※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


リロイ以上の戦闘凶で戦闘以外の事は無頓着、かと思えば異常な執着をみせたりすることもあって非常に掴みづらい性格。
弥都?の武家の中でも名門中の名門とされる犬神家?の出身であり、傭兵ギルドに登録していたのは世間をみる修行の為だったらしい。
更には、将来の婿候補を選ぶ目的もあったらしく、目出度く?リロイとテーゼが婿候補に選ばれたが、どのような選考基準でこの二人が選ばれたのかは不明。
なお、婿候補を即却下したリロイは彼女の「強硬手段」によって既成事実?を結ばされそうになる。

暴走しがちな彼女を止めるのは、同じライカンスロープのカレンの役目。
また、意外にも弥都の礼儀を重んじていて、命の恩人であるネロスの言う事にも素直に応じたりする。
「母ちゃん」こと実母犬神水木には強烈な折檻で躾けられていて、全く頭が上がらない。
「ユウちゃん」こと狗神悠を幼い頃半殺しにしたにもかかわらず、相手からしつこく求婚されている。だが、彼女は彼が自分より弱っちいからか、相手にしていない模様。
ドクター・イクスとは犬猿(犬モグラ?)の仲で、出会うたびに仲良く喧嘩している。

SS級傭兵としては史上最年少&史上初のライカンスロープ&史上初の弥都の出身者の三冠を達成し、他のSS級傭兵達の間でもちょっとした話題になった。ちなみに、彼女がSS級に昇格したのはEX.ガン・クレイジーEX.デッドマンの直後のことである。

戦闘の基本スタイルは鉄扇と蹴りによる肉弾戦。鉄扇の威力は耐久力に秀でるウィルヘイム派?の信者や巡察執行士であろうとも一撃で地に伏す程である。
更にはライカンスロープの特性として獣化することもできるが、他多くのモチーフとなる動物がある獣化とは異なり、彼女の獣化した姿は爬虫類に似た《闇の種族》とも見紛う程禍々しい姿であり、巨体にも関わらず獣化前より素早く移動出来、鋼を易々と引き裂く爪と熱線を受けても平気な装甲を持ち、可燃性ガスを精製し口から炎を噴出すことさえ可能で、正に突然変異体(ミュータント)に相応しい。

左手の指が6本ある?

現在、リロイ・テーゼと共に弥都に滞在中。