03042

写真 和算の館
復元想像図 NO IMAGES
奉納年 嘉永3年(1850)6月15日
掲額者 千葉雄七胤秀門人
緒元 縦59cm ×横96cm うち枠9cm
問題数 4
奉納先住所 岩手県一関市花泉町油島字猪岡西27
奉納先名称 八雲神社
別保管住所
別保管名称
文化財指定
拝観時注意事項

額文 現代文等
奉納 関流七伝千葉雄七胤秀門人
問1
今有外半円内如図以大中半円画黄積(乃各半円端共親而不放)
容小円只言外円径及勾股黄積若干問得小円径術如何
答1 答曰如左文
菅原弥右衛門
術1 術曰置外円径自之以黄積除之内減方斜率二段
与三个差余以而除外円径得小円径合問
問2
今有扇面内如図設圭容全円及等円三個而画黒
白等積只云等円径若干問得扇長術如何
答2 答曰如左文
関流八伝
及川正右エ門秀之門人
阿部重右衛門房之
術2 術曰置六個七分五厘開平方加七個乗等円径四
除之得扇長合問
問3
今有半梯内如図隔斜容全円及大中小円其大中
小円径各若干問得全円径術如何
答3 答曰如左文
同 同 寅吉
術3 術曰置大円径以中円径除之加一個乗小円径得
全円径合問
問4
今有如図設勾股弦与方夾画容側円及等円二個
只言方面及側円長径各若干問得至多内斜術如
答4 答曰如左文
術4 術曰置(六千一百二十五ケ三百六十五ケ)各開平方相減余乗長径以
七十二個除之得至多内斜合問
関流七伝 千葉雄七胤秀門人
及川正右衛門秀之
嘉永三(庚戊)年六月十五日 敬白

額文は「和算 岩手の現存算額のすべて」による。

名前:
コメント: