16名・後半


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 

 

声優相撲2016年名古屋場所・10日目(2016/07/19)

声優相撲は今日までが中盤戦です。
十両も幕内も、優勝争いが混戦、接戦です。
まずは十両の優勝争いから見ていきましょう。

 

<十両優勝争い>

●西十12・Lynn(5勝)   寄り切り ○西十07・豊崎愛生(9勝

●東十05・大西沙織(8勝) 下手投げ ○東十13・鈴木絵理(7勝)

東十03・金元寿子(9勝押し倒し ●東十06・藤村歩(5勝)

3人居た1敗のうち、大西沙織が敗れて2敗に後退。
これで優勝争いはご覧のようになりました。

9-1 金元寿子豊崎愛生

8-2 朝井彩加、大西沙織

元三役の2人が十両で「1敗」と優勝争いのトップ。
2敗で2人が追いかけています・・・。

式秀(元関脇・小林由美子)
「筆頭で勝ち越した、朝井関が不気味ですね。
 まずは新入幕に向けて、あと1つは勝ちたいですねー。」

 

声優名 対戦成績 西 声優名
東横綱 佐倉綾音 9 10-5  西関脇 東山奈央 7
西前07 小松未可子 6 3-6 西横綱 花澤香菜 7
東横綱2 茅野愛衣 9 14-1  西前08 喜多村英梨 5
西前04 水瀬いのり 6 0-1 西大関 日笠陽子 9
東大関 悠木碧 9 11-17 東前13 戸松遥 8
東関脇 M・A・O 3 4-0 東前06 内田真礼 5
東前07 諏訪彩花 4 1-0 西小結 上田麗奈 4
東小結 雨宮天 3 初顔合わせ 東前05 久野美咲 4
東前01 種田梨沙 6 1-1 西前06 加隈亜衣 7
東前03 竹達彩奈 3 10-9  西前01 井上麻里奈 2
東前02 田村睦心 2 1-1 東前09 沼倉愛美 3
東前11 高垣彩陽 5 6-3 西前02 瀬戸麻沙美 2
西前09 早見沙織 5 1-7 西前03 上坂すみれ 4
東前04 潘めぐみ 1 2-0 東前10 山本希望 3
東前05 久野美咲 3 1-0 西前14 佐藤利奈 3
東前08 小林ゆう 3 1-0 西前11 内山夕実 4
東前16 木戸衣吹 2 初顔合わせ 西前10 高橋李依 3
東前12 石上静香 3 1-0 西前16 井口裕香 3
西前15 小清水亜美 5 5-3 西前12 赤崎千夏 5
東前15 大久保瑠美 4 8-2 西前13 三森すずこ 5
東前14 洲崎綾 5 1-1 東前17 日高里菜 2

 

<幕内前半の結果>

●西前09・早見沙織(5勝) すくい投げ ○西前03・上坂すみれ(5勝)

過去「1対7」と圧倒的合口の、
「上坂すみれ」が今場所も勝って「9戦8勝」と圧倒的。

中立(元大関・名塚佳織)
「前に出るパワーが、早見ちゃんには伝わってるんですかね、
 早見ちゃん、結構大柄な力士相手にするの得意なイメージあるんですが。」

大嶽(元関脇・植田佳奈)
「どうしても、上坂関のパワーを“交わそう”とする
 立ち合いなのが見透かされてる印象ですよね、
 今日の相撲もそうですけどー。」

 

●東前11・高垣彩陽(5勝) 寄り切り ○西前02・瀬戸麻沙美(3勝)

 懐かしの「TARI TARI」対決。

過去の対戦は「6対3」で、10度目の対戦。
これまで、高垣にリードされてきましたが、
今場所は瀬戸の方から頭を付けて来る戦略!

高垣も堪えますが、体格差もあって重心低い瀬戸を攻めきれず。
珍しく廻しを与えてしまうと、そこで一気に出ての「寄り切り」。
勝って瀬戸は3勝7敗と踏みとどまりました。

中立(元大関・名塚佳織)
「何か私も出てた舞台『Hamlet』を見に来てくれたみたいで、
 勉強になりました!って言ってくれてたので、
 それが瀬戸ちゃんに何か生きてたら嬉しいですねー。」

 

では、前半の結果です。

東前02 田村睦心 3 はたき込み 東前09 沼倉愛美 3
東前11 高垣彩陽 5 寄り切り 西前02 瀬戸麻沙美 3
西前09 早見沙織 5 すくい投げ 西前03 上坂すみれ 5
東前04 潘めぐみ 2 寄り切り 東前10 山本希望 3
東前05 久野美咲 4 寄り切り 西前14 佐藤利奈 3
東前08 小林ゆう 4 はたき込み 西前11 内山夕実 4
東前16 木戸衣吹 2 突き落とし 西前10 高橋李依 4
東前12 石上静香 4 寄り切り 西前16 井口裕香 3
西前15 小清水亜美 5 引き落とし 西前12 赤崎千夏 6
東前15 大久保瑠美 4 寄り切り 西前13 三森すずこ 6
東前14 洲崎綾 6 突き落とし 東前17 日高里菜 2

 

平幕勝ち越し第2号・加隈亜衣

東前01・種田梨沙(6勝)押し出し ○西前06・加隈亜衣(8勝)

加隈
「先場所は
9勝あげたのに、番付1枚しか上がんなくて、
 ちょっと残念な感じだったので、今場所頑張りましたww」

8勝2敗という成績、大勝ちすれば、
「三役復帰」そして「三賞」など夢が広がりますね。
加隈
「ここから2勝3敗でも“2桁”だって前向きに考えて、
 去年を思い出して、明日から気持ち引き締めて頑張ります。」

明日は横綱戦ですから、ぜひ、期待しています。
加隈
「せめて見せ場ぐらいは作れるように頑張ります。」

 

中立
「勝ち越してますし、早い段階で。
 しかも相手は明日横綱ですから、失うものはない。
 横綱、こういう相手が終盤嫌だと思いますよー。
 落とせないって気持ちがまた違ってきますし。」

 

<今日注目の一番>

東大関・悠木碧(9勝) 11-17 東前13・戸松遥(8勝)

一昨年まで「6対16」でしたが、
去年初場所からで見ますと、「5対1」と大関がリード

但し、戸松関が大関だった頃と逆に、
悠木関が大関を目指す昨年からは、戸松関が攻めこむも、
悠木がうまく交わして白星を拾う、という形が増えています。

中立
「もう
とまっちゃんも26(歳)かぁ…
 私が現役やめるの凄い早かったから、
 人と感覚違うんでしょうけど、平幕に落ちても、
 めげずに頑張って、ご当所盛り上げてますもんね。」

 原作・最終巻を迎えた「GA 芸術科アートデザインクラス」。

ラジオも聞いてましたが、両者共演の「GA」が今から“7年前”・・・
中立
「それぐらいですよね。 まだ10代でしたもん。
 怪我もあるし、元大関としてのプライドもあるだろうから、
 ここから先大変でしょうけど、思い切った相撲取って欲しいですね。」

さて、「大嶽親方」。大関・悠木ですが、
今日の相撲はどうでしょうか。

大嶽
「いやぁー、絶対油断ならないですね。相手が相手だけに。
 ここ3回の対戦も、攻めこまれてますから、
 如何に9連勝中とはいえ、相手も調子良いですから。
 ここらへんで固くなったりしないで欲しいなー。」

 

さあ、全勝の大関が、1敗の平幕、いや、元大関の挑戦を受けます!
新旧・大関対決となりました、10日目の土俵。
地元・戸松遥に対する声援がひときわ大きくなりました!

大関初優勝を目指す悠木と、
先輩大関の意地を見せて、名古屋のファンを盛り上げたい戸松。

軍配、今返りました!

 

前に・・・出る、鋭い戸松!
一気に出た、出て行ったー!!

電車道で、何と何と、全勝大関を「押し出し」ました!

 

大関・悠木碧、9連勝ストップ、土が付きましたー。
優勝争い、そして綱取りは大きく後退です。

 

東大関・悠木碧(9勝)押し出し ○東前13・戸松遥(9勝)

 

<幕内後半の結果>(10日目)

声優名 決まり手 西 声優名
東横綱 佐倉綾音 10 巻き落とし 西関脇 東山奈央 7
西前07 小松未可子 6 寄り切り 西横綱 花澤香菜 8
東横綱2 茅野愛衣 10 すくい投げ 西前08 喜多村英梨 5
西前04 水瀬いのり 6 首投げ 西大関 日笠陽子 10
東大関 悠木碧 9 押し出し 東前13 戸松遥 9
東関脇 M・A・O 4 押し出し 東前06 内田真礼 5
東前07 諏訪彩花 4 突き落とし 西小結 上田麗奈 5
東小結 雨宮天 4 寄り切り 東前05 久野美咲 4
東前01 種田梨沙 6 押し出し 西前06 加隈亜衣 8
東前03 竹達彩奈 4 押し倒し 西前01 井上麻里奈 2

 

<優勝争い>(10日目)

10-0 佐倉綾音、茅野愛衣日笠陽子

 9-1 悠木碧、戸松遥

 

戸松関は、元大関ということで、
大関からの殊勲に関しては、インタビュールームに来て頂けませんが、
やはり、今日の相撲は気合入っていましたか?

戸松
「相手が碧ちゃん、全勝なのは知ってたので、
 平幕の私に出来ることは、場所を盛り上げることと、
 良い相撲でお客さんに喜んでもらうこと。
 それを自分の力の限りでやっただけです。」

と、もちろん勝った事自体は嬉しいようでしたが、
本来の力が戻りつつある中で、集中力を高めている印象でした。

 


 

声優相撲2016年名古屋場所・11日目(2016/07/20)

 

声優相撲名古屋場所は今日から終盤戦。
全勝が3人、1敗が2人。優勝争いも面白くなっています。
今日は特にしまい4番、優勝争いに直結する対決が組まれています。

 

声優名 対戦成績 西 声優名
西関脇 東山奈央 7  3-12 西横綱 花澤香菜 8
東横綱2 茅野愛衣 10 2-0 西前06 加隈亜衣 8
東横綱 佐倉綾音 10 8-7 東前13 戸松遥 9
東大関 悠木碧 9 15-12 西大関 日笠陽子 10
東関脇 M・A・O 4 1-1 東前01 種田梨沙 6
東小結 雨宮天 4 3-3 東前06 内田真礼 5
西前04 水瀬いのり 6 0-1 西小結 上田麗奈 5
西前12 赤崎千夏 6 2-3 西前01 井上麻里奈 2
東前02 田村睦心 3 初顔合わせ 東前03 竹達彩奈 4
東前08 小林ゆう 4 1-3 西前02 瀬戸麻沙美 3
東前11 高垣彩陽 5 1-0 西前03 上坂すみれ 5
東前04 潘めぐみ 2 2-1 東前09 沼倉愛美 3
東前05 久野美咲 4 1-0 西前10 高橋李依 4
西前07 小松未可子 6 0-4 西前05 小澤亜李 5
東前07 諏訪彩花 4 1-1 西前09 早見沙織 5
東前14 洲崎綾 6 1-1 西前08 喜多村英梨 5
東前10 山本希望 3 1-0 東前17 日高里菜 2
東前16 木戸衣吹 2 1-1 西前11 内山夕実 4
東前12 石上静香 4 --- 西十05 大原さやか 6
西前15 小清水亜美 5 1-4 西前13 三森すずこ 6
西前16 井口裕香 3 12-7  西前14 佐藤利奈 3
東前15 大久保瑠美 4 --- 東十08 明坂聡美 5

 

今日の解説は川澄綾子の境川親方ですが、
11日目、見どころはどこでしょうか?

境川(元横綱・川澄綾子)
「注目はやっぱり、全勝 対 1敗の2番でしょうね。
 過去の対戦もこう見ると拮抗してるし、大一番になりますね。」

 

<幕内前半の結果>

東前04 潘めぐみ 3 はたき込み 東前09 沼倉愛美 3
東前05 久野美咲 5 寄り切り 西前10 高橋李依 4
西前07 小松未可子 7 上手投げ 西前05 小澤亜李 5
東前07 諏訪彩花 4 寄り切り 西前09 早見沙織 6
東前14 洲崎綾 6 押し出し 西前08 喜多村英梨 6
東前10 山本希望 4 突き落とし 東前17 日高里菜 2
東前16 木戸衣吹 2 押し出し 西前11 内山夕実 5
東前12 石上静香 5 押し出し 西十05 大原さやか 6
西前15 小清水亜美 5 小手投げ 西前13 三森すずこ 7
西前16 井口裕香 3 押し出し 西前14 佐藤利奈 4
東前15 大久保瑠美 5 突き落とし 東十08 明坂聡美 5

 

●西前16・井口裕香(3勝) 押し出し ○西前14・佐藤利奈(4勝)

これが20度目の対戦となる「とある」対決
佐藤利奈が勝って、踏みとどまりました。

井口裕香は後ろ1枚という所で負け越しが確定。
返り入幕の場所でしたが、非常に厳しい成績です。

安治川(元関脇・柚木涼香)
「逆に後は伸び伸び取って欲しいですね。
 番付とか勝ち星を意識しないで終盤戦、
 良い相撲を取るように心掛けて欲しいです。」

 

西前07・小松未可子(7勝)上手投げ ●西前05・小澤亜李(5勝)

熱戦となりましたが、小松未可子が上手投げで勝ち越しまであと1番。
小澤亜李は明日、横綱・花澤香菜戦です。

境川
「小澤関も、研究をされてきていますから、
 そういう中で勝っていかないと行けない。
 大変でしょうけど、勉強だと思って頑張って欲しいですね。」

 

<後半注目の一番:大関直接対決!>

東大関・悠木碧(9勝) 15-12 西大関・日笠陽子(10勝)

 

西に全勝大関の「日笠陽子」!
昨年名古屋場所は14勝1敗で2回目の優勝を果たしました。
「名古屋場所」連覇に向けて、大事な終盤戦です。

東に1敗、大関2場所目の「悠木碧」。
過去15対12と、大関としては後輩ながら、
対戦としてはリードしています。
過去1年間の対戦をここでご覧頂きます。

 

悠木 碧 15-12 日笠陽子
  吊り出し
下手投げ  
- - - - - -
  上手投げ
押し出し  
突き落とし  

 

過去1年では「3対2」となります。
両大関、やはり拮抗しています。
最近は、組んで右四つになる傾向に多い対戦。

西から談話です、どうぞ。
日笠
「力関係は別にして、
番付的に私の方が下
 で対戦するのって
凄い久しぶりなんですよ。
(2012年名古屋場所以来4年ぶり)
 だから、碧ちゃん小さいですけど、自分から打つかって行く、
 そういう相撲を取って行きたいですね。
 
守るんじゃなく、攻める相撲で!

去年優勝した時も攻める姿勢で優勝を掴んだ。
今場所もそれを心がけていきたい、
と談話として語ってくれました。

境川
「日笠関は、ああ見えて慎重になっちゃう所があるから、
 
大関を掴んだ頃、上位キラーだった頃を思い出して、
 おもいっきりの良い相撲を取って欲しいですね。
 相手が誰であれ、同じ大関であれ、変わらずにです。」

 

さあ、1敗と全勝の大関直接対決です!
両大関が場所を大いに盛り上げています。
これから横綱戦も組まれる中で、
優勝争いから後退したくない両者。

過去の対戦は15対12と悠木がリード。
ほぼ互角で迎えるこの11日目、日笠も今、
膝にいつものように手を添えつつ、腰を割りました。

 

東大関・悠木碧(9勝)引き落とし ○西大関・日笠陽子(11勝)

日笠陽子全勝、そして悠木碧は2敗!
日笠、11連勝! 優勝争いトップをまず守りました!

境川
「攻めこまれてしまいましたが、
 うまく土俵際で体を入れ替えて、回りこんで、
 そこを攻め急いだ悠木をうまく引き落としで捌きましたね。
 終盤まで来たら、星を拾うことも大事ですから。」

しかし、両者に大きな拍手が送られます!
熱戦と言いますか、最後まで諦めない姿勢が、
3度目の賜杯への道をまた一つ拓きました!

 

 

<全勝横綱 vs 1敗平幕>

東横綱・佐倉綾音(10勝) 8-7 東前13・戸松遥(9勝)

元大関ということもあり、
横綱としては非常に苦戦している戸松戦。
過去の対戦は「8対7」です。

今、横綱・佐倉綾音は、控えに居た、
同じ10連勝の横綱・茅野愛衣から。
そして戸松遥は、元大関として戦ってきた、
日笠陽子から「力水」を受けました。

佐倉綾音 8-7 戸松遥
上手投げ  
- - - - - -
押し出し  
押し出し  
- - - - - -
- - - - - -

 

現在、横綱が関脇時代からの連勝を「5」と伸ばしています。
ここ2場所は戸松関も負け越していましたから対戦ありません。
しかし、横綱にとっては怖い相手ですよね、境川さん。

境川
「そりゃあもう、こういう相手が一番嫌ですね、実際ww
 平幕、しかも13枚目っていう相手に、
 終盤戦で星を落とせない。 そういう気持ちで行くと厳しいです。」

過去5回続けて勝っていて、格下とはいえですか?

境川
「そもそも格下とは、佐倉関は思ってないんじゃないでしょうか。
 調子が悪い中で勝っていた、というだけで、
 怪我の調子が戻ってくれば、まだあのパワーは衰えてませんから、
 最低限、大関戦だ、ぐらいには思ってると思います。」

向正面の安治川の「柚木涼香」さんも、
愛知県の安城市のご出身ということで、ご当所場所。
後輩のご当所、戸松の活躍はどのように?

安治川
「やっぱり、ようやく本調子に戻ってきたな、って感じです。
 地元の声援の力もやっぱり大きいですよ。
 名古屋のファンは特に優しいですから。」

とはいえ、この番付差、相手は横綱です。
しかも連敗が止まらない相手にどう勝負するでしょう。

安治川
「とにかく立ち合いの踏み込み、集中だけでしょうね。
 
『To LOVEる -とらぶる-』からずーっと共演してますけど、
 そこが持ち味なんですから、迷わず集中することです。
 昨日の殊勲も全てそこの集中から来ている訳ですから。」

 

昨日は、全勝だった大関・悠木碧の連勝を止めました。
平幕13枚目という番付が逆に戸松の背中を押しているのでしょうか。

或いは、上位での直接対決がこの後組まれますし、
1敗で食らいついていくと・・・
境川さん。 今日勝ったら6年ぶりの名古屋場所優勝も、
現実味を帯びてくるんじゃないですか?

境川
「まあ、まずは今日勝ってからですよ、それは。
 
ご当所名古屋で2009年、2010年と連覇 してますけど、
 あの当時とは今、やっぱり怪我の具合とか、
 状況は全然違いますから。」

まずは今日の相手、横綱・佐倉綾音を、
いかにして下すか、もちろん横綱も全勝から優勝争いトップの意地があります。

 

やはり先に手を付いた、戸松遥。
佐倉綾音も・・・、見て行くか? その注目の立ち合い。

 

横綱・佐倉が「張り手」で来ました!
しかし、戸松遥は少し動じましたが立て直して、
腰高になった所を一気に出て行きたい!

激しい突っ張り合い、押し合い、突き合い!
これは激しい相撲になっています!

 

< 888888888

ドーーッと湧く館内!
意地と意地のぶつかり合いです・・・。

 

ああっと、戸松、引いた、引いてしまった!
そこをすかさず出る横綱、横綱が押した、

押し出しー! 横綱、戸松の挑戦を退けて、11連勝!

戸松遥、善戦虚しく2敗に後退、9勝2敗。
これで優勝争いからはほぼ脱落です。

しかし大健闘、そして名勝負! 拍手が両者に送られます!

 

東横綱・佐倉綾音(11勝)押し出し ●東前13・戸松遥(9勝)

 

戸松、うーん、横綱のパワーに引いてしまいました。

境川
「そこはやっぱり横綱のパワーでしょうね。
 パワーのタイプが違いますが、
 運も味方して、佐倉の方に流れが向きました。」

戸松遥、しかし、4日続けての横綱大関戦。
ここまで横綱・花澤、大関・悠木を下していますが、
明日、最後の横綱・茅野愛衣戦を迎えます。

境川
「5人の横綱大関と全員戦ってるんですよね。
 それで、まあ明日がありますけど、2敗で踏みとどまっている。
 これはいよいよ調子戻してきましたね。」

 

そもそも戸松が中盤戦を「9勝1敗」で折り返すのが・・・、

あの「13連勝」して、14日目に横綱・花澤との直接対決に敗れた、
2014年、一昨年の初場所以来
となりますから。

境川
「ああ、あの場所以来ですか。
 結果14勝1敗で準優勝でしたね。」

最後に優勝争いに絡んだ、準優勝を果たした場所以来の好成績。
どうでしょう、明日の相撲にも寄りますが、
2桁勝ってきたら、元大関とはいえ、やはり「三賞」候補に・・・

境川
「まあ、私が選考委員ならあげたいですね。
 何の賞かは別にして、というか、三賞全ての候補ですよ。
 殊勲は勿論ですし、敢闘精神溢れてますし、
 技能に関しては、申し分無いですしww」

まずは早く上位復帰を目指したい終盤戦、
明日は全勝の横綱・茅野戦です。

 

談話(戸松)
「横綱も負けられないから、立ち合い“何か”してくるとは思ってました。
 自分らしい相撲が取れただけに、勝ちたかった~。
 でも後4日間、場所を盛り上げられるように、
 自分の相撲に徹して頑張ります!」

場所前は、前頭13枚目まで番付を落として、
下手すると「十両」陥落の可能性もある場所だっただけに、
正直ここまでの活躍は想定出来ませんでした。

境川
「まあ、いつか“爆発”するとは思ってましたから、
 それが今場所、地元のご当所の名古屋だった、
 ってことでしょうww」

 

<幕内後半の結果>(11日目)

声優名 決まり手 西 声優名
西関脇 東山奈央 7 突き落とし 西横綱 花澤香菜 9
東横綱2 茅野愛衣 11 押し出し 西前06 加隈亜衣 8
東横綱 佐倉綾音 11 押し出し 東前13 戸松遥 9
東大関 悠木碧 9 引き落とし 西大関 日笠陽子 11
東関脇 M・A・O 4 押し倒し 東前01 種田梨沙 7
東小結 雨宮天 5 押し出し 東前06 内田真礼 5
西前04 水瀬いのり 7 寄り切り 西小結 上田麗奈 5
西前12 赤崎千夏 6 はたき込み 西前01 井上麻里奈 3
東前02 田村睦心 3 寄り倒し 東前03 竹達彩奈 5
東前08 小林ゆう 4 寄り切り 西前02 瀬戸麻沙美 4
東前11 高垣彩陽 5 突き出し 西前03 上坂すみれ 6

 

<優勝争い>(11日目)

11-0 茅野愛衣、佐倉綾音日笠陽子

 9-2 花澤香菜悠木碧、戸松遥

これで優勝争い、1敗が居なくなり、
ほぼ3人の全勝力士に絞られました。

 


 

声優相撲2016年名古屋場所・12日目(2016/07/21)

 

声優名 対戦成績 西 声優名
東横綱2 茅野愛衣 11 6-4 東大関 悠木碧 9
東横綱 佐倉綾音 11 1-1 西前06 加隈亜衣 8
西前05 小澤亜李 5 2-3 西横綱 花澤香菜 9
東前13 戸松遥 9 16-15 西大関 日笠陽子 11
西前02 瀬戸麻沙美 4 1-4 西関脇 東山奈央 7
東関脇 M・A・O 4 2-1 西前04 水瀬いのり 7
東小結 雨宮天 5 初顔合わせ 西小結 上田麗奈 5
東前01 種田梨沙 7 5-6 西前09 早見沙織 6
西前13 三森すずこ 7 2-3 西前01 井上麻里奈 3
東前02 田村睦心 3 0-1 東前05 久野美咲 5
東前03 竹達彩奈 5 2-2 西前12 赤崎千夏 6
西前07 小松未可子 7 5-3 西前03 上坂すみれ 6
東前04 潘めぐみ 3 2-1 東前14 洲崎綾 6
東前06 内田真礼 5 1-2 東前11 高垣彩陽 5
東前07 諏訪彩花 4 初顔合わせ 東前17 日高里菜 2
東前08 小林ゆう 4 1-0 西前10 高橋李依 4
西前11 内山夕実 5 2-6 西前08 喜多村英梨 6
東前09 沼倉愛美 3 初顔合わせ 西前16 井口裕香 3
東前10 山本希望 4 3-0 西前14 佐藤利奈 4
東前12 石上静香 5 0-1 西前15 小清水亜美 5
東前15 大久保瑠美 5 --- 東十07 千菅春香 5
東前16 木戸衣吹 2 --- 西十08 牧野由依 4

 

正面解説は、元大関・水樹奈々の「伊勢ヶ濱」親方
そして向正面からは、元関脇・緒方恵美の「錣山」親方です。

もはや、夏の大型音楽番組に出演しまくりの伊勢ヶ濱さんですがww

STARTING NOW!/水樹奈々 「この美術部には問題がある!」OP

今まで以上に「ロックサウンド」がアニメにもピッタリで心地良いですね。

伊勢ヶ濱
「ありがとうございますー。
 作品も面白いので、ぜひご覧頂きたいですねー。」

広報部の副部長として、歌手として、声優として、
お忙しい中、今場所も時間の合間を縫って、

声優相撲中継の解説をお願いしております。ありがとうございます。

伊勢ヶ濱
「いやいや、こちらこそ毎場所お呼び頂いてー。
 毎場所、ここに来られるの楽しみにしてますんで!」

来場所中の9月22日には、
念願というか、最初は「洒落」のつもりだったはずの、
「甲子園球場」でのライブも決定しています!

「NANA MIZUKI LIVE PARK 2016」(2016/09/22予定)

伊勢ヶ濱
「もう本当、念願かなってというか、
 甲子園初出場出来た高校球児!みたいな気持ちで~ww」

ぜひ今場所も解説お願いします。

 

<幕内前半の結果>

西前07 小松未可子 7 極め出し 西前03 上坂すみれ 7
東前04 潘めぐみ 4 寄り倒し 東前14 洲崎綾 6
東前06 内田真礼 5 寄り切り 東前11 高垣彩陽 6
東前07 諏訪彩花 5 押し出し 東前17 日高里菜 2
東前08 小林ゆう 5 寄り切り 西前10 高橋李依 4
西前11 内山夕実 5 はたき込み 西前08 喜多村英梨 7
東前09 沼倉愛美 4 引き落とし 西前16 井口裕香 3
東前10 山本希望 5 押し出し 西前14 佐藤利奈 4
東前12 石上静香 5 寄り切り 西前15 小清水亜美 6
東前15 大久保瑠美 6 寄り切り 東十07 千菅春香 5
東前16 木戸衣吹 3 引き落とし 西十08 牧野由依 4

 

●西前07・小松未可子(7勝) 極め出し ○西前03・上坂すみれ(7勝)

行司軍配差し違えとなった、前半最後の取組。
「極め出し」で上坂すみれがプレッシャーをかけるところ、
小松が足を取りつつ、左右に分かれての相撲。

「取り直し」のコールが響きましたが、
小松のつま先が返っており、上坂すみれが白星。

伊勢ヶ濱(元大関・水樹奈々)
「いま、『この美術部には問題がある!』で、
 
コレットちゃん役やってますけど・・・、
 らしい相撲出ましたねー。 見てて迫力ありますよ!」

これで両者7勝5敗です。

 

<幕内後半の取組>

東前01・種田梨沙(7勝)上手投げ ○西前09・早見沙織(7勝)

これも楽しみな「ごちうさ対決」!
早見沙織が勝って両者7勝5敗です。

錣山(元関脇・緒方恵美)
「2人で廻しを取ると、盛り上がるよね、やっぱり。
 どっちが先に攻めるんだろうって。」

種田にとっては、返り三役。あき具合ですが、
東筆頭で勝ち越せば、「新関脇」も見えてきます!

伊勢ヶ濱
「種田ちゃんって、あんまりガッツリ共演って無いんですけど、
 何か相撲見ていると好感持てて盛り上がりますよね。
 何かこうー、応援したくなる感じっていうか!
 人気もあるから、一度関脇、目指して欲しいなぁー」

2人とも、後1番、残り3日間が勝負です。

 

東関脇・M・A・O(4勝)寄り切り ○西前04・水瀬いのり(8勝)

先場所の優勝力士、「M・A・O」は、
初の「東関脇」で負け越しが決まってしまいました。

先場所優勝した場所で、負けていた「水瀬いのり」関に、
今場所も負けてしまい、序盤こそまずまずでしたが、
大きく黒星先行となっています。

伊勢ヶ濱
「初優勝した後って、プレッシャーも掛かるも大変なんですよ。
 私だって初優勝した次の次の場所から連続負け越して、
 大関陥落してますしーww
 また、番付落としても仕切りなおして頑張ってくれると思いますよ。」

 

勝ち越しインタビュー : 水瀬いのり

放送席、放送席。
勝ち越しインタビューです。「水瀬いのり」関です、おめでとうございます。

水瀬
「こんにちはー。水瀬いのりです。」

先場所優勝した「M・A・O」関を今場所も破っての勝ち越し。
12日目で達成しました、如何ですか?
水瀬
「まあ、一日一番集中した結果だと思っています。」

先場所は2桁10番勝って、今場所も勝ち越しですね。
水瀬
「ひとまず勝ち越せたこと、ホッとしてます。
 絶妙に4枚目って上位対戦も組まれませんし、
 正直、チャンスだな、と思って勝ちにこだわって来ました。」

大勝ちして2桁に乗せると、
ひょっとすると「新三役」って声も掛かるんじゃないですか?
水瀬
「正直、それを狙って、目標にして今場所取ってます。
 あんまり星勘定とか、番付とか気にしちゃダメだって、
 皆さん仰るんですけど、やるからには拘っていきたいなって。」

明日、まだ残っていた横綱戦、
全勝の「茅野愛衣」関との対戦が組まれました。
水瀬
「流石に勝つのは無理でも、成長した所を、
 少しでも見せられたら良いなって思ってます。」

振り返ると、去年名古屋でした。
十両で13勝あげて、新入幕を掴んだ場所でした。
水瀬
「今場所、
学園生活部の皆が、あんまり調子良くないんで、
 私だけでも目立って行きたいなって思ってます。」

もう今場所というか、前クールからですけど、
「Re:ゼロから始める異世界生活」では、
ヒロインの一人“レム”役で大注目です!

水瀬
「凄い、レムを色んな方が評価して下さって、
 可愛いとか、逆に演技が怖いとか、色々な声を頂いてwww」

レム瀬さんらしい勢いのある相撲を、
今場所見せてくれていますので、残り3日間頑張ってください。
水瀬
「はい、頑張りまーす、水瀬いのりでしたー。」

 

●西前02・瀬戸麻沙美(4勝) 引き落とし ○西関脇・東山奈央(8勝)

「マクロスΔ(デルタ)」対決となったこの一番で、
東山奈央関が関脇で「勝ち越し」を決定。

今年から或いは来年にかけて、再び「大関」を目指す、
足がかりにしたい名古屋場所です。

 

声優名 決まり手 西 声優名
東横綱2 茅野愛衣 12 はたき込み 東大関 悠木碧 9
東横綱 佐倉綾音 12 引き落とし 西前06 加隈亜衣 8
西前05 小澤亜李 5 寄り切り 西横綱 花澤香菜 10
東前13 戸松遥 9 突き落とし 西大関 日笠陽子 12
西前02 瀬戸麻沙美 4 引き落とし 西関脇 東山奈央 8
東関脇 M・A・O 4 寄り切り 西前04 水瀬いのり 8
東小結 雨宮天 5 寄り切り 西小結 上田麗奈 6
東前01 種田梨沙 7 上手投げ 西前09 早見沙織 7
西前13 三森すずこ 7 押し出し 西前01 井上麻里奈 4
東前02 田村睦心 4 寄り切り 東前05 久野美咲 5
東前03 竹達彩奈 6 突き落とし 西前12 赤崎千夏 6

3人の全勝力士はそれぞれ難敵を下して、12連勝。
しかし、まだ明日は「直接対決」が組まれません!
最終盤まで「直接対決」を取っておくようです、審判部!