16名・千秋楽


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 

声優相撲2016年名古屋場所

 

優勝決定巴戦の末、4関脇の一角、「M・A・O」関が初優勝。
夏場所の熱戦から1ヶ月半、今年も真夏7月恒例の「名古屋場所」を迎えました。
“愛知県声優館”から、15日間の熱戦を迎えます。

Twitterアカウント(@yequalrx)

ツイッターハッシュタグ「#声優相撲」から、
最新のツイートも合わせて追って頂ければと思います。

改めまして、こんにちは、
実況を務めます、テキストアナウンサーのy=Rxです。

今場所の番付 : 「 名古屋場所全番付 」 はこちらからご確認下さい。

<過去の録画>

 


 

「三船美優」(原田彩楓)さんのお陰で、
名古屋場所「未曾有」の「大盛況」!!

 

声優相撲2016年名古屋場所・9日目(2016/07/18)

ゲスト解説 : 第21代横綱・沢城みゆき 「沢城親方」

 先場所後「現役引退」を発表した親方の「初解説」!!


 

声優相撲2016年名古屋場所・千秋楽(2016/07/24)

 

<14日目、結び3番の結果>

声優名 決まり手 西 声優名
東横綱 佐倉綾音 14 すくい投げ 西横綱 花澤香菜 10
東横綱2 茅野愛衣 14 押し倒し 西大関 日笠陽子 13
東大関 悠木碧 10 押し出し 西関脇 東山奈央 9

 

さあ、これで・・・
優勝争いはこうなりました!

<優勝争い>(14日目現在)

14-0 佐倉綾音、茅野愛衣

 

声優相撲2016年名古屋場所、千秋楽です。
幕内の優勝争いは、結びの一番、「横綱相星決戦」で全てが決まります。
もう2人の横綱以外に優勝の可能性は現時点でありません。

優勝が決まっていないのは、
十両、この後、中入り後の相撲次第で決まりますが、
十両と、幕内となっています。

実に喜ばしいことですが、
15日間、当然のように、愛知県声優館は、「満員御礼」となっています。
既にほぼ全ての席が埋まっている千秋楽です。

十両の優勝が決定するまでのこの時間、
解説は元幕内・坂本真綾の「中川」親方です。
よろしくお願いします。

十両解説 : 中川親方(元幕内・坂本真綾)

中川
「はい、中川です。よろしくお願いします。」

今年で、初土俵、そして歌手デビューから、「20年」という親方ですが、
どうでしょう、今場所の現役力士たちによる相撲は。

中川
「いやぁ、毎日楽しませてもらってますよー。」

Million Clouds/坂本真綾 「あまんちゅ!」OP

こちらも、新曲「Million Clouds」含め、
中川親方の活躍、見させていただいていますよーww
中川
「あっ、ありがとうございますww」

例えば、マクロスシリーズの後輩に当たる、
「ワルキューレ」、特に「幕下付出」でデビューして3場所目、
ご当所・名古屋場所で頑張っている、
「鈴木みのり」さんなども含めて。

 

中川
「ああ、そうですね。
 楽曲も提供させて頂きましたし。」

『風は予告なく吹く』(作詞:坂本真綾/作編曲:北川勝利)

「マクロスΔ(デルタ)」のラジオで、
鈴木みのりさんが、尊敬していると仰っていましたし、
親方が作った曲が、2ndSgに収録されると語っていた時、
非常にテンション上がって、喜んで居らっしゃったのが印象的です。

中川
「あっ、そうなんですねー。嬉しいです。
 頑張って、関取目指してほしいですね。」

 

その幕下もそうですが、十両も熱戦が続いていまして、
ここまでの結果をまずご覧頂きます。

<十両の結果>(中入り前まで)

西十07 豊崎愛生 13 押し倒し 西十01 朝井彩加 11
東十02 大橋彩香 6 押し出し 西十13 藤井ゆきよ 3
東十09 津田美波 7 引き落とし 西十02 徳井青空 11
東十06 藤村歩 9 寄り切り 西十03 白石涼子 7
東十04 加藤英美里 5 寄り倒し 東十13 鈴木絵理 10
西十10 安野希世乃 6 寄り切り 西十04 釘宮理恵 10
東十05 大西沙織 12 押し出し 東十07 千菅春香 7
東十12 夏川椎菜 4 上手投げ 西十05 大原さやか 10
東十11 内田彩 5 引き落とし 西十06 伊藤かな恵 6
東十08 明坂聡美 8 寄り切り 西十14 山村響 3
西十12 Lynn 5 寄り切り 西十08 牧野由依 6
東十10 橘田いずみ 7 寄り切り 西十09 芹澤優 7
東十14 松井恵理子 3 寄り倒し 西十11 藤田咲 8

中継でお伝え出来ませんでしたが、
豊崎愛生が、筆頭の朝井彩加を豪快に押し倒して、
2敗を守りました。
 朝井彩加は自身最高位で11番勝ちました。

徳井青空も11番勝って、自身最高位に近い所、
久しぶりに幕内で相撲を取れそうです。

新十両力士、今場所は最多となる「5人」居ましたが、
結果的に勝ち越せたのは、「鈴木絵理」関のみでした。
しかし、10勝5敗は非常に良い成績です。

大西沙織関も、12勝3敗、5枚目ですから、返り入幕濃厚。
釘宮理恵、大原さやかと、ベテラン勢も2桁勝ちました。

また、今日の相撲で、明坂聡美、そして、
藤田咲関も何とか序盤良かったんですが、勝ち越しにこぎつけました。

 

では、一足先に、幕内の取組をご覧頂きます。

<千秋楽・幕内の取組>

声優名 対戦成績 西 声優名
東横綱 佐倉綾音 14  7-12 東横綱2 茅野愛衣 14
東大関 悠木碧 10  4-25 西横綱 花澤香菜 10
東関脇 M・A・O 4 1-4 西大関 日笠陽子 13
西前06 加隈亜衣 10 0-4 西関脇 東山奈央 9
東小結 雨宮天 5 1-0 西前01 井上麻里奈 5
西前09 早見沙織 9 初顔合わせ 西小結 上田麗奈 7
東前01 種田梨沙 8 4-4 西前07 小松未可子 9
東前02 田村睦心 5 3-1 東前08 小林ゆう 7
東前14 洲崎綾 8 1-2 西前02 瀬戸麻沙美 6
東前03 竹達彩奈 6 1-0 西前03 上坂すみれ 8
東前04 潘めぐみ 6 0-1 西前04 水瀬いのり 9
東前05 久野美咲 5 初顔合わせ 東前16 木戸衣吹 3
西前10 高橋李依 5 0-1 西前05 小澤亜李 6
東前06 内田真礼 7 6-0 西前11 内山夕実 6
東前07 諏訪彩花 5 初顔合わせ 西前08 喜多村英梨 9
東前09 沼倉愛美 5 1-1 西前15 小清水亜美 8
東前10 山本希望 6 2-2 西前13 三森すずこ 8
東前11 高垣彩陽 8 3-5 東前15 大久保瑠美 6
東前12 石上静香 5 初顔合わせ 西前14 佐藤利奈 4
西前16 井口裕香 3 5-5 西前12 赤崎千夏 7
東前13 戸松遥 10 --- 東十03 金元寿子 13
東前17 日高里菜 2 --- 東十01 村川梨衣 5

 

十両と幕内の取組が2番。
特に、「戸松遥 vs 金元寿子」の一番は、楽しみです。

そして、三賞の動向をここでお伝えします。

 

< 三賞選考委員会 >

殊勲賞 ※戸松遥 (10勝4敗)

まず、殊勲賞。 元大関ということもあり、意見が分かれましたが、
横綱・花澤香菜大関・悠木碧を下し、1横綱1大関を下したこと、
そして場所を盛り上げる連日の相撲があったことから、
「今日勝てば」という条件付きで“殊勲賞”候補
です。

今日は、十両の優勝を争う、「金元寿子」との1番に勝てば、
十両自力優勝を目指す金元と、三賞を目指す戸松の一番が間もなくです。

今場所は上位が非常に好調だっただけに、
三役以下で、横綱・大関に土を付けられたのは、戸松と、
横綱・花澤に勝った「喜多村英梨」の2人だけ。
喜多村も、話題にあがりましたが、実力者ということもあり、候補となりませんでした。

 

敢闘賞 ※加隈亜衣(10勝4敗)

今場所は、三役以下での最高成績が「10勝4敗」ということもあり、
加隈亜衣が勝って「11勝」とすれば、「敢闘賞」となります。

関脇・東山奈央も「敢闘賞」の声が上がりましたが、
昨日敗れて9勝5敗で千秋楽を迎えたことと同時に、
“勝ちヒロイン”が・・・、目立ったキャラクターが不在だったこともあり、
惜しくも候補となりませんでした。

 

技能賞 ※上田麗奈 (7勝7敗)

「技能賞」は多くの候補が出ましたが、
新小結にして、7勝7敗、三役での勝ち越しの可能性がある、
「上田麗奈」の成績、そして演技力を高く評価され、
「今日勝って」勝ち越せばの条件付きで、“技能賞”候補です。

他には、「甘々と稲妻」などの“早見沙織”関や、
水瀬いのり関、喜多村英梨関、戸松遥関も候補に上がりました。

(※全員・今日勝てば)

 

東前13・戸松遥(11勝) 引き落とし ●東十03・金元寿子(13勝)

この一番で、戸松遥。 「三賞」・獲得!

そして、金元寿子は敗れて2敗・・・
十両優勝決定戦で、豊崎愛生と対戦
になります!

 

<各段優勝力士>

段位 番付 声優名 部屋名 出身地 生年 初土俵 キャラクター
幕内              
十両              
幕下 西下47 本渡楓 佐渡ヶ嶽 愛知県 1996年 2015夏 レガリア(ユインシエル・アステリア)
三段目 西三44 生田善子 アプトプロ 岡山県 1988年 2010春 バッテリー(永倉節子)
序二段 西二03 衣川里佳 WITH LINE 東京都 1993年 2013秋 orange(茅野貴子)
序ノ口 格口00 和井みずき JTBエンタテインメント 広島県 1991年 2016夏 初恋モンスター(横内千秋)

 

<序ノ口優勝インタビュー : 和井みずき>

放送席、放送席。
十両の優勝決定戦を前に、序ノ口優勝が決まっています。
「JTBエンタテインメント」の「和井みずき」さんです。
序ノ口優勝おめでとうございます。

和井
「ありがとうございます。 和井みずきです。」

序ノ口から相撲を取って、今年の4月に入門。
今場所、序ノ口優勝を果たされました。 今のお気持ちは如何ですか?
和井
「まだ、声優相撲の力士になりたてなので、
 学ばなきゃ行けないことも多いかと思うんですが、
 今場所こうして成績を残せて、本当に皆さんに感謝しています。」

「JTBエンタテインメント」といえば、
部屋の先輩に関取の“内田彩”さんなどが居らっしゃいますね。
他にも、楠田亜衣奈さんとか渡部優衣さんとか。
和井
「そうなんです。 新弟子検査を受けて・・・」

上にこれまでの略歴は書かれていますので、
詳細は割愛しますが、「ヒーローショー」のお姉さんから、
声優相撲に転身するというのは比較的珍しいというか、
あまり聞かない気がしたのですが・・・

昨年あの「チェインクロニクル」の声優オーディション。
“チェンクロキャラクターボイスオーディション”
で、
「岸田メル賞」を受賞されました。
和井
「はい。ヒーローショーに、って話をしたら、
 やっぱり珍しかったみたいで、評価して頂けて。」

でも、例えば、先場所優勝した「M・A・O」関や、
少し違いますが、舞台から転身した「三森すずこ」関のように、
声優相撲で活かせる職業なのかな、とも思いました。
和井
「そうだと良いんですけど・・・。
 稽古を一生懸命頑張りながら、です。」

子供たちに夢を与える職業であるのは、
ヒーローショーのお姉さんも、声優相撲の力士も、
同じですから、これからも稽古に精進して頂ければと思います。

 

初土俵に繋がったのが、「ばくおん!!」ですね。
関取も多いですし、あと部屋の先輩の“山口立花子”さんも、
レギュラーで出演されていた作品かと思います。
和井
「はい。初めてTVアニメに出演させて頂いて。
 先場所は良い経験になりました。」

続く今場所は、初めて名前のあるキャラクター、
そして「レギュラー」を掴みましたね。
「初恋モンスター」、“横内千秋”役。

和井
「はい。 凄いかっこいい・・・
 まあ全体的にカッコいい子たちが出てくるアニメなんですけど、
 クールなお姉さんポジションの役をやらせて頂いてます。」

今、控室にまだ居らっしゃいますが、
この後幕内で解説をされる、「堀江親方」とご一緒されてますね。
和井
「そ、そうなんです!
 ずっと見てきた堀江親方と・・・
 素晴らしい皆さんと一緒に現場ご一緒出来て幸せです。」

夏ということで、昨日はツイッターにも、
「浴衣姿」を披露して居らっしゃいましたねww
和井
「あっ、はいww ご覧いただけましたかww」

ええ。気になる方はぜひ、ツイッターでチェック頂ければと思いますが。
ツイッターアカウント(@waimizuki)

さあ、来場所は序二段に出世してくると思います。
しかも、三段目を狙えるような位置だと思いますが、意気込みを。
和井
「まずは、初恋モンスターをぜひ皆さん見てください。
 そして、私のことも覚えていって下さると嬉しいです。
 来場所は、えーっと、勝ち越し目指して頑張りますので、
 応援よろしくお願いします!」

はい、序ノ口優勝の「和井みずき」さんでした。
放送席どうぞ。

 

各段優勝は、十両と幕内以外は決まりました。
さあ、それでは十両優勝決定戦です。

<十両優勝決定戦 : 金元寿子 対 豊崎愛生>

東十03・金元寿子(13勝) - 西十07・豊崎愛生(13勝)

本割では、金元関が勝っているこの一番。
十両優勝決定戦で再戦となります。

金元は元小結、そして豊崎は元大関です。
同じ元大関で同部屋の「戸松遥」関が与えてくれたチャンス。
逆転の十両優勝に向けての一番です。

 

さあ、制限時間いっぱいです!

東に、2010年秋場所の幕下優勝以来にして、
初の十両優勝を狙う「金元寿子」!

西に、2009年春場所以来、7年半ぶり2回目の十両優勝目指す、
元大関「豊崎愛生」! 十両優勝決定戦です!!

 

豊崎の立ち合い、両手を出して出て行った!
そのまま押して行く、豊崎の出足!
金元、少し引いてしまった、そのまま押して豊崎、
しかし足が流れ・・・、金元も土俵を割った!
さあ、軍配は・・・、少し迷って、西! 豊崎に軍配です。

 

物言いは・・・、付きませんか?
つかないようです。 金元、少し周囲を見渡しますが・・・
勝ち名乗りを受けます、豊崎愛生!

 

東十03・金元寿子 押し出し西十07・豊崎愛生

あの、あの、「けいおん!」 “平沢唯”の、
2009年春場所以来、7年半ぶりとなる「十両優勝」です!
見事、逆転優勝で「復活」を見せました!

 

ここまでの放送、元幕内・坂本真綾の
「中川」親方でした、ありがとうございました。
では、放送席を交代します。

 

<幕内・千秋楽の中継

声優相撲、幕内、千秋楽の放送席です。
今場所はこのお2人です。

正 面解説 :  堀江 親方(元横綱・堀江由衣)

向正面解説 : 伊勢ヶ濱親方(元大関・水樹奈々)

よろしくお願いします。
「よろしくお願いしまーす。

さて、まず堀江さん。
「千秋楽結びの一番相星決戦」となりました、
この名古屋場所、如何ですか!
堀江
「久しぶりじゃないですか?こんなの。
 優勝決定戦も熱いですけど、本割で決まるってのも、
 やっぱり見ている方はドキドキワクワクしますね!」

そして伊勢ヶ濱さん。
普段は多くのお客様の前で、或いはテレビの前ですが、
今日も向正面の「客席」から解説お願いします。
伊勢ヶ濱
「もちろんですww
 客席から盛り上げますよー!」

では、ここでインタビューです。 お願いします。

 

< 殊勲賞インタビュー : 戸松遥 >

 

(豊崎
「どうする? はるちゃん、先行きなよーww
 ほら、だってはるちゃんの方が番付上だしさーww」)

はい、じゃあ戸松さんからで良いですかww?
じゃあ、お願いします。

放送席、三賞インタビューから参ります。
殊勲賞を獲得です、戸松遥関です、おめでとうございます!

戸松
「ありがとうございまーす、戸松遥でーす!」

横綱、大関を1人ずつ破っての「殊勲賞」如何ですか?
戸松
「まあ、11番も勝たせて頂きましたし、
 碧ちゃんもそうですけど、香菜ちゃんに
 勝てたのが嬉しかったですね。」

大関から陥落して、今場所は前頭13枚目という番付でした。
大きく負け越せば「十両陥落」の可能性もありましたね。
戸松
「先場所までの自分なら、
多分、今場所落ちてました。
 でも、しっかりと準備を場所前出来たので、
 かなり調子戻ってきて、良い感じでした。
 十両陥落を心配しないぐらいの準備をしたつもりでした。」

後半まで優勝争いに加わって、11番勝ちました。
千秋楽は金元関を破っての「援護射撃」までww
戸松
「まあ、
おんなじ部屋の仲間ですからww
 愛生ちゃんにも色々と相談に乗ってもらって、
 辛い時、助けてもらったんで、これぐらいしか出来なかったですけど、
 色んな方を勇気づけられたらって思ってます。」

2014年
24歳
東大関
14
東大関
東大関2
東大関2
東大関2
東大関
11
2015年
25歳
東大関
西大関
東大関2
12
西大関
東大関2
東関脇2
2016年
26歳
西関脇
西前05
西前09
東前13
11
   

去年の名古屋は負け越しでした。
その前の夏場所以来の2桁、久々でしたね。
戸松
「正直、ここまでの頑張りを、
この賞(殊勲賞)で、
 少し認めてもらえたかなって思えました。
 大切な仲間と応援して下さる皆さんのお陰で、
 また活躍出来ました。ありがとうございました!」

 

ベストアルバムを同時「2枚」リリース
それに初土俵から今年で「10年目」です。
変わらず、応援し続けてくれるファンの存在、
そしてご当所、名古屋のファンの優しい声援は届いていましたか?
戸松
「そりゃあもう! 
毎日凄い声援で、
 本当に勇気づけられました。 無かったら、私、ダメでした。
 皆、ありがとうー!!」

さあ、来場所、秋場所は、また番付を大きく戻します。
そして、「三役」も狙える位置になりそうです。
“復活”した戸松関、来場所の目標を最後にきかせてください。
戸松
元大関ってことで、
色々な意見があるのは知っていますし、
 自分で自分の力も認めないと行けないな、とは思ってきました。
 でも、今場所は自信を取り戻せるような、
 自分らしい相撲を? 取れたんじゃないかなって、手応えがありました。
 また、
一から、挑戦者になったつもりで、
 来場所も相撲取って行きたい
と思います。」

ファンとか、親方からは、
“怪我”が治れば、“調子”が戻れば、本来の力が出せれば、
「すぐ三役に戻れる」とか「4回目の賜杯だって夢じゃない」とか、
そういう声も今場所中継しながら聞かれました。
戸松
「大関に居た頃は、常に勝ち越しとか、
横綱、綱取りとか、
 そういうのありましたけど、今はそこまで逆に拘らないように。
 とにかく自分の取りたい相撲を、目指す。
 こういう番付になったからこそ、気持ちを切り替えて相撲を取る?
 ってことかなーって思ってます。
 
勿論、やるからには、勝ち越しも、優勝も、今場所みたいに狙いますけどねww

ぜひ、来場所も、
戸松さんらしい相撲で、全国の声優相撲ファンを沸かせて下さい。
殊勲賞インタビュー、戸松遥関でした!

続いて。

< 十両優勝インタビュー : 豊崎愛生 >

さあ、続いて、笑顔を交わして、お越しいただきました。
2回目の「十両優勝」を逆転の決定戦で制しました、
豊崎愛生関です、おめでとうございます。

豊崎
「どうもー、豊崎でーす、お久しぶりでーす。」

戸松関のさっきのインタビューを、
ニヤニヤ? 笑顔でずーっと聞いていらっしゃいましたが。
豊崎
「あんまり人のインタビューを、直に聞くことって無いじゃないですかーww
 何か変な感じでしたねーwww 面白かったです。」

「星の差」1つ付いて迎えた千秋楽。
先頭の“金元寿子”関の相撲を勝って待っていました。
スフィアの仲間、“戸松遥”関が勝って「優勝決定戦」に望みが繋がりましたね。
豊崎
「いやーもう、本当。 正直、ガッツポーズですよ。
 キタコレ!! まあ、こんなこと言ったら、ひーちゃんに失礼ですけどww
 チャンスが来た!と思って、気合入れ直しました。」

そして、13勝2敗の優勝決定戦を制して、
7年前、2009年春場所以来となる「十両優勝」です。

2006年
20歳
        前相撲
 
序ノ口
2007年
21歳
序二段
序二段
序二段
三段目
幕下
幕下
2008年
22歳
幕下
幕下
幕下
幕下
幕下
幕下
2009年
23歳
十両
10
十両
12
西前11
12
西前02
11
西関脇
12
東関脇
12
2010年
24歳
東関脇
10
西大関
12
東大関
12
西大関
西大関
東関脇
10
2011年
25歳
東大関2
13
東大関
10
東大関2
12
東大関2
12
西大関
13
東大関
12
2012年
26歳
東大関
西大関
13
東大関
15
東大関
11
西大関
11
西大関
2013年
27歳
西大関
西大関
3-6-6
東関脇2
東前07
10
東前03
東前04
2014年
28歳
東前07
10
東前02
東前01
西小結
東前07
東前08
2015年
29歳
東前05
西前07
西前12
西十02
西前15
10
西前09
2016年
30歳
西前05
西前10
西十04
西十07
13
   

あ、出ましたね。番付推移。
あの、「けいおん!」以来となる、平沢唯ちゃん以来となる十両優勝です。
豊崎
「長くまぁー、私も相撲取ってきましたねぇー、こう見るとww」

今でも、声優相撲ファンは、あの2012年夏場所
「涙の初優勝」をスフィア4人、後のTrySailの3人も控えに居たそうですが、
皆で優勝の喜びを分け合った
、あの場所を覚えています。

幕内最高優勝を果たした力士が、その後も相撲を取り続けて、
十両優勝を飾る、というのは、「中原麻衣」さん以来(06春→13夏)だそうです。
豊崎
「確か、2009年の春場所って、私が十両優勝したんですけど、
 その時の
幕内最高優勝がはるちゃんだったんですよねww
 今回も似た感じになりましたねーwww」

あ、そうか。13番の大勝ち自体が、あの優勝した場所以来なんですね。
豊崎
「そうですよー、いつも元大関なのに冴えない成績でぇーww」

いやいや、長く関取を7年間守り続けてこられて。
どうでしょう、特に部屋の仲間とは、話したりしましたか?思い出に残ってることは。
豊崎
「まあ、さっき
はるちゃんも言ってましたけど、
 はるちゃんが
13枚目まで番付下げてて、
 ちょっと場所前
不安になっていた感じだったんですけど・・・
 『へーきへーき! 私もう大関経験者だけど、2回目だから、十両落ちんの!』
 って、ちょっと強引ですけど励ましたんです。
 それが良い方向に、
三賞に繋がったのかなーなんて思ってます。」

元大関で、平幕、そして十両付近まで番付を下げた、
同じ境遇同士だからこそ、ですね、きっと通じ合うというか、
似た悩みを抱えて。
豊崎
「結局、おんなじ経験した人じゃないと分からない所ってありますから。
 私の方が、大関だった期間も短いし、優勝も1回しかしてないし、
 先に大関から落ちちゃったりしてますけど、
 それでも、少しでも悩みを相談できる“仲間”で居たいなって。」

もちろん、戸松さんだけじゃなく、朝日山部屋の7人、
スフィア+TrySail、皆それぞれ頑張ってますもんね。
寿さんは幕下で6勝、返り十両濃厚。
麻倉さんも幕下で頑張ってますし、負け越しはしましたが、
ナンスも新十両を経験しました。
高垣関と雨宮関は幕内で相撲を取ってます。
豊崎
「だから皆、思い思いの番付で、自分の相撲を取ってるんですよ。
 やることは番付が違っても同じですから!」

どうでしょう、来場所はほぼ幕内に戻れそうです。
意気込みを聞かせてください。
豊崎
「まあ、一応元大関のプライドもありますから、
 1場所でも長く、相撲を取り続けて、今場所みたいな相撲を、
 来場所以降も狙って行きたいですね。」

13勝を、十両の次はぜひ「幕内」で狙いたいですね。
豊崎
「最近、幕内だって13勝でも優勝決定戦に出られたりするじゃないですか。
 
何かとまっちゃん見てたりすると、勇気貰えますよね!
 私も負けてらんないぞー!
って。
 だから、お互い夏巡業のあと、成長した姿を見せられるよう頑張ります。」

7年ぶり2回目の十両優勝を果たしました、
スフィア2人続けてのインタビュー、豊崎愛生関でした。
放送席どうぞ。

 

堀江親方、今のインタビュー、どうお聞きになりましたか?
堀江
「2人とも対戦したことありますし、横綱として、そして解説として、
 活躍を見て来ましたし、厳しいことも言いましたけど、
 今日の2人の笑顔を見ていると、
少し苦労が報われたかなって。
 来場所からまた、幕内でもっと活躍が見たいですね!」

その通りですね。
さあ、幕内前半の土俵に目を向けていきましょう。

●西前16・井口裕香(3勝) 引き落とし ○西前12・赤崎千夏(8勝)

赤崎千夏、千秋楽に勝ち越し。8勝7敗。
井口裕香関は、3勝12敗で今場所を終え、
再び十両陥落は避けられない情勢です。

 

東前11・高垣彩陽(9勝)寄り倒し ●東前15・大久保瑠美(6勝)

高垣、勝って9勝6敗。大久保は十両陥落の可能性が高まっています。
高垣
「一応、2人(戸松、豊崎)の“結果”は聞いてました。
 だから私も頑張らなきゃ!って、9勝ですけど、
 今年まだ負け越して居ないんで、このままもっと勝っていきたいです。」

と、意欲を見せて名古屋場所を終えました。

 

●東前07・諏訪彩花(5勝) 寄り切り ○西前08・喜多村英梨(10勝)

喜多村、3場所続けて9勝6敗だった所もあり、
喜多村
「『どうせ今場所も9勝6敗だろう』って思ってたら、
 逆に吹っ切れて勝てました。 我武者羅な15日間でした。」

と語りました。実は幕内だと、2013年秋場所以来、
3年間2桁の白星が無かったようで、
喜多村
「やっぱり気分が良いっすね、2桁って。
 9勝と1個しか違わないのに。」

と素直に喜びを表現していました。安堵の表情に見えました。

関取になって10年目、喜多村関も存在感をアピールして、
また怖い存在が、幕内上位に来て、上位陣と対戦する位置に戻ってきそうです。

 

●西前10・高橋李依(5勝) 寄り切り ○西前05・小澤亜李(7勝)

小澤亜李、惜しくも負け越しですが、7勝8敗。
非常に今場所も良い相撲が目立ちました。

逆に心配なのは、高橋李依関。 5勝10敗と負け越しましたが・・・
堀江親方。怪我の状態、やはり良く無いようですね。
堀江
「良く、大事にいたらず、
5番も勝ちましたね。
 ただ、褒めるというより、心配で心配で・・・。
 大怪我を押しての土俵は見ていても辛いものがありますから。

 万全な状態で相撲取らないと、相手にも失礼ですから、
 早く怪我を治して、秋場所、
万全な状態で臨んで欲しいです。」

全治1~2ヶ月の膝の大怪我をおしての出場、
何とか幕内残留は果たせそうですが、怪我の状態が心配です。
では、幕内の成績をご覧頂きます。前半までです。

<幕内前半の結果>(千秋楽)

東前05 久野美咲 6 はたき込み 東前16 木戸衣吹 3
西前10 高橋李依 5 寄り切り 西前05 小澤亜李 7
東前06 内田真礼 8 はたき込み 西前11 内山夕実 6
東前07 諏訪彩花 5 寄り切り 西前08 喜多村英梨 10
東前09 沼倉愛美 5 引き落とし 西前15 小清水亜美 9
東前10 山本希望 6 寄り切り 西前13 三森すずこ 9
東前11 高垣彩陽 9 寄り倒し 東前15 大久保瑠美 6
東前12 石上静香 6 押し出し 西前14 佐藤利奈 4
西前16 井口裕香 3 引き落とし 西前12 赤崎千夏 8
東前13 戸松遥 11 引き落とし 東十03 金元寿子 13
東前17 日高里菜 3 押し出し 東十01 村川梨衣 5

 


 

名古屋場所、未曾有の大盛況振り

声優相撲2016年名古屋場所、幕内前半と後半の間の休憩時間に入っています。
さて、堀江さん。 名古屋場所、15日間大盛況ですね。
堀江
「本当にありがたいですねー。
 愛知県声優館に入れなかったファンの方も、
 沢山居らっしゃったみたいですが、本当に大盛況ですね」

ところで皆さんは、「 原田彩楓 」さん という女性声優力士をご存知でしょうか?
堀江
私ごめんなさい、存じ上げなくて。
 共演したことも無い方だと思いますけど・・・」

そうですね、今場所は「番付外」の方です。
声優相撲的にご紹介すると、「2016年初場所」に、
アニメ「スタミュ」での出演を元に「初土俵」を踏んで居らっしゃいます。

 
2015年
 
        前相撲
 
序ノ口
2016年
 
西口02
番付外
 
番付外
 
番付外
 
   

声優相撲としてはこういった形で表記されます。
現在は「番付外」に列せられています。
堀江
「普通ならば、番付外の方を中継で取り上げるって、
 あんまり聞かないんですけど、興味が沸きます、
 どういった方なんですか?」

そこなんです。実は、この原田さんが、声優相撲の集客に、
大きく影響していたようなのです。 協会関係者も驚いて居ましたww
あ、まあ堀江親方も理事ですから、関係者なんですけどww
堀江
「そ、そうですよ! 当事者ですよww」

ところで、このキャラクターをご存知の方は、
視聴者の方の中でどの程度居らっしゃるでしょうか。
堀江
「みふね・みゆ・・・ちゃんですか? この絵の感じは・・・」

声優相撲ファンの方なら、あるいは絵柄だけで、
「アイドルマスター」だな、とピンと来るかと思います。

まあ、実況していてアイマスの門外漢である私が解説していることが、
大変恐縮ではあるのですが、ご容赦頂きたく。

アイマスの中でも、
「アイドルマスター シンデレラガールズ」のキャラクター
「三船美優」(みふね みゆ)さんです。

2011年の初登場から、5年を経て、今年行われた、

<『アイマス シンデレラガールズ』第5回総選挙」>

→① 島村卯月 1,066,037
→② 高垣 楓  745,932
↑③ 三船美優  529,186

第5回総選挙で、クール2位、総合「3位」という
第3回が29位、第4回が23位だった所を考えると、
“大出世”を果たしたキャラクターです。
堀江
「へぇー。 三船さんってキャラクターのことはわかりました。
 それで原田さんとはどういう関係があるんですか?」

堀江さん、そういうことです。ナイスパス。
声優相撲ファンなら、「島村卯月」が“大橋彩香”関
「高垣楓」が“早見沙織”関というのは、
仮に「アイマス」を知らなくても、即答できるかと思います。
それぐらいに知名度のあるキャラクターとCV.声優さんです。

『アイドルマスターシンデレラガールズ』は、
結局は「カード」から始まるソーシャルゲームです。
5年近い歴史をかけて、多くのキャラクターが生み出され、
かつその中で人気のあるキャラクターを中心に、
声優さん、ボイスアクトレスがあてられてきました。
堀江
大橋彩香ちゃんなんて、まさに
シンデレラって感じで、
 一気にブレイクしましたよね、
島村卯月ちゃん役で。」

しかし、まだ声優が決まっていないキャラクターも沢山居ます。
そうした中で、キャラクターの魅力をもとに、
じわじわと人気を高めて来るキャラクター。
プロデューサーさん達の熱い思いが、ゲーム側を動かす、
そういうことが実際に起こりうるのが「アイマス」の歴史なのです。

そして、そして。
今回、総選挙3位という結果を受けて(かは厳密には分かりませんが、)
「三船美優」役に、声があてられることが決まりました!
堀江
「ああー、なるほど、そういうことなんですね。
 わかりました。 三船美優ちゃん役の声優さんが、
 さっき出た原田さんなんですね?」

そう! ・・・みたいなんですww
堀江
「『みたい』ってっwww」

正直な所、アイマスを詳しくない人間にとって、
アイマス総選挙が行われていることは知っていましたが、
詳しく誰が何位で、どういう順位に動いて・・・という所までは知りませんでした。

そもそも、声優相撲が対象としているのは基本的に、
「テレビアニメ作品」であって、「ゲーム」はもっぱら対象外です。

「ラブライブ! サンシャイン!!」みたいに、
直接番付に関わってくる、つまりテレビアニメに関わってくる話題には、
敏感に反応するのですが、声優相撲に直接影響しない、
ゲーム「デレマス」については、少し専門外というか、
あまり関わらずにここまで来ていました。

しかし、プロデューサーさん達にとって、
特に「三船美優」さんのプロデューサーさん達にとって、
このキャラクターの「声優」が誰なのか、はとてつもなく「重要」な問題です。
まして自分の知っている、安心できる声優さんなら・・・ですが、
名前を見たこともない声優さんだと、
「どんな人なんだろう?」って思うのが、正直なファンの心理だと思います。
堀江
「それはそうでしょうね。今まで応援してきて、だって50万票も取っている、
 人気のキャラクターですから、誰が声をあてるのか、
 それ自体とても大事なことですし、気になると思います。」

声優相撲的には、2016年7月22日ですから、「13日目」の
幕下から十両の取組中だったと思います。情報が出ました。

世間は、「ポケモンGO」の配信からまだ数時間で、
ソーシャルゲームの話題の大半がそちらにうつる中、
プロデューサーさんたちは、こちらの話題に集中していました。

アイドルマスター シンデレラガールズ公式 @imascg_chihiro
三船美優さんのCVを公開しますね!!
・三船美優(CV:原田彩楓)#imascg_chihiro
2016年7月22日 15:02

第一報が来たのが、15時過ぎだそうです。
まあ、「Google 大先生」「Wikipedia」他
プロデューサーさんたちが一斉に原田彩楓」という声優さんについて、
手当たり次第調べに調べあげます。
堀江
「はい、想像が付きますww
 必死にパソコンで、ネットの隅々まで調べる姿がww」

でも、ほとんど情報が出てきません。
普通なら、新人声優さんでも、
「所属事務所」であるとか、「顔写真」であるとか、
あるいは声優になる前の学生時代の「部活動」での実績とか、
そういう情報が出てきてしかるべきなのに、ほとんど出てこない。

当時、調べて出てきたのは、
「昨年秋アニメ『スタミュ』の第3話のキャスト欄」だけという状況。

原田彩楓さんデビューシーン

1時間後に、動画サイトにアップされますが、
「ガヤ」で出演されたワンシーンのワンカットの一声のみという状況。

その次に引っかかったのが・・・
堀江
声優相撲協会、声優相撲博物館だった訳ですか・・・^^;」

そうだったみたいなんです、ツイッター上の反応を見る限り。
ご本人さんたちのツイートの意図から、敢えて脚色して抽出しますが。

・スタミュに出てた声優さんらしい。
・16歳・・・? 全然情報無いんだけど。
・「声優相撲」ってサイトの番付に名前がある・・・
・“声優相撲”ってそもそも何だよ!?
・結局、原田さんのこと分かんないじゃん!

こんな意見が飛び交う中、
少しでも情報は無いか?!と、声優相撲の「初場所」のページに、
“原田彩楓”さんの情報を求めたプロデューサーが殺到します!
その数・・・

合計: 810 
今日: 28 
昨日: 493 (←2016/07/22)

「493人」! 本場所(初場所)開催中ですら、200人。
最近は居て1人、大半は0人だったにも関わらずです!
堀江
「凄いですね、この数ww」

2016/07/23 (翌日)

一番驚いたのが、翌日に気がついた声優相撲の上層部です。
本場所中にも関わらず、何か妙に騒がしい・・・。
そして、この数字を見て、慌てて逆に検索ですよ。
『何があった! 500人も来てるのおかしいぞ!』

寂しいですけど、ありえないぐらいの数字に、何かあったな、と。
堀江
「悲しいですけど、それが本当ですもんねwww」

そして、徐々に詳細が明らかになってきます。
「所属事務所」と「プロフィール」です。

「クレアボイス」 お知らせ欄
この度、クレアボイス養成所より、「原田彩楓」が準所属となりました。
ご声援の程、どうぞ宜しくお願い致します。

ソーシャルゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」に、
原田彩楓が『三船美優』役にて出演決定致しました!

「クレアボイス」準所属 : 原田彩楓さん

 として。

それを受けて、声優相撲協会は、アイマスファンに対して、
「広報部」主導で、情報開示を積極的に行ってきました。
広報活動ですね、まさに。

堀江
「広報部、まさにですね。 ね?広報副部長?」

伊勢ヶ濱(元大関・水樹奈々)
「はい。 テレビとかに出演させていただく機会が
 今週多かったんですが、広報部が物凄いことになってたみたいで、
 急遽駆けつけたら、こういうことになってましたww」

今年の職務分掌で、
広報部副部長となった伊勢ヶ濱親方、
「STARTING NOW!」の水樹奈々さんですが。

新規声優相撲ファンを増やす上で、
非常にチャンスの名古屋場所とも結果的にですが、なりましたね。
伊勢ヶ濱
「そうですね。 声優相撲の広報活動も、
 やっぱり限界がありますし、大きな力に注目されることで、
 多くのフォロワーさんも増えましたし、
 相乗効果が期待できるんじゃないか、と思っています。」

あ、そうだ、金曜日で、
藍井エイルさんと「ミュージックステーション」に出演する、
準備中だったんですよね?
伊勢ヶ濱
「そうなんですー。ただ、そっちに支障があると行けないってことで、
 土曜日まで私には情報が来てなかったんですよー。」

世間では、ミュージックステーションを通じて、
藍井エイルさんの『翼』の熱唱が注目を集めたそうです。
そして、「近藤奈々」さんと、「堂本剛」さんの、
「堀越学園」時代の話題も盛り上がりに盛り上がったそうでww

伊勢ヶ濱
「そ、そうなんですよー!!
 前に出演(堂本兄弟)した時も言われたんですけど、
 また掘り返されちゃってー、いや、嫌とかそういうんじゃなくて、
 そんなに
「連呼」しなくても良くない!?ってwww」

それと同じように、声優相撲が、
「アイドルマスターシンデレラガールズ」のキャラクター、
“三船美優”さんに声をあてる、新人声優、
「原田彩楓」さんの声優人生
に、

少しでも貢献できたら嬉しいなと思っています。
堀江
「今、番付外なんですよね。
 また再出世したら、プロデューサーさんたち盛り上がるでしょうね。」

そうなんです。特例みたいな形は基本取らないので、
声優相撲の番付に乗るのは、
また「テレビアニメ」に出演されてから、になります。
それに他の声優さんと同じように、半自動計算で決まりますから、
“贔屓”をすることは難しいですが・・・

堀江
「いつか、各段優勝とかでインタビューするときに、
 こういう経緯が実はあったんですよー、って
 言えたら良いですね、楽しみですね!」

そうなんです。 もう少し時間良いですか?

声優相撲、別に「十両」まで、とか、「幕下」まで、とか、
番付を適当な所で区切らず、毎場所「序ノ口」まで、
600人ぐらい「きっちり」付けている理由は何か
、ご存知でしょうか。

① 声優相撲の「各段優勝」を決めるため
② 活躍力士の「生涯成績」などをしっかりと決めるため
③ 初土俵から出世までの「スピード記録」などを判断するため

もちろんこれらも重要な理由ですが、
一番の理由としては、

◎ ブレイクする“声優”さんを、デビューから追い続ける

ことを大義名分ではありますが、目的にしています。

例えば、今場所も各段優勝を決めていますが、
その全ての声優さんを「序ノ口」あるいは「前相撲」から、
追い続けているのが「声優相撲」という趣味の企画です。

今回の「原田」さんなどは好例中の好例で、
「全く無名」で「序ノ口」の時に、その声優さんのことを知り、
更に徐々にその方が、
モブ→キャラクター→レギュラー→ヒロイン→主役・・・
など、出世していく様子を応援していくのを楽しむのが、
声優相撲の「魅力」の一つなんです。

声優ファン、あるいはアニメファンの方が、
新人声優さんを応援する時って、この感覚が強いと思います。
それを、

「番付」という見える形にしたのが=「声優相撲」の番付表

であり、「番付推移表」なのです。
堀江
「私なんて、いつ沢山アニメに出てて、
 いつあんまり出演出来てなかったのか、
 露骨にわかっちゃいますからねww」

まあ、かたっ苦しく考えずとも、
「俺、この頃から、○○さん応援してたんだぜー!」
って言えるように、始めた企画でもあるので、
皆さんも、序ノ口とは言いませんが、幕下以下の声優さんのことも、
知って行って、ブレイクする前から応援し続けましょう!

「デレラジ☆(スター)」 【アイドルマスター シンデレラガールズ】

明日(寄稿時今日)2016年7月25日に、
「デレラジ」でついに、初出演となります、原田彩楓さん。
“月9はデレラジ!!!”
って言うまでも無さそうでは有りますが、
他の声優さんと同じように、今後応援していきたいと思いますので、
ぜひ、プロデューサーの皆さん、原田さんを応援していきましょう。

いやぁー、語り足りないですがww
堀江
「原稿用紙13枚分も語って、まだ足りないんですかww
 ほら、後半の土俵、始まっちゃいますよww!」

伊勢ヶ濱
「本分を忘れないで下さい!
 
声優相撲の土俵の魅力を伝えるのが、Rx さんの役目なんですからww」

もう後の実況は、適当で良いですかね、疲れちゃったww
堀江・伊勢ヶ濱
「ダメです!!」

そうですね、自分が頑張らねば!
さあ、千秋楽の後半土俵に戻ります。

 


 

<幕内後半の取組>

 

幕内後半の土俵が再開されます。
千秋楽、来場所の番付も或いは意識しつつの
残り11番となりますね。

●東前04・潘めぐみ(6勝) 寄り切り ○西前04・水瀬いのり(10勝)

水瀬いのり、勝って2桁!
初の三役、可能性が残りの取組次第ですが、
僅かに出てきました、4枚目で10勝でした。

 

竹達、上坂の対戦、実は2年ぶり。
上坂、勝って9勝とすると、或いは三役の
可能性も出てくるかもしれません。

●東前03・竹達彩奈(6勝) 突き落とし ○西前03・上坂すみれ(9勝)

勝って上坂、9勝6敗、
これは来場所、三役争いが、楽しみになっていますね。
堀江
「当事者達は、気が気じゃないでしょうけどねww
 まあ、見てる方は楽しみというか、予想が盛り上がりますよね」

 

●東前14・洲崎綾(8勝) 寄り切り ○西前02・瀬戸麻沙美(7勝)

瀬戸勝って7勝8敗。
前頭2枚目ながら健闘、来場所新三役に繋がる場所へ!
伊勢ヶ濱
「あと一歩でしたけど、良く頑張りましたー。
 大きな体をもっと活かせれば、チャンスあると思います。」

 

●東前02・田村睦心(5勝) 寄り切り ○東前08・小林ゆう(8勝)

小林ゆう勝ち越し。田村睦心は、自身最高位で
5勝10敗と出直しとなりました。

 

種田 対 小松、過去4-4。
種田は三役復帰はほぼ確実ながら、
あと一番勝って、或いは新関脇を目指して…
今日の一番が重要になってきます。

東前01・種田梨沙(8勝)寄り切り ○西前07・小松未可子(10勝)

うーん、三役争いの上で、正直勝ちたかった相撲ですが、
種田梨沙、勝って8勝7敗で今場所を終えました。
堀江
「でも、一度三役を経験して、
 
着実に力を付けてきて、勝ち星につながってきた印象ですよね。」

 

西前09・早見沙織(9勝) 初顔合わせ 西小結・上田麗奈(7勝)

さあ、三賞が掛かる一番です。
勝てば、初の三賞が決まる「上田麗奈」が西土俵です。
小結という初の舞台で、ここまで7勝7敗
親方、ここまでの活躍、想像以上ですかね。
堀江
壁に跳ね返されるかなぁー、と思っていたんですが、
 実力底知れないところを今場所も見せてくれましたねー。
 この一番、ひとまず重要ですねー!」

勝てば新関脇と三賞が掛かる一番。
実力者、早見沙織を相手に一番迎えました!

 

西前09・早見沙織(10勝) 押し出し ●西小結・上田麗奈(7勝)

早見、勝って2桁!
そして上田麗奈の初の三賞、関脇は来場所以降に持ち越し、
平幕からの出直しとなります…
堀江
「珍しく緊張してたように見えましたねー。
 どうでしょう、少し迷いが出ちゃったでしょうかー」

 

東小結・雨宮天(6勝)押し出し ●西前01・井上麻里奈(5勝)

雨宮6勝9敗です。こちらも小結からの陥落が決定的。
そして、「井上麻里奈」さんは、5勝10敗。
本当に久しぶりに三役目前まで来ましたが、負け越しとなりました。

さあ、そして、三賞が掛かる「これより三役」の前の一番です。

 

西前06・加隈亜衣(10勝) 0-4 西関脇・東山奈央(9勝)

東から、加隈亜衣、10勝4敗、
西に関脇の東山奈央、9勝5敗です。
過去4回の対戦はいずれも東山が勝っています。

加隈亜衣は、今場所、千秋楽勝って11勝とすると、
「敢闘賞」に条件付きで推薦されています。
三賞が関わる大事な相撲です。
堀江
「三賞もそうですけど、場合によっては、
 
三役多分3つ空きますよね?
 6枚目で11勝だと、結構チャンスあるんじゃないですか?」

7点の勝ち越しで6枚目ですと、
あるいは周囲の状況によって、そして審判部によっては、
番付、分かりませんね。 いずれにせよ、目の前に集中です。

そして、西関脇の東山奈央は9勝5敗。
一昨年秋場所以来となる「関脇での2桁」を目指します。

伊勢ヶ濱
「もし勝てば、
大関取りの足固めの場所に、
 今場所なるかもしれませんからね!
 真剣勝負で2人とも頑張って欲しいです。」

来場所に向けて、そして「その先」に向けて、
重要な一番です。 終わりから4番め、軍配かえります。

 

西前06・加隈亜衣(10勝)引き落とし ○西関脇・東山奈央(10勝)

東山奈央、引いての相撲でしたが、
残っています、残っています!
勝って2桁、10勝到達! 関脇で10勝5敗!

加隈亜衣は三賞と三役の夢が遠のく、5敗目。
2人とも10勝5敗となりました。

堀江
奈央ちゃん、凄い調子が良いって感じじゃないですけど、
 それでもしっかりと2桁勝つあたり、
 やっぱり爆発力がありますよね、声にも演技にも。
 来場所以降も大関に向けて、全力でぶつかって欲しいです!」

 

<「これより三役」揃い踏み>

  佐倉綾音  
 M・A・O   悠木 碧

まずは東方力士の三役揃い踏み。
「扇の要」に、横綱・佐倉綾音。14連勝です。
代わって、西土俵。

茅野愛衣   花澤香菜
  日笠陽子  

扇の要は、今場所13勝1敗、
昨日敗れて惜しくも賜杯、名古屋場所連覇はなりませんでしたが、
あるいは「綱取り」と来場所なるか、日笠陽子です。

そして、左側、結びの一番で対戦する、
横綱・茅野愛衣が14連勝、佐倉綾音との大一番です。

 

東関脇・M・A・O(4勝) 1-4 西大関・日笠陽子(13勝)

先場所と、真逆の結果になってしまいました。
東の関脇、先場所13勝2敗で優勝した「M・A・O」、
ここまで4勝10敗と大きく負け越しました。

堀江
「初優勝の後は、やっぱり難しいってことですよね。
 関脇という地位だって難しい位置です。
 優勝したことは自信に持って良いですけど、
 やっぱり来場所からきもちを入れ替えて頑張らないと!」

逆に、日笠陽子関は大関として、
終盤まで優勝争いを盛り上げる、素晴らしい活躍でした。
今日勝って、「14勝1敗」の準優勝となれば、
あるいは来場所・・・、再度「綱取り」を目指す秋場所と、
なるかも分かりません。

堀江
「そうですよね、大関、これは絶対落とせないですね!
 14勝か、13勝かって全然印象も違うでしょうし。」

< 大関・日笠陽子 近5年 >

2012年
27歳
東前08
14
西小結
12
東関脇2
東前04
13
東小結
13
西関脇
2013年
28歳
東関脇
11
東大関2
14
東大関
14
東大関
14
東大関
東大関2
2014年
29歳
東関脇2
11
東大関2
13
西大関
13
西大関
西大関
西大関
10
2015年
30歳
西大関
11
東大関
東大関
東大関2
14
 西大関 
13
東大関
2016年
31歳
東大関
東大関
東大関
11
西大関
13-1
   

「14勝」が、過去5度ある大関。
うち優勝2回、14勝で準じる成績が3回。
特に2013年の3場所連続14勝は、最も「横綱」に近づいた時期でした。

昨年の名古屋場所、30歳を迎えて2回目の優勝、
そして2場所続けての好成績も、綱取りは果たされませんでした。

堀江
「こう見ると、
調子の良い時と、悪い時の差が激しいですね・・・。
 
“安定”して優勝という成績を求められる
 横綱に向けては、今場所14勝で終わること
 そして来場所は優勝という結果を残すことが、
 一般論ですけど、大事なんじゃないでしょうか?」

今日勝って、6度目の「14勝」なるか。
部屋の師匠・田村ゆかり関が果たせなかった、横綱への夢。
場所中に31歳を迎えた日笠関、さあ、夢への扉をまず繋ぐか。
先場所優勝した「M・A・O」関との一番です。

 

東関脇・M・A・O(4勝)寄り切り ○西大関・日笠陽子(14勝

 

寄せ付けない!!
これが大関の実力、これが大関の瞬発力です!

日笠陽子、14勝1敗で今場所、名古屋場所を終え、
来場所、秋場所に向けて、望みをつなぎました!

堀江
「いや、まだ審判部も、理事長も、
 声優審議委員会も、綱取りと言ってませんからね。
 あんまり急いじゃダメでしょ?

そうですね、失礼しました。
しかし、大きな白星、14勝目をあげました。

 

東大関・悠木碧(10勝) 4-25 西横綱・花澤香菜(10勝)

さあ、そして「30度目」の対戦です。
24連敗した後は、悠木碧がリードして迎えた結び前の一番です。
共に「10勝4敗」で名古屋場所、千秋楽を迎えています。

堀江
上3人が強かっただけに、
 止められなかった点
で、ちょっと不満が残りましたね、2人とも。」

来場所での奮起を期待する両者。
優勝争いに関係ないからこそ、力戦を期待したい所。

 

東大関・悠木碧(10勝)突き落とし ○西横綱・花澤香菜(11勝)

大関、今場所はばったりと落ちる相撲が目立ちます。
花澤、大関を下して11勝に届きました。

「 役相撲にかなう~、花澤~~ 」

 

< 千秋楽結びの一番 : 横綱全勝相星決戦 >

さあ、結びの一番、千秋楽の一番を迎えます!

東横綱・佐倉綾音(14勝) 7-12東横綱2・茅野愛衣(14勝)

これが「20回目」の対戦となる、両横綱の対戦です。

佐倉綾音  7-12 茅野愛衣
  引き落とし
押し出し  
突き落とし  
  突き落とし
  突き落とし
はたき込み  

過去の対戦、1年間で「3対3」の五分です。
まさに横綱同士と言える両者の対戦・・・
なんですが、決まり手で見ると、結構、
淡白な相撲になることも多い印象です。

堀江
「横綱同士、横綱を目指していた時代の相撲ですし、
 敢えて言えば、
力を駆使した中での“駆け引き”の結果
 みたいな感じですよね。 
3場所続けて「突き落とし」とか。」

2013年から14年にかけては全て「茅野愛衣」が勝ち
昨年2015年は6場所全て、「佐倉綾音」が勝っています。

今年に入ってから先場所は佐倉が、その前2番は茅野が勝つ。
場所によって、時期によって、
大きく成績が傾く両者の相撲です。

堀江
「共演も多かったりして、稽古も積んできましたから、
 本割ではやりづらい所もあるんですかね・・・」

そうはいっても、熱戦、力戦を期待したい所。
何と言っても「全勝14連勝同士」での、
結びの一番、「相星決戦」です!

堀江
「そりゃあもちろんです。当事者たちも、
 横綱としてのプライド、そして優勝に向けて、
 貪欲に勝負に臨むとは思いますよ!」

 

向正面から、水樹奈々の「伊勢ヶ濱」さんにも伺います。
この一番、どう予想しますか?
伊勢ヶ濱
「私は、2人とも廻し取らないんじゃないかなーって思います。
 逆に力勝負で、下手に組むより、その方が・・・
 結果的に廻しを取ることにはなっても、
 いきなり狙っては行かないんじゃないかと思います。」

堀江親方はどう読まれますか?
堀江
「私は、逆に2人とも“廻し”を、
 特に佐倉関は廻しを積極的に取りに行くんじゃないか、
 って思いますね。 立った雰囲気で、もちろん、
 
奈々ちゃんの言う展開もあると思いますけどねー。」

 

さあ、土俵上は制限時間いっぱい、
名古屋場所、最後の取組を迎えました!

東、横綱4場所目。 去年九州場所以来、
そして横綱での初優勝を目指す、「佐倉綾音」!

西に横綱11場所目、1年早く横綱となった、
一昨年九州場所の「新横綱」以来の優勝を目指す、
東横綱の「茅野愛衣」! 5度目の優勝なるか!?

結びの一番、相星決戦です!!

 

頭を付けて・・・
茅野が前廻しを取りに行く!!

茅野が「左」差して、右は前廻し。
佐倉は不十分な両上手のような格好・・・

左ですくった、すくい投げ!
佐倉、残した!

しかし、茅野が前廻しから頭を付けて、

出て行く!

寄って行く、寄って、
土俵を割った、「寄り切り」ー!!

茅野愛衣、やった、勝った瞬間、
拳を握って、横綱での初優勝!!

 

東横綱・佐倉綾音(14勝)寄り切り ○東横綱2・茅野愛衣(15勝)

 

優 勝

横 綱 ・ 茅 野 愛 衣 (5回目)

 

一昨年の新横綱だった、九州場所以来、
9場所遠ざかっていた、「優勝賜杯」に、
ついに、ついに手が届きました!

ここまで長かった茅野、佐倉と礼をして、弓を受け取ります!

 

声優名 決まり手 西 声優名
東横綱 佐倉綾音 14 寄り切り 東横綱2 茅野愛衣 15
東大関 悠木碧 10 突き落とし 西横綱 花澤香菜 11
東関脇 M・A・O 4 寄り切り 西大関 日笠陽子 14
西前06 加隈亜衣 10 引き落とし 西関脇 東山奈央 10
東小結 雨宮天 6 押し出し 西前01 井上麻里奈 5
西前09 早見沙織 10 押し出し 西小結 上田麗奈 7
東前01 種田梨沙 8 寄り切り 西前07 小松未可子 10
東前02 田村睦心 5 寄り切り 東前08 小林ゆう 8
東前14 洲崎綾 8 寄り切り 西前02 瀬戸麻沙美 7
東前03 竹達彩奈 6 突き落とし 西前03 上坂すみれ 9
東前04 潘めぐみ 6 寄り切り 西前04 水瀬いのり 10

 

では、幕内後半の結果です。
水瀬いのり、2桁「新三役」の可能性が出ています。
上坂すみれも3枚目で9勝。
瀬戸、勝って7勝8敗、来場所も新三役への上位戦が続きます。
小林ゆう、勝ち越し。 田村睦心は5勝10敗。

小松未可子が2桁、種田梨沙は8勝7敗、三役復帰へ期待が広がります。
両小結は負け越し、上田麗奈は三賞を逃しました早見、10勝5敗
そして、東山奈央が「大関」へ10勝5敗加隈亜衣も10勝5敗です。

 

< 日笠陽子の綱取りについて >

談話です。
審判部長の元大関・「田中真弓」の「出羽海」親方です。

出羽海審判部長(元大関・田中真弓)
上位3人は安定して強かった。
 大関・日笠陽子は14勝1敗と、
大関以下では
 唯一優勝争いに加わり、かつ直接対決まで13連勝。

 優勝に準じる成績ではあるが、ただ“優勝同点”ではない。
 来場所の成績、結果次第だと思う。
 無条件に「綱取り」とまでは言えない。」

というのが、審判部としての見解です。

そして、林原理事長の談話です。

林原理事長(元横綱・林原めぐみ)
「先場所、今場所は良かった。
14勝は十分評価できる成績。
 ただ去年も言ったが、好・不調の差が激しいから、
 
今場所の成績だけでは決められない。
 来場所、高いレベルでの優勝でない限りは、
 「綱取り」と現時点とは・・・」

と、慎重な声が聞かれました。

 


 

<声優相撲2016年名古屋場所まとめ>

 

声優名 番付 声優名
佐倉綾音 14 横綱 花澤香菜 11
茅野愛衣 15 横綱    
悠木碧 10 大関 日笠陽子 14
M・A・O 4 関脇 東山奈央 10
雨宮天 6 小結 上田麗奈 7
種田梨沙 8 前01 井上麻里奈 5
田村睦心 5 前02 瀬戸麻沙美 7
竹達彩奈 6 前03 上坂すみれ 9
潘めぐみ 6 前04 水瀬いのり 10
久野美咲 6 前05 小澤亜李 7
内田真礼 8 前06 加隈亜衣 10
諏訪彩花 5 前07 小松未可子 10
小林ゆう 8 前08 喜多村英梨 10
沼倉愛美 5 前09 早見沙織 10
山本希望 6 前10 高橋李依 5
高垣彩陽 9 前11 内山夕実 6
石上静香 6 前12 赤崎千夏 8
戸松遥 11 前13 三森すずこ 9
洲崎綾 8 前14 佐藤利奈 4
大久保瑠美 6 前15 小清水亜美 9
木戸衣吹 3 前16 井口裕香 3
日高里菜 3 前17    
声優名 番付 声優名
村川梨衣 5 十01 朝井彩加 11
大橋彩香 6 十02 徳井青空 11
金元寿子 13 十03 白石涼子 7
加藤英美里 5 十04 釘宮理恵 10
大西沙織 12 十05 大原さやか 10
藤村歩 9 十06 伊藤かな恵 6
千菅春香 7 十07 豊崎愛生 13
明坂聡美 8 十08 牧野由依 6
津田美波 7 十09 芹澤優 7
橘田いずみ 7 十10 安野希世乃 6
内田彩 5 十11 藤田咲 8
夏川椎菜 4 十12 Lynn 5
鈴木絵理 10 十13 藤井ゆきよ 3
松井恵理子 3 十14 山村響 3

 

<各段優勝力士>

段位 番付 声優名 部屋名 出身地 生年 初土俵 キャラクター
幕内 東横綱2 茅野愛衣 時津風部屋 東京都 1987年 2010春 あまんちゅ!(大木双葉)
十両 西十07 豊崎愛生 朝日山部屋 徳島県 1986年 2006九 アンジュ・ヴィエルジュ(エルエル)
幕下 西下47 本渡楓 佐渡ヶ嶽部屋 愛知県 1996年 2015夏 レガリア(ユインシエル・アステリア)
三段目 西三44 生田善子 アプトプロ 岡山県 1988年 2010春 バッテリー(永倉節子)
序二段 西二03 衣川里佳 WITH LINE 東京都 1993年 2013秋 orange(茅野貴子)
序ノ口 格口00 和井みずき JTBエンタテインメント 広島県 1991年 2016夏 初恋モンスター(横内千秋)

 

<三賞受賞者>

殊勲賞 : 戸松遥(11勝4敗)

敢闘賞 : 該当者なし

技能賞 : 該当者なし

 


 

< 2016年名古屋場所・表彰式 >

 

さあ、茅野愛衣が今、花道を通って、
再び、愛知県のファンの前に登場しました!

< 8888888888

 

< 表彰式に先駆けまして、国歌"鳥の詩"の斉唱であります。 皆様、ご起立下さい。

国歌:鳥の詩/Lia 「AIR」OP

< 2016年名古屋場所、幕内最高優勝は、横綱・茅野愛衣、成績は15戦全勝であります。

< はじめに、賜杯拝戴

林原「表彰状 賜杯 茅野愛衣 右は2016年名古屋場所において成績優秀により、
   賜杯にその名を刻し永く名誉を表彰する
   2016年7月24日 私益財団法人 声優相撲協会理事長 林原めぐみ」

 

< 賜杯、並びに、表彰状が、林原理事長より、授与されました。
< 続きまして、優勝旗、授与。
  優勝旗、並びに、賞状、金一封が、出羽海審判部長より授与されました。

< ここで、優勝インタビューであります。
  インタビューは、声優放送協会・y=Rxテキストアナウンサーであります。

 

< 優勝力士インタビュー:茅野愛衣 

放送席、放送席、
名古屋にお集まりの「声優相撲ファン」のみなさん、
そして全国の「声優相撲ファン」の皆さん!!

優勝力士インタビューです。
横綱・茅野愛衣 関 です。
5回目の優勝、おめでとうございます!

茅野
「ありがとうございまーす!
 茅野愛衣でーす!!

佐倉綾音関との、全勝「相星決戦」対決を制して、
久しぶりの優勝を「全勝」で飾りました、如何ですか?
茅野
「いやぁー、新横綱の場所以来なんですよ、優勝が。
 それ以来、横綱になってから“優勝”出来てなくて、
 何が何でも今場所こそ!って意気込んで頑張りました。」

 
2010年
23歳
前相撲
 
序ノ口 
序二段
序二段 
序二段
序二段
2011年
24歳
三段目
幕下
幕下
十両
14
東前12
13
東前02
13
2012年
25歳
東関脇2
13
東関脇
東関脇
西関脇
東前02
10
西小結
13
2013年
26歳
西関脇
15
東関脇
13
東大関2
12
東大関
14
東大関
13
東大関
12
2014年
27歳
西大関
西大関
14
東大関
15
東大関
13
東大関
15
西横綱
15
2015年
28歳
東横綱
西横綱
10
東横綱
10
東横綱
12
西横綱
11
東横綱
12
2016年
29歳
東横綱
12
西横綱
10
東横綱2
10
東横綱2
15
   

安定した成績ではあったのですが、
ここまで優勝争いに加われていなかった所が、
やはり横綱にも意識としてありましたか?
茅野
「そうですねー。2桁白星までは行くんですが、
 横綱だとそこまでじゃダメじゃないですか。
 今場所は“優勝”を意識して、結果に貪欲にww
 頑張りました。 勝てて良かったです。」

13日目を終えた段階で、全勝で3人。
大関・日笠陽子関、そして横綱・茅野愛衣関
14日目、そして今日千秋楽と、
相星決戦を2番制しての優勝です。 如何ですか?
茅野
「まあ、
実質ここ2日かけて“優勝決定巴戦”を戦った
 ぐらいに思ってましたし、その日1番に集中出来ました。
 体も良く動いてましたし、良かったと思います。」

これで横綱、5回目の優勝です。
年6場所のうち、「春場所」以外の5場所を制されたことになります。
逆に言えば、この名古屋では初優勝です!
< 888888888888
茅野
十両優勝したのも、名古屋でしたし、
 幕内では、ですよね? やっぱり名古屋のファンの方、
 暑い中、真剣に相撲を見て下さるので、
 こちらも頑張って取らなきゃ!って気持ちで毎日土俵に上がってました。
 体調管理とかも大変でしたけど、うまく行って、
 皆さんの声援に答えられて良かったです!」

< 888888888888

さあ、この後は、「夏巡業」もあります。
そして、その後いよいよ「秋場所」です。
今度は「優勝者」として、迎え撃つ立場になります。
意気込みをお聞かせ頂けますか?
茅野
横綱は常に迎え撃つ立場ですし、そこは今場所優勝したからって、
 基本的に変わらない・・・とは思うんですけどね。
 やっぱり、来場所まで長いですから、しっかりと調整して、
 来場所もまた賜杯を抱けるように頑張ります!

 

かやのみ #5「飲み比べをしに行こう」

先場所から始まった、楽しみな企画、
「かやのみ」ですがww
次回は、優勝の祝杯スペシャルでしょうかww?
茅野
「いやっww
 普通に何時も通りじゃないですか?
 そんな
割って、大皿で呑むみたいなのは、
 演出としてはやっても、本当にそこまでは呑みませんよww?」

でも、今日ぐらいは良いんじゃないですか?
「茅野愛衣が日本酒を呑みながら、優勝の余韻に浸るだけ」!
茅野
「あんまり言うと、本当に
“酒豪”みたいな、
 イメージ付いちゃいますからー!!
 そんな、
“ざる”みたいに呑むわけじゃないですからね!
 横綱って言ってもww もうやめましょうよーww」

しかし、文字通り、
一昨年九州場所以来の「美酒」に酔いしれて下さい。
そして来場所は、“連覇”を目指して、
横綱としては初の連続優勝目指して下さい。
茅野
「(美酒うまいこと言ったな・・・)
 あ、はい。 頑張りますので、応援よろしくお願いしまーす!」

優勝インタビュー、茅野愛衣関でした!

 

さあ、堀江さん、若干笑ってらっしゃいますがww
堀江
「いえいえ、大丈夫ですww」

茅野愛衣関らしい、まあ最後の下りは別にしても、
横綱として“優勝”という結果を求めて調整してきた、
これは全ての力士に言えることではないでしょうか。
堀江
「それはそうですね。
 ただ私もそうですけど、口で言うのは簡単ですけど、
 モチベーションもそうですし、それを実践するって大変ですよ!」

だからこそ、果たされて、緊張感を持ち続けた結果、
「全勝優勝」が果たせた訳ですもんね?
堀江
「だと思いますね。 今年初でしょ?全勝って。」

そうですそうです。決定戦も無く、
全勝で決まったのは、今年初です。
堀江
「今場所どれだけ安定した相撲を取ってたか、
 そして終盤2番の集中力と鋭さ、そこですよね。
 切れ味抜群でした! おめでとうございます!」

向正面から、時間も短くなってきましたが、伊勢ヶ濱さん!
久々の優勝を果たした茅野関に一言。
伊勢ヶ濱
「やっぱり稽古量、格下力士よりも、

 一番率先して稽古してきたのが横綱だったように思います。
 うちの力士なんて特にそうですけど、
 もっともっと稽古を夏巡業もありますし積んで、
 自分の弱点を克服した上で、土俵に秋場所上がって欲しいですね。」

これから夏巡業も控えていますし、
堀江さん。 稽古をするには絶好の機会じゃないですか?夏巡業は。
堀江
「だと思いますねー。 
夏を制する者は、
 受験じゃないですけどww
 秋への飛躍が期待できますから、
 稽古を上の人といっぱい積んで、
 来場所に期待したいと思います。」

今日は、堀江親方、伊勢ヶ濱親方をお迎えして、
茅野愛衣関、5回目の久々の、全勝優勝を、
愛知県名古屋市からの“架空実況”は私、Rxがお伝えいたしました。
では、全国の声優相撲ファンの皆様、秋場所をぜひお楽しみに。さようなら。

 

♪ エンディングBGM : THE 千秋楽