16名・中盤


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

声優相撲2016年名古屋場所・7日目(2016/07/16)

 

声優相撲、幕内の中継、本日は・・・

正 面解説 : 春日山親方(元横綱・伊藤静)

向正面解説 :伊勢ヶ濱親方(元大関・田村ゆかり)

この両親方にお願い致します。
では、早速今日の取組をご覧頂きます。

声優名 対戦成績 西 声優名
東横綱2 茅野愛衣 6 14-2  西関脇 東山奈央 6
東横綱 佐倉綾音 6 5-2 東関脇 M・A・O 3
西前08 喜多村英梨 4  8-27 西横綱 花澤香菜 6
東前11 高垣彩陽 4  6-14 西大関 日笠陽子 6
東大関 悠木碧 6 4-2 東小結 雨宮天 3
東前03 竹達彩奈 1 2-0 西小結 上田麗奈 1
東前01 種田梨沙 3 2-1 西前12 赤崎千夏 5
東前02 田村睦心 0 1-2 西前01 井上麻里奈 1
東前04 潘めぐみ 0 1-0 西前02 瀬戸麻沙美 1
西前04 水瀬いのり 3 0-2 西前03 上坂すみれ 2
東前05 久野美咲 2 1-1 東前08 小林ゆう 2
西前13 三森すずこ 4 初顔合わせ 西前05 小澤亜李 2
東前06 内田真礼 3 8-2 西前16 井口裕香 2
東前13 戸松遥 6 1-2 西前06 加隈亜衣 5
東前07 諏訪彩花 2 初顔合わせ 西前10 高橋李依 1
東前14 洲崎綾 4 0-6 西前07 小松未可子 5
東前09 沼倉愛美 2 3-1 西前09 早見沙織 4
東前10 山本希望 1 1-1 東前12 石上静香 2
東前17 日高里菜 1 0-4 西前11 内山夕実 3
東前16 木戸衣吹 2 5-2 西前14 佐藤利奈 2
東前15 大久保瑠美 2 --- 西十03 白石涼子 3
東十03 金元寿子 6 --- 西前15 小清水亜美 3

まず、春日山さん。
何と言っても結びの一番、6連勝同士の「直接対決」が組まれました。
春日山(元横綱・伊藤静)
「これ2人にとっても重要な一番じゃないですか?
 土曜日3連休初日にうってつけの取組ですねぇ!」

あっ、ありがとうございますwww
しかし、やや優勝から遠ざかっている茅野にとって、
関脇の東山は過去の合口良いだけに、
やはり落とせない一番でしょう。

そして向正面から、田村ゆかりの「佐渡ヶ嶽」さんですが、
部屋の横綱も、6連勝ですね。
佐渡ヶ嶽(元大関・田村ゆかり)
あやねる、頑張ってますよねー。
 とはいえ、先場所
優勝決定戦でも負けているM・A・Oちゃん相手だから、
 油断せずに!とは念を押しておきました」

今日は、横綱vs関脇など、終盤に楽しみな相撲が続きます。
ボルテージも高まっていきそうな形。ぜひ注目してまいりましょう。

 

<特集 : 英字の四股名>

さて、土曜日の特集は、四股名についてです。
声優相撲も、大相撲と同じく「芸名」=四股名
活動される方が居らっしゃいます。

芸名か、本名か公開されている方は少なくて、
基本的に普通の名前のようになっている四股名が多いのですが、
芸能界たる「声優相撲」において特徴的なのが、
「英字」が含まれた四股名、芸名です。

春日山
「多分、本家大相撲には居ませんよね、
 英字の四股名の力士って。」

自分の調べた限りでは居ないように感じました。
もともと大前提として、日本語で縦書きで番付に書きますからねぇ。

しかし、声優相撲の今場所の番付には、
「4人」、英字で相撲を取る声優さんが居らっしゃいます。
皆さんは何人分かりますか?

 

ちなみに、声優相撲の親方、
そして初めて関取、幕内力士になった方は・・・

 三保ヶ関親方=元幕内・TARAKO

「ちびまる子ちゃん」、そして三保ヶ関の
親方としてもお馴染みの「TARAKO」さん
です。

幕下優勝を1983年に果たしました。
また、1992年秋場所で「十両優勝」を果たしていて、
各段優勝を果たした力士としても、これまでほぼ全ての記録を独占していました。

春日山
「私たちは今でもやっぱりTARAKOさん、
 三保ヶ関親方が最初に浮かびますよね。」

 

そして、2000年代から2010年代にかけてで言うと、
直接同じ高校では無かったですが、
「咲 -saki-」シリーズで春日山さんも共演されている・・・

 元幕内・MAKO

 咲 -Saki- 阿知賀編 episode of side-A(松実宥)

など多くの作品にも出演されていらっしゃいますが、
特に、歌手などのグループのメンバーとして、
「アルファベット」表記での芸名がある方は多いです。

MAKOさんも、ご存知の方は多いでしょうが、
「ミュウ・ファイヴ」を経て、2002年に「BON-BON BLANCO」のメンバーに。

春日山
「確かに多いですよね、そういう歌手グループの名前、今も昔も。」

 

今場所の番付に乗っている力士の中で「三段目」。
2010年代前半、大きな注目を集めたのが、

 東三段目52枚目・Pile

「μ's」メンバーとして寧ろお馴染みの「Pile」さんですね。

春日山
「ああー、そうですね、確かに。
 歌手から声優相撲に入門される方が多いかも・・・」

 西木野真姫(Pile) 「ラブライブ!」

 

そして、こちらも歌手としても、声優としても活躍。
先場所6勝あげて、初めて「幕下」に進出されました・・・

 西幕下56枚目・Machico

中村部屋、活躍が期待される「Machico」さん。

春日山
「こう見ると、TARAKOさんはちょっと変えてますけど、
 基本的に“名前”のアルファベット表記なんですね。」

今から5年前の「中村部屋 声優相撲 新弟子検査」でファイナリスト
翌年歌手デビュー、声優相撲にも去年初土俵を踏みました。

春日山
「私も、“Shizuka”親方とかに改名しよっかな・・・ww」

 

そして今場所「新十両」5人の中にも居らっしゃいます。

 西十両12枚目・Lynn

二所ノ関部屋所属の「Lynn」さん。
新十両紹介でもお話していますが、
“アメリカ人と日本人”の「ハーフ」です。

 宗谷ましろ(Lynn) 「ハイスクール・フリート」

二所ノ関一門の親方の「佐渡ヶ嶽」さん。

佐渡ヶ嶽
「ここまで4勝2敗と好調ですし、美人さんですから、
 上目指して頑張って欲しいですよね!」

 

そして、この方は一番最初に浮かぶ方が多いでしょう。
初の三役、初の幕内最高優勝・・・
多くの記録を打ち立ててきましたのが

 東関脇・M・A・O(市道真央)関

ですよね。 史上初、英字での「大関」を目指す存在です。

春日山
「元はというか、女優さんですよね。」

「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイイエロー役を通じて、
声の仕事を志し、声優相撲に入門。
僅か4年で「幕内最高優勝」を掴みました。

春日山
「私もデビューから優勝まで早かったけど、
 何年ぐらいかなぁー、6年ぐらいは掛かったと思いますよ?
 初土俵から初優勝まで。」

本人も、何故「市道真央」という女優時の名義から、
声優としての活動が「M・A・O」になったのか、
「良く分かっていない」ということですがww
しかし、女優として、そして声優として、大活躍を果たしています。

 

春日山
「今後も増えていくというか、当たり前になっていくんでしょうね。
 英字を含めた四股名というのも。」

そうでしょうね。 更に記録を塗り替えるような、
新たな勢力の誕生を待ち望みたい所です。
以上、7日目の「英字四股名」特集でした。

では、幕内の土俵上に目を向けていきましょう。

 

<幕内前半の結果>

●東十03・金元寿子(6勝) 寄り切り ○西前15・小清水亜美(4勝)

「美少女戦士セーラームーンCrystal」対決ともなったこの一番。
金元寿子、7日目に土がついて十両優勝争い一歩後退。

<十両優勝争い>

7-0 豊崎愛生
6-1 金元寿子、大西沙織、鈴木絵理

佐渡ヶ嶽
「早く
大西ちゃんには幕内に戻って欲しいですね。
 今、
横綱(佐倉綾音)関とラジオで稽古一緒にやってて、
 また調子を戻してきてるんで、優勝争いに食らいついていって、
 まずは勝ち越しを決めて欲しいですねー」

 

東前13・戸松遥(7勝)突き落とし ●西前06・加隈亜衣(5勝)

「 全勝 vs 1敗 」の平幕直接対決は、
13枚目まで番付を下げていた、元大関
ご当所の「戸松遥」が無傷の7連勝!

明日は、中日勝ち越しをかけますが・・・
横綱・花澤香菜戦が組まれました!

春日山
「これは横綱あした、取りづらいだろうなぁー。
 平幕とはいえ元大関ですからね。調子戻せば或いは・・・」

西前13 三森すずこ 4 寄り切り 西前05 小澤亜李 3
東前06 内田真礼 4 押し出し 西前16 井口裕香 2
東前13 戸松遥 7 突き落とし 西前06 加隈亜衣 5
東前07 諏訪彩花 3 引き落とし 西前10 高橋李依 1
東前14 洲崎綾 4 寄り切り 西前07 小松未可子 6
東前09 沼倉愛美 2 寄り切り 西前09 早見沙織 5
東前10 山本希望 2 寄り切り 東前12 石上静香 2
東前17 日高里菜 1 押し出し 西前11 内山夕実 4
東前16 木戸衣吹 2 はたき込み 西前14 佐藤利奈 3
東前15 大久保瑠美 3 突き落とし 西十03 白石涼子 3
東十03 金元寿子 6 寄り切り 西前15 小清水亜美 4

 

<幕内後半の取組>

西前04・水瀬いのり(4勝)引き落とし ●西前03・上坂すみれ(2勝)

水瀬いのりが初めて上坂を下しました、4勝3敗。
上坂すみれは3連敗で格下相手に連敗止められず、2勝5敗です。

 

東前01・種田梨沙(4勝)掴み投げ●西前12・赤崎千夏(5勝)

「食戟のソーマ 弐ノ皿」 で共演する両者の一番。

「 薙切えりな vs 薙切アリス 」の一番に、
声優相撲の土俵上で激しい突き合い!

変わって種田が廻しを取りに行くと、
赤崎がそれを嫌って体を捻ります。
動きながら両者バランスを崩しながらの体勢でしたが、
種田が左足を踏ん張って体勢を直す。

そこから一気に相手の後ろ廻しの結び目を取り
流れの中で鮮やかに、抱え込みながらの投げ!

軍配は長く迷った末に、「掴み投げ」となり、
館内からは大きな拍手が湧き上がりました。

 幕内、久々の大技「掴み投げ」

春日山
「何か物凄い荒々しい、気合の入った相撲でしたね。
 稽古を積んできた種田関だからこそ、体が動いたんでしょうねー」

良い相撲に館内から、下がる赤崎にも大きな拍手です。
そして、竹達彩奈に水を付けて土俵を下がる種田梨沙。
先場所は負け越すも、今場所東の筆頭で4勝3敗です。

春日山
「上位との対戦はもう終わってるんでしたっけ?」

横綱大関に初日から3連敗ですが、そこから平幕相手に4連勝中です。
なので、まだ三役力士、関脇・小結の4人とはまだですね。

春日山
「でも大関以上と対戦が終わってるなら、
 十分勝ち越しありますから、今場所も頑張って欲しいですね。」

昨日は「送り投げ」、そして今日は「掴み投げ」。
変わった投げ技で連勝を伸ばしました。
となると・・・、少し気が早いですが、
「技能賞」なんて声も出てきそうですね。

春日山
「そりゃあそう、筆頭で勝ち越せば、三賞有力ですよね。」

 

東大関・悠木碧(7勝)一本背負い東小結・雨宮天(3勝)

逆転の大技、ついに出ました!
悠木碧が「一本背負い」を決めて、7連勝!!

並ぶと、「145cm vs 160cm」と15センチ差ある取組。
うまく雨宮天の押しを交わして回りこむも、
逆に相手に一瞬の隙をつかれて、後ろに。

大関、慌てましたが冷静に「起死回生」!
「一本背負い」
をやや不十分ながら決めました。

 

●東前11・高垣彩陽(4勝) 送り出し ○西大関・日笠陽子(7勝)

大関7連勝中で過去「6対14」の一番。
高垣彩陽が懐も潜る相撲を展開。
日笠陽子は半身で凌ぎますが、高垣前に出る!

うまく動きつつ、サッと引くと
高垣の足が出ず、つんのめります。
日笠、その一瞬のチャンスを逃さず、後ろについて一気。
「送り出し」で何とか7連勝、両大関は土付かずを保ちました。

高垣
「大関と取り組みが出来る、
 しかも(雨宮)天ちゃんの後に相撲を取れる所まで、
 私も頑張ってきて良かったな、って思いました。」

と負けても自分の形を作れたことに手応えを感じている様子でした。

談話の最後に、
高垣
「今だって、私の方が挑戦者ですから。」

と語って、花道を後にしていく姿、カッコ良かったです。

遠くアメリカでの直前巡業も、プラスに働いた様子。
春日山
「苦労人ですからね、あやひー。
 ここまで番付戻してきてますから。」

あっ、冷静になると、今「朝日山部屋」では、
上から2番目なんですね、番付順で言うと。
春日山
「大関2人居た時期が長かったから、
 2番めって意外と無いような感じかも知れませんねww」

 

<横綱戦① : 36度目の喜多村英梨戦>

西前08・喜多村英梨(4勝) 8-27 西横綱・花澤香菜(6勝)

過去35度対戦のある両者。横綱が8対27と、
リードというべきか、苦戦している、というべきか。
春日山
「私もそうですけど、喜多村関と対戦するのが、
 好きって言う力士はあんまり居ないと思いますよww?
 土俵上でのってことですけど、とにかく多彩ですから。」

最近も一度、横綱から金星を奪っていますし、
ここまで4勝2敗とまずまずの成績ですから、
油断するとあわや・・・ということもあるでしょう。

<物語>シリーズ、そして「Rewrite」でも共演の両者。
横綱7連勝なるか? 喜多村英梨の挑戦を受けます。

 

立ち合い2回目、仕切り直しです。
東に喜多村、西に横綱・花澤です。 先に手を付いた喜多村。
両拳をついています。 横綱、じっくりと見て手を付いた・・・

左への変化!!
思い切った変化を決めてきた!

ああーっ、横綱に対して、もろ差しを決めて、
そこから出ながら攻めて行く、横綱苦しい・・・。

喜多村、攻めを休めません、
すくった、すくい投げ決まったー!!!

西前08・喜多村英梨(5勝)すくい投げ ●西横綱・花澤香菜(6勝)

 

喜多村、思わず声が上がる、小さくガッツポーズが見えました!

横綱の一角、花澤香菜、7日目に土!1敗!
去年春場所11日目以来の花澤から「金星」!!
館内、物凄いざわめきが包んでいます!

2013年春場所02日目 東前01 「肩透かし」
2015年春場所11日目 東前09 「上手投げ」
2016年名古屋07日目 西前08 「すくい投げ」

自身、横綱・花澤香菜から「3回目」の「金星」です!!

 

東横綱・佐倉綾音(7勝)引き落とし ●東関脇・M・A・O(3勝)

先場所の「優勝決定戦」の再戦は、
横綱が心乱されず堂々たる相撲、7連勝です。
M・A・Oは3勝4敗と「大関」は全く振り出しです。

 

<3つ目の金星インタビュー:喜多村英梨>

「放送席、放送席~」
あっ、インタビューです。

横綱・花澤から、3つ目の「金星」です。
喜多村英梨関です、おめでとうございます!
喜多村
「お久しぶりです、喜多村英梨でーす。」

先場所、返り入幕、8枚目まで番付を戻しての名古屋場所でした。
喜多村
「もう私のこと、皆さん忘れちゃってるんじゃないかな、
 と正直心配だったんですが、覚えてて下さって、あざっすww」

いやいや、喜多村関のインタビューを
待ち望んでいるファンの方も多かったと思いますよ?
喜多村
「じゃあ、6時まで喋っちゃおっかなーww はい、冗談です。」

去年の名古屋以来となる「横綱戦」がいきなり組まれました。
喜多村
「えっ、あたし!? と思いましたけど正直ww
 チャンス貰ったので、いっちょやったろうって思って、はい。」

 千里朱音(喜多村英梨) 「Rewrite」

13年、15年の大阪場所につづいて、
今度は名古屋場所で1年半ぶり3度目の横綱から「金星」です。

喜多村
「まあ、
香菜ちゃんとは昔からの付き合いですし、
 丁度前回の金星の時とおんなじ感じですよね、今日のって。」

一昨年初場所以来三役から遠ざかっていますが、
今場所は5勝2敗と白星先行。 期待も高まりますよ?

喜多村
「いやぁー、マイペースでやらせて下さいよww
 今を生きるので精一杯ですから~。」

今場所の後半の目標を。
喜多村
今年に入って3場所全部9勝だったので、
 とりあえず9勝目指して頑張ります。

9勝ってのが、喜多村関っぽい気がするんですがww
喜多村
「どっちつかずですよねww
 でも
勝ち越し(8勝)と、2桁(10勝)の間に設定することで、
 結構良い張り合いになってるんで、今場所もそれなりに頑張ります。」

ぜひまたインタビュールームでお待ちしてますので。
喜多村
「いつになるか分かりませんが、
 また来られるように頑張りますー。」

3回目の金星、喜多村英梨関でした。 放送席どうぞ。

 

<結びの一番 : 6連勝直接対決!>

東横綱2・茅野愛衣(6勝) 14-2 西関脇・東山奈央(6勝

さあ、残り時間も短くなって参りましたが。
両者の6連勝対決が楽しみです!

東に久々の優勝を目指す横綱・茅野愛衣!

西に初優勝を目指す、実力者・東山奈央!

 

横綱、見ていった! 
東山奈央は頭を茅野の胸にぶつけて、
低く潜り込んでいきました。

前に出て行く東山一歩横綱が下がり・・・
更に一歩引いて
「引き落とし」
いやっ、東山残した、かろうじて残した!

しかしもう一発、これはたまらず手を付いた~

茅野愛衣、うまく相手をさばいて7連勝。
東山奈央は、或いは立ち合い「成功」したと思ったかもしれませんが、
そこまで含めて横綱の策略通りだったようです。
敗れて関脇に土、6勝1敗となりました!

 

<幕内後半の結果>(7日目)

声優名 決まり手 西 声優名
東横綱2 茅野愛衣 7 はたき込み 西関脇 東山奈央 6
東横綱 佐倉綾音 7 引き落とし 東関脇 M・A・O 3
西前08 喜多村英梨 5 すくい投げ 西横綱 花澤香菜 6
東前11 高垣彩陽 4 送り出し 西大関 日笠陽子 7
東大関 悠木碧 7 一本背負い 東小結 雨宮天 3
東前03 竹達彩奈 1 寄り切り 西小結 上田麗奈 2
東前01 種田梨沙 4 掴み投げ 西前12 赤崎千夏 5
東前02 田村睦心 0 寄り切り 西前01 井上麻里奈 2
東前04 潘めぐみ 0 寄り切り 西前02 瀬戸麻沙美 2
西前04 水瀬いのり 4 引き落とし 西前03 上坂すみれ 2
東前05 久野美咲 2 寄り切り 東前08 小林ゆう 3

 


 

 

声優相撲2016年名古屋場所・中日(2016/07/17)

 

声優名 対戦成績 西 声優名
東前13 戸松遥 7 11-29 西横綱 花澤香菜 6
東横綱2 茅野愛衣 7 13-1  西前07 小松未可子 6
東横綱 佐倉綾音 7 5-1 東小結 雨宮天 3
西関脇 東山奈央 6  2-11 西大関 日笠陽子 7
東大関 悠木碧 7 2-3 東関脇 M・A・O 3
西前01 井上麻里奈 2 0-1 西小結 上田麗奈 2
東前01 種田梨沙 4 4-1 西前08 喜多村英梨 5
東前02 田村睦心 0 1-0 東前04 潘めぐみ 0
西前03 上坂すみれ 2 0-1 西前02 瀬戸麻沙美 2
東前03 竹達彩奈 1 1-0 東前05 久野美咲 2
西前09 早見沙織 5 2-1 西前04 水瀬いのり 4
東前08 小林ゆう 3 1-2 西前05 小澤亜李 3
東前06 内田真礼 4 3-3 西前13 三森すずこ 4
西前12 赤崎千夏 5 0-1 西前06 加隈亜衣 5
東前07 諏訪彩花 3 1-0 西前14 佐藤利奈 3
東前09 沼倉愛美 2 2-1 東前16 木戸衣吹 2
東前10 山本希望 2 0-2 西前11 内山夕実 4
東前12 石上静香 2 初顔合わせ 西前10 高橋李依 1
東前11 高垣彩陽 4 1-2 東前14 洲崎綾 4
東前15 大久保瑠美 3 6-2 西前15 小清水亜美 4
東十07 千菅春香 3 --- 西前16 井口裕香 2
東前17 日高里菜 1 --- 西十06 伊藤かな恵 2

 

<幕内前半の結果>

西前09 早見沙織 5 押し出し 西前04 水瀬いのり 5
東前08 小林ゆう 3 寄り切り 西前05 小澤亜李 4
東前06 内田真礼 5 押し出し 西前13 三森すずこ 4
西前12 赤崎千夏 5 突き落とし 西前06 加隈亜衣 6
東前07 諏訪彩花 4 寄り切り 西前14 佐藤利奈 3
東前09 沼倉愛美 3 押し出し 東前16 木戸衣吹 2
東前10 山本希望 3 突き落とし 西前11 内山夕実 4
東前12 石上静香 2 寄り切り 西前10 高橋李依 2
東前11 高垣彩陽 5 すくい投げ 東前14 洲崎綾 4
東前15 大久保瑠美 3 寄り切り 西前15 小清水亜美 5
東十07 千菅春香 3 寄り切り 西前16 井口裕香 3
東前17 日高里菜 2 押し出し 西十06 伊藤かな恵 2

 

東前10・山本希望(3勝)突き落とし ●西前11・内山夕実(4勝)

ラジオ関西のラジオ番組「まよなかデリバリー」対決
色々と話題になる両者の相撲ですが、実は、
幕内力士同士としては、これが3回目です。

過去幕内では2回とも内山夕実(ゆーみん)関が、
山本希望(のじょさん)をうまく交わしてきました。
久々の相撲で気合十分だった山本希関が、
同士の相撲で初勝利の「3勝目」を上げました。

玉ノ井(元横綱・三石琴乃)
「2人とも、何かフワッと立って、
 ぎこちない相撲でしたが、山本希関、粘りましたね。
 内山関が珍しく攻めきれなかったような印象でした。」

 

<幕内後半の取組>

東前01・種田梨沙(5勝)上手投げ ●西前08・喜多村英梨(5勝)

昨日、横綱・花澤から3回目の金星を得た喜多村
本人曰く
「そんなに話題にもなんなかったっすよ?ww」

と控えめな笑みを浮かべつつの取組前の談話。

相撲は逆に精彩を欠き、
種田梨沙が正攻法に攻めて四つに組み、左からの上手投げです。

 

西関脇・東山奈央(6勝) 2-11 西大関・日笠陽子(7勝)

全勝大関と1敗の関脇による対戦です。
過去の対戦、2対11と、そこは大関リードしています。

しかし、過去3回の対戦で見ると、「2対1」で、
10連敗していた大関に、ここ3回で見るとリード
しています。

玉ノ井
「まあ、大関もちょっとここ最近調子悪かったですから・・・
 今場所はでも2人とも6連勝ですか?
 好調ですからね。 楽しみにしたいです。」

先輩として慕ってきている大関を、
下して自らの優勝争いに望みを繋げられるか!?
中日、楽しみな一番です。

 

西関脇・東山奈央(6勝)突き落とし ○西大関・日笠陽子(8勝)

大関8連勝!!
東山奈央は攻めるも、どうも攻め急いだか、
2敗に後退してこれで大関は無傷8連勝となりました。

玉ノ井
日笠関、中日勝ち越し って久々ですか?」

ええっと・・・ (検索中)
一昨年の九州場所以来ですね。
8連勝から10勝5敗に終わっています。

玉ノ井
「もちろんまだ前半戦終えただけですけど、
 優勝争いを盛り上げる上でも、この両大関の連勝が、
 どこまで続くかも気になりますね。
 横綱が昨日負けているだけに。」

 

東横綱2・茅野愛衣(8勝)上手出し投げ ●西前07・小松未可子(6勝)

15回目の対戦で、「14対1」と、
小松未可子は茅野に全く勝てません。
今場所も突き放したいと取組前に語っていましたが、
あっさりと捕まえられて廻しを取られてしまいました。
横綱大関陣好調です。 茅野も中日勝ち越しです。

 

東前13・戸松遥(7勝) 11-29 西横綱・花澤香菜(6勝)

無傷7連勝で迎えた元大関の「戸松遥」
ご当所の大声援を受けて、追い風にして迎える名古屋場所

初場所の段階では関脇でしたが、
今年に入り肘の状態などが悪化し負け越し。
3場所続けて負け越して、前頭13枚目まで番付を落としました。

しかし今場所は、大関時代の「勢い」を感じる
取り戻しつつあるように感じる素晴らしい攻めを展開。
ここまで無傷7連勝として迎える相手は、
過去40度対戦してきた「横綱・花澤香菜」です。

雷(元関脇・大谷育江)
「戸松ちゃんは、もう思い切ってぶつかるだけです!」

 

戸松遥、地元の大歓声、戸松コールを背に、
実は過去3回の対戦は「2対1」と、関脇に落ちてからも、
実は花澤香菜を下しています。

花澤も、昨日敗れて、2日続けて「金星」供給などは、
平成の大横綱たる、第一人者たる自分が許しません。
冷静さを心掛けて、今一つ大きく息を吐きました。

大声援を背に、臨戦態勢。
戸松遥はいつものように両拳を仕切り線に手を付いて、

横綱が腰を下ろすのをじっくりと待ちます・・・

 

少し、ためらっているのか横綱?
今ようやくゆっくりと腰を下ろしました。
全勝平幕、ご当所・戸松遥 と、1敗の横綱・花澤香菜!
41度めの対決です!

 

戸松、鋭い踏み込み、前に出る!
頭を両者付けての押し合いになった!

横綱、たまらず引いた!
戸松が突っ走ってしまった、しかし何とか踏みとどまって
土俵際向き直る、横綱がここで前に出る!

 

しかし、構わず今度は戸松が頭をもう一度付けて、
押し返す、横綱また引いた!
横綱、強引に前へ・・・ 体を持って行きますが、
戸松が今度はうまく引いたっ!

 

戸松遥、引き落とし!!

動きの中で、自らも崩されましたが、
横綱の攻め、一瞬の隙を逃さず、これで8連勝!

東前13・戸松遥(8勝)突き落とし ●西横綱・花澤香菜(6勝)

 

声優名 決まり手 西 声優名
東前13 戸松遥 8 突き落とし 西横綱 花澤香菜 6
東横綱2 茅野愛衣 8 上手出し投げ 西前07 小松未可子 6
東横綱 佐倉綾音 8 引き落とし 東小結 雨宮天 3
西関脇 東山奈央 6 突き落とし 西大関 日笠陽子 8
東大関 悠木碧 8 引き落とし 東関脇 M・A・O 3
西前01 井上麻里奈 2 押し出し 西小結 上田麗奈 3
東前01 種田梨沙 5 上手投げ 西前08 喜多村英梨 5
東前02 田村睦心 1 寄り切り 東前04 潘めぐみ 0
西前03 上坂すみれ 3 突き落とし 西前02 瀬戸麻沙美 2
東前03 竹達彩奈 2 寄り切り 東前05 久野美咲 2
西前09 早見沙織 5 押し出し 西前04 水瀬いのり 5