09015

写真
365連休の日々
栃木県の神社
復元想像図 NO IMAGES
奉納年 明治10年(1877)10月
掲額者 田村与兵衛源正知門人
緒元 縦190cm ×横280cm
問題数 3
奉納先住所 栃木県栃木市旭町26-3
奉納先名称 神明宮
別保管住所
別保管名称
文化財指定
拝観時注意事項

額文 現代文等
奉献
関流
信濃国水内郡侔礼駅出
下野国都賀郡大領邑寓
田村与兵衛源正知門人
問1 今有如図鉤股弦三個及方面菱面各相親礼義相乗数曰四百六十
四累乗仁[虫喰]六百而問各大股及中弦幾何
答1 答 大股七拾一寸六分八厘余
曰 中弦六十五寸五分七厘余
術1 術曰依剰一術得仁列相乗数依自約術分礼義仁与義和而見大方
自之加仁冪平方商名子以除仁義相乗数加子得大股置仁冪以大
方除之加大方得中弦合問
問2 今有如図円内設鉤股弦及方面其交罅容各鉤股和乗弦曰二千八
百三十五而問各甲円径幾何
答2 答曰甲円径一拾一寸一分二厘四毛余
術2 術曰置二八三五依自約術鉤股和与弦分之弦冪和冪差倍之和冪
内減之余平方商加和折半得股列弦半冪乗八分開平方得方面弦
半方半差名天乗方名地天方半以除地得甲円径合問
問3 今有如図沼及長平内隔斜方田不知為小斜及中斜曰三拾五間也
或不知為中及下曰百拾歩也即而問各沼積幾何
答3 答曰四百五拾歩零々五…
術3 術曰
[実 方 廉 偶 三乗 四乗]
開四乗方得方面以定中小二斜別五個商加一個以乗小斜折半内
減小斜余半之名子自之以減小斜冪内余平方商加中斜半名甲中
斜余三角中鉤率以相乗内減子名乙甲冪乙冪相併開平方得大斜
以除中斜冪商斜冪差加大斜折半自之以減中斜冪余平方商乗大
斜半得沼積合問
紀元二千五百三十七年第十月令辰
(門人名 三百余名省略)
親水吉岡敬書
彫工 栃木 渡辺喜平治

額文は「栃木の算額」による。

名前:
コメント: