07140


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

写真
復元想像図 NO IMAGES
奉納年 昭和44年(1969)4月
掲額者 (最上流)岩谷金弥
緒元 横 132cm × 縦 60cm
問題数 7
奉納先住所 福島県郡山市西田町丹伊田宮作
奉納先名称 鹿島大神宮
別保管住所
別保管名称
文化財指定
拝観時注意事項 拝殿内に掲額。施錠されているので、社務所にて申し出る。

解説PDF


額文 現代文等
最上流算法天元術起源
算法天元術序
夫曵元術ト云ハ天ニ空ヲ説ケ地ニ一算ヲ主テ号ヲ天元ノ一ト云フ○─是也伹シ○是ハ無極ニシテ空也又
大極トモ云フ算盤ニテハ實級ニ置ク也─是ハ一本ニシテ眞体ナリ算盤ニテハ法級ニ立テル也而シ是ハ求ン欲
スル者ニ命スル也假如題辞ニ依リ取銀ヲ求ムト欲スル時ハ是ヲ○─取銀トシ或ハ反別トシ又ハ方辺トシ意ニ隨テ
求メント欲スル者ニ命スル也之仍テ此天元ノ一ト題辞ニ言フ数ヲ以テ其ノ理ヲ推シ題意ニ隨テ右ト左ニ同理ノ数ヲ説ケ伹シ
天元ノ一、命スルモノハ虚数ナル故ニ左右其眞数ヲ説クル事ハ能ス只其ノ理ヲ推シテ左右等数ニ成ル可キ理ヲ推シテ的
当ヲ推シテ探リ求ムルノミ而テ左数ヲ以テ左ニ寄セ右ノ数ヲ以テ相消シテ其ノ理ヲ空フ歸スル也之ヲ的当ト云フ伹シ空ト
空数ヲ以テ的当スレハ正屓組落チテ其式組落テ其式空トナル又眞数ト眞数ヲ以テ的当スレハ正屓組落チテ空
ト成也虚数ト眞数トヲ相交テ的当スル故ニ自然ノ定式ヲ得ル也此的当ニ依テ天元ノ一ニ命セシ所ノ物ヲ得ル開方式ヲ
自然ニ生スル也是天元術ノ妙ナリ尚其業巻中ニ詳也初学者能ク其ノ意ヲ味ヒ知ル可シ
天元術定則
書算籌正屓
算籌ニ正屓ノ両算アリ─此ノ如ク書キタルハ正算也又此ノ如ク¥印アルハ屓算也(図)此ノ如ク\\印アルハ正
算ニ成ル是ハ稽古中多ク用ル也亦多数位ナル時ハ一ノ位ヘ斗リ引クト心得可シ

假如釣ヲ置キ股ヲ加ヘ(図)又天元ノ一ヲ置キ差ヲ加ヘ(図)又天元ノ一ヲ置キ米相場及総代金ヲ加ヘ(図)又天元ノ
一ヲ置キ此ノ算ヲ加ヘ(図)

假如股ヲ置キ内釣ヲ减シ(図)又天元ノ一ヲ置キ内甲ヲ减シ(図)
相乗
直饒天ヲ置キ(図)又ハ天元ノ一ヲ置キ(図)之相乗ス(図)緃使釣ヲ置キ天元ノ一ヲ减シ(図)列甲乙ノ和(図)之ヲ相乗シ(図)
自乗
假如釣ヲ置キ(図)是ヲ自乗シ(図)住日宲自乗シテ實ヘ置キ實方相乗二倍シテ方ヘ置キ方ヲ自乗シテ廉ヘ置クト
心得可シ假令天元ノ一ヲ置キ甲ヲ加ヘ(図)之ヲ自乗シ(図)緃使甲乙ノ和ノ内天元ノ一ヲ减シ之ヲ自乗シ(図)
假銧甲ヲ置キ内乙ヲ减シ(図)之ヲ自乗シテ(図)緃使下圖ノ如ク算布(図)之ヲ自乗ス(図)
(図)
算法天元術
問1 一、今戰争有リ東西ニ屯シ東ハ一千三百二十五人西ハ八百五十人芝毎日東方ニハ三十五人宛死亡ス又西方ハ毎日
六十人宛加勢有リ幾日ヲ歴テ両屯處同様ニ成也ト問フ
答1 答曰 五日
解1 立天元ノ一(図)為同様日数乗加勢人(図)加西屯(図)為同様人左ニ寄列同様日乗死人(図)以减
東屯(図)為同様人與寄左相消(図)得同様日式
術1 術曰置加勢人加死人以除東西屯差得同様日合問 解説PDF
問2 二、今図ノ如ク勺殳ニ全円ヲ容ル有リ勺三寸殳四寸全円圣如何ト問フ
答2 答曰 全円圣二寸
解2 立天元ノ一(図)為円圣以减釣二段(図)為子列円圣以减殳二段(図)
為丑加子(図)為玄寄左玄二段以相消(図)得円圣二除之得式(図)同式
術2 術曰別求玄以减勺殳和得円圣合問 解説PDF
問3 三、今図ノ如ク線上ニ大小二円ヲ載セテ有リ只云大円圣四寸小円圣一寸子ヲ問フ
答3 答曰 子二寸
解3 立天元ノ一(図)為子倍ノ自ノ(図)為子巾寄左列大减小
為勺自之(図)為勺巾列大加小(図)為玄自之(図)為玄巾内减勺巾
(図)撰ノ(図)為子巾以相消(図)四除之(図)得子式
術3 術曰置大圣乗小圣開平方得子合問 解説PDF
問4 四、今図ノ如キ方堡壔形ノ鉛ヲ玉ニ作ラント欲ス方辺二寸髙サ三寸玉ノ径如何程ト問フ伹シ玉積率五分二三ヲ用フ
答4 答曰 玉径八分四一余
解4 立天元一(図)為玉圣三乗之(図)為圣三乗玉積率(図)為玉積寄左置方
辺巾乗髙為体積以合相消(図)得玉径式
術4 術曰置自之乗髙除玉積率以開平方得式合問 解説PDF
問5 五、今図ノ如ク勺殳ニ方ヲ容レテ有リ只云上玄三寸又云下玄四寸方面何程ト問フ
答5 答曰 方面二寸四分
解5 立天元ノ一(図)為方面乗下玄(図)為上玄因子自之(図)為上玄冪子冪是加上玄冪
方面冪相乗(図)為上玄因下玄冪寄左列下玄冪乗上玄冪以相消得而開方式
(図)得方面式
術5 術曰置上玄乗下玄自之和下玄巾上玄巾以除之開平方得合問 解説PDF
算法天生法
問6 一、今有如図大円五個交内容小円四個只云大円圣一寸小円圣問幾何
答6 答曰 小円圣二分九厘有奇
解6 解曰立一算命小円圣(図)依図求各大円圣乗二ヶ商(図)?寄(図)以相消
(図)ニ除之(図)得小圣式
解説PDF
術6 術曰置五分開平方以减一ヶ乗大圣得小圣
問7 二、今有如上図直線上載方及三角只云三角面五寸子一寸問方積幾何
答7 答曰 方積三十一歩
解7 解曰立一算命積(図)依図求各(図)勺(図)殳(図)玄求矩合解是(図)
(図)矩合同加四除(図)定矩合(図)得方積式
術7 術曰置面自之加子巾及子因面得方積 解説PDF
明治一百年十月二三日
土棚山東塾槗本慶明先生門人
岩谷金弥
額文は現物による。但し、傍書法の部分は省略。
内容は天元術の入門書的なものであり、難しい問題はない。

名前:
コメント: