02122012
 わんこ時計開発プロジェクト 速報
 開発もいよいよ佳境に入りました。
 現在下の絵のように、とある条件のときにワンコの散歩ができるモードを追加中です。
 背景の大きなワンコは動きませんが(笑)


 画面をタップすると、小さいワンコがタップポイントに向けて駆けてくるというラブリー路線で(笑)....orz....ら、らぶりぃって.....


 あと、時計モードの他にストップウオッチモードもついてます。
3ラップまで取れるようにしてます。
 タイムクリアがどんぶりアイコンという豪華仕様!!いかがでしょ?!


 また、わんBOX©のロゴをクリックすると、永野さんと私のどちらのブログにも飛べるという豪華仕様(爆)


 開発は順風満帆とは行きません(ぶちあたる壁を撃破しつつ!)が、修行継続中です。近日更新をお待ちください。

02052012
 わんこ時計開発プロジェクト

 ブログのあちこちで書いてましたが、昨年末よりiOS開発を本格的に開始しました。思えばMac OS6-7の時代にはToolBox(死語の世界やねー)を使用して仕事に必要なソフトを書いていたのですが....月日は巡り、今や我々はJobsのおかげでiPad&iPhoneなるデバイスを手にできる時代です(お布施は十分にしたとオモフ...OrZ...Mac、高かったし...)

 まずは腕ならし、Xcode環境やObjective-C、ToolBoxの進化系のコード記述環境やビルダになれるため、最初の開発を始めました。
 選んだテーマは時計...インターフェースの基礎を含み、中のデータやり取りやイベントドリブン方式を一通り理解し...気づいた事は...絵の重要性でした。
 そう、ヒューマンインターフェースには絵の重要性は欠かせない...でも私には絵は書けない.....テストではネットに落ちてる澪の絵を使ってましたが、それでは世間様に公表できない...ひいては、仕事上で使いたいときも版権が絡んで使えない....
 そこへ救いの天使が現れました。漫画家の永野あかね様、tweetで知り合う事ができ、絵を使わせていただく事に快諾を頂きました。
 ここにフリーソフト、わんこ時計(仮称)開発プロジェクトが起動したのです(オイオイ....OrZ...力はいりまくり...)

 こちらが作っている最中、Snow Leopard Xcode 4.2上で書いてます。いやー、バグるバグる....色々と慣れるまでにトラップいっぱい。


 こちらは開発中の時計です。鼻を押すと日付が表示されるという(笑)。しかも特定の時間毎に背景画像が変わります。
 見返りわんこ、一番のお気に入りです(嬉!!)


 こちらはストップウォッチの画面です。3ラップまで取れるようにしてます。


 いずれもキャラ絵は永野先生のオリジナルです。ローカライズは日本語と英語に対応し、実記でのテストも平行してます。
 この開発環境、おもしろいですね。よくできたシステムを実感してます。初めてlabViewに接したときのわくわく感を思い出します。
 近日アップルストアにUpを目標に現在鋭意開発中、次の近況Upをお待ちください。