装備例

カーマスリビアPart1実装後の情報(2017年6月12日更新)

LV50未満の初心者向け装備

武器:+7バレス
副武器:+7攻撃力UP系
防具:+5アゼリアーナセット(セット合計で最大HP+150、攻撃速度+3、詠唱速度+3、移動速度+1、硬直/気絶抵抗増加)
首:+0~1バレスネックレス(攻撃力+4~6)
耳:+0~1バレスイヤリング(攻撃力+2~3)
指:+0~1バレスリング(攻撃力+2~3)
ベルト:+0~1バレスベルト(攻撃力+2~3)

アクセは最低限ノーマル品があればOK。強化品に関しては、取引所にあれば買う程度で十分。
アゼリアーナはLV50までの繋ぎ装備なので、強化は必ず+5で止めること。

LV50なりたて初心者向け装備

武器:+7バレス
副武器:+7攻撃力UP系
防具:+5グルニル(セット合計で最大HP+150、攻撃力+7)
首:+1バレスネックレス(攻撃力+6)
耳:+1バレスイヤリング(攻撃力+3)
指:+1バレスリング(攻撃力+3)
ベルト:+1バレスベルト(攻撃力+3)

カルフェオン上位狩場での狩りを想定。
防具の切り替えと、アクセの更新は必須。
ここからは武器防具を+15目指して強化、もしくは取引所で購入していく。

LV50なりたて初心者の1日

  • 闇の精霊デイリー(カルフェ版)をやる。ハンターの証1枚もらう。
  • 闇の精霊の特殊依頼1をやる。ベググローブを入手するまではベグを狩る。報酬袋3つとブラックストーン鎧1個貰う。
  • マンシャかナマズマンを狩ってお金を稼ぐ。
・約束の証クエをやりながら、捨てられた修道院とヘッセ聖域で狩りをする。影の証や魔女の耳飾りを狙いつつ、封印アクセの完成を目指す。
約束の証クエは、時間がかかりすぎる上に、代替装備が安価で優秀なので、もはや時代遅れ。
マンシャかナマズで金策し、取引所で代替装備の購入を推奨。

  • 闇の精霊ウィークリーがあればやる。マスカンシューズが手に入るまではマスカンを狩る。報酬袋5つとブラックストーン武器1個貰う。
  • 古代遺跡の結晶欠片が貯まったら、古代遺跡の結晶召喚書を作るか、召喚書を作らずそのまま売る。召喚書PTに入って消化すればウマウマ。記憶の欠片はとりあえず売って金に換える。

メディア狩り入門用装備

武器:+9↑バレス
副武器:+7攻撃力UP系
防具:+8↑グルニル
首:+1~2バレスネックレス(攻撃力+6~8)
耳:メストイヤリング(攻撃力+4、命中力+1)、+2バレスイヤリング(攻撃力+4)
指:青い珊瑚礁リング(攻撃力+5)
ベルト:+1~3バレスベルト(攻撃力+3~5)

LV50からのレベリングは、メディアで狩をした方が経験値の入りは大きい。
しかしメディアの敵は、カルフェオンに比べて、敵の強さが一気に跳ね上がる。
LV50になりたての初心者がいきなり行くのは難しい。
入門用装備が揃うまでは、カルフェオンでの狩りを継続した方がいいだろう。

金策効率に関していえば、装備が弱いうちはカルフェオンの方が稼げると思われる。

LV53でもナマズで経験値が入るらしいので、メディアよりも経験値効率は悪いが、一応レベリングも可能。

手に入ったブラックストーンは、すぐに自己強化へ回して構わない。
ただし、武器と副武器は、武器の強化が最優先。
副武器は+15武器が手に入ってから手を付ければよい。

もし、+2以上のバレスアクセが売りに出ていて、装備強化に繋がるなら、とりあえず買っておこう。
コスパがいいので繋ぎ装備として役に立つ。

メディア狩り入門者の1日

  • 闇の精霊デイリー(メディア版)をやる。ハンターの証を合計4枚もらう。カルフェ版は遠いので基本やらない。
  • 闇の精霊の特殊依頼1をやる。ベググローブを入手するまではベグを狩る。報酬袋3つとブラックストーン鎧1個貰う。
  • 適正狩場で狩りをする。

  • 闇の精霊ウィークリーがあればやる。マスカンシューズが手に入るまではマスカンを狩る。報酬袋5つとブラックストーン武器1個貰う。
  • 禁忌の書が貯まったら、カルティアンの呪術書を作る。召喚書PTに入って消化すればウマウマ。記憶の欠片はとりあえず売って金に換える。

55以下の初期目標装備例(狩用)

武器:+15バレス
副武器:+15攻撃力UP系
防具:+15グルニル
首:剣闘士シュルツのネックレス(攻撃力+7)、古代守護者の印章(攻撃力+6)、+0~1スカラーネックレス(攻撃力+5~6、防御力+5~6)、バレスネックレス+2(攻撃力+8)、ダイヤモンドネックレスやエメラルドネックレス等(攻撃力+5&各種抵抗)
耳:+1メストイヤリング(攻撃力+5、命中力+2)、+1青い珊瑚礁イヤリング(攻撃力+6、最大EP/FP/神聖力+25)
指:+0~1青い珊瑚礁リング(攻撃力+5~6、最大EP/FP/神聖力+25~30)、+1赤い珊瑚礁リング(攻撃力+5、防御力+4)
ベルト:古代兵器の核(攻撃力+4、防御力+4)、+1剣闘士シュルツのベルト(攻撃力+5)、+3バレスベルト(攻撃力+5)

コスパを考えると、この辺が最初の目標になるだろうか。
勿論単に55を目指すだけであれば、ここまでの装備がなくても十分可能。
古代守護者の印章と古代兵器の核は、セットで装備すると命中が+5あがるため、セット運用するとなかなか強い。

これ以上の装備強化を行うには、1千万単位でのお金が必要になってくるため、気軽に強化することは出来ない。

バレンシア入門用装備(狩用)

武器:+16リベルト or +16極緑武器(バレス・ユリア・ロサル等)
副武器:+16攻撃力UP系(極)
防具:+16グルニル
首:+1剣闘士シュルツのネックレス(攻撃力+10)、+3バレスネックレス(攻撃力+10)、古代守護者の印章(攻撃力+6)、ダイヤモンドネックレスやエメラルドネックレス等(攻撃力+5&各種抵抗)
耳:+1メストイヤリング(攻撃力+5、命中力+2)、+1青い珊瑚礁イヤリング(攻撃力6、最大EP/FP/神聖力+25)
指:+1青い珊瑚礁リング(攻撃力+6、最大EP/FP/神聖力+30)、+1赤い珊瑚礁リング(攻撃力+5、防御力+4)
ベルト:古代兵器の核(攻撃力+4、防御力+4)、+1剣闘士シュルツのベルト(攻撃力+5)、+3バレスベルト(攻撃力+5)

このくらいの装備があれば、バレンシアでもソサン以上の経験値が稼げるハズ。
狩場によっては、気絶やノックダウンを使ってくる敵がいるので、製作品の各種抵抗ネックレスや水晶で対策しよう。

狩り効率を上げるには、ここからひたすら火力を上げる必要がある。
この後は、安価なアクセの+2~3を用意したり、17~18武器を作るか、クザカ武器に移行すべし。
近距離職の場合は、防具も速めに+17~18にグレードアップさせたいところ。

LV60を目指す人向けの目標装備例(狩用)

武器:+18クザカ or 18リベルト or18極緑武器
覚醒武器:+18ダンデリオン or +18青武器 or +18緑武器(バレス・ユリア・ロサル等)
副武器:+18クツム or +18ヌーベル or +18攻撃力UP系(極)
防具:+18極グルニル
首:+3シュルツのネックレス(攻撃力+16)
耳:+3青い珊瑚礁イヤリング(攻撃力10、最大EP/FP/神聖力+25)
指:+3影の証(攻撃力+11)
ベルト:+3剣闘士シュルツのベルト(攻撃力+9)

まずは緑武器防具で構わないので+18を目指そう。
次に青アクセの真三を目指そう。
最後に緑武器を青かボス武器に換装していこう。
19強化に手を出すのは、その後でいい。

狩装備の最終形

武器:+20クザカ
覚醒武器:+20ダンデリオン
副武器:+20ヌーベル
防具:+20グルニル or +20ボスセット
首:+5オーガリング(攻撃力+35)
耳:+5ツングラドのイヤリング(攻撃力+17)
指:+5三日月リング(攻撃力+20)
ベルト:+5バジリスクのベルト(攻撃力+20)

最終ステータスは、攻撃力298/300、防御力303
今の仕様では、廃課金者以外到達不可能な領域です。。。

PvP用装備

武器

基本クザカだが、安く済ませたい場合は、代替装備としてリベルトを使う。

副武器

以前はヌーベルが主流だったが、現在の主流はクツムへと移行しつつある。
職・装備・相手・プレイスタイル次第で、回避・命中・防御系も使われている。

防具

ボスセットとは、レッドノーズのアーマー、ギアスヘルム、マスカンシューズ、ベグのグローブの事。
「レッドノーズのアーマー」の上位互換装備として、「愚鈍な木の精霊の鎧」が存在する。
最近「ギアスヘルム」の上位互換装備として、「グリフォンヘルム」が実装された。

代替装備はグルニルセットが安定。
総合性能的には、17ボス→18グルニル→18ボス→19グルニル→19ボス→20グルニル→20ボス
といった感じになると思われる。

回避特化にする場合は、愚鈍な木の精霊の鎧、マスカンシューズ、ロカバヘルム、ロカバグローブになる。

攻撃重視:オーガリング、マノスダイヤモンドネックレス、セラフのネックレス、善行のネックレス、シュルツのネックレス(割安)、バレスネックレス(安価)
コスパとしては、バレスネックレスとシュルツのネックレスが極めて優秀。
善行のネックレスも相場次第ではコスパに優れるのだが、供給がほぼイベント頼みで相場・流通量ともに安定していないのがネック。
セラフのネックレスは、値下がり続きでコスパがよくなってきており、真三セラフはオガリン真二の代替装備として割安感がある。
最終的には、攻撃特化のオーガリングか、耐性重視のマノスダイヤモンドネックレスのどちらかを選ぶことになる。

攻防バランス重視:シチルネックレス、古代守護者の印章、スカラーネックレス(安価)
スカラーは単体で見るとコスパがいいのだが、古代守護者の印章を古代兵器の核とセットで使った場合、総合値で劣るためあえて使う意義は少ない。
最初は+3古代守護者の印章を目指して、最終的にはシチルネックレスに移行するのがいいだろう。

防御重視:ベンショのネックレス(割安)
PvP用途としてみると非常にコスパがよく割とオススメ。真三以上にして使いたい。

防具に不安がある場合は、狩場に応じて各種抵抗ネックレスも選択肢に入る。

攻撃重視:ツングラドイヤリング、オオクジラ奥歯イヤリング、赤い珊瑚礁のイヤリング、魔女の耳飾り、青い珊瑚礁イヤリング(安価)
まずは最も安価な、+3青い珊瑚礁イヤリングを用意するのがオススメ。
その後、+3魔女耳か+3赤珊瑚に移行するのがコスパ的にはよい。
最終的にはツングラドイヤリングが最強になるのだが、他の部位に比べて非常にコスパが悪いため、後回しにしてよい。

防御重視:マノスイヤリング、友情の約束(安価)
PvP用途としてみると非常にコスパがよく割とオススメ。真三以上にして使いたい。

攻撃重視:三日月リング、マノスルビーリング、影の証、善行のリング(安価)
PvEでは善行のリング3→影の証3→三日月リング3の順に乗り換えていくとよさそう。
PvPだと一見三日月よりもマノスルビーリングの方が強そうに見えるが、人間種族ダメージに数値通りの価値があるかは不明。

攻防バランス重視:赤い珊瑚礁リング(安価)、無法者のリング(安価)
とかくコスパに優れる。PvP用途としては赤い珊瑚礁リングが超オススメ。

防御重視:カドリー守護者のリング(割安)、神殿守護者の証(安価)
赤い珊瑚礁リング程ではないがコスパに優れ、PvP用に使われている。

ベルト

攻撃重視:バジリスクのベルト、木の精霊ベルト、剣闘士シュルツのベルト(安価)、バレスベルト(安価)
PvE用としては、バレス→シュルツ→バジの順に乗り換えていくのが王道。
木の精霊ベルトは、相場次第でバジの代替装備足り得る。

攻防バランス重視:古代兵器の核(割安)
PvP用としては非常にコスパがよくイチオシ。

防御重視:ケンタウロスのベルト、ルツムのエリートベルト(安価)
最近ケンタベルトの需要が増えているようで、相場上昇中。
PvP用に使われる。


装備集め


武器

安価装備としては、バレス・ユリア・ロサルが人気で、物にもよるが取引市場で容易に入手が可能。

上級装備としてリベルトシリーズが存在しているが、取引所価格は比較的高価で、現在約400~600万で取引されている。
現在の入手方法はいくつかあり、

■フェリード/マッドマンからのドロップ
入手確率は1割以下。
取引所への主要供給ルート。

■闇の精霊からの幻影クエストをこなす
PTを組んだ状態で1時間に1回だけ遂行できる。
幻影は非常に強いため、LV55に上げてから挑戦した方がよい。

■クザカからのドロップ
入手確率は非常に低い。ほぼ当てにならない。

■闇の精霊ウィークリー召喚ボスからのドロップ
入手確率は非常に低い。ほぼ当てにならない。

■取引所で購入
主要入手手段。

最上級装備としては現在リベルトに代わってクザカシリーズが君臨している。
取引所価格は4000万以上で、在庫も即売れの状態。
取引所価格は未強化で9000万に変更されている。

入手方法は、
■クザカを倒してドロップを得る。
入手確率は非常に低く、クザカへのダメージリスト上位50名以内に入ったうえで4%以下である。
クザカ武器の性能は、内部値でリベルトよりも+1強化値分強いらしい。

■秘密の万屋パトリジオからランダムで購入
バレンシアpart2パッチで買えるようになった・・・、が高い。
1~3億で購入可能だが、取引所で買った方が安いのでそちらをオススメする。

■取引所で購入
予約購入しないと買いにくいと思われる。
最近は余り気味で、普通に買える。

副武器

副武器は、PvEで最も有効な攻撃力UP系を初手で選択するのが主流。
PvP用の場合、職・装備・相手・プレイスタイル次第で、回避・命中・防御系も使われる。
バレンシアpart1パッチで、鍛冶屋の親密度を上げるとヌーベル以外の副武器が購入できるようになった。
バレンシアpart2パッチで、ヌーベルが秘密の万屋パトリジオから買えるようになった。

防具

入手の容易さと汎用性の高さからグルニルが主流。
メディア地域全域でドロップする。
フェリード/マッドマンからもよく落ちる。
アルティノの鍛冶屋から親密度で買える。

ロサルはバレンシア地方でドロップする。
バレンシア首都の鍛冶屋から親密度で買える。

ボスセットは、ベグとマスカンが特に強力。
記憶の欠片でしか修理できないため、強化には莫大なお金がかかる。
初心者にはオススメできない。
現在の入手方法は、以下4種類。
  • 召喚書ボスを倒した際の直ドロップ
  • 召喚書ボスの報酬袋
  • 秘密の万屋
  • 取引所

アクセサリ

PvEではひたすら攻撃力を上げればOK。
PvPだと職・装備・相手・プレイスタイル次第で、回避・命中・防御系も使われる。

  • 約束の証
ヘッセ聖域のベーカーと、捨てられた修道院のバチョー・ラダッシオから、1時間に1回だけ受けられるクエストの報酬として入手できる。
※修道院デイリーを受けるには、カルフェオン倉庫管理人からのクエストによる紹介が必要である模様。
それぞれ隣に交換NPCがおり、証3個で攻撃力+3のリング(修道院)かイヤリング(ヘッセ)とクエスト形式で交換してくれる。
また、上のリングかイヤリングがインベントリにある状態で話しかけると、証5個と上のアクセで更に上位の攻撃力+4アクセと交換してくれる。
更に、上のリングかイヤリングがインベントリにある状態で話しかけると、証10個と上のアクセで更に上位の攻撃力+5アクセと交換してくれる。

最初の+3と+4のクエスト品は潜在力突破が不可能だったが、+5のクエスト品は潜在力突破すら可能である。
つまり、約束の証18個で最上級アクセである影の証や魔女の耳飾りと同等の品が手に入ると云う事になる。
LV50になったら、まずは攻撃力+5アクセを耳と指それぞれ2つずつ集めることを目標にしよう。
今や影の証と魔女の耳飾りは型落ち品であり、コスパのいい装備も別にある。
ヘッセと捨てられた修道院は、序盤の金策に向かないので、このクエストは無視推奨。
マンシャやナマズで金策して、コスパのいい装備を取引所で購入した方が効率的。

名前:
コメント: