椋梨 仙


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

椋梨 仙 / Sen Mukunashi


プロフィール

性別 男性
陣営 能力者
年齢 17歳
身長/体重 182cm/80kg
学校/学年 第一学園/二年生
所属組織 風紀委員会


容姿

眉毛にほんのかかる程度に短く切り揃えられた黒髪と切れ長の黒眼を持った少年。

だが少年と呼ぶにはその体躯は余りにも無骨で力強い。
握る事が潰す事と同義とすら思える太い指、そんな指を持ってしても半ばしか掴む事の出来ない隆々とした二の腕
凡そ脂肪なぞ無関係であろうアスリートの如く引き締まった腹筋に著しく発達した背面の筋肉
腰から繋がる大腿は内に詰め込まれた肉で張り裂けん程で、爪先は力が込められればまるで握り拳にすら思える。

正に80kgの筋肉の塊と言うべきムキムキマッチョマンの変態でそんな自分の筋肉に自信を持っているが決して馬鹿ではない、ホントだよ?


能力

『象形意掌』
[ Pantomimer / パントマイマー ] (Level4)
「ボディーランゲージ」を実現する能力。
両腕を広げて羽搏かせれば「鳥」であったり、人差し指と中指を立てた両手を互い違いに重ねれば「忍者」と言った肉体を用いる形態模写
果てにはグーとチョキで「カタツムリ」やパーとパーで「ちょうちょ」と言った手遊びもその形を取る事で物の性質や能力を再現、及び使用する。
ただし個人(人物)を模倣することは出来ない。


装備

筋肉


概要

第一学園に在校、研究職の父と一般的な専業主婦の母を持つ。
一家は学園都市内に一軒家を構えているが、仙は現在実家ではなくマンションで一人暮らしをしている。

幼少から拳法を修めており、正にそれが彼の筋骨を作り上げた。
その徒手空拳に対する深い造詣と高い能力Levelを買われて風紀委員にスカウト、済し崩し的にそのまま所属し現在に至る。
そこから分かる通り活動自体は対応も内容も不真面目と言って差支えなく、さらに能力と容姿のギャップから人をおちょくっていると勘違いされている事も多い。
尤も自主的に参加した訳でこそ無いが(合法的に人を殴れる点も含め)委員会自体は気に入っているようだ。

能力の名こそパントマイマーであるが彼自身はその手の隠し芸の類は一切持ち合わせて居ない。