※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイントラートの女社長。初出はHIDDEN。ゴスロリが良く似合う幼女。

その正体は5000年前の大戦でも獅子奮迅の活躍をしていた古参の吸血鬼?にして《殺戮の淑女》?と恐れられたヘルその人である。

当時、人間を憎み、何百万人もの命を奪ってきた彼女はある時「真実」を知る事で人間との共存を望みその道を模索し始める。
その後、名前をメーヴェに改め同様に人間との共存を望む闇の種族の同士達とアイントラートを設立する。

そんな人生のせいで人間にも闇の種族にも敵は多い。
しかし、アイントラート内での人望は高く、オルカンとかテーゼとか熱烈な信奉者までいる。
内にも外にも彼女が本当に安らぐ場所は無いのかもしれない…

そんな彼女の数少ない友人にはベストラがいて、シュタールの攻撃からリロイを庇った際、傷ついた彼女を保護していた。
その件の他にもシュタールとはウィルヘルム派?など昔から因縁があるらしく、人間に敵対する闇の種族の中でも特に嫌っているようだ。
為生存は確定しているが、傷が全快しているかどうかは不明。

10巻廃都の幻影でシュタールの本体の一部を引き摺り出す際、重傷を負う。
その後、リロイにヴァルハラ本社の位置を伝えている