※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

深夜、皇都エクセルベルンの路上を、私たちは走っていた。
この街で相棒は、凶悪なテロリストとして指名手配されている。執拗に迫る追っ手。突然襲いかかる教団の巡察執行士。だが、戦うリロイの姿には生彩がない。あまつさえ黒い血が口から吐きだされた。大丈夫か、相棒よ!マリーナ王女誘拐事件も正念場だというのに……私の名はラグナロク。リロイの頼れる相棒にして剣。どうやら、出番が増えそうだ。絶好調の超格闘ファンタジー。(「BOOK」データベースより)