15九15


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

2015年九州場所千秋楽(2015年11月22日)

日付 幕内 向正面 十両 ラジオ 実況 特集
千秋楽
15日目
2015/11/22 堀江
堀江由衣
佐渡ヶ嶽
田村ゆかり
楯山
遠藤綾
出羽海
田中真弓
藤崎  

 

15:49
一年おさめの九州場所、2015年の声優相撲、最後です。
「来年」に向けて、最高の形で一年を締めくくるべく、
各力士が全力をあげて今日の土俵に挑んでいます。千秋楽です。

福岡声優センター、前半は少しお客様の入りも出遅れた日が
ありましたが、中盤から満員御礼が続いています。福岡・博多、
優勝争いの混戦具合を見て、更にお客様が増えた印象です。

 

幕内の土俵がこれから始まる所です、中入りの休憩時間を迎えます。

それでは、声優相撲千秋楽、解説陣をご紹介致します。
まずは、正面から。声優相撲界における「憎らしいほど強い横綱」
かも知れません、優勝回数13回は歴代2位の記録です。
元横綱・堀江由衣の「堀江」親方

そして向正面からは、「九州場所」で、声優相撲史上、
最も大きな歓声を浴び続けました、福岡県のご出身
現在は声優相撲協会の「福岡場所担当理事」です。
元大関・田村ゆかりの「佐渡ヶ嶽」親方
です。
お2人ともよろしくお願いします!

さあ、堀江さん。優勝争いは「2敗」に決まっています。
後は、単独優勝か、優勝決定戦か。そこが注目ですね。
堀江「そうですね。もちろん勝って優勝決定戦ですよ!」

やはりそうですよね、向正面の佐渡ヶ嶽さん。
佐渡ヶ嶽「私は、単独優勝が見たいですね!!」

それはwww部屋の弟子が優勝争ってますからね、
そりゃそうですよねww

佐渡ヶ嶽「ですねー! 1回で決めたいですww!」

では改めて現在の状況を確認して参りましょう。

「幕内優勝争い(14日目時点)」

12-2

東横綱・茅野愛衣

東大関・佐倉綾音

東前09・水瀬いのり

上の3人に優勝争いは絞られています。横綱と大関と、
入幕2場所目、優勝争い単独先頭から並ばれた格好の水瀬いのり。

そして、今日の取組をご覧頂きたいと思います。

11 茅野愛衣 12 10-5  21 佐倉綾音 12
33 戸松遥 7 10-29 12 花澤香菜 9
31 小松未可子 5 初顔合わせ 172 小澤亜李 11
191 水瀬いのり 12 0-1 32 悠木碧 11
41 雨宮天 4 初顔合わせ 231 沼倉愛美 7
142 加隈亜衣 11 0-3 42 東山奈央 10
111 上坂すみれ 7 3-0 131 M・A・O 10
152 金元寿子 8 2-0 112 洲崎綾 4
121 内田真礼 4 6-0 132 竹達彩奈 6
201 喜多村英梨 3 1-3 122 潘めぐみ 6
141 大原さやか 4 1-1 221 大西沙織 7
151 早見沙織 7 8-4 181 大久保瑠美 8
161 種田梨沙 8 初顔合わせ 242 田村睦心 7
211 井口裕香 7 2-4 162 山本希望 6
171 井上麻里奈 8  3-20 192 豊崎愛生 8
251 津田美波 5 0-1 182 木戸衣吹 6
241 諏訪彩花 7 初顔合わせ 202 小清水亜美 3
261 白石涼子 5 9-6 212 佐藤利奈 4
312 上田麗奈 12 --- 222 小林ゆう 8
342 加藤英美里 11 --- 232 釘宮理恵 6
311 小倉唯 7 --- 252 内山夕実 4
322 大橋彩香 11 --- 262 石上静香 8

 

注目の相撲2番に絞ってご覧頂きます。

11 茅野愛衣 12 10-5  21 佐倉綾音 12
191 水瀬いのり 12 0-1 32 悠木碧 11

 

まず「これより三役」の前、最後から4番めの相撲で、
水瀬いのりが土俵にあがります。対するは3敗の関脇・悠木碧
2度の優勝を経験している力戦派を倒すことによって、
「優勝決定戦」に平幕優勝の可能性が出てきます。

そして結びの一番、ついに組まれる「直接対決」です。
横綱・茅野愛衣10-5大関・佐倉綾音」という、
デビュー直後から共演が続く両者の対戦です。

この1番に勝った方が優勝の可能性を残せるという大一番です。
仮に、水瀬いのりが負ければ単独での優勝決定、
水瀬いのりが勝てば、優勝決定戦となります。

 

「三賞の行方は」

そして優勝決定戦には出場出来ないものの、今場所は本当に
ハイレベルな優勝争いを演じた力士も多く居ますので、
「三賞」の行方も非常に気になります。

今場所はレベルが高いので、「12勝」ぐらいあげないと、
なかなか三賞にも届かない様子でした。

声優相撲協会の親方衆、並びに記者クラブの、
投票並びにツイッターなどから寄せられた好角家の皆様の
意見を元に投票、選出が行われた「三賞」候補がこちらです。

 

「殊勲賞」 優勝した力士や横綱から白星を挙げた力士

西前07・小澤亜李 (11勝3敗)※今日勝てば

東前09・水瀬いのり(12勝2敗)※今日勝てば

まず、小澤亜李、先場所は3横綱撃破で「満票」でした。
今場所も「2横綱」を撃破して、候補にあがりました。
ただし、今日勝てばの条件付きとなりました。

そして水瀬いのりです。今、優勝争いを行っている他2人、
結びで戦う横綱と大関、いずれにも土を付けている唯一の力士、
として「優勝同点」以上の場合は「三賞2つ」という
方向で意見がまとまりました。

 

「敢闘賞」 敢闘精神溢れる相撲を展開した力士

西前04・加隈亜衣 (11勝3敗)※今日勝てば

東前09・水瀬いのり(12勝2敗)

まず、水瀬いのりは「12勝」を昨日の段階で決定しています。
場所終盤まで優勝争いのトップを守った点も評価され、
今日の結果如何に関わらず三賞1つは確定しています。

そして、連日「敢闘精神溢れる相撲」のアンケートで、
上位にあがっていました「加隈亜衣」関

初の「一桁」で、何と2桁勝ちました。これも地元パワー?
いや、実力もちゃんと付けてきてこそでしょう。
今日勝って12番に乗せますと、初の三賞獲得です。

悠木碧関なども名前が上がりましたが、
やはり優勝経験者なので、候補からは落選しました。

 

「技能賞」 優れた技能を発揮した力士

そして技能賞、今場所は比較的スムーズ、と言いますか、
以前からの三役常連力士に名前があがりました。

西関脇・悠木碧 (11勝3敗)※今日勝てば

西小結・東山奈央(10勝4敗)※今日勝てば

両者今日勝てばですが、三役常連力士らしい力戦で健闘。
優勝争いを盛り上げてくれました。

まず悠木碧は今日勝って12勝とすればです。
今期だとやはり、ワンパンマンの「戦慄のタツマキ」役
他にも緋弾のアリアAAの「島麒麟」役ですとか、
温泉幼精ハコネちゃん、終わりのセラフ…、ゆるゆりもかな?
多数アニメに出演し、小柄で力強い相撲を展開しました。

そして東山奈央は10勝4敗で、やや意見が分かれましたが、
今日勝って小結で11番とすれば、三賞に値する、
ということで候補に名前があがりました。

落第騎士の英雄譚(黒鉄珠雫)役と、
学戦都市アスタリスク(クローディア・エンフィールド)役
という、タイプの異なる四つ相撲を展開しました。
横綱・花澤香菜も撃破し、今場所は「復活」をアピールしました。

 

31 小松未可子 5 初顔合わせ 172 小澤亜李 11
191 水瀬いのり 12 0-1 32 悠木碧 11
142 加隈亜衣 11 0-3 42 東山奈央 10

という訳で、関わる相撲もこちらに。
ですから堀江さん、候補がたくさん上がって、
今日の結果「勝った」力士に基本与えるという、こちらも楽しみですね。
堀江「まあやっぱり負けて三賞もらうってのも、ねぇ。
   だったら勝った上でと条件付けて気持ち良くもらう方が!」

佐渡ヶ嶽「私はもっと皆にあげても良いと思うけどなぁ~
     今場所盛り上げてくれた功績は大きいし、皆実力あるし。」

堀江「じゃあ理事、賞金はゆかりタン持ちでww」

佐渡ヶ嶽「いやいやぁ~。そこは優勝賞金で悠々自適な、
     堀江親方のポケットマネーでぜひ!」

まあまあww三賞も安売りしては威厳が損なわれますから
ある程度、ハードルを高く設定することで「励み」になりますからww

 

今場所も・・・、と言いますか、今年2015年も、ところどころで
纏めながら、振り返りながらになります、声優相撲千秋楽です。
幕内の土俵が始まります。


 

「十両優勝決定:上田麗奈関」

●上田麗奈(12勝) 引き落とし ○小林ゆう(9勝)

十両優勝を争っていた力士が相次いで敗れた結果、
相撲取る前から優勝が決まっていた「上田麗奈」関ですが…、
その上田関も敗れて12勝3敗となりました!

まあ、他力士が4敗以上していますので、優勝決定なのですが…、

佐渡ヶ嶽「後味が少し悪くなってしまいましたね(汗)」

それも勝負ですから、致し方ない所ですね。
では幕内を含めた十両の最終結果です。

312 上田麗奈 12 引き落とし 222 小林ゆう 9
342 加藤英美里 11 はたき込み 232 釘宮理恵 7
311 小倉唯 7 突き落とし 252 内山夕実 5
322 大橋彩香 11 寄り切り 262 石上静香 9
321 赤崎千夏 8 引き落とし 341 明坂聡美 6
331 瀬戸麻沙美 8 引き落とし 351 三森すずこ 11
362 藤田咲 5 はたき込み 332 寿美菜子 11
391 朝井彩加 10 はたき込み 352 高垣彩陽 7
361 久野美咲 6 寄り切り 441 田中あいみ 6
371 日高里菜 5 寄り切り 411 内田彩 10
412 巽悠衣子 9 寄り切り 372 阿澄佳奈 5
381 村川梨衣 5 押し出し 421 松井恵理子 3
402 石原夏織 4 はたき込み 382 佐藤聡美 5
401 牧野由依 4 押し出し 392 中原麻衣 8
502 - - 寄り切り 422 高森奈津美 3
431 徳井青空 9 押し出し 502 - -
502 - - 寄り切り 432 五十嵐裕美 8
502 - - 寄り切り 442 高橋李依 10

では各段優勝力士が決定しましたので、こちらです。

各段 番付 声優名 部屋 出身地 生年 初土俵 出演作
幕内              
十両 西十01 上田麗奈 九重 富山県 1994年 2012年 対魔導学園35試験小隊(鳳桜花)
幕下 西下30 桑原由気 長崎県 1991年 2012年 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件(汐留白亜)
三段目 東三18 長縄まりあ 佐渡ヶ嶽 愛知県 1996年 2014年 小森さんは断れない!(根岸まさ子)
序二段 東二20 高橋めぐる 二所ノ関 千葉県 1984年 2010年 ブレイブビーツ(風車響)
序ノ口 序ノ口格 神川莉生       2015年 猫なんかよんでもこない。(クロ)

 

十両優勝は先ほどからお伝えしている通り、
九重部屋の「上田麗奈」関。十両筆頭でこの成績ですから、
もう「新入幕」は間違いありません。

ちょっと幕内力士が減ってきていた「九重部屋」に、
新たな逸材が、「ニッポン朗読アカデミー」から誕生です。

 (『ハッカドール THE あにめ~しょん』で意外に普通な4号を演じる上田麗奈さんを直撃!

 

幕下優勝は桑原由気さん。雷部屋所属、長崎県出身。
以前同部屋だった横綱・沢城みゆき関にあこがれて声優角界入り。
各段優勝を果たした去年の「ひめゴト(有川ひめ)役」
印象深く覚えている方も多いと思います。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件(汐留白亜)
・温泉幼精ハコネちゃん(ミヤ)
・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(クッキー・グリフォン)
など出演して今期は幕下30枚目での幕下優勝。
来場所は「新十両」を目指す位置への昇進が見込めます。

 

三段目優勝は長縄まりあさん。愛知県出身、佐渡ヶ嶽部屋の20歳。
非常に相撲の取り口が独特で、印象深い声質が特徴です。

去年初土俵を踏むと、注目を集めたのはやはり、
「六畳間の侵略者!?」ティアミリス・グレ・フォルトーゼ役です。
今期の活躍は目覚ましくて、短編アニメが多いですが、

あにトレ!EX(橘紫苑)4話に出た、中二病っぽい子。
・小森さんは断れない!(根岸まさ子)
・不思議なソメラちゃん(松嶋あい)
と3作品に出演中、佐渡ヶ嶽部屋らしい「爆発」を見せました。

今、新三役候補にも名前の上がる「小澤亜李」関から、
ラジオ「小澤亜李・長縄まりあのおざなり」で、
「かわいがり」を受けて、一気に成長を遂げた期待の力士
です。

インタビューした際の、
「(先場所序二段優勝の)本渡楓ちゃんの優勝に、刺激を受けた
と語っている通り、同部屋力士の活躍が励みになっている様子です。

向正面の佐渡ヶ嶽さん、部屋の弟子がやりましたね。
佐渡ヶ嶽「三段目だとまだ家賃が高いかなぁ~って
     正直思ってたんですけど、良く頑張ってくれましたね!」

来場所は一気に番付を上げて、幕下まで出世して来そうです。

 

序二段優勝は「高橋めぐる」さん。千葉県出身、二所ノ関部屋。
初土俵が2010年と結構遅かったんですよね。
クロスファイト ビーダマン(鮫島カイト)役を始めとして、
去年の「テンカイナイト」の主人公・大神グレン役など、
「少年声」の「足技」に定評
があります。

今期も「ブレイブビーツ」の「風車響」役で主人公!
もちろん地声が低めなのもありますが、
比較的少年向けアニメとしては低めの演技です。
こうした力士がまた増えてくると、声優相撲も幅が広がりますね。

 

さあそして序ノ口優勝は「神川莉生」さんです。
「猫なんかよんでもこない。」の、「クロ」役でデビューです。

「日本工学院 クリエイターズカレッジ」の「蒲田校」
在籍中の学生さんが、メインキャストを演じられています、
この作品を通じて「序ノ口」優勝を果たされました。

名古屋場所の「それが声優!」に続いて、
いわゆる学生相撲から選抜を経ての初土俵というのは、
きっと本格的に声優相撲の土俵でプロとして戦うにしても、
或いは別の道に進むとしても、長く名前が残ります。

 

今日の解説お2人は、まあ皆さんご存知のことと思いますが、
20年前に始まり、「こむちゃ」の前身番組でもある、
文化放送「SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン」
通称「ドリカン」
で開催されたオーディションで注目。
「ドリカンクラブ」の最終選考は、倍率200倍という中でした。

佐渡ヶ嶽親方、堀江親方はもちろんのこと、
「生天目仁美」さんや、「浅川悠」さんもこの中から三役へ。

堀江さん、やはりどういった形であれ、
声優相撲への「門戸」が広がることは大きいですよね。
堀江「そうですねー、オーディションもそうですけど、
   やっぱり直接土俵に上がれるってのは大きいと思うんです。
   先ほど仰った通り、この世界に入るにしても、別の世界に
   行くにしても、貴重な経験が活きますから。」

まだ優勝が決まっていないのは、そう幕内最高優勝のみです。


 

「幕内前半の結果」

141 大原さやか 4 押し出し 221 大西沙織 8 0
151 早見沙織 8 はたき込み 181 大久保瑠美 8 1
161 種田梨沙 8 寄り切り 242 田村睦心 8 0
211 井口裕香 8 寄り切り 162 山本希望 6 1
171 井上麻里奈 8 上手投げ 192 豊崎愛生 9 0
251 津田美波 5 上手投げ 182 木戸衣吹 7 0
241 諏訪彩花 8 上手投げ 202 小清水亜美 3 1
261 白石涼子 6 寄り切り 212 佐藤利奈 4 1

 

幕内最初の相撲、白石涼子関は勝ちましたが6勝9敗。3年ぶりの幕内の土俵、負け越し。
諏訪彩花関は幕内で初の勝ち越し。小清水は先場所の精彩を欠いて3勝12敗。
豊崎愛生関は先場所2桁に続いて好調の9勝目、徐々に番付を戻してきました。
井口裕香、田村睦心、早見沙織、大西沙織と勝ち越しを決めています。

では、来場所の番付を占います。「入幕争い」をご覧頂きます。

 

「幕内・十両番付」

四股名 西 四股名
201 喜多村英梨 (3) 202 小清水亜美 3
211 井口裕香 8 212 佐藤利奈 4
221 大西沙織 8 222 小林ゆう 9
231 沼倉愛美 (7) 232 釘宮理恵 7
241 諏訪彩花 8 242 田村睦心 8
251 津田美波 5 252 内山夕実 5
261 白石涼子 6 262 石上静香 9
四股名 西 四股名
311 小倉唯 7 312 上田麗奈 12
321 赤崎千夏 8 322 大橋彩香 11
331 瀬戸麻沙美 8 332 寿美菜子 11
341 明坂聡美 6 342 加藤英美里 11
351 三森すずこ 11 352 高垣彩陽 7

幕内2桁と、十両5枚目以内をピックアップしてご紹介しています。

おそらく、十両で2桁上げたこれら5人の力士は確定的でしょう。
この中ですと、「上田麗奈」関だけが「新入幕」となりそうです。

幕内では5~6枚前後十両陥落となりそうな成績の力士が居ます。
となりますと、残り1枚前後が誰になるか。赤崎千夏が濃厚かも知れませんが、
喜多村英梨が勝てば4勝11敗。これで果たしてどうでしょうか…。
或いは小清水、佐藤利が番付上、幕内に残留する可能性もあります。

もちろん、三役陣の人数によって幕尻が何枚目、東西どこまでとなるか、
非常に微妙ですから、ここらへんも番付上の運・不運が出てくるかもしれません。

 

 

「幕内後半の土俵」

●上坂すみれ(7勝) 押し出し ○M・A・O(11勝)

上坂すみれ、返り入幕を逃しました! うーん、残念。
非常にレベルの高い「三役」争いの中、前頭筆頭で仮に勝ち越せば、
8勝でも非常に強かっただけに決めたかったのですが…
7勝5敗から3連敗で勝ち越しなりませんでした。

M・A・O関は先場所非常に惜しくも負け越し7勝8敗で、
前頭筆頭、惜しくも「新三役」を逃した先場所から一変。
11勝4敗という圧倒的な成績で、三賞こそ届きませんでしたが、
3枚目ですから、「三役」濃厚といえるでしょう!

 

西前04・加隈亜衣(11勝)0-3西小結・東山奈央(10勝)

過去3回とも東山奈央関が勝っているという一番です。
共に幕内上位で「2桁」の白星をあげています。
勝った方に「三賞」という注目の一番です!

それだけでなく、東山奈央は「大関」に向けて、
そして加隈亜衣は可能性が広がっている「新三役」に向けて、
大事な千秋楽の一番です。

 

●加隈亜衣(11勝) はたき込み ○東山奈央(11勝)

協議の末、東山奈央の勝ち! 「はたき込み」で11勝目!
加隈亜衣は初の三賞を逃しましたが、こちらも11勝4敗。

うーん、ちょっと東山関、勝ち名乗りも少し憮然とした顔付きです。
土俵を降りて…、しかし叩きまでの突っ張り合いは見応えがありました。
東山奈央、技能賞獲得です!


「三賞インタビュー:東山奈央」

放送席、放送席! 三賞インタビューです。
2回目の技能賞獲得、11番勝ちました、東山奈央関です。
東山「はい、ありがとうございまーす、東山奈央デース!」

去年の初場所以来、2年ぶり2回目の技能賞ですよ?
東山「この九州でも、私のこと応援して下さる方がたーくさん居て!
   凄い励みになりました、頑張れました!」

千秋楽は「学戦都市アスタリスク」でも共演中の「加隈亜衣」関との
相撲、地元の声援が相手に大きい中での相撲でしたが。
東山「まあ今日の相撲に集中しようってそれだけ考えてました。」

相撲内容としては、相手にも押し込まれましたが。
東山「うーん、出来ればあのまま前に出て押し切りたかった
   んですけど…、むしろ攻められちゃって。引いちゃいました。」

14初:技、14春:敢、14秋:殊、これで通算4度目の三賞です。
最近は突き押しだけじゃなくて、廻しを取る相撲も研究中ですね。
東山「このままで満足してちゃダメだな!って思って、
   もっと色んなことに挑戦、チャレンジしてみようって思ってます。
   出稽古にも行ってー。全てが稽古だと我慢して、
   忍んでこそ見えてくるものがあると信じてます!」

返り三役の場所、小結で11番、来年は「関脇」に戻れそうですね。
東山「いやでも今場所皆調子が良かったので、分からないです。
   それに関脇の地位で勝ち越すのはまた大変なので。
   
去年4場所も関脇やって、その大変さは分かってるつもりなので、
   しっかり冬巡業で稽古したいと思います。」

後援会の皆さんも、今場所の活躍には大満足だと思います。
やはり「その上」を目指して欲しいという声も、
期待も大きいと思いますが、来年に向けてどうお考えですか?
東山「うーん、と・・・師匠からも言われてるんですけど、」

はい、元幕内の坂本真綾、中川親方から。
東山「出世を急ぐ必要はない、って。
   番付を急いで上がっても、その後苦労するし、
   地位を守ることに必死になって、守りの相撲で怪我をする。

   それよりも、応援してくれる皆さんに、1場所でも長く、
   自分らしい相撲を見てもらう
ことも
   
同じくらい大事なことじゃない?って。
   ふんふん、確かにそうだな!って思いまして。」

確かにそうですね。
師匠も15歳から、エスカフローネでいきなり初土俵で
番付を駆け上がった後、苦労なさいましたから。

東山「もちろん上は目指して頑張るんですけど、
   それに見合った実力が私の中に宿って初めて、
   
"大関"です"関脇"です、って言っても良いのかな、
   って思うので。番付発表は楽しみなんですけどねww
   そこら辺の気持ちを忘れないで行きたいなって思います。」

とはいえ今年も凄かった!
初場所の「艦隊これくしょん -艦これ-」では、
金剛四姉妹から愛宕さんから、演じられましたし、
今期も2作品で全くタイプの違うキャラクター、
それから「桃山奈央」さんこと「ちびっこヒーローとーやまん」まで!
東山「前回も触れて頂きましたねww ありがとうございますww」

あとは「勝ちヒロイン」を演じる2016年ですね!
東山「そ、そうなんですー!!
   逆転技じゃなくて、堂々とした相撲で勝てるように!」

ぜひ来年も、もっともっとご活躍下さい。
三賞インタビュー、技能賞、東山奈央関でした。

 

 


 

「優勝決定戦進出なるか?平幕・水瀬いのり」

東前09・水瀬いのり(12勝) 0-1西関脇・悠木碧(11勝)

これより三役を前に、さあ注目の一番です!
「優勝決定戦」進出なるか!?
大きな声援を受けての「平幕優勝」へ!まだまだ分かりません!

ではここで「平幕優勝」の過去を振り返りたいと思います。
過去7回達成されている「平幕優勝」です。
そもそも平幕優勝というのは、「前頭」の地位にありながら、
横綱など上位陣の成績を上回り「優勝」を達成することです。

 

~平幕優勝~

 場 所 四 股 名  番付 最高位
1990春 林原めぐみ 前03 横 綱
2001春 柚木 涼香 前 頭 関 脇 (枚数不明)
2001秋 雪乃 五月 前02 関 脇
2002夏 田中 理恵 前02 関 脇
2004名 川澄 綾子 前01 横 綱
2006初 中原 麻衣 前06 関 脇
2006夏 豊口めぐみ 前01 関 脇

新鋭力士や、大きく番付を下げた実力派、三役常連組、
様々な力士がこれまで何度も挑戦してきた「平幕優勝」

しかし、上位陣との直接対決や、共演での敗戦、
或いは大きく番付差のある上位陣などとの対戦から、
どうしても隙が出来やすく、達成は非常に困難です。
2006年夏場所を最後に「9年半」出ていません。

 

2010年
15歳
    前相撲
 
序ノ口
序二段
序二段
2011年
16歳
序二段
序二段
序二段
序二段
序二段
序二段
2012年
17歳
序二段
序二段
三段目
三段目
三段目
三段目
2013年
18歳
序二段
序二段
序二段
序二段
三段目
三段目
2014年
19歳
西三15
東三26
西三05
西下28
東下24
東下15
2015年
20歳
東下09
東下02
西十11
西十07
13
西前13
東前09 
12-2

当時まだ10歳だった少女が、
約10年の時を経て、ここまでやって来ました。

セーラーヴィーナス、毛利蘭、テニプリなどアニメ、アニソンが
大好きだった少女は、大関・水樹奈々に憧れて角界に入ります。

2010年、世紀末オカルト学院で初土俵を踏み、
苦しみながら掴んだラストチャンスの「恋愛ラボ」が一昨年です。
憧れの先輩と同じ舞台「紅白歌合戦」にも出演した彼女は、
更に去年から多くの出会いを経て、稽古を積みここまで来ました。

2013年
恋愛ラボ(棚橋鈴音)

2014年
ロボットガールズZ(グレちゃん〈グレートマジンガー〉)
ご注文はうさぎですか?(チノ)
ブラック・ブレット(壬生朝霞)
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(名都借みらい)
アルドノア・ゼロ(エデルリッゾ)
天体のメソッド(ノエル)

2015年
みりたり!(シャチーロフ軍曹)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ヘスティア)
戦姫絶唱シンフォギアGX(キャロル・マールス・ディーンハイム)
がっこうぐらし!(丈槍由紀)
うたわれるもの 偽りの仮面(ネコネ)
コメット・ルシファー(モ・リティカ・ツェツェス・ウラ)

ここに挙げられないほど、多くの作品に出演する人気声優となりました。
大関・佐倉綾音や、横綱・茅野愛衣を始めとする、
大切な先輩、仲間たちと共に成長を続けてきました。

来月12月にいよいよ20歳を迎える新鋭が、
10代の「集大成」として迎えた入幕2場所目のこの九州!
まずは絶対に勝って、13勝2敗で「優勝決定戦」の相手を待ちたい所です。

 

 

対するは、今年の初場所、春場所と「連続優勝」を果たした、
歴史に残る「名関脇」悠木碧関です。11勝3敗。

しかし、連続優勝を果たしながら「大関」昇進はなりませんでした。
これまで3度失敗してきた「大関取り」の夢

 
2008年
16歳
前相撲
 
序ノ口
序二段
三段目
三段目
三段目
2009年
17歳
幕下
幕下
幕下
十両
十両
14
西前10
11
2010年
18歳
東前04
12
西小結
東前01
東前04
11
東前01
東前04
12
2011年
19歳
西小結
13
東関脇
10
西関脇
東前06
西前01
東前04
12
2012年
20歳
東前01
12
東小結
12
西関脇
10
東関脇
西関脇
東前02
2013年
21歳
東前06
東前07
東前11
東前09
東前12
東十02
2014年
22歳
東十04
東十01
13
西前10
11
東前03
西前02
東前01
2015年
23歳
西小結
13
西関脇
13
東関脇
東前01
西小結
西関脇
11-3

 

2011年はあの旋風を巻き起こした「魔法少女まどか☆マギカ」
2012年は「シンフォギア」「咲 -saki- 阿知賀編」など、
多くの作品に出演し、20歳での大関候補と言われましたが、
3場所目で2桁を挙げられず、失敗に終わりました。

大学卒業にも力を入れざるを得ず、稽古時間を十分に取れなかった
2013年は長いスランプに陥り、ついに「十両陥落」を経験
しかし、2014年春場所、十両優勝を果たすと一気に幕内上位に復帰。
昨年九州場所14日目には、「ソードアート・オンラインII」の、
「ユウキvsアスナ」を連想させる「名勝負」に勝利し勝ち越し

この勝ち越しが今年の初場所、春場所に繋がりました。
小林沙苗関以来となる三役以下での連続優勝という快挙。
「3度目の正直」を誓って挑んだ夏場所はしかし
負け越し

144.5cmという小柄な体格から繰り出される
パワフルな相撲、頭を付けての四つ相撲は、
上位陣を何度も、何度も苦しめてきました。

23歳と、若手の台頭の中でも上位を守り続けてきた悠木碧が、
かつて大関を目指していたのと同じ19歳の新鋭による「平幕優勝」を阻止するか!

さあ、制限時間いっぱいを迎える福岡声優センターです!

 

最後に一言ずつ、まずは堀江さん。水瀬関、勝利に向けて。
堀江「はい。もう何も考えないことでしょうね。
   考え過ぎると昨日みたく、雰囲気やプレッシャーに
   飲み込まれてしまいますから、リラックス…
   難しいでしょうけど、あまり深く考えずおもいっきり!

一方、佐渡ヶ嶽さん。悠木碧も「大関」を目指す上で、
先場所が9勝でしたから、今場所を「10勝」で終えるか、
「11勝」で終えるかは全く違うと思います。
佐渡ヶ嶽「そもそも相手が優勝かかっているからと言って、
     遠慮するような力士じゃないと思いますよ。
     もうこちらこそ自分の相撲に徹する。立ち合い踏み込む。
     四つになるなら頭を付ける。それだけに徹すればです。」

行司「互いに手を下ろしてっ!」

行司軍配返って…、ああっと先に手を付いた悠木碧、
ちょっと先に前に踏み出してしまいました、不成立。
一瞬ざわめきます館内。水瀬いのりも一礼して仕切りなおします。

2回目、立てるでしょうか?
水瀬いのりも片手を付きました。悠木碧も手を付いて!

 

 

さあ立ちました! 両者頭からぶつかった!!

弾きあって…、廻しを取りに行く両者、悠木が頭を付けた!

< 888888888

頭を付けて右四つになっただけで拍手が沸きます、福岡声優センター。

 

水瀬はどうするか・・・、廻しを深めに取られています。
この体勢からの一気の寄りが怖い悠木関です、迂闊には…。

悠木、強引に寄る!頭も両手も渾身の力で押していきます。
しかし水瀬も必死に堪える、廻しから手を離しては厳しい。

 

ここで悠木が上手を離した!一瞬で「もろ差し」だー!!

水瀬いのり、両上手だが極められない!

 

悠木碧は前に寄る!少し動いて水瀬、背中が正面、水瀬!
しかし堪えます、ここでまた館内から拍手!

< 88888888

 

もろ差しから、今度は水瀬が寄って出ようとする、悠木・・・
戻されて土俵中央!

ここで投げを打つ、下手投げ、

下手投げ!

下手投げ~!!

決まった~!!!

悠木碧、先輩の意地をみせつける勝利で12勝3敗!
水瀬いのり、まだ起き上がれません。土俵に崩れ、12勝3敗。
これで、これで9年ぶりの「平幕優勝」は無くなりました!

 

●水瀬いのり(12勝) 下手投げ ○悠木碧(12勝)


手元の計測では40秒…だったのですが、非常に見応えがあって。
堀江「でも良い相撲でしたね。 全力を出しきりました。」

水瀬いのり、表情は大きくは変えませんが、
やはり悔しさと言いますか、勝てなかったことに対する後悔の念、
込み上げてくるものがあったかも知れません。
堀江「悔しいでしょうけど、仕方ないですよ、これは。」


 

「これより三役」

これより東方三役揃い踏み。

       戸松遥
小松未可子       茅野愛衣

 

続いて、西方三役揃い踏み。

佐倉綾音      花澤香菜
     小澤亜李

 

「小結に叶う、小澤亜李 三賞受賞」

さあそして小松未可子と小澤亜李が土俵に分かれます。

●小松未可子(5勝) 寄り切り ○小澤亜李(12勝)

小澤亜李、勝って12番! 一気に持って行った、より切り~。
そして、2場所続けての「三賞」受賞が決まりました。

< 「役相撲に叶う~ 小澤亜李~」

 

 

「関脇に叶う、戸松遥、執念の勝ち越し」

戸松遥(8勝)突き落とし ●花澤香菜(9勝)

戸松遥、土俵際での突き落とし! 横綱・花澤香菜は9勝止まり。
そして、大関陥落の戸松遥、何とか、何とか勝ち越しに届きました。

再び大関を目指す戸松、今何を思うでしょうか。
40回目の対戦、横綱を下して関脇で迎えた「これより三役」でした。


 

番数も取り進みましたるところ、かたや茅野~、茅野~

こなた佐倉~、佐倉~。この相撲一番にて、千秋楽にござりまする~

 

「事実上の優勝決定戦、賜杯に名を刻むのは?」

東横綱・茅野愛衣(12勝2敗)10-5東大関・佐倉綾音(12勝2敗)

 

声優相撲2015年はいよいよ千秋楽結びの一番です。
泣いても笑ってもこの一番が最後です!
12勝2敗「相星決戦」です。

東に横綱・茅野愛衣、12勝2敗。
去年新横綱がこの九州でした。その場所で新横綱優勝。
しかし、今年に入って賜杯に手が届いていません。
1年ぶりの「復活」に向けて、5度目の賜杯に向けて最後の大一番です。

西に大関・佐倉綾音、同じく12勝2敗。
声優相撲史上23人しか居ない「横綱」への道、綱取りの夢
7日目に加隈亜衣に敗れ、10日目に水瀬いのりに敗れ8勝2敗。
しかしそこから4連勝で12勝2敗としました。

一度は消えたかに見えた綱への道。
今日勝って13勝2敗とすれば、2場所連続優勝です。
もし仮に今日勝って2場所連続優勝となれば、
横綱昇進に向けて「臨時理事会」を招集する予定となっています。

どちらが「賜杯」へ、「優勝」への思いが勝るか!
優勝決定戦は水瀬いのりが敗れたため無くなりました。
この結びの一番が事実上の「優勝決定戦」です!
勝った方が優勝の一発勝負です。

 

まだ時間前ですが、2人が分かれる度に大きな声援です。拍手です。

両者の共演といえば、今期で言えばもちろん。
「ご注文はうさぎですか??」で5、6話で横綱らしさを発揮した
「ココア-モカ姉妹」が印象深い
ですが、
「緋弾のアリアAA」でも共演。
「ラジオ緋弾のアリアAA」が毎回楽しみです!

Radio「緋弾のアリアAyane Ai」

両者といえば、今や伝説となっている4年前の初場所。
2010年に初土俵を踏んだ2人が初めて共演したのが、
「夢喰いメリー」の2011年冬アニメでした。

 

三段目優勝を果たしたのは、リラクゼーションの仕事をしていた所、
「ARIA」シリーズで、アニメに癒され、
「ノイタミナ」シリーズでアニメに興味を持ったという社会人
でした。
その直後です。「あの花」のめんま・本間芽衣子役
幕下優勝を果たし、一気に番付を駆け上がりました!

今年2015年は憧れの佐藤順一監督の作品、
「たまゆら」「ARIA The AVVENIRE」にも出演し、夢を果たしました。

 

そして序二段優勝を果たしたのは、1994年生まれ、16歳の女子高生。
中学時代に劇団東俳を経て日ナレを経て現部屋に入門します。

漫画が大好きで、ラジオで横綱・花澤香菜に、浅野真澄に憧れて、
声優相撲の門を叩いたという、まさに「駆け出し」だった少女
が、
初めて演じた主人公が「夢喰いメリー」の「メリー・ナイトメア」でした。

 

< 8888888888

さあ、いよいよ、制限時間いっぱいです!
東に横綱・茅野愛衣西に大関・佐倉綾音
先輩横綱が意地を見せるか!?
第24代横綱・佐倉綾音を目指す大関が世代交代なるか!?


 

両者組んだ、四つの格好!先に上手は大関だっ!!
横綱、上手は引けていません…

佐倉、豪快に吊った、吊り上げた!
しかし横綱喰らいつく、残しました~!
持ち上げ切れません!

 

横綱、巻き替…、もろ差しの体勢になる! 茅野がもろ差し!

横綱は早く攻めたい…

 

 

がっ! 大関が極めて出て行った!

極める、極めて寄って行く!

佐倉綾音、出た、極め出しーー!!!!

 

佐倉綾音、連続優勝なる!2場所連続3回目の賜杯です!!!

 

優勝:

佐 倉 綾 音(3回目)

 


 

 

さあ、九州場所千秋楽をまず振り返ります。

「九州場所千秋楽の結果」

 

11 茅野愛衣 12 極め出し 21 佐倉綾音 13 0
33 戸松遥 8 突き落とし 12 花澤香菜 9 1
31 小松未可子 5 寄り切り 172 小澤亜李 12 0
191 水瀬いのり 12 下手投げ 32 悠木碧 12 0
41 雨宮天 4 押し出し 231 沼倉愛美 8 0
142 加隈亜衣 11 はたき込み 42 東山奈央 11 0
111 上坂すみれ 7 押し出し 131 M・A・O 11 0
152 金元寿子 9 引き落とし 112 洲崎綾 4 1
121 内田真礼 4 寄り切り 132 竹達彩奈 7 0
201 喜多村英梨 3 押し出し 122 潘めぐみ 7 0
141 大原さやか 4 押し出し 221 大西沙織 8 0
151 早見沙織 8 はたき込み 181 大久保瑠美 8 1
161 種田梨沙 8 寄り切り 242 田村睦心 8 0
211 井口裕香 8 寄り切り 162 山本希望 6 1
171 井上麻里奈 8 上手投げ 192 豊崎愛生 9 0
251 津田美波 5 上手投げ 182 木戸衣吹 7 0
241 諏訪彩花 8 上手投げ 202 小清水亜美 3 1
261 白石涼子 6 寄り切り 212 佐藤利奈 4 1
312 上田麗奈 12 引き落とし 222 小林ゆう 9 0
342 加藤英美里 11 はたき込み 232 釘宮理恵 7 0
311 小倉唯 7 突き落とし 252 内山夕実 5 0
322 大橋彩香 11 寄り切り 262 石上静香 9 0

妙に西方力士が勝っている印象ですねwww

ご覧の通り、佐倉綾音が2場所連続の優勝です。13勝2敗。
12勝3敗力士が実に4人、11勝3敗力士が3人という混戦でした。

 

「三賞受賞者一覧」

殊勲賞 小澤亜李 (2回目)

敢闘賞 水瀬いのり(初受賞)

技能賞 悠木碧  (5回目)
    東山奈央 (2回目)

三賞は4人が受賞しました。それぞれ1つずつという形です。

悠木碧は、現行制度では史上最多、2桁となる「10回目」の三賞受賞で、
同一の賞を通算5回受賞するのも史上初と「記録づくめ」となりました!

インタビューも時間が取れれば取材しに行きたいと思います。

 

「九州場所関取結果」

四股名 西 四股名
11 茅野愛衣 12 12 花澤香菜 9
13 沢城みゆき      
21 佐倉綾音 13 22 日笠陽子
31 小松未可子 5 32 悠木碧 12
      33 戸松遥 8
41 雨宮天 4 42 東山奈央 11
111 上坂すみれ 7 112 洲崎綾 4
121 内田真礼 4 122 潘めぐみ 7
131 M・A・O 11 132 竹達彩奈 7
141 大原さやか 4 142 加隈亜衣 11
151 早見沙織 8 152 金元寿子 9
161 種田梨沙 8 162 山本希望 6
171 井上麻里奈 8 172 小澤亜李 12
181 大久保瑠美 8 182 木戸衣吹 7
191 水瀬いのり 12 192 豊崎愛生 9
201 喜多村英梨 3 202 小清水亜美 3
211 井口裕香 8 212 佐藤利奈 4
221 大西沙織 8 222 小林ゆう 9
231 沼倉愛美 8 232 釘宮理恵 7
241 諏訪彩花 8 242 田村睦心 8
251 津田美波 5 252 内山夕実 5
261 白石涼子 6 262 石上静香 9
四股名 西 四股名
311 小倉唯 7 312 上田麗奈 12
321 赤崎千夏 8 322 大橋彩香 11
331 瀬戸麻沙美 8 332 寿美菜子 11
341 明坂聡美 6 342 加藤英美里 11
351 三森すずこ 11 352 高垣彩陽 7
361 久野美咲 6 362 藤田咲 5
371 日高里菜 5 372 阿澄佳奈 5
381 村川梨衣 5 382 佐藤聡美 5
391 朝井彩加 10 392 中原麻衣 8
401 牧野由依 4 402 石原夏織 4
411 内田彩 10 412 巽悠衣子 9
421 松井恵理子 3 422 高森奈津美 3
431 徳井青空 9 432 五十嵐裕美 8
441 田中あいみ 6 442 高橋李依 10

 


 

「三賞インタビュー・敢闘賞:水瀬いのり」

さあ、敢闘賞獲得、三賞インタビューです。
12勝3敗と素晴らしい成績をあげました、水瀬いのり関です。
15日間お疲れ様でした。
水瀬「ありがとうございましたー、長かったーww」

長く感じられましたかww
水瀬「先場所はもっと(相撲を)取りたい!って気持ちが
   大きかったんですけど、今場所はもう良いですww」

昨日まで優勝争いを演じられました。周囲からの期待も
大きかっ
たと思いますが、どうですか、やはり緊張しましたか?
水瀬「もちろん土俵にあがるからは緊張しますけど…、
   
しなくても良い緊張をしちゃったかな、って反省してます。
   良い相撲で喜んで欲しい!って気負っちゃったかなー

今日の結びで優勝を争った2人、茅野関と佐倉関に対する相撲が
高く評価され、初の三賞受賞です。
水瀬「先場所9勝だったので、まずは勝ち越し、9番、
   出来れば2桁勝ちたいって思って。
   
一つ一つハードルを超えて行った結果だと思ってます。」

今場所の成績、12勝3敗についてはどうですか?
水瀬「もちろん満足はしてます!大満足です!
   でも、あと一歩だったなぁ~って悔しさもありますね、正直ww」

 

でも、来月12月2日に「20歳(はたち)」の誕生日
迎えられる水瀬いのり関! まだ19歳ですよね!
水瀬「あ、はい、来月二十歳です。」

まだまだ入幕2場所目ですし、もちろんこれからですよね!
水瀬「もちろんまだ課題もたくさんあるので、
   もっと頑張らないと!と思っています。」

10代最後、まさに「集大成」として迎えたこの九州場所
20代に向けて、まさに「夢のつぼみ」が膨らむ場所でしたね!
水瀬「あっ、ありがとうございますwww」

シングル「夢のつぼみ」

二十歳のお誕生日にはデビューシングルがキングレコードから、
発売も予定されていますし、更なる活躍に期待するファンも多いと
水瀬「そうですね、応援して下さる皆さんの期待に、
   少しでも答えられるように、冬巡業頑張ります。」

三賞初受賞の水瀬いのり関でした、おめでとうございました!
水瀬「ありがとうございましたーー」


 

「三賞インタビュー・技能賞:悠木碧」

放送席、続きまして、三賞最多10度目の受賞です!
そして、技能賞も最多となる5回目の受賞、悠木碧関です。

悠木「どうもー、悠木碧でーす。」

1年おさめの九州場所、12勝という最高の成績。
今年2015年を良い形で終わることが出来ましたね!
悠木「まっ、終わり良ければってことでwww

振り返れば今年の初場所、春場所と「連覇」を達成。
大関まであと一歩という所でした。
しかし、来年に向けて良い足固めの場所になりましたね。
悠木「そうですね、こっちも大関目指す上で今日負けられなかったので、
   全力で行かせて頂きましたー。4度目の正直目指して!」

とはいえ、途中まで10連勝負けなし。優勝争い単独トップと、
3度目の賜杯を夢見たファンの方も多かったと思いますが。
悠木「ですねーww でもやっぱり特に終盤ですけど、
   
優勝するのはそう簡単じゃない、って教えられました。
   どこかに油断というか、気持ちの緩みがあったのかも知れませんね。
   
今日は目が覚めたって言うか、全力で行こう!って」

さあ来年2016年は、大関取り、3度目の賜杯など、
期待が膨らむ1年にファンにとってなると思います、
意気込みをお願いします。
悠木「今場所を、そして来年の初場所、春場所でもう1回、
   同じような成績を残せるように精進します。」

技能賞受賞5回目、三賞10度目です、悠木碧関でした!


 

「三賞インタビュー・殊勲賞:小澤亜李」

放送席、放送席。三賞インタビュー、最後は小澤亜李関です。
2場所続けての三賞獲得、そして殊勲賞おめでとうございます。
小澤「はい、ありがとうございますーww」

凄いですね、先場所に続いて横綱全員撃破、横綱戦5戦全勝ですよ!
小澤「本当、何でなんでしょうねーww 自分でも分からないです。
   先場所終わってから、冗談ですけど、
   『どうやったら横綱に勝てるのー?』って色んな人から聞かれてww」

ただ強ち間違いじゃないですよ、横綱にいまだ負けなしって。
それを高く評価されての「殊勲賞」連続受賞ですから。
小澤「まあ、もらえるうちに貰っておけってww
   評価して頂いたことを嬉しく、ありがたく思って、はい。」

今場所は終盤また白星を重ねて12勝3敗でした。
最高の場所だったんじゃないですか?
小澤「一つだけ心残りがあるんですよ。」

ほぉ、心残りとは何ですか?
小澤「(水瀬)いのりちゃんとの相撲が組まれ無かったのー!
   絶対に今場所も勝ってやるーって思ってたのにー!

あ、そうなんですよね。水瀬関が好調過ぎて、
割を崩すような形で終盤戦対戦が組まれましたから…。
小澤「連勝続けていけば、戦えるかなーって思ったら、
   結局組まれなくって! それがちょっと残念でした。」

でも、来場所は恐らく近い位置、番付になりますし、
上位対戦も組まれる位置にまで昇進しそうですから、
来年の楽しみに我々ファンもしていたいと思いますよ?
小澤「そうですね、出来れば来年のうちに、
   三役を経験したいなー
って思ってます。」

来場所は三役争いも激しいですから分かりませんが、
早く上位で活躍する小澤関の姿を見たいファンも多いはずです。
入幕2場所続けて2桁の白星をあげた2015年が終わります。
ファンの皆様へ一言お願いします。
小澤「はい、今年も応援ありがとうございました!
   幕下からここまで出世出来るとは思ってもなかったんですけど、
   声優相撲教習所(=日ナレ)も修了できましたし、もっともっと、
   本気で声優相撲の稽古に取り組んで行きます。」

三賞インタビュー、小澤亜李関でした。放送席どうぞー!


 


「九州場所千秋楽表彰式」

 2015年、今年1年おさめの九州場所。
「年間最多勝」に続いて、今年3度目の「幕内最高優勝」を果たしました
大関・佐倉綾音が今、福岡声優センターに姿を表しました!

< 88888888888888

 

< 表彰式に先駆けまして、国歌"鳥の詩"の斉唱であります。 皆様、ご起立下さい。

国歌:鳥の詩/Lia 「AIR」OP

< 2015年九州場所、幕内最高優勝は、大関・佐倉綾音、成績は13勝2敗であります。

< はじめに、賜杯拝戴

林原「表彰状 賜杯 佐倉綾音 右は2015年九州場所において成績優秀により、
   賜杯にその名を刻し永く名誉を表彰する
   2015年11月22日 私益財団法人 声優相撲協会理事長 林原めぐみ」

優 勝
佐倉綾音(3回目)

 

< 賜杯、並びに、表彰状が、林原理事長より、授与されました。
< 続きまして、優勝旗、授与。
  優勝旗、並びに、賞状、金一封が、二所ノ関審判部長より授与されました。

< ここで、優勝インタビューであります。
  インタビューは、声優放送協会・y=Rxテキストアナウンサーであります。

 


「優勝力士インタビュー:佐倉綾音」

 

放送席!放送席。そして、福岡の声優相撲ファンの皆さん!
2場所連続、3度目の賜杯を抱きました、大関・佐倉綾音関です!
優勝、本当におめでとうございました!
佐倉「ありがとうございまぁ~す!!」

 

優勝が決まった…、いや「優勝を決めた」瞬間
どんな感情が過ぎりましたか?
佐倉「相撲取り終えた瞬間に、わーーーーっ、って歓声が聞こえました。
   それまで凄い緊張していたので、何も聞こえなくて、
   相撲取っている間のこともちゃんと覚えてないんですが…、
   ホッとしたってことですかねww 充実感がありました。」

今場所は、中盤までに星を2つ落とすという展開でした。
悠木碧水瀬いのりなど好調力士を追いかける形になりましたが、
優勝を意識したのはどのタイミングでしたか?
佐倉「昨日終わった段階で、ようやくですかね。
   どちらかと言うと、優勝決定戦で
いのり…水瀬関に、
   リベンジしたいって思ってたのですが、まあまあ。
   来年の楽しみにしておきましょうww」

前半の土俵で、千秋楽、水瀬いのり関が敗れて、
事実上の優勝決定戦、横綱・茅野愛衣との2敗相星決戦となりました。
そこに向かう気持ちとしてはどういったものでしたか?
佐倉「いわゆる"姉妹"対決なんですよね、今回ww」

ご覧になっている方も多いと思いますがww
「ご注文はうさぎですか??」の5、6話にも登場した、
「保登モカ」お姉ちゃんは主人公「保登心愛」のお姉ちゃん役です。
佐倉「稽古の時も、後輩に胸を貸している時に、
  
『横綱に任せなさぁ~い!』って楽しそうだったので、
   この積極さ、私たちが見習わなきゃダメだ!と思って、
   横綱に必死に喰らいついて、三番稽古を頑張った成果だと思ってます。」

もちろんまだまだお若い大関ですけど、最近は10代での、
水瀬いのり関はもちろんですが、どんどん後輩が育ってきていますから
「指導される」立場から、「指導する」立場になってきていますもんね。
佐倉「まだまだ稽古したい、教わりたい気持ちも強いんですけど、
   年が近い分、率先してぶつかり稽古とかで胸を貸せたら、
   自分に出来ることから後輩に教えていきたいと思ってます。」

 

ここまでを振り返りたいと思います。
2009年、「声優相撲」の名門、アイムエンタープライズ
当時は花籠部屋、今の佐渡ヶ嶽部屋に所属、6年前。
15歳だった佐倉関を、この世界に導いたキッカケは何だったでしょうか?
佐倉「それまで劇団に入って居たんですけど、
   ボイストレーニングの先生に、この世界を紹介されました。
  『声の仕事をした方が良い』よって。そこから声優相撲を意識するようになりました。」

 

東大関・佐倉綾音

1994年1月29日、東京都、157cm、佐渡ヶ嶽部屋
初土俵:2010年名古屋場所、新十両:2012年春場所 最高位:東大関

 
2010年
16歳
    前相撲
 
序ノ口
序二段
序二段
2011年
17歳
序二段
三段目
幕下
幕下
幕下
幕下
2012年
18歳
幕下
十両
10
十両
西十09
14
東前13
東前08
2013年
19歳
東前12
11
西前03
西前04
西前03
12
西関脇
12
東関脇
10
2014年
20歳
東関脇
東前04
西小結
12
西関脇
西小結
東関脇
11
2015年
21歳
西関脇
12
東関脇
11
西大関
13
東大関
14
東大関
14
東大関
13

 

「初期ラジオを振り返る」

初土俵が翌年、2010年。「オオカミさんと七人の仲間たち」から。
そして初場所の序二段優勝を達成した、2011年一気に番付を駆け上がります。
「夢喰いメリー(メリー・ナイトメア)」役ですね、懐かしいですね。
佐倉「ちょうどだから5年前の私なんですよね~」

「漫画」が大好き、絵を描くのが好き、演じることが好き
という、どこにでもある意味「居そうな」女の子だった佐倉綾音ちゃんが、
一気に「声優」として活躍を始めた、当時の心境はどうでしたか?
佐倉「何か信じられないことばっかりで…。
   でも実感が無かったので、緊張もそんなにしてなかったかも知れませんww」

当時を振り返って、印象深かったことは何ですか?
佐倉「そうですねー、もちろん序二段優勝は嬉しかったですけど…
   やっぱりラジオの印象が強かったですね。アニメよりも先に、
   色々ラジオで嬉しい出来事があったのであの頃は。」

初めて自分の名前が入ったラジオどっとあいが始まったこと・・・

ラジオどっとあい「佐倉綾音のかけだし、さくら前線。」#01(2011/01/04)

その誕生日回で、あこがれだった「アニスパ」出演が決まったこと!

ラジオどっとあい「佐倉綾音のかけだし、さくら前線。」#04(2011/01/25)

元関脇・浅野真澄さん、陣幕親方が10年以上に渡って放送していた、
文化放送のラジオ番組「A&G 超RADIO SHOW ~アニスパ!~」
聞ける時は毎週聞いていた「憧れの声優さん」のお一人のラジオ番組です。
第1回放送から「浅野さん」に憧れている旨を語っていた所、
「誕生日プレゼント」として、出演権をゲットしたのが、第4回でした。
佐倉「いやもうあれが一番驚いた誕生日プレゼントでした!
   大人って怖い!と同時に、凄い!って…」

 

「A&G 超RADIO SHOW ~アニスパ!~」#357(2011/01/29)

 

若干17歳の「佐倉綾音」が、アニスパの、掛け値なしの「ヘビーリスナー」。
スタッフの名前や、浅野さんの名言(迷言w?)を次々言うあたりで、
強く印象に残っていた(自分のような)ファンも多かったと思いますww

 

「横綱、憧れの力士との出会い」

で、この後に、当時もう横綱でしたよね、新横綱の時か。
新横綱・花澤香菜関のラジオに…
佐倉「いや、アニスパの前ですね。」

花澤香菜のひとりでできるかな?#80(2011/01/19)

あれ?そっか、1月19日か。2月だと勘違いしてました、
大関、凄い覚えてますねwww
佐倉「そりゃあ覚えてますよ! 花ちゃん…、横綱のラジオですもん!」

厳密には、俺妹(1期)で共演し、食事もした…
逆に言うとそれ程度だった当時の新横綱との付き合い。
佐倉「そりゃそうですよ! だって当時まだ序二段ですよ?
   
連覇中の横綱なんて、雲の上の上の上の存在ですよ!!」

なのに、「接待シュウォッチ」であるはずの企画、
シュウォッチの記録を持っていた横綱が「逆道場破り」ということで、
色んなコメントゲストを呼んで、シュウォッチに挑戦してもらうという企画。
倉「そ、そうなんですよー、いきなりあんなことに…」

番組内で破られなかった横綱の記録を、あっさり、
「ガーーーーッ」って連射しまくって、210回と「塗り替える」という、
序二段力士が横綱を倒すという、史上稀に見る「番狂わせ」「大金星」!
「企画潰し」「コーナー潰し」そして「先輩潰し」とまで言われたww
佐倉「親にも、部屋のマネージャーさんにも怒られたという案件でしたww」

そして210回=210秒=3分30秒という「告知タイム」。
「夢喰いメリー」の告知も終わり1分残っていた、あやねるが取った行動が、
「花澤香菜さんへの愛を語ります!」

強烈な印象を残しました。 憧れの横綱との公での初共演がこうした形だったのですねww
花澤「来たね!時代の波が来たね!」
と新横綱で連覇を果たした力士に言わせるあたり。
本当に「新時代の幕開け」だったと今振り返って思いますねww
佐倉「はい…ww」

矢作・佐倉のちょっとお時間よろしいですか#018(2013/01/30)

翌年には、もうこちらも惜しまれつつ終了した「ちょろい」
花澤香菜さんからのバースデーコメントを「起立脱帽の上」拝聴

花澤香菜のひとりでできるかな?#151(2013/10/09)

 

「アニメ声優としての佐倉綾音」

「共演」にあこがれていたあやねるが、ラジオだけでなく、
アニメでの声優相撲、本業でも徐々に頭角を表し始めます。

自分としては、2012年名古屋場所から、
「声優相撲会長職」についた
ので、非常に印象に残っています。
名古屋場所の十両優勝決定戦。遠藤綾関と14勝1敗の直接対決でしたね。
佐倉「そうです! 十両優勝を運悪く逃したんです!14勝もしてたのに!!」

そして、続く秋場所は内山夕実関と同時に「新入幕」。でもまだ18歳!
翌年の秋にはもう関脇で12番勝っています。本当に凄い出世。
佐倉「不思議な感じでした。テレビで憧れてた方ばかりが相手になって、
   それで勝ち越せているという現状に。 今もそうですけどwww」

2011年
夢喰いメリー(メリー・ナイトメア)

2012年
プリティーリズム・ディアマイフューチャー(大瑠璃あやみ)
じょしらく(蕪羅亭魔梨威)
この中に1人、妹がいる!(神凪雅)

2013年
ビビッドレッド・オペレーション(一色あかね)
ラブライブ!(絢瀬亜里沙)
恋愛ラボ(榎本結子)
君のいる町(御島明日香)
東京レイヴンズ(大連寺鈴鹿)
のんのんびより(越谷夏海)

ごく一部を列挙しただけでも錚々たる出演作です。
一度2014年に平幕を経験しますが、新関脇からずーっと三役~平幕上位を維持しつづけ、
1年間続けての「三役」維持、そして3場所で34勝かな?の成績で、
念願の「大関昇進」を果たされました!
佐倉「とりあえず出来ることはやったので、吉報を待ってる感じでした。
   ただ、部屋にも
大関…日笠さんも居ますし、間近で見てたので、怖さもありましたね。」

 

優    勝

    

2015年5月場所

大関・佐倉綾音 関

2014年
selector infected WIXOSS(紅林遊月〈ユヅキ〉)
ご注文はうさぎですか?(ココア)
シドニアの騎士(岐神海蘊)
PSYCHO-PASS サイコパス 2(霜月美佳)
四月は君の嘘(澤部椿)

2015年
艦隊これくしょん -艦これ-(長門、陸奥、川内、神通、那珂、球磨、多摩、木曾、島風)
SHOW BY ROCK!!(モア)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続(一色いろは)
ニセコイ:(小野寺春)
Charlotte(友利奈緒)
アクエリオンロゴス(月銀舞亜)
緋弾のアリアAA(間宮あかり)

とはいえ、去年今年だけでも毎クール、ヒロインを演じ続け、
7場所連続「2桁勝利」を記録中。

15初 西関脇   12勝3敗
15春 東関脇   11勝4敗

15夏 西大関 優 13勝2敗
15名 東大関 同 14勝1敗
15秋 
東大関 優 14勝1敗
15九 東大関 優 13勝2敗

---------------
15年 優勝3回  67勝13敗

大関に昇進した4場所は、更に安定感抜群です!!
佐倉「趣味と実益を兼ねた、声優研究が実を結んだんだと思いますwww」

趣味と実益ww 確かに、人気作も多く出演されていて、
実力、人気、勢いのある力士と稽古を積んでいますよね。
佐倉「多くの人と会って、稽古して、それで強くなってきました!」

 

「2016年に向けての意気込み」

さあ、そして。

大関で「2場所連続優勝」
4場所続けて優勝同点以上
7場所続けて三役2桁の安定感

どうですか。来場所、来年2016年に向けて、
良い知らせが届くと良いですね!

< 8888888888888888

佐倉「私がどうこう言える立場じゃないですけど…
   今の自分の全力を出せたと思います。その結果なので、
   誇りに思っています。 最高の九州場所でした!!

< 888888888888888

< 横綱ぁーーっ!!

 

今「横綱!」という声も聞こえました。
どうでしょう、「綱取り」の場所だった今場所優勝しました。
もちろん「分かりません」が・・・
来年、綱を張る「佐倉綾音」の姿を見たいファンが多いと思います!

佐倉「はい!」

< 888888888888888

 

では、九州の詰めかけたファンの皆さんに、
そして全国の声優相撲ファンの皆さんにお願いします!

佐倉「はい! 15日間、声優相撲に応援ありがとうございました!
   今場所の優勝は一生忘れないと思います。嬉しいです!

佐倉「一人の漫画好き、声優好きだった、ただのファンだった私が、
   ついに… ついに憧れを追いかけてここまで来ました!
   
その力をくれたのは皆さんの応援だと思っています!」

佐倉「今特にこの中継を見て居る皆さんの中で、
   声優力士を志している皆さんにも伝えたいんですけど…、
   辛いこともたくさんあると思うけど、そればっかりじゃないので、
   とにかく楽しいことを見つけて、頑張り続ければ、
   楽しいこと、嬉しいことも増えてくると思います!
   
一緒に大好きなこと、大好きなものを追いかけて頑張りましょう!

< 8888888888888888

 

2場所連続、3回目の優勝を達成されました、
大関・佐倉綾音関でした! インタビューを終わります!!