役職解説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

系統別に役職を解説していくページ


村人

役職名 狼ポイント 占い判定 噛み耐性
狼の仔 死体にならない
なし
解説
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
さかさま人狼における最も基本的な役職である。
役職の大半はこの狼の仔を基にして作成している。
例えば、白狼ならば、占い判定が人間になるという欠点があるが故に
狼ポイントが0になるという利点があるという風にメリハリをつけている。

ゲームの背景では狼の仔は人間と敵対しているが、システム上としては、
人間役職が騙りを行うための要因として存在している。
そのため、人間役職以上の狼の仔をレギュレーションに組むことになる。
狼の仔がいないと人間役職は騙りづらいからである。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

占い

役職名 狼ポイント 占い判定 噛み耐性
狼の長 死体にならない
①人間陣営が全員生存している限り、猟師に撃たれても死体にならない。
②朝の間、プレイヤー1匹の匂いを嗅ぎ、狼かそうでないかを知る。
解説
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
誰が敵か味方を判別していく占い系の役職である。
狼の仔と同じ強さがありながら良い能力を持っているのは、
系統:占いだけが許される特別な処置のためである。

本ゲームでは、占い判定が狼であるか、前日噛まれて死体が出ていない場合に
噛まれていないプレイヤーは猟師でないことが分かる。
狼陣営に許されている時間は決まっているため、占い判定と噛み判定の
2つを駆使して人間陣営を追い詰めていくのがこのゲームの基本となっている。
①の能力を持たせたのは、
潜伏占いをしなくてもいいようにゲームの序盤では死にづらい仕様とした。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
役職名 狼ポイント 占い判定 噛み耐性
狼の頭 死体にならない
①朝の間、プレイヤー1匹の匂いを嗅ぎ、狼かそうでないかを知る。
解説
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
占い系統2つ目の役職。
狼の長から防御能力を取り除いた代わりに狼ポイントが0になっている。
こちらは中級者向け以上のプレイヤーが多い場合に使って欲しい役職である。
信用勝負をするか、狼ポイントを獲得する機会を失う代わりに
確実に占いを葬るかはプレイヤー次第である。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


白狼

役職名 狼ポイント 占い判定 噛み耐性
狂人 -1 人間 死体になる
なし
解説
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
白狼系の役職1枚目は人狼ゲームでお馴染みの狂人。
白狼系の役職に共通するのは以下の2点である。
○占い判定は人間と出る。
○撃たれると得をする。
本ゲームでの白狼系の動きは潜伏をして撃たれるか、
役職をCOして、占い判定を狭めるかになると思う。

さて、狂人自体は人間判定が出る上に噛まれてしまうという脆い存在ではあるが、
撃たれた時のメリットが高いのが利点である。
通常の人狼とは異なった動きをして人間陣営を翻弄させたい所だ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
役職名 狼ポイント 占い判定 噛み耐性
白狼 人間 死体にならない
なし
解説
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
白狼系の役職2枚目は同名の白狼である。
狂人よりも撃たれた時のメリットが弱まった代わりに
噛まれても死体になることはないので白狼系中では最も扱いやすいだろう。
さかさま人狼で遊ぶ際はまずこの役職から使うことをオススメする。

第一弾では狂人さえいれば良いと思っていたが、
初心者が扱うには少し難しいかなと思い導入したのがこの役職になる。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
役職名 狼ポイント 占い判定 噛み耐性
狩猟する狼 人間 死体にならない
①狩猟する狼が撃たれて死体となる場合、代わりに夜開始時間に役職を公開する。
役職公開後、プレイヤー1名を噛みの対象する。
夜時間の初めに狩猟する狼は死体となり、人間陣営は狼ポイントを1獲得する。
解説
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
白狼系の役職3枚目は狩猟する狼である。
撃たれた時にプレイヤー1名を噛むことが出来る。
狼側の猟師とも言える役職となっている。

噛みの効果が終わってから人間陣営に狼ポイントが入るため、
ここで系統:狩猟を噛んで死体に出来れば、その時点で勝利となる。
白狼や狂人と異なり、撃たれたら狼ポイントが入ってしまうのは留意したい。
また、朝時間の「噛み」は罠が掛かっていても関与しないことも注意。
罠は夜時間の議論での結果で噛みが行われた場合のみ有効である。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
役職名 狼ポイント 占い判定 噛み耐性
反逆の狼 人間 死体にならない
①反逆の狼が撃たれて死体となる場合、代わりに夜開始時間に役職を公開する。
役職公開後、プレイヤー1名を指定する。
翌朝、系統:狩猟は指定されたプレイヤーを撃つ。
撃った後の夜時間の初めに反逆の狼は死体となり、
人間陣営は狼ポイントを2獲得する。
解説
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
白狼系の役職4枚目は反逆の狼である。
効果は非常に強い。
次の人間の撃ち先を狼側が操作してしまうのだ。
但し、人間判定が出る上に狼ポイントは2もある。
狼ポイント2は大きいので、人間陣営は反逆の狼を撃つ場面も出てくると思われる。

反逆の狼は撃たれているのにも関わらず1日生き残るため投票や議論に参加可能。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

調査

役職名 狼ポイント 占い判定 噛み耐性
慧眼の狼 死体にならない
①朝の間、系統:設置が指定したプレイヤーを知ることが出来る。
(系統:設置のプレイヤーが既に死体である場合、
指定したプレイヤーは慧眼の狼であると教えられる。)
解説
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
罠師や魔女の指定した先が分かる優秀な目眼っ子。
この能力自体はあってしかるべきものなので、デメリット能力は付与していない。
罠の能力は場所さえ知っていれば恐れる心配はないが、
罠の場所を仲間の狼に知らせずにいると人間陣営に
罠の掛かっているプレイヤーに集中して投票される恐れがあるので注意すること。
人間陣営にとっても若干鬱陶しい存在ではあるので、
カミングアウトした翌日は葬り去れてしまう恐れはある。
いつ正体を明かすのはプレイヤーの腕に委ねられているだろう。

ゲームのシステム上としては、占い師に次ぐ情報を知っているプレイヤーとなる。
このゲームでは霊能者が存在しないため、
変わる何かはないかと行き着いたのがこの役職となっている。
本編の霊能者同様、人間陣営が騙りやすい役職となっている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
役職名 狼ポイント 占い判定 噛み耐性
達眼の狼 死体にならない
①朝の間、系統:設置のプレイヤーと共に起きる。
②系統:設置のプレイヤーが死体になった場合、
「達眼の狼」の狼ポイントは1になる。
解説
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
慧眼の狼よりも情報量が多く、敵陣営さえ分かってしまう。
ただし、自身も知られてしまうし、狼ポイントも1高い。
設置のプレイヤーは狼ポイント2の狼を知る。
達眼の狼は狩猟ではない人間陣営を知っている。
この情報をいつ、どうやって公開するかが
この役職のカギとなっている。

慧眼の狼に慣れてきたら是非こちらも試して欲しい。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------