朝の開始


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.罠師


GMの呼びかけ例:
 罠師、罠師起きて下さい。
 本日、罠に掛ける方1匹を指定して下さい。

 そちらの方ですね。それではお休みなさい。

※夜に噛み先と一致しているかどうかを確認します。
※慧眼の狼に罠に掛けた先を教えます。



2.慧眼の狼


GMの呼びかけ例:
 慧眼の狼、慧眼の狼目覚めて下さい。
 本日、罠師が罠に掛けた方はこちらになります。
 確認が出来たらお眠り下さい。

※罠師がいなければ、GMは慧眼の狼自身を指して下さい。



3.狼の長


GMの呼びかけ例:
 狼の長、狼の長目覚めて下さい。
 本日匂いを嗅ぐ方1匹を指定して下さい。

 そちらの方が狼であればこう(中指と薬指を親指とくっつけて、人差し指と小指は立てる)
 狼でないのならばこう(グーの形を作り、親指を立てる)
 そちらの方はこちらになります。(と言って↑のハンドサインをする。)

 それでは、狼の長はお眠り下さい。

※:狂人は狼ではない判定。猟犬は狼判定であることを要注意
※:妖狐の匂いを嗅いだ場合は、夜の開始時に妖狐は死体となる。


4.猟師


GMの呼びかけ例:
 猟師、猟師起きて下さい。
 本日、猟銃で撃ちぬく方1匹を指定して下さい。

 そちらの方ですね。それではお休みなさい。

※:人間陣営が全員生存している時に猟師が「狼の長」か「銀狼」を指定した場合は死体にはならない。




起こす順番は、罠師→慧眼の狼の順番さえ合っていれば後は順不同です。

ここでは、罠師→慧眼の狼→狼の長→猟師の順番に起こすことをオススメします。