒否になりそうです。

 気がついたら1月からろくな事すら書き込めていないので、近況を含めて、書き込みしてみます。

 【最近購入した優れものシリーズ】
その1:ブレンダー
 日本的に言うとミキサーです。
 随分前に以前の機体を処分してまして....元々の使用目的は、夏場に手作りのミルクセーキを仕込む為のものでした。
 今はブレンダーなんて言うらしいです。しかも、海外製の中には凶暴なブレンダーなんかがあり、iPodなんかを粉みじんにするくらいにハイパワーなものがヨーツベなんかに紹介されていたりします。

 今回購入したのが、vitantonio(ビタントニオ)と言うメーカーのものです(リンク先は色違いのものです)。


 出力は450W(あれ?正確な数値を失念してます)で、パワーでは日本製を軽く凌駕する優れものです。しかも、下側の歯を取り外してきれいに洗う事ができます。取り付けもパッキン1枚を介してワンタッチで、便利な事この上ありません(複数メーカーを比較検討しましたが、特に上記点が決め手でした)。
 真っ当に買うと1.5万円以上(実売1.1万前後かな?)する品物です。これをオクで半額以下で購入しました。しかも1度しか使用していない美品とか.....騙されたかもと思いつつ購入(無論、管理人の小使いから....うるうる...)しましたが、看板に偽りはありませんでした。


 これを使ってこれまでに、
  1. ミルクセーキ(10年ぶりくらいの復刻メニュー)
  2. バナナミルクジュース
  3. バナナイチゴミルクジュース
  4. バナナリンゴミルクジュース
  5. チョコミルク(チョコは製菓用を割って使用してます。チョコムースなんかを作るので、冷蔵庫に転がってます...(笑))
 を作りました(バナナとミルク(牛乳)が主、なんでって、たいてい家にあるし、黒くなったバナナは格好の標的(笑))。

 家族からの評判もよく、特にチョコミルクのホットは絶品で、寒い休日には飲んだ後に眠くなるくらい体が温まります。
 買ってよかった逸品でした。

その2:面直し砥石のご紹介....
 管理人は、うにょさんや自分の包丁やナイフを研ぎます...が、砥石はここ2年?程1000/3000番の薄いヤツが背中合わせでくっついている普通の砥石を使用しております。
 ...が、砥石は減るもの...すっかり湾曲して研ぐのが大変難しくなっていました。
 また、25年くらい前に購入した、たぶん3000番位のものも今の砥石を使うようになってからすっかり放置プレイしておりました。
 きちんと使えるようにするには面直しが必要になります。
 面直しには、それより荒い砥石等で削る(ブロックなんて話もある...)のですが、専用に売っているものは、決して安いものではありません。
 なかなか手を出せず、はや数年.....アマゾンでこんなものを見つけました。


 価格も割と手頃な事と、セラミックらしいので試しに購入してみました。
凹んだ砥石に水を含ませジョリジョリ.....大きな反りは修正が大変です(時間はかかります。覚悟して休日をこれに賭けてください)....右肩の痛みがぶり返すかと思いましたが.....見事に修正できました。
 面の正しい砥石を使うと、いやー、刃物が研ぎやすい(嬉)。しかも、よく研げます。当たり前の事なんですけどね....
 これ以降、刃物を研ぎ終わると、その場ですぐに修正をかけるようにしています。毎回やっていると砥石の減りも速い気もしますが、研ぐ=石が削れるになるので、がんがん修正する事にしました。
 何年くらい使えるかは不明ですが....ちなみに、写真の色は歴戦の証でオリジナルの色とは異なります。ご注意ください。

その3:十六茶けいおんストラップ
 今回の落ちネタです。
 なんて言ったって.....澪と梓は髪型がムリクリ違うだけで、顔は同じキューピーやんかぁ!!
 澪ファンの私としては涙眼な落ちでした...


 明日も仕事です....そろそろ力つきるかも....