06004


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

写真
復元想像図 NO IMAGES
奉納年 天明4年(1784)
掲額者 最上徳内
緒元 横 -cm × 縦 -cm 復元
問題数 1
奉納先住所 東京都
奉納先名称 芝愛宕神社
別保管住所 山形県村山市中央1-2-12
別保管名称 最上徳内記念館
文化財指定
拝観時注意事項 入館料:大人300円(2016年8月現在)

額文 現代文等
奉納
爲數理遊方筭學問題一千條以標奉神廟梵閣其一
今有連名不知其原字幾數只云速八字自一字至八字變盡句
數八億一千五百七十三萬零七百二十一變問得原字數術幾何
天明四年歳次甲辰春三月二十五日向西海是日始
發東都因先奉愛宕神廟
東都湯島逸民
寉岡 永井右仲正峰謹識
余從寉岡先生同遊方是曰倶發東都乃効先生例標
奉筭題一問
問1 今有如圖圓内隔三斜容三圓只云甲
圓徑四十九寸乙圓徑二十八寸丙圓徑一十七寸問
外圓徑幾何
図のように、外円内に、三角形、甲円、乙円、丙円を描く。
甲円の直径が49寸、乙円の直径が28寸、丙円の直径が17寸の時、外円の直径を求めよ。
此題者同朋鈴木誠政所造余附歸除術答之今又問
其術
門生 高 元吉常矩謹識
現代文は展示施設の解説文による。

名前:
コメント: