16春・序盤


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 

声優相撲2016年春場所・初日(2016年3月13日)

 

15:05

 声優相撲です。浪速(なにわ)で年に1度の「大阪場所」
今年も春場所が始まっています、大阪府立声優会館です。
初日から多くのお客様が詰めかけ、満員御礼です。

今日から15日間の日程で行われる予定の春場所、
実況を務めます、テキストアナウンサーのy=Rxです。

Twitterアカウント(@yequalrx)

 

 先場所初場所は、横綱・花澤香菜が復活し17回目の優勝
平幕力士も軒並み2桁をあげる好成績で存在感を示しました。

 後ほどご覧頂きますが、幕内後半は、
1番1番見逃せない楽しみな取組が連日期待され、
先場所以上に「誰が優勝するか分からない」場所となりそうです。

 

 十両の解説は、元小結、2000年代を代表する業師として
長く活躍なさいました竹内順子さんです。

大鳴戸「宜しくお願いします! 竹内順子です。」
今場所は実に4人が新十両として、土俵に上がっている訳なんですが…

●西十14・安済知佳
○東十13・桑原由気
○西十12・久保ユリカ
○西十11・千菅春香

 安済知佳関は、十両の14枚目まで下がっているものの、
幕内上位を経験している年下の実力者・日高里菜関に敗れましたが、
他3人は揃って勝って、初日に白星をあげました!

大鳴戸「この中で誰が勝ち越して、最初に幕内力士になるか、
    個性豊かですし楽しみですよねー」

 例えば、久保ユリカ関は、もうμ'sのメンバーとして、
声優相撲ファンの間では知らない人は居ないぐらいの人気者ですよね。
大鳴戸「人気がある子が実力付けて上位に来ると、
    それだけで盛り上がるから楽しみですよね! 期待してます。」

では十両の結果です。

 

 お伝えした通り、4人の新十両力士のうち、
3人が関取での初白星をあげました、初日です。
では放送席を交代します。ここまでの時間、大鳴戸親方でした。

 


 

<協会理事2人による豪華解説の初日!>

 先場所から「4横綱」時代が到来している、
2016年の声優相撲。今日から春場所が始まります。

 早速、今日の解説陣をご紹介して参ります。
新理事のお2方をお迎えして、豪華に参りましょう!!

 まずは正面解説です。
元横綱にして優勝回数13回を誇ります。
第15代横綱・堀江由衣の「堀江」親方です。
堀江「はーい、堀江由衣です、お願いしまーす。」

 そして向正面からの解説になります。
元大関にして、ヤフーニュースを飾る“時の人”!
井上喜久子の「熊ヶ谷」親方です。宜しくお願いします。
熊ヶ谷「昨日に続いて、画面の前の皆さんも一緒におねがいしますね?
    はーい、熊ヶ谷喜久子、17歳です!」

『おいおい!』
熊ヶ谷「はいはい。
    ありがとうございますwww 初日から呼んでいただいてー」

 まずはお2方、声優相撲協会「理事」就任おめでとうございます。
堀江親方は、引退したのが5年前の2011年。
後ほど触れますが震災の年の年末に引退を決意されました。
2016年、新理事になった今のご心境は如何ですか?
堀江「投票して下さった皆様に、まずは感謝して、
   声優相撲の発展のために出来ることを一生懸命、
   頑張っていきたいと思っています。
   これまで以上に責任が大きくなる職務だと思うので。」

 そして、再任での理事就任、
熊ヶ谷親方、新体制での声優相撲、意気込みを。
熊ヶ谷「新執行部は、まあ私も17歳なんですが…^^;
    
本当に若い子たちが理事になって、若返った気分なのでww
    いろんな意見を取り入れながら、多くの人に見てもらえるような
    声優相撲にしていきたいです。」

まずは、番付などの前に新理事の一覧をご覧頂きます。

<声優相撲協会 理事選挙結果>(再掲)

有効票数:97票(内訳:現役年寄:88票、一代年寄:3票、現役力士:4票(横綱)、行司:2票(木村庄之助、式守伊之助))

当落 一門 名跡 声優名 補足
出羽海一門 熊ヶ谷 井上喜久子  
  粂川 久川綾  
出羽海 田中真弓 元理事長・相談役
二所ノ関一門 佐渡ヶ嶽 田村ゆかり  
  尾車 島本須美  
  二所ノ関 坂本千夏  
時津風一門 錣山 緒方恵美  
時津風 能登麻美子 新理事
高砂一門 九重 高山みなみ  
  若松 折笠愛  
伊勢ヶ濱一門 松ヶ根 松本梨香 再理事
堀江一門 林原 林原めぐみ 理事長
堀江 堀江由衣 新理事

13人立候補で9人が当選。
新理事が、能登麻美子の時津風親方と、
今日解説の堀江親方の2人
です。
また、再理事に元大関・松ヶ根親方の松本梨香さんです。

中入りの休憩時間、まずは声優相撲協会、新体制をご紹介致しました。

 


 

<今日(初日)の取組

声優名 対戦成績 西 声優名
11 花澤香菜 0 17-0  42 竹達彩奈 0
41 小松未可子 0  1-11 12 茅野愛衣 0
13 佐倉綾音 0 3-1 112 雨宮天 0
111 種田梨沙 0 0-8 14 沢城みゆき 0
21 日笠陽子 0 10-1  121 東山奈央 0
31 悠木碧 0 11-10 122 早見沙織 0
131 M・A・O 0 0-3 32 小澤亜李 0
33 上坂すみれ 0 初顔合わせ 132 石上静香 0
141 洲崎綾 0 2-0 142 諏訪彩花 0
151 山本希望 0 初顔合わせ 152 戸松遥 0
161 水瀬いのり 0 初顔合わせ 162 沼倉愛美 0
171 加隈亜衣 0 1-1 172 潘めぐみ 0
181 小林ゆう 0 1-0 182 上田麗奈 0
191 金元寿子 0 初顔合わせ 192 田村睦心 0
201 木戸衣吹 0 2-2 202 豊崎愛生 0
211 内田真礼 0 1-2 212 瀬戸麻沙美 0
221 大西沙織 0 1-1 222 井上麻里奈 0
231 大久保瑠美 0 5-1 232 小清水亜美 0
241 井口裕香 0 9-6 242 大原さやか 0
251 津田美波 0 2-2 252 赤崎千夏 0
261 釘宮理恵 0 初顔合わせ 262 高橋李依 0

今日は十両との対戦なく、21番組まれています。
水瀬いのりと沼倉愛美までが前半戦です。

 


 

<声優相撲春場所番付と注目ポイント>

続いて、今場所、春場所の「幕内」番付を振り返ります。

まずは三役陣。
先場所に続き、4横綱1大関、小結以上は10人で番付が組まれています。

声優名 番付 西 声優名
11 花澤香菜 14 12 横綱 12 茅野愛衣 12 11
13 佐倉綾音 10 13 横綱 14 沢城みゆき 9 14
21 日笠陽子 8 21 大関        
31 悠木碧 10 31 関脇 32 小澤亜李 13 111
        関脇 33 上坂すみれ 12 121
41 小松未可子 11 132 小結 42 竹達彩奈 12 142

 先場所優勝の花澤香菜が東横綱。東西横綱は時津風部屋です。
横綱2場所目の佐倉綾音は東横綱2です。

 関脇・小結5人は全員先場所2桁勝利というハイレベル。
東関脇は、「大関」取りの場所になる悠木碧関です!

2015年
23歳
西小結
13
西関脇
13
東関脇
東前01
西小結
西関脇
12
2016年
24歳
東関脇
10
東関脇
 
       

 2年続けて幕内上位を守り続ける、若手実力派の「筆頭格」!
去年から5場所目の「関脇」です。前3場所で「31勝」という安定感。

 振り返れば、昨年の春場所は「13勝2敗」で優勝決定戦を制し連覇達成。
大関取りはなりませんでしたが、それでも腐らず、自分の相撲をとりつづけ、
いよいよ大関が目前です。

 堀江さん、あおちゃんとの共演も多いかとは思うのですが、
「三役3場所で33勝」という一つの目標、指標に向けてですね!
堀江「去年、大関に昇進しなかったのが不思議だなぁーって思ってたんですよww
   安定してますし・・・。 今場所もあおちゃんの実力を出しきれば、
   今度こそチャンスあると思うので、頑張って下さい!」

 一つの目安ですので、3場所で33勝以上した去年の春場所後も
「大関昇進」が見送られましたが、今回は12→10勝と安定しています。
簡単な道ではないでしょうが、去年を思い出し、「11勝」目指して、
頑張って頂きたい悠木碧関が東関脇です。

 

新三役で、西関脇に昇進した「小澤亜李」関にも注目。

西関脇・小澤亜李

1992年8月10日、東京都、155cm、佐渡ヶ嶽部屋
初土俵:2013年名古屋場所、新十両:2015年名古屋場所

2013年
21歳
    前相撲
 
序ノ口
西二75
西二34
2014年
22歳
西二19
西二06
西三45
西二05
西三16
西下39
2015年
23歳
東下36
東下17
西下05
東十14
14
東前15
11
西前07
12
2016年
24歳
東前01
13
西関脇
 
       
 

 近年では稀なほどの安定感で出世し、入幕4場所目で関脇に昇進した、
小澤亜李関。 一昨年の夏場所を除いて、全てで勝ち越しているという底知れない強さ。
昨年横綱となった佐倉綾音に次ぐ勝率を全力士中で誇ります。

熊ヶ谷「11→12→13→と来てますもんね・・・、やっぱり次は14なんですかねw?」

でももし仮に14勝で優勝争いを本当に演じれば、来場所には早くも大関取りなんて話題が、
或いは出てくるかもしれませんね。
熊ヶ谷「ですね。 横綱戦での安定感とかを見ていると、
    この子と中盤以降戦わないと行けない上位陣にとっては脅威ですよ!」

 

 そして、西小結として、5年ぶりの三役復帰を果たしたのが、「竹達彩奈」関です。

 
2009年
20歳
序ノ口
序二段
序二段
三段目
幕下
幕下
2010年
21歳
十両
10
十両
13
東前13
10
西前07
10
西前02
13
西小結
13
2011年
22歳
西関脇
東小結
西前02
東前08
西前04
11
東前01
10
2012年
23歳
東小結
東前01
東前06
西前09
11
西前03
東前04
2013年
24歳
西前08
西前12
西前14
西前11
西前12
西前10
2014年
25歳
西前09
12
西前02
東前05
西前07
11
東前02
西前05
2015年
26歳
東前06
西前02
西前06
西前09
東前04
西前03
2016年
27歳
西前04
12
西小結
 
       

 実に5年ぶりの三役復帰です。
堀江「それが意外なんですよねー。 三役常連みたいな印象で居ました。
   DOG DAYSとかで一緒に稽古してましたし、私も現役時代戦ってますから。
   なんか懐かしい印象です。 頑張って欲しいですね、今場所。」

勝ち越して関脇となれば、こちらも5年ぶりです。上位陣相手にどこまで通用するか!
以上が三役陣です。

 

<幕内上位陣>

声優名 番付 西 声優名
111 種田梨沙 10 151 前01 112 雨宮天 10 162
121 東山奈央 6 33 前02 122 早見沙織 8 141
131 M・A・O 6 41 前03 132 石上静香 12 232
141 洲崎綾 9 172 前04 142 諏訪彩花 11 222
151 山本希望 9 182 前05 152 戸松遥 4 32
161 水瀬いのり 5 112 前06 162 沼倉愛美 10 221
171 加隈亜衣 4 42 前07 172 潘めぐみ 5 131
181 小林ゆう 8 192 前08 182 上田麗奈 9 212

 続いて、幕内の上半分、8枚目までをご覧頂きます。
下線を引いてあるのが「自己最高位」の力士です。ここには6人ですか。

東前頭筆頭・種田梨沙

 
2012年
24歳
    前相撲
 
序ノ口
序二段
三段目
2013年
25歳
西下25
西下10
西下06
東下03
西十11
14
西前13
11
2014年
26歳
西前07
西前08
西前04
西前02
西前01
西前04
2015年
27歳
西前01
西前04
西前01
西前01
西前02
東前06
2016年
28歳
東前05
10
東前01
 
       

 堀江「ああ・・・これは可哀想なぐらい惜しいですね、種田さん。」
そうなんです。これまで4度ある前頭筆頭。決して通用しないわけではないのですが、
あと一歩届かず、4度「西前頭筆頭」で負け越しています。
堀江「安定してるけど、上位陣からの勝ち越しはやっぱり大変でしょうからね・・・」

 今回が初めて「東」の筆頭で迎えるわけですから、チャンスなのは間違いありません。
堀江「先場所2桁勝ってますからね。相手が強くなっても自分の相撲です!
   “ゆゆ式”とかで稽古しましたけど、相撲勘が鋭くて動きが機敏なので、
   うまく上位陣を自分のペースに持ち込めばチャンスあると思います。」

 

 石上静香関、諏訪彩花関は大幅に自身最高位を更新しています。
初の上位対戦が組まれうる位置まで番付をあげています。
そして、沼倉愛美関は久々の幕内復帰から、初の「1桁番付」としました。

 九重部屋期待の「うえしゃま」こと、「上田麗奈」関も初の1桁番付。
好調な九重部屋を引っ張る存在として期待が高まります。

では時間も短くなってきましたが、見ていきましょう「幕内」番付。

 

声優名 番付 西 声優名
191 金元寿子 4 122 前09 192 田村睦心 9 231
201 木戸衣吹 7 191 前10 202 豊崎愛生 5 152
211 内田真礼 6 181 前11 212 瀬戸麻沙美 12 322
221 大西沙織 7 211 前12 222 井上麻里奈 4 161
231 大久保瑠美 4 171 前13 232 小清水亜美 10 332
241 井口裕香 5 201 前14 242 大原さやか 5 202
251 津田美波 10 341 前15 252 赤崎千夏 8 262
261 釘宮理恵 7 242 前16 262 高橋李依 12 382

 

 ここは歴戦の猛者が集っている印象。自身最高位は2人だけ。
田村睦心関、バハムートで王道主人公を演じ、先場所9勝。初の1桁番付
です。

 そして、九重部屋注目の「高橋李依」関が、今場所唯一の新入幕です。
今、土俵に上がってくる所! 最初の一番で釘宮理恵関と戦います。
では、高橋李依関のコメントです。

 

<新入幕力士紹介:高橋李依>

高橋李「新入幕の、九重部屋所属、高橋李依でーっす!
    皆さんから、たくさんの声援を頂いていて、緊張もしていますが、
    憧れていた先輩方と相撲が取れるのを楽しみに15日間頑張りますので、
    応援宜しくお願いします!」

 

さあ、初日の正面解説の堀江親方。
説明不要かとは思いますが、「魔法つかいプリキュア!」
で共演されている訳ですが… 高橋李関の良さ、
共演してどこにあるとお考えですか?
堀江「そうですねー。十両力士とは到底思えないぐらい安定感があって、
   本格派、基礎がしっかりしてる所に感心しましたねー」

先場所も12番勝ちました。
幕内でも十分通用しますでしょうか。
堀江「今場所は十分勝ち越すチャンスはあると思います。
   ただここから先は長いですし、
   手の内が分かられると伸び悩むケースもありますからー、
   
慌てずに実力を付けて行って、
   今年旋風を巻き起こして欲しい
ですねー」

 

<新入幕初白星:新人女優賞・高橋李依>

●東前16・釘宮理恵(0勝) 寄り切り ○西前16・高橋李依(1勝)

 今場所唯一の「新入幕」初白星です、高橋李依関です、おめでとうございます。
高橋李「ありがとうございまーす、高橋李依でーす!」

 まずは、新入幕での初白星、感想を一言。
高橋李「メッチャ嬉しいです! 早く白星が欲しいって、土俵上がる前までは
    声援も聞こえててプレッシャーだったんですが、体が動きました。」

 幕内土俵入りから、取組前の仕切り、そして取組後の勝ち名乗り、
大きな声援が子どもからも、大人の相撲好きからも飛んでいましたね。
高橋李「勝ち名乗り受けて、懸賞金受け取る所ぐらいから、
    急に声がまた聞こえてきました。 
緊張してたんだなって思いました」

 やはり「魔法つかいプリキュア!」の存在は大きいですね。
高橋李「劇場版試写会でもそうでしたが、幅広い世代の方から応援していただいて。
    本当にいろんな方の声援に答えられるように、これから頑張りたいです。」

 「めぐみん」役で出演中の、この素晴らしい世界に祝福を!では、
先輩の福島潤さんや、稲田徹さんから、「注目の声優」と言われていましたがww
高橋李「いやぁーやめて下さいよぉーww
    あんまりプレッシャーかけないで下さいって、伝えておいて下さい!」

 とはいえ世間的にも、昨日発表された「第10回声優アワード 新人女優賞」を受賞!!
本当に、おめでとうございました!
高橋李「あっ、いやーっ。 昨日も今日も緊張続きで・・・、徐々に実感が湧いてきましたけどww」

 十両を一気に通過。 「本気アニラブ」時代からは信じられないような出世スピード。
去年、三段目・幕下と連続して活躍して出世してきたあたりから、
注目される存在になっています。 さあ、今場所の目標は?
高橋李「一日一番なのは変わりませんね。あんまり惑わされないようにww
    
目先の星勘定にとらわれないで、思いっきりの良い相撲を取りたいです!」

ありがとうございました、新人女優賞受賞の「高橋李依」関でした!


 

<初日・前半の結果>

●東前06・水瀬いのり(0勝) 引き落とし ○西前06・沼倉愛美(1勝)

「第10回声優アワード」 主演女優賞を受賞した、
水瀬いのり関が前半最後の土俵で登場し、大きな声援を受けました。

 水瀬いのり関が、声優相撲の道を諦めかけていた時
レギュラーキャラクターを演じられた、転機の一つになった作品が、
2013年の夏アニメ「恋愛ラボ」でした。

 藤女生徒会執行部のメンバーとして共演していた2人。
幕内で対戦が初めて組まれました。
3年ぶりの幕内から自身最高位とした沼倉愛美が、
水瀬いのりを下して初日白星。

沼倉「同じ番付で初日相撲を取れたことが嬉しいですね。
   主演女優賞を取った相手ですし、当時(恋愛ラボ時代)とは、
   グッと大人になった印象ですから、私が挑戦者のつもりで頑張りました。」

と談話で充実した表情で答えてくれました。

では前半の結果です。

161 水瀬いのり 0 引き落とし 162 沼倉愛美 1
171 加隈亜衣 0 押し出し 172 潘めぐみ 1
181 小林ゆう 0 寄り切り 182 上田麗奈 1
191 金元寿子 0 寄り切り 192 田村睦心 1
201 木戸衣吹 0 引き落とし 202 豊崎愛生 1
211 内田真礼 1 寄り切り 212 瀬戸麻沙美 0
221 大西沙織 0 寄り切り 222 井上麻里奈 1
231 大久保瑠美 1 突き落とし 232 小清水亜美 0
241 井口裕香 0 上手投げ 242 大原さやか 1
251 津田美波 0 はたき込み 252 赤崎千夏 1
261 釘宮理恵 0 寄り切り 262 高橋李依 1

 前半11番のうち、西方力士が9番勝ちました。
堀江「本来、東の方が番付上なはずなんですけどねぇ~ww」

・高橋李依が唯一の新入幕で初日白星。
・水瀬いのり、新人女優賞を取って迎えた初日は黒星。

堀江「逆にいうと、沼倉関も頑張って勝ち越せば、更に番付を上げて、
   三役が見えてくる位置になりますから、頑張って欲しいですね!」

では、声優相撲「後半」の取組にうつります。


 

東前03・M・A・O(0勝) 0-3 西関脇・小澤亜李(0勝)

 

 楽しみな「がっこうぐらし!」3年生対決が実現しました!

 振り返れば、昨年注目を集めた「がっこうぐらし!」の主要キャラクターである、
学園生活部の4人が、今場所ついに4人揃って「幕内力士」となりました。

 最初に三役になったのが先場所のM・A・O。大阪府出身ということで、
地元、ご当所を「三役」を守って迎えたかったという願いはかないませんでしたが、
「来年」の春場所に向けて気合十分で初日を迎えています。

 そして、4人で初めて関脇となったのが、新三役の「小澤亜李」関です。
昨年を象徴するような「新鋭」2人の直接対決です。
過去の対戦はいずれも3戦とも「小澤亜李」が勝っています。

 両者に対する声援が非常に大きい2人の対戦。
今年2016年に共に三役定着、或いは「その上」を目指す両者。
楽しみな一番が制限時間いっぱいです!

 

●東前03・M・A・O(0勝) 小手投げ ○西関脇・小澤亜李(1勝)

 

 際どい相撲を制しました、新関脇! 初白星!
M・A・Oは悔しそうな逆転負け・・・。 地元の声援がため息に変わりました!

しかし両者のスピード感ある相撲に拍手が自然と沸き起こります。

堀江「2人とも楽しみですねぇ・・・。
   調子が良ければ、もう今場所も2桁行っちゃうんじゃないかなぁww」

 

東関脇・悠木碧(0勝) 11-10 西前02・早見沙織(0勝)

 2011年に始まり5年を迎えたラジオ番組「あおい・さおりの新番組」。
「どやらじ」などとも言われる両者の対決を、この放送では「あおさお対決」と呼んできました。
これで22回目の対戦。 悠木碧が僅か1つ勝ち星を上回っています。11対10。

 番組終了が決まっていますが、これまで同世代で、
大関を目指してきた、若手実力派筆頭格の2人。
大関候補となったのは1度や2度ではなく、5年にあまり幕内上位を続けてきました。

悠木 碧 11-10 早見沙織
  鯖折り
   呼び戻し 
上手投げ  
押し倒し  
上手出し投げ  
--- ---

 去年まで「8対10」だった所から、3連勝として悠木碧が逆転しました。
同学年ですが、1年弱先輩のお姉さん的「早見沙織」を、
妹感のある「悠木碧」が追いかけて来た、そうした印象です。
切磋琢磨を続け、いよいよ悠木碧の大関が見えてきました。

堀江「もう2人とも、沢山沢山共演してきましたけど、
   大関にいつなってもおかしくない2人ですから、
   少ないチャンスをどうにか掴んで欲しいですね!」

 2桁白星が最低条件となる悠木碧の「大関取り」。
それを目指す上で、早見沙織を4連勝で下さなければなりません。

 さあ制限時間いっぱい! 悠木碧、悲願の大関へ!
それに待ったをかけるのも、宿敵にしてライバル・早見沙織。
大相撲初場所は、同期の豊ノ島が、優勝する琴奨菊に唯一の土を付けました!

 ライバル対決「あおさお対決」、東に大関目指す悠木碧です!

 

東関脇・悠木碧(1勝) 押し出し ●西前02・早見沙織(0勝)

 

 強い!! 一方的な相撲で早見を押し込んだ!
早見沙織を押し出して、悠木碧、初日白星~
大きな声援が飛び交いました、悠木碧の白星。まずは初日、やりました。


 

<4横綱2場所目の初日は? 種田、初の三役へ>

東前01・種田梨沙(0勝) 0-8 西横綱2・沢城みゆき(0勝)

 過去8度の対戦はいずれも横綱というこの一番から、
春場所の4横綱戦が始まります。 種田梨沙が初の東筆頭。
勝ち越せば自然と三役が見えてきます。

 

2014年
29歳
西横綱
12
西横綱
12
西横綱
12
西横綱
14
東横綱
14
東横綱
14
2015年
30歳
西横綱
東横綱2
東横綱2
東横綱2
10
東横綱2
東横綱2
2016年
31歳
西横綱2
西横綱2
 
       

 対する沢城みゆきは、昨年初場所から勝ち星が上がりません。
「進退」を問うファンも一部から出ていることは本人も十分認識しています。
だからこそ、横綱の意地にかけて毎場所に全力を注ぎます。

 しかし、種田梨沙は、堅実派として5度めの筆頭。
「三役」を目指して挑む今場所こそと意気込んでいます。
さあ、4横綱で最初に登場するのは沢城みゆき。
種田梨沙との一番で、存在感を表すことが出来るか!?

 

 

 がっぷり四つ! 横綱が頭を付けて堪える!
しかし種田が右四ツで一歩も譲りません、良い上手から行けるか?
投げを打つ、横綱が崩れた! 横綱が崩れました、上手投げ~!

東前01・種田梨沙(1勝) 上手投げ ●西横綱2・沢城みゆき(0勝)

 

 種田梨沙、9度目の挑戦で、初めて横綱・沢城みゆきを倒しました!!

初の金星! 初金星であります、種田梨沙!!


 

<初の金星インタビュー:種田梨沙>

 放送席、放送席!

念願の「初金星」です! 自身最高位、種田梨沙関です、おめでとうございます!

種田「ありがとうございまーす! 種田梨沙でーす!」

 顔が赤いですが、まだ興奮抜けませんか?
種田「正直、堪えてるぐらい嬉しいです。涙が出そうでした!
   今まで勝負にならなかった横綱に勝てたので・・・、しかも本場所で!」

 今日の相撲では、本来なら相手の得意とする「右四つ」の相撲で、
堂々と渡り合って投げを決めました。 如何ですか?
種田「そんなに物凄い頑張ったという訳ではないんですが・・・、
   でも良い流れで投げがタイミングも良く決まったんじゃないかなって思います。」

 部屋には2人横綱が居ます。
まあ、移籍前に横綱だった茅野愛衣関と本場所で一度対戦がありますが、
基本的に戦う横綱は沢城関だけでした。 9度目で初めて勝てましたね。
種田「また部屋の2人とは違って、目標となる横綱だったので、
   その沢城さんに勝てたのは、本当に自信になりました!」

 時津風部屋、大沢事務所は、花澤、茅野の両横綱だけじゃなくて、
井口裕香さんとか、日高里菜さん、久野美咲さん、関取も沢山居ますよね。
稽古相手には申し分ないだけに、日々の稽古が活きましたか?
種田「もちろんそうですし、ごちうさ始めとして、
   部屋の皆はもちろん、部屋の外の皆とも稽古が充実してます、とにかく!」

 5度めの前頭筆頭。 今場所こそ、と期待かけるファンは多いと思います。
種田「まあ、なるようにしかならない、
   ぐらいの気持ちで自然体で行けるように頑張ります。
   そうしないとプレッシャーで勝てなくすぐなっちゃうんで私ww」

 でも今日の勝利は自信になりますよね?
種田「はい、もちろんです!
   部屋に変える時に、あと部屋の皆と顔合した時に、
   喜びが湧き上がってくるんだと思います!」

 もう1人、先場所から横綱と戦えますね?
種田「あー、そうですねーww 何かニヤニヤしちゃいますねw
   でも良く稽古している相手なので、楽しみです。組まれたら全力で!
   待ってろよ、あやねる!

はい、ありがとうございました。
初金星です、種田梨沙関でした、放送席どうぞー。


 

<幕内後半の結果>

声優名 決まり手 西 声優名
11 花澤香菜 1 突き落とし 42 竹達彩奈 0
41 小松未可子 0 寄り切り 12 茅野愛衣 1
13 佐倉綾音 1 押し出し 112 雨宮天 0
111 種田梨沙 1 上手投げ 14 沢城みゆき 0
21 日笠陽子 1 はたき込み 121 東山奈央 0
31 悠木碧 1 押し出し 122 早見沙織 0
131 M・A・O 0 小手投げ 32 小澤亜李 1
33 上坂すみれ 1 引き落とし 132 石上静香 0
141 洲崎綾 1 送り出し 142 諏訪彩花 0
151 山本希望 1 突き落とし 152 戸松遥 0

 

 三役以上の相撲、沢城みゆきだけが波乱となりました。
他の力士は勝って初日を終えています。

 

<明日の取組>(2日目)

声優名 対戦成績 西 声優名
西小結 竹達彩奈 0 1-3 西横綱 茅野愛衣 1
東横綱2 佐倉綾音 1 9-4 東前02 東山奈央 0
東前03 M・A・O 0 0-4 西横綱2 沢城みゆき 0
東横綱 花澤香菜 1 5-1 西前01 雨宮天 0
東大関 日笠陽子 1 3-3 東関脇2 上坂すみれ 1
東前01 種田梨沙 1 0-2 西関脇 小澤亜李 1
東関脇 悠木碧 1 初顔合わせ 東前04 洲崎綾 1
東小結 小松未可子 0 2-6 西前02 早見沙織 0
西前04 諏訪彩花 0 0-1 西前03 石上静香 0
東前05 山本希望 1 0-1 東前06 水瀬いのり 0
東前07 加隈亜衣 0 0-1 西前05 戸松遥 0
西前07 潘めぐみ 1 1-0 西前06 沼倉愛美 1
東前08 小林ゆう 0 1-3 東前09 金元寿子 0
西前09 田村睦心 1 0-1 西前08 上田麗奈 1
東前10 木戸衣吹 0 0-6 東前11 内田真礼 1
西前11 瀬戸麻沙美 0 2-6 西前10 豊崎愛生 1
東前12 大西沙織 0 1-2 東前13 大久保瑠美 1
西前13 小清水亜美 0 11-16 西前12 井上麻里奈 1
東前14 井口裕香 0 5-4 西前15 赤崎千夏 1
東前16 釘宮理恵 0 22-14 西前14 大原さやか 1
東前15 津田美波 0 初顔合わせ 西前16 高橋李依 1

☆今日から、番付の欄を数字でなく「文字」にて表現致します。(以前から要望があったもの)

・結びの一番はご存知、元同僚対決。 返り三役の竹達彩奈、初日なるか。
・7連勝中の佐倉綾音が、東山奈央の挑戦を受けます。
・初日黒星の「沢城みゆき」、分の良い相手に5連勝で初日なるか。

・五分と合口の悪い重戦車、上坂すみれとの一番、大関連勝果たせるか。
・今日横綱を下した種田が、同じく絶好調の「小澤亜李」との対決。

・2年ぶりに組まれる「小清水-井上麻」の中堅対決は28度目、
 そして「釘宮-大原」の一番は37度目の対決となります!

 


 

声優相撲2016年春場所・2日目(2016年3月14日) ダイジェスト

 

<十両の結果>(2日目)

東十01 喜多村英梨 1 引き落とし 東十02 高垣彩陽 2
西十02 内山夕実 0 寄り切り 西十01 加藤英美里 1
東十03 明坂聡美 0 押し出し 西十04 久野美咲 2
東十04 大橋彩香 0 寄り切り 西十03 佐藤利奈 2
東十05 小倉唯 1 引き落とし 東十06 三森すずこ 2
西十06 徳井青空 2 はたき込み 西十05 寿美菜子 0
東十07 白石涼子 0 寄り切り 東十08 村川梨衣 2
西十08 朝井彩加 2 突き落とし 西十07 伊藤美来 0
東十09 中原麻衣 0 突き落とし 東十10 伊藤かな恵 2
西十10 内田彩 1 突き落とし 西十09 巽悠衣子 0
東十11 阿澄佳奈 1 押し出し 東十12 牧野由依 0
西十12 久保ユリカ 1 上手投げ 西十11 千菅春香 2
東十13 桑原由気 1 引き落とし 東十14 日高里菜 2
西十14 安済知佳 1 押し出し 西十13 橘田いずみ 0

 新十両の「安済知佳」が2日目に初日を飾り、
これで4人が2日目までに白星をあげました。
新十両で連勝を果たしたのは、先場所優勝の「千菅春香」関です。

 

<新三役インタビュー:小澤亜李>

新十両から4場所続けて2桁勝利で、新三役を関脇で掴みました。
小澤「出来過ぎですねーw 本当に。
   部屋の先輩からも、活躍し続けることは大変だと
   聞かされてきましたし、ここまでは良い流れが続いてるな、って。」

春場所以降も2桁白星をあげていけば、
一気にその上が見えてきますよ?
小澤「いやぁーww横綱(佐倉綾音)ぐらいの安定感がないと、
   大関になるのって厳しいと思うんで。
   
日笠さんを見ていても、大関の大変さが分かりますし」

☆初場所は初の上位対戦で、13勝の「準優勝」!

でも先場所は準優勝。 それは自信になってますよね?
小澤「そうですねー!
   
毎日、憧れの先輩方と対戦できて、もう本当幸せでーww
   それでしかも会心の相撲が取れているので、充実してました!」

入幕3場所で、横綱から6つの金星は、記録です。
改めて横綱を倒すコツって何ですかw?
小澤「いや無いですし、分からないですけどー。
   しっかりと相手の相撲を研究して、
   イメージトレーニングを欠かさないことでしょうね。
   稽古量ぐらいしか勝てないのでw
   稽古を人一倍積んで、もっともっと強くなりたいです。」

印象に残ってる取組がありましたら。
小澤「やっぱり、沢城関との相撲で恩返しが出来たことでしょうねー。
   そもそも同じ土俵の上がれるだけでも、もう幸せで夢みたいでした!」

でも、11→12→13勝と来てます。次は自然に行けば…
小澤「いやそこは、15戦全勝を目指さないとwww」

おお、大きく場所前から出ますねwww
小澤「いや場所前だからですよーww
   場所始まったらそんな余裕ないですから!
   実際はやっぱり勝ち越しですよーw」

春場所も期待してます!

 

声優名 決まり手 西 声優名
西小結 竹達彩奈 0 はたき込み 西横綱 茅野愛衣 2
東横綱2 佐倉綾音 2 押し出し 東前02 東山奈央 0
東前03 M・A・O 0 首投げ 西横綱2 沢城みゆき 1
東横綱 花澤香菜 2 突き落とし 西前01 雨宮天 0
東大関 日笠陽子 1 はたき込み 東関脇2 上坂すみれ 2
東前01 種田梨沙 1 小手投げ 西関脇 小澤亜李 2
東関脇 悠木碧 2 突き落とし 東前04 洲崎綾 1
東小結 小松未可子 1 外掛け 西前02 早見沙織 0
西前04 諏訪彩花 1 突き落とし 西前03 石上静香 0
東前05 山本希望 1 突き落とし 東前06 水瀬いのり 1
東前07 加隈亜衣 1 引き落とし 西前05 戸松遥 0
西前07 潘めぐみ 1 押し出し 西前06 沼倉愛美 2
東前08 小林ゆう 1 寄り切り 東前09 金元寿子 0
西前09 田村睦心 2 寄り切り 西前08 上田麗奈 1
東前10 木戸衣吹 0 寄り切り 東前11 内田真礼 2
西前11 瀬戸麻沙美 1 押し出し 西前10 豊崎愛生 1
東前12 大西沙織 0 押し出し 東前13 大久保瑠美 2
西前13 小清水亜美 0 はたき込み 西前12 井上麻里奈 2
東前14 井口裕香 0 はたき込み 西前15 赤崎千夏 2
東前16 釘宮理恵 1 外掛け 西前14 大原さやか 1
東前15 津田美波 0 寄り切り 西前16 高橋李依 2

 

4横綱安泰も、沢城みゆきは絶体絶命から「首投げ」で九死に一生を得る!

 昨日黒星スタートとなった横綱・沢城みゆきは、
やはり調子が上がらず不安の残る中での土俵。
M・A・Oが鋭い踏み込みで一気に電車道で押していこうとしましたが、
土俵際うまく回りこむと、腕を何とか首に巻いて逆転の首投げ。
もつれて物言いが付きましたが、軍配通りで横綱が今場所の白星。

 

合口の悪い相手に大関が土、新人女優賞の関脇・上坂が今場所も殊勲!

 

上坂「ファンの皆さまには、ご心配お掛けしましたが・・・
   こうして良い相撲を見せられて、少しは安心して頂けたら嬉しいです。」

という切り口で始まった殊勲インタビュー。

上坂「昔の私なら、今日の勝利も、新人賞(声優アワード新人女優賞)も、
   身に余る光栄だと、恐れ慄いていただけだったと思うんですが、
   去年の春場所を思い出すと、凄い声援を頂いて・・・
   その気持ちに少しでも答えられる力士になりたいな、と思いました。」

まだ何か、これまでに比べて緊張して相撲取ってる印象がありますがw?
上坂「まあ、落ち着いて相撲取れてる感覚はありますねー。
   相手が日笠さんでしたし。私のパワーをちゃんと受け止めてくれる方なので、
   お互い力を出し合えたのが良かったです。」

 

<明日の取組>(3日目)

声優名 対戦成績 西 声優名
東横綱2 佐倉綾音 2 8-2 東小結 小松未可子 1
西前01 雨宮天 0 1-2 西横綱2 沢城みゆき 1
東横綱 花澤香菜 2 1-0 西前03 石上静香 0
西前02 早見沙織 0  2-11 西横綱 茅野愛衣 2
東大関 日笠陽子 1 6-0 西小結 竹達彩奈 0
東前02 東山奈央 0 2-1 西関脇 小澤亜李 2
東関脇2 上坂すみれ 2 2-0 東前04 洲崎綾 1
東関脇 悠木碧 2 初顔合わせ 東前05 山本希望 1
東前01 種田梨沙 1 初顔合わせ 東前03 M・A・O 0
西前05 戸松遥 0 初顔合わせ 西前04 諏訪彩花 1
東前06 水瀬いのり 1 1-0 東前07 加隈亜衣 1
東前08 小林ゆう 1 2-4 西前06 沼倉愛美 2
東前09 金元寿子 0 3-0 西前07 潘めぐみ 1
東前10 木戸衣吹 0 1-0 西前08 上田麗奈 1
西前10 豊崎愛生 1 2-0 西前09 田村睦心 2
東前11 内田真礼 2 2-3 西前12 井上麻里奈 2
東前12 大西沙織 0 初顔合わせ 西前11 瀬戸麻沙美 1
東前13 大久保瑠美 2 4-5 東前14 井口裕香 0
西前14 大原さやか 1  7-13 西前13 小清水亜美 0
東前15 津田美波 0 --- 東十04 大橋彩香 0
東前16 釘宮理恵 1 3-5 西前15 赤崎千夏 2
西十04 久野美咲 2 --- 西前16 高橋李依 1

 

「けいおん!対決」が実現、三役同士での対戦は非常に感慨深いものがありますww
「6対0」と、日笠陽子が意地を見せていますが今場所果たしてどうか。

 


 

声優相撲2016年春場所・3日目(2016年3月15日) ダイジェスト

 

東前06・水瀬いのり(2勝)引き落とし ●東前07・加隈亜衣(1勝)

 前半注目の一番、2年半前の「いのりっくま」対決。
主演女優賞・水瀬いのりが勝って2勝1敗と白星先行。

 

●東前02・東山奈央(0勝) 突き落とし ○西関脇・小澤亜李(3勝)

 これまで3度戦って、「2対1」と小澤亜李がリードされており、
苦手としている東山奈央との一番でしたが、今場所は冷静でした。
相手を冷静に見て行って、突き落としで勝利。
東山奈央、惜しい相撲こそ続きますが、上位にまたも届かず3連敗スタートです。

 

東大関・日笠陽子(2勝)はたき込み ●西小結・竹達彩奈(0勝)

 「けいおん!」対決が実現! 日笠-竹達の一番です。

 昨日の放送で「久々の」と言いましたが、5年前に竹達関が三役だった時は
同部屋だったので、「三役同士」での対戦は初になります。(訂正)

 大関、危うくも白星を拾って2勝1敗。
昨年優勝した時の調子には程遠い印象です。

 

○西前01・雨宮天(1勝) はたき込み ●西横綱2・沢城みゆき(1勝)

 沢城みゆきの演技を見て、声優を志し、入門したという逸話で知られる、
「雨宮天」関が2度目の恩返し! これで過去「2-2」となりました。
沢城みゆきは1勝2敗と、黒星先行。横綱が2つ目の金星供給。厳しくなってきました。

 

<金星インタビュー:雨宮天>

雨宮「初めて戦った時以来ですからねー、
   沢城さんに勝てたの。すっごく嬉しいです!」

先場所、茅野関を下して以来、4つ目の金星ですね。
雨宮「いきなり2横綱倒した・・・、去年の夏場所があったので~
   先場所の金星は嬉しかったですねー。今日も勿論嬉しいですし」

佐倉関が横綱になって初の対戦、今場所組まれそうですね?
雨宮「4横綱、皆さんから金星を狙うぐらいの気持ちで・・・
   気持ちだけでもそう思って頑張りますw!」

同期の2人も、幕下上位に定着してきましたね。
雨宮「2人とも何かマイペースな感じなので…、
   もっと気合入れて、早く関取になれるようお互い切磋琢磨してますね!」

気がつけば、朝日山部屋のうち、最も番付が上になりましたね。
雨宮「番付上はって意味だと思います。中身はまだまだなので、
   先輩の皆さんとか、同期の2人とかと稽古を積んでいきたいです。」

 

声優名 決まり手 西 声優名
東横綱2 佐倉綾音 3 押し出し 東小結 小松未可子 1
西前01 雨宮天 1 はたき込み 西横綱2 沢城みゆき 1
東横綱 花澤香菜 3 寄り切り 西前03 石上静香 0
西前02 早見沙織 0 上手投げ 西横綱 茅野愛衣 3
東大関 日笠陽子 2 はたき込み 西小結 竹達彩奈 0
東前02 東山奈央 0 突き落とし 西関脇 小澤亜李 3
東関脇2 上坂すみれ 3 押し出し 東前04 洲崎綾 1
東関脇 悠木碧 3 寄り切り 東前05 山本希望 1
東前01 種田梨沙 2 引き落とし 東前03 M・A・O 0
西前05 戸松遥 0 押し出し 西前04 諏訪彩花 2
東前06 水瀬いのり 2 引き落とし 東前07 加隈亜衣 1
東前08 小林ゆう 1 寄り切り 西前06 沼倉愛美 3
東前09 金元寿子 0 吊り出し 西前07 潘めぐみ 2
東前10 木戸衣吹 0 寄り切り 西前08 上田麗奈 2
西前10 豊崎愛生 1 寄り倒し 西前09 田村睦心 3
東前11 内田真礼 3 寄り切り 西前12 井上麻里奈 2
東前12 大西沙織 0 押し出し 西前11 瀬戸麻沙美 2
東前13 大久保瑠美 3 押し出し 東前14 井口裕香 0
西前14 大原さやか 2 寄り倒し 西前13 小清水亜美 1
東前15 津田美波 1 寄り倒し 東十04 大橋彩香 0
東前16 釘宮理恵 1 押し出し 西前15 赤崎千夏 3
西十04 久野美咲 2 寄り切り 西前16 高橋李依 3
東十01 喜多村英梨 2 寄り切り 西十02 内山夕実 0
東十02 高垣彩陽 3 上手投げ 西十01 加藤英美里 1
東十03 明坂聡美 1 押し出し 東十05 小倉唯 1
西十05 寿美菜子 0 押し出し 西十03 佐藤利奈 3
東十06 三森すずこ 3 寄り切り 西十07 伊藤美来 0
東十07 白石涼子 0 押し出し 西十06 徳井青空 3
東十08 村川梨衣 3 はたき込み 西十08 朝井彩加 2
東十09 中原麻衣 0 突き落とし 西十10 内田彩 2
東十10 伊藤かな恵 3 突き落とし 西十09 巽悠衣子 0
東十11 阿澄佳奈 1 押し出し 西十12 久保ユリカ 2
東十13 桑原由気 1 はたき込み 西十11 千菅春香 3
東十12 牧野由依 0 押し出し 東十14 日高里菜 3
西下00 幕下力士 0 押し出し 西十13 橘田いずみ 1
西下00 幕下力士 0 押し出し 西十14 安済知佳 2

 

<明日の取組>(4日目)

声優名 対戦成績 西 声優名
西小結 竹達彩奈 0 0-7 西横綱2 沢城みゆき 1
東横綱 花澤香菜 3 11-2  東前02 東山奈央 0
西前01 雨宮天 1 1-4 西横綱 茅野愛衣 3
東横綱2 佐倉綾音 3 9-2 東前01 種田梨沙 2
東大関 日笠陽子 2 初顔合わせ 東前05 山本希望 1
東前06 水瀬いのり 2 1-0 西関脇 小澤亜李 3
東関脇2 上坂すみれ 3 5-1 西前02 早見沙織 0
東関脇 悠木碧 3  9-17 西前05 戸松遥 0
東小結 小松未可子 1 0-1 西前03 石上静香 0
東前03 M・A・O 0 0-1 西前04 諏訪彩花 2
東前04 洲崎綾 1 1-1 西前07 潘めぐみ 2
東前09 金元寿子 0 1-3 西前06 沼倉愛美 3
東前07 加隈亜衣 1 初顔合わせ 西前16 高橋李依 3
東前08 小林ゆう 1 1-2 西前09 田村睦心 3
西前11 瀬戸麻沙美 2 初顔合わせ 西前08 上田麗奈 2
東前10 木戸衣吹 0 4-0 東前12 大西沙織 0
東前11 内田真礼 3 11-2  西前10 豊崎愛生 1
東前13 大久保瑠美 3 3-7 西前12 井上麻里奈 2
東前14 井口裕香 0 11-9  西前13 小清水亜美 1
西前15 赤崎千夏 3 4-3 西前14 大原さやか 2
東前15 津田美波 1 3-3 東前16 釘宮理恵 1

 

 

声優相撲2016年春場所・4日目(2016年3月16日)

 

 声優相撲春場所は4日目。今場所は既に15日間の前売券が完売となっており、
全日「満員御礼」がほぼ確実となる盛況で迎えています。
上位の争いはハイレベルとなっており、早くも優勝争いが楽しみです。

<十両の結果>(4日目)

声優名 決まり手 西 声優名
東十01 喜多村英梨 3 突き落とし 東十03 明坂聡美 1
東十04 大橋彩香 0 押し出し 西十01 加藤英美里 2
東十02 高垣彩陽 3 寄り切り 西十04 久野美咲 3
東十05 小倉唯 1 はたき込み 西十02 内山夕実 1
西十11 千菅春香 4 下手投げ 西十03 佐藤利奈 3
東十07 白石涼子 1 寄り切り 西十05 寿美菜子 0
東十06 三森すずこ 3 寄り切り 東十08 村川梨衣 4
西十08 朝井彩加 3 押し出し 西十06 徳井青空 3
東十09 中原麻衣 0 寄り切り 西十07 伊藤美来 1
東十11 阿澄佳奈 2 寄り切り 西十09 巽悠衣子 0
東十10 伊藤かな恵 3 引き落とし 東十14 日高里菜 4
西十12 久保ユリカ 2 寄り切り 西十10 内田彩 3
東十12 牧野由依 1 はたき込み 西十13 橘田いずみ 1
東十13 桑原由気 2 押し出し 西十14 安済知佳 2

 4日目を終えて、早くも「4連勝」が3人に絞られました。
幕内とは異なり、白星を積み重ねての優勝争いというよりは
十両らしい混戦での優勝争いとなりそうです。

東十08・村川梨衣
西十11・千菅春香 ←新十両
東十14・日高里菜

 日高里菜は、幕内上位の経験もある実力者、村川梨衣も幕内経験があります。
そうした中、昨日お伝えした「新十両紹介」でも取り上げました、
千菅春香関が4連勝としています。

 

●東前07・加隈亜衣(1勝) 小手投げ ○西前16・高橋李依(4勝)

 幕内前半、日に日に声援が大きくなる「高橋李依」、幕尻ながら4日目にして、
番付が上で三役経験者の「加隈亜衣」に余裕ある小手投げで勝利し4連勝。
高橋李「あんまり期待されると、それに潰されちゃうんでww
    まあ優しく見守ってください」 と余裕ある口ぶりで談話に答えてくれました。

 

●東前06・水瀬いのり(2勝) 突き落とし ○西関脇・小澤亜李(4勝)

 「がっこうぐらし!」対決 が実現! 6枚目の水瀬、健闘も小澤4連勝。
新三役とは思えない安定感で4連勝とした小澤亜李は、
水瀬いのりが持てる力全てをつぎ込んでの押しに対して、
必要最低限の力で対応する余裕っぷり。 突き落としに敗れ、水瀬は2勝2敗。

水瀬「やっぱり強いなぁ~」
と、花道奥で苦笑いをしながら下がる水瀬。
清々しい表情にも見えますが、「為す術無い」のが
正直な所かも知れません。 それほどまでに今日の相撲には差が歴然とありました。

 

東横綱2・佐倉綾音(4勝)寄り切り ●東前01・種田梨沙(2勝)

 「ご注文はうさぎですか?」 ココア×リゼの一番。

 ここらへんまで来ると、話題作での共演が浮かびやすい…
それだけ話題作への出演も多い両者の対戦。 「ごちうさ」対決が実現。

種田「やっぱあやねるは強いなぁ~。何も出来なかったです。」
と一方的に寄り切られた種田は、VTRを見ながらの談話。
先場所は対戦なく、4人目の横綱からの初金星はお預けとなりました。

 

西前01・雨宮天(2勝)送り倒し ●西横綱・茅野愛衣(3勝)

雨宮天、2つ目の金星! 茅野愛衣を「送り倒し」で下しました!

雨宮「組んで相撲を取ったら、横綱の方に分があると思ったので、
   とにかく動いて動いて、撹乱した中で勝機をつかもうと思ってました。」

と、思い通りの相撲、相手を翻弄し、後ろについての送り倒しは理想的な形でした。

雨宮「私が入って初めて、(朝日山)部屋に三役力士がいなくなっているので、
   部屋の勢いを止めないためにも、私が!と思って土俵に上がっています。」

戸松、豊崎という両大関経験者が苦しむ中、
部屋頭としての自覚が芽生えている雨宮関の会心の相撲でした。

 

<今日 結びの一番>

西小結・竹達彩奈(1勝)はたき込み ●西横綱2・沢城みゆき(1勝)

竹達彩奈、5年ぶり三役で掴んだ今場所の初白星は何と横綱からの殊勲!

 5年ぶりの三役復帰で注目を集める「竹達彩奈」関。
「ソードアート・オンライン」でも共演のある両者(リーファ vs シノン)ですが、
過去7度はいずれも横綱でした。

 今日の相撲では、沢城が足出ず、「はたき込み」に屈し、
竹達彩奈が今場所初白星を結びの一番で掴みました! 8度目の対戦で初勝利です。

 一方で、沢城みゆきは、2日目のM・A・O戦以外は、
横綱らしさが出ておらず、あっさりと敗れて「1勝3敗」と苦しい成績です。

 

声優名 決まり手 西 声優名
西小結 竹達彩奈 1 はたき込み 西横綱2 沢城みゆき 1
東横綱 花澤香菜 4 突き落とし 東前02 東山奈央 0
西前01 雨宮天 2 送り倒し 西横綱 茅野愛衣 3
東横綱2 佐倉綾音 4 寄り切り 東前01 種田梨沙 2
東大関 日笠陽子 3 押し出し 東前05 山本希望 1
東前06 水瀬いのり 2 突き落とし 西関脇 小澤亜李 4
東関脇2 上坂すみれ 4 浴びせ倒し 西前02 早見沙織 0
東関脇 悠木碧 4 突き落とし 西前05 戸松遥 0
東小結 小松未可子 2 巻き落とし 西前03 石上静香 0
東前03 M・A・O 1 上手投げ 西前04 諏訪彩花 2
東前04 洲崎綾 1 寄り切り 西前07 潘めぐみ 3
東前09 金元寿子 0 寄り倒し 西前06 沼倉愛美 4
東前07 加隈亜衣 1 小手投げ 西前16 高橋李依 4
東前08 小林ゆう 1 寄り切り 西前09 田村睦心 4
西前11 瀬戸麻沙美 2 下手投げ 西前08 上田麗奈 3
東前10 木戸衣吹 0 押し出し 東前12 大西沙織 1
東前11 内田真礼 4 押し倒し 西前10 豊崎愛生 1
東前13 大久保瑠美 3 寄り切り 西前12 井上麻里奈 3
東前14 井口裕香 0 寄り切り 西前13 小清水亜美 2
西前15 赤崎千夏 3 はたき込み 西前14 大原さやか 3
東前15 津田美波 1 寄り切り 東前16 釘宮理恵 2

 


 

声優相撲2016年春場所・5日目(2016年3月17日)

 

17:05 国会中継のため

 まずは今日の対戦をご覧頂きます。

 

声優名 対戦成績 西 声優名
東横綱 花澤香菜 4 14-2  西前02 早見沙織 0
東前06 水瀬いのり 2 1-2 西横綱 茅野愛衣 3
東横綱2 佐倉綾音 4 2-0 東前05 山本希望 1
西関脇 小澤亜李 4 2-0 西横綱2 沢城みゆき 1
東大関 日笠陽子 3 3-1 西前01 雨宮天 2
東関脇 悠木碧 4 3-2 東前02 東山奈央 0
東関脇2 上坂すみれ 4 1-5 東小結 小松未可子 2
西前06 沼倉愛美 4 2-4 西小結 竹達彩奈 1
東前01 種田梨沙 2 2-4 西前05 戸松遥 0
東前03 M・A・O 1 0-2 東前13 大久保瑠美 3
東前12 大西沙織 1 0-1 西前03 石上静香 0
東前04 洲崎綾 1 1-3 東前09 金元寿子 0
東前07 加隈亜衣 1 0-1 西前04 諏訪彩花 2
西前08 上田麗奈 3 初顔合わせ 西前07 潘めぐみ 3
東前08 小林ゆう 1 2-1 西前10 豊崎愛生 1
西前11 瀬戸麻沙美 2 2-0 西前09 田村睦心 4
東前10 木戸衣吹 0 2-0 東前15 津田美波 1
東前11 内田真礼 4 初顔合わせ 西前16 高橋李依 4
西前14 大原さやか 3  9-13 西前12 井上麻里奈 3
西前15 赤崎千夏 3 3-4 西前13 小清水亜美 2
東前14 井口裕香 0 12-8  東前16 釘宮理恵 2

 

<幕内前半注目の一番>

新旧「めぐみん」対決は、高橋李依関が新入幕にして序盤5連勝!

●東前11・内田真礼(4勝) 寄り切り ○西前16・高橋李依(5勝)

 一日一番「エクスプロージョン!」と、全ての力を注ぎ込んで挑む、
今場所唯一の新入幕・高橋李依関が前半大きな声援を受けていました、
人気急上昇中にして、序盤4連勝対決です。

 声優相撲でも数少ない「同キャラ担当声優対決」となったこの一番。
「この素晴らしい世界に祝福を!」で、魔法使いの「めぐみん」役を担当。
2015年3月発売のドラマCDでは内田真礼関が、そして、
2016年1月からのTVアニメでは高橋李依関が演じており、
内田真関の小鳥遊六花を始めとした「中二病」対決に沸きました。

 内容は高橋李が左上手の右四つを巻き替えて一気の攻め。
寄り切って序盤無傷の5連勝で相手を下しました。
大関候補だった実力者を抑えて、更に勢いに乗りたい中盤戦です。

 

●西前11・瀬戸麻沙美(2勝) 寄り切り ○西前09・田村睦心(5勝)

 番組コンセプトと違い、かなり文化系の話題も多いという、
「体育会系ラジオ!」で共演する両者の一番。
初の「一桁番付」で春場所を大健闘の田村睦心関が序盤4連勝。
この相撲にも勝って序盤5連勝としました。

 身長差約15センチという体格差のある対戦。
田村睦「いっそこれぐらい差があると戦いやすいですねww
    お互い稽古も個人的に良く取っている相手なので、
    楽しんで相撲が取れました。早く勝ち越して楽になりたいですww」

と、上機嫌なのが口ぶりから分かる談話でした。

 

後半土俵から 関脇戦3番

●西前06・沼倉愛美(4勝) 突き出し ○西小結・竹達彩奈(2勝)

 個人的には、お医者さんごっこの回が好きでした、
と語ると若干引かれましたww はい、今期話題の作品の一つ、
先場所に続いて組まれた「だがしかし」対決

 ほたるさんが、さや師(サヤちゃん)を下して圧倒。
突き出しで勝って、竹達関が三役力士の意地を見せました。
沼倉愛美は4連勝ストップも、自身最高位となる6枚目で4勝1敗。
沼倉「こんな後半で相撲を取るのは初めてなので緊張しましたww
   でも、彩奈…関とこうして戦えたことが嬉しかったですね。」

 

東関脇2・上坂すみれ(5勝)押し出し ●東小結・小松未可子(2勝)

 過去「1対5」と小松未可子が数字の上では圧倒。
しかし今日は上坂すみれ、会心、今場所一番の相撲で「押し出し」でした。
上坂「別にそんな戦い辛いって訳じゃないんですけどー、
   ほら相手もスピードあるじゃないですか。今日は立ち合いで勝とうって!
   そしたら体が自然と前に出て、良い相撲が取れましたねー。」

 

東関脇・悠木碧(5勝)上手投げ ●東前02・東山奈央(0勝)

 1992年3月生まれ同士、場所前(3月11日)に誕生日の東山奈央関と、
春場所千秋楽に25歳となる予定の悠木碧関の対決。

大関を目指す悠木碧関がいよいよ大関を掴むか、序盤5連勝。
一方、東山奈央はどうしたか、序盤5連敗スタートです。

 

序盤注目の一番、野崎くん対決

西関脇・小澤亜李(4勝) 2-0 西横綱2・沢城みゆき(1勝3敗)

小澤亜李 2-0 沢城みゆき
押し出し  
- - - - - -
押し倒し  

 

 新入幕から4場所目で関脇を掴んだ「小澤亜李」関がここまで序盤4連勝。
やはり彼女を語る上で外せないのが「月刊少女野崎くん」の佐倉千代役です。
今日3月17日は、ニコニコ生放送で「一挙放送」が行われ、
明日3月18日には「Blu-ray BOX」が発売されます!

 4連勝ながら焦りや緊張感を読み取らせないあたり、
既に並大抵の新鋭と違った印象。 初土俵が遅めであったことから、
むしろ大学生の力士よりは年齢的に上の存在であることも
余裕につながっていると語っていた小澤関。
小澤「若手、挑戦者としてでなく、責任が伴う上位になって
   いよいよ緊張してくる
、って感じだと思います。」

と場所前語っていた新三役も旋風が吹き荒れています。

 対するはここまで1勝3敗。 これまで横綱38場所を数える
第21代横綱・沢城みゆきは苦境に立たされています。

仮に今日敗れて1勝4敗ならば、序盤戦終えた段階で厳しくなります。

 

さあ、時間いっぱいです!

東に4連勝の小澤亜李、大関を目指す新鋭です。今日も落ち着いた表情です。

西に1勝3敗と苦しい横綱、沢城みゆき。 膝の状態が思わしくありません。
多くは語りませんが、怪我を押しての土俵、館内のファンはもちろん、
全国の声優相撲ファンが横綱の満身創痍の相撲に祈りと声援を飛ばします。

過去2度とも押し相撲で沢城みゆきを圧倒しています、小澤亜李。
旋風は今場所も止まらないのか、5日目注目の一番です!

< はっけよい、のこった!!

 

 立ち合い鋭い、小澤亜李が集中した立ち合いです!

喉輪で攻める! 喉輪、横綱も堪えたい、右に動くも付いていく小澤!

 

 廻しを取らせない小澤、早く攻めたい・・・

喉輪から上体が起きている横綱、体勢が崩れてしまった!腰高!

そこを勝機と前に出る小澤、横綱土俵際…、残せる力がないか・・・

粘れない、小澤亜李が出て行くー!!

 

 小澤亜李、横綱相手に勝って5連勝!

沢城みゆき、敗れて苦しい序盤、1勝4敗、今場所4敗目を喫しました!

 

西関脇・小澤亜李(5勝)押し出し ●西横綱2・沢城みゆき(1勝4敗)

おおっと、横綱大丈夫でしょうか・・・

土俵下に足が落ちた時に、少しガクッとなって、
まだ土俵に今上がれていません。
小澤亜李が心配して手を差し伸べますが…、 膝に手を置いています。

今、何とか、土俵に戻って万雷の拍手!
一礼をして土俵を下がります。

小澤亜李、勝って5連勝負けなし!

 

今、呼び出しに支えてもらいながら、土俵を降ります。
これは…、かなり厳しい状況かも知れません。
横綱・沢城みゆきが、ここまでの振る舞いをするのは、
暫く記憶にありません。 常に「耐え忍んで」きた横綱だけに、
成績も含め、この春場所、心配されます。

 

では今日の結果をお伝えいたします。

声優名 決まり手 西 声優名
東横綱 花澤香菜 5 押し出し 西前02 早見沙織 0
東前06 水瀬いのり 2 はたき込み 西横綱 茅野愛衣 4
東横綱2 佐倉綾音 5 引き落とし 東前05 山本希望 1
西関脇 小澤亜李 5 押し出し 西横綱2 沢城みゆき 1
東大関 日笠陽子 4 はたき込み 西前01 雨宮天 2
東関脇 悠木碧 5 上手投げ 東前02 東山奈央 0
東関脇2 上坂すみれ 5 押し出し 東小結 小松未可子 2
西前06 沼倉愛美 4 突き出し 西小結 竹達彩奈 2
東前01 種田梨沙 3 はたき込み 西前05 戸松遥 0
東前03 M・A・O 2 すくい投げ 東前13 大久保瑠美 3
東前12 大西沙織 1 突き出し 西前03 石上静香 1
東前04 洲崎綾 2 引き落とし 東前09 金元寿子 0
東前07 加隈亜衣 1 肩透かし 西前04 諏訪彩花 3
西前08 上田麗奈 4 押し出し 西前07 潘めぐみ 3
東前08 小林ゆう 2 寄り切り 西前10 豊崎愛生 1
西前11 瀬戸麻沙美 2 寄り切り 西前09 田村睦心 5
東前10 木戸衣吹 1 寄り切り 東前15 津田美波 1
東前11 内田真礼 4 寄り切り 西前16 高橋李依 5
西前14 大原さやか 3 寄り切り 西前12 井上麻里奈 4
西前15 赤崎千夏 3 押し出し 西前13 小清水亜美 3
東前14 井口裕香 1 寄り切り 東前16 釘宮理恵 2
声優名 決まり手 西 声優名
東十01 喜多村英梨 3 寄り切り 西十04 久野美咲 4
東十03 明坂聡美 1 はたき込み 西十01 加藤英美里 3
東十02 高垣彩陽 4 押し出し 西十03 佐藤利奈 3
東十04 大橋彩香 0 寄り切り 西十02 内山夕実 2
東十05 小倉唯 1 押し出し 東十08 村川梨衣 5
西十07 伊藤美来 1 押し出し 西十05 寿美菜子 1
東十06 三森すずこ 3 突き落とし 東十10 伊藤かな恵 4
西十11 千菅春香 5 寄り切り 西十06 徳井青空 3
東十07 白石涼子 2 寄り切り 東十09 中原麻衣 0
東十13 桑原由気 2 押し出し 西十08 朝井彩加 4
東十12 牧野由依 2 押し出し 西十09 巽悠衣子 0
西十14 安済知佳 2 押し出し 西十10 内田彩 4
東十11 阿澄佳奈 3 突き落とし 西十13 橘田いずみ 1
東十14 日高里菜 5 押し出し 西十12 久保ユリカ 2

 

談話室から一言。
沢城みゆき関の状況ですが、花道途中から「車いす」が出てきまして、
膝に変な力が入った、と脂汗をかきながら下がっていきました。
医務室に向かって、診察を受ける様子だと、
出羽海部屋の付き人の方のお話でした。

非常に横綱、心配されます。 序盤5日を終えて、
上位陣含め5連勝力士、好調の中、中盤戦へと向かいます。