1周目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

冒頭


それにしても、とジャックは思う。
静かだ。
頬をなでる風の強さは木々を揺らすに至らず、またそこには車の喧騒もない。
ショルダーバックの重みで肩が少し痛いがまだ我慢できる程度だ。…少なくとも彼はそう信じている。
彼は年を感じるのが嫌いだ。退化という言葉も、諦めという言葉も、老化なんてもってのほかだ。
常に前進すること、常に進化すること、常に若くあること。
これが彼の信念であり、ポリシーであり、座右の銘でもある。

(これは肩が痛いからじゃない、この田舎の村の空気をより多く肺に取り込むためなんだ)

ショルダーバックを下ろし、両腕を伸ばし背筋を伸ばす。
深呼吸。
首の付け根を軽く鳴らすとポケットからタバコを取り出した。

きっちり5分。

これが彼のタバコを吸い終える時間だ。
実際に同僚がストップウォッチで計ったので間違いない…はずである。
どんな銘柄、長さであってもジャスト5分経つと吸う気がなくなる、と彼は言うし、実際そう感じている。
あとどれくらいだろう。
これを吸い始めてから今で何秒だろう。
このタバコはいつ自分の口元から離れていくのだろう。
今回も5分で吸い終わるのだろうか、それを確かめる術は今、無い。

バックを開き、地図を取り出すと、自分の今いるであろう位置から『八開村交番』の位置を指でなぞる。

(道は・・・・あってるはずだ)

無意識のうちにで口元に手がいき、それをまだ舗装されていない土の地面へと投げ捨てた。
これが5分なのだ。
彼の5分は短くも長くもないタバコの長さ。

「ガイジンのおじさん」
「・・・」

いつのまにか、少女が立っていた。

「タバコを道端に捨てるのは、関心しないな」
「…こりゃ、失礼」
「うん……わかってる」
「ん?」
「……いとう…この人が………………そう」
「え? い、今なんて?」
「……別に」

少女は空中に顔を向け二言三言小さな声を発したが、思い直したようにジャックの顔を見つめる。
その眼に、強い光はなかった。しかし全く無いわけではない。どこか興味なさげに、しかし鋭く輝いている。
まだ幼いその顔つきからは想像もつかない眼光だった。
正直、彼は意味の分からない不安感に近い恐怖を覚えた。

それが少女の目によるものであるか
それがただの、知らない場所へ来た事への不安なのか
それが、これから起こる惨劇を予知したものであったのか
知る術は無かった。

固まったように動きを止めている二人と相反して、地面に投げ捨てられたタバコはまだ煙を発している。
タバコの5分間は、しばらく終わりそうにない。