12032


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

写真 NO IMAGES
和算の館
復元想像図
奉納年 明治15年(1882)5月
掲額者 (関流)鈴木泰治郎重喜
緒元 横 96cm × 縦 69cm
問題数 1
奉納先住所 千葉県君津市鹿野山324
奉納先名称 鹿野山神野寺
別保管住所
別保管名称
文化財指定
拝観時注意事項 参拝料 大人500円


額文 現代文等
問1 今有鉤股内如図隔等菱面
容甲円一個乙円二個甲乙円径
和而四寸五分菱面五寸問鉤股弦及
甲乙円径各幾何
答1 答曰乙円径二寸甲円径二寸五分
鉤九寸股拾弐寸弦拾五寸
術1 術曰置菱面乗和寸二因三帰而名天
菱面之内減和寸半名地自之加天開平方内減
地余得乙径以減和寸得甲径置菱面三因得弦
四因五除而得股三因四除而得鉤各合問
解説PDF
当国当郡貞元村 関流八伝 鈴木治兵衛重昌孫
同苗 泰治郎重喜
明治十五年五月
額文は「千葉県の算額」による。実物は文字ほとんど判読不可能。

名前:
コメント: