Reika=Wilson


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Reika=Wilson レイカ=ウィルソン


年齢 24
身長 168cm
体重 54.2kg
B.W.H 82 60 85
性別 女



【容姿】

東洋人と西洋人のハーフ。
赤茶けたセミロングヘアに、赤茶けた瞳をしている。
切れ長の目でとても冷たい印象を与えるが、別段冷酷なわけではない。
ワイシャツにパンツスーツ、銀縁メガネというすっきりとした格好に、さっぱりとした口調が冷たい印象を際立たせるのだが、本人は気にしていない。


【備考】

常に胸ポケットにタバコを入れており、火がついてたりついてなかったりのタバコをくわえている。
最近は禁煙場所が多いため肩身が狭いと嘆く毎日。
好奇心旺盛で、自分が気になった事は徹底的に調べるタイプ。
両親は根っからの魔術師だったため、自我が強く、互いに自らの研究に没頭していたために愛されて育った覚えはない。
そのためか、人に好意を持ったとしてもそれをどう表せばいいかわからなかったりする。
幼少期から両親の研究のため、素材集めなどの手伝いをこなしていた為か、運動能力や瞬間的判断力は優れている。
特殊な魔術ばかり研究しているため、その殆どをひた隠しにしている。
光を発生させるだけで馬鹿にされていたが、近年鳴りを潜めていた研究を己で実験し成功を収め始めているのを機に、「閃光の魔女」という小馬鹿にされていた異名は、畏怖の対象へと変貌を遂げる。
その名前の通り、魔女が一閃光ったかと思えば相手は灰になっている所から異名は来ているようだ。


【能力】

《魔炎昇華》 Flash fire Rank.C

指先から火花を発生させることができる。
しかしただの火花ではなく、熱量こそないものの魔力によって光量がかなりある。最小光量では一定時間辺りを照らす懐中電灯レベルで、最大光量は威力の抑えられた閃光手榴弾レベル。
通常光量は一瞬目が眩む程度である。
術者単体では精々眩しいくらいにしか光量を高めることはできないものの、魔術道具併用することによってそれを増幅させることができる。
懐中電灯レベルではインターバルは不要だが、連続使用としては2レスが限度。
魔術発動時にはパチパチと音を出して、一息おいて光出す。
2レス連続使用で魔力の出力不足となり、4レスのインターバルが必要となる。
最大レベルの光量の場合は魔力を増幅させるために4レス、連続使用は出来ず一度発動させるとそのロールでは魔力枯渇となり魔術一切使用不可となる。
最大レベル発動時には、線香花火のように指先、ライターが火花を散らしてから一気に光を放つので隙が大きい。
発動としては4レスの魔力増幅、1レスの発動前動作(火花がちり始める)、発動となる。

独自の魔術回路で形成されている魔術であるため中々発動が遅い。


【魔術道具】


《魔炎発生装置》ライター
魔術において月を象徴する銀と、太陽を象徴する金を織り交ぜて造られた特殊なジッポライター。見た目こそ普通のライターだが、内部には特殊な術式が彫られており、装置から発生した火花は増幅された魔力と術者自身の火花という2つが揃うと凄まじい光量で輝く。

《ハーブを混ぜたタバコ》
金魚草を月明かりの元で乾燥させタバコの葉と混ぜ込み、少しだけ燻したもの。
ウィルソンの好みでバニラの葉を混ぜているため、とても甘い香りの煙が出る。
魔術を行使する際、魔力を増幅させる唯一の方法。
煙草を吸うというワンクッションが必要だが、増幅される魔力は想像を絶する。


【目的】

自らの魔術発展のため学園都市に潜入している。
能力者に対して嫌悪もなければ恨みもない、研究の対象というだけ。
能力とは一体何なのか、それを魔術学として自らの理論に当てはめる事は可能なのか。能力者は自らの能力とどのようにして付き合っているのかを見極めることが目的。
どちらかといえば穏健派である。

【新魔術】

廃墟に住んでいるからこそ、あらゆる無茶な実験が出来たレイカだが、その結果に机上の空論に過ぎなかった術式超圧縮と現象発生までの時間を著しく短縮。
レイカはそれを『subject:flash』と名付ける。どうやら、とある能力者に影響を受けたようだが…?

『subject:flash』 魔術ランクA


指先から火花を発生させ、火花を介して自らの魔力を急激に燃焼させることにより半径5メートルを瞬間的に延焼させる。自らの魔力を燃焼させているので、飛ばしたり等は一切出来ない。
炎は特殊なもので、存在する通常の物質に着火、間接的な燃焼が出来ないため殆ど害を及ぼさない。
魔力、又は能力に反応し、術者以外のそれを含む有機物を燃焼させる。
熱量としては通常の炎と変わらないものだが、物質を燃やさないという魔術の中でも超高度な一点燃焼である。
端的に言えば、無能力者(通常の人間)や建物を燃やさず、魔術師と能力者(術者本人除く)を燃やす事が出来る。
炎が瞬間的に広がるので爆発したように見えるが、実際は広範囲に炎が広がっているだけなので爆発したような衝撃は無い。

【現在】

現在は高天原 いずもと能力と魔術の情報交換し、同時に共同戦線を組んでいる。
同時に学園都市、風紀委員会に所属する八橋 馨とも共同戦線を組んでいる。

高天原いずもから現在の魔術のインスピレーションを得て、八橋馨から学園へ手引してもらっている。

学園都市中枢に研究施設兼住処を構え、普段は白衣を纏い学園で教師として働いている。
夜な夜な白衣を脱ぎ、街へ出向いては魔術師や能力者の観察、データ採取をしている。