15名02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

2015年名古屋場所・2日目(2015/07/13)

 

正 面 春日山 伊藤静
向正面 玉垣 小桜エツコ
十 両 間垣 広橋涼
ラジオ 横澤 よこざわけい子

 

15:12

連日の真夏日、今日は強い風も吹く愛知県名古屋市です。
声優相撲名古屋場所は2日目です。 横綱大関陣が初日を挙げる中、
地元・愛知県出身の大関・戸松遥が初日黒星となりました。

今日の取り組み、番付順にご紹介致します。
(旧パソコンが不調であるため、「過去の対戦成績」は掲載致しません、ご了承下さい)

結びは昨日大関を破った金元と横綱・花澤の一番。
昨日誕生日に惜しくも敗れた種田も横綱・沢城戦です。
戸松遥は今日も怖い相手、小結・早見沙織との対戦となります。

11 茅野 111 悠木
12 花澤 121 金元
13 沢城 112 種田
21 佐倉 122
22 戸松 41 早見
23 日笠 131 喜多村
31 内田真 132 小松
32 上坂 42 雨宮

 

「十両解説:間垣親方(広橋涼)」

十両の時間、解説には「広橋涼」の間垣親方です。宜しくお願いします。

親方、今期で言うと、もう皆が待ちに待っていた「WORKING!!!」ですよね。
「山田葵」役は嵌り役だなぁ~
と思う訳なんですがww

間垣「そうですね、長く愛して頂いてます。山田、感激ですっ!

ありがとうございますww あの1stシーズンが今から何と5年前。
2期から4年を経ての3期、「懐かしい!」という声も多いです。

十両5番目の相撲です。 阿澄佳奈関と水橋かおり関の一番。
もちろん、阿澄関はその「WORKING!!!」にも「種島ぽぷら」で出演中です。

●西十10・水橋かおり 寄り切り ◯西十09・阿澄佳奈

上位経験が本当に豊富な両者… なのですが、十両の前半で相撲を取る程、
連戦からの怪我、負傷が目立ちます。

間垣「怪我が癒えれば…、力士には禁物なのですが。
   阿澄さんは少し元気が出てきましたね。前に出る気持ちを忘れないでほしいです」

 

川上とも子さんと「ARIA The AVVENIRE」

親方、やはり一ファンとしては「ARIA」のお話をお伺いしたいです。
先場所、「ARIA The AVVENIRE(アッヴェニーレ)」が話題になりました。

そして今場所、いよいよ「本予告」が公開されましたので、ぜひご覧下さい。

ARIA The AVVENIRE 本予告

“今、再びの未来をご一緒しましょう。”
この言葉が、そしてグランマの言葉が本当に印象深いですね。

間垣「こうして改めて見ても、何か来る物がありますよね。
   絵は綺麗になってるけど、あの空気感が変わってないから。」

確かに。先場所は元横綱・川上とも子さんがキャストに名を連ねていることが話題になりました。
今でも、あの第6回「声優アワード特別賞」を思い出します。

「アニメの世界に今、“過去っておっしゃいましたけど、無いんです。永遠の命が与えられるんです。
 …永遠の命を与えられて、これからもですねたくさんのファンの方々を楽しませてくれるに違いないんです。」

この名調子が今でも忘れられません。

確かに、川上とも子のお母様が仰るとおり、「過去の人」になっていってしまうのが、
「性」
なのかもしれませんが、作品の中で永遠の命が与えられ、生き続ける。
すみません、先場所と同じような話をしてしまいましたねw まず、AVVENIREのお話を。

「Blu-ray BOX」3シーズンそれぞれに収録予定の「3部作」です!

その作品に登場する、広橋さんの演じた「アリス・キャロル」の後輩組に当たる、
「アーニャ」役を演じられるのが、そう現横綱・茅野愛衣関です!

間垣「横綱になって初めて会ったんですが… 大きく成長しているのを実感しましたね。」

茅野愛衣関といえば、デビュー当時から、「声優相撲を志したキッカケ」
の作品として「ARIAシリーズ」を挙げる程の「ファン」として好角家の間では有名
です。

間垣「ファンだった作品に出演できる、って声優相撲の大きな魅力ですよねぇ」

劇場アニメ『ARIA』新キャラに中原麻衣さん・茅野愛衣さん。予告動画や主題歌も解禁!

 

●東十07・斎藤千和 寄り切り ◯東十08・大坪由佳

土俵上の一番、うーん藍華ちゃん負けちゃいましたねぇ…。

間垣「3人の中で現役なのが斎藤千関だけなので、頑張って欲しいですね」

現役で見ますと、十両で土俵を踏む、先ほどのアイちゃんの「水橋かおり」関。
そして今、負けてしまいましたが「斎藤千和」関。
更に幕内にアリシアさんこと「大原さやか」関も現役ですね。

間垣「アニメ開始当時若手だったはずの斎藤千関も、ベテランですもんね…」

それだけ、1期から「10年」を記念した息の長く愛される「ARIAシリーズ」
10年という月日が長いということですよね。

時間無くなっちゃいましたけど、
「ARIA The ORIGINATION」もニコニコ動画で配信スタート!

1話から3話までは無料で視聴可能!ということで、
ぜひそちらもご覧いただければと思います。 以上、半分以上宣伝でしたっw!

ARIA The ORIGINATION 第1話 「その やがて訪れる春の風に…」

 


15:45 

幕内の土俵です。正面解説は、元横綱・伊藤静の「春日山親方」です。

昨日は大関・戸松が敗れたものの、他の5人が勝利。
比較的今年にしては落ち着いた初日だったんじゃないでしょうか。

春日山「やっぱり横綱大関陣は、強くてこそですからね。
    毎日次々と敗れてしまっては金星も有り難みが…ww」

確かに。勝つのが難しければこそ、その勝利の喜びが大きくなるのです。
ぜひ横綱大関陣には、下から上を目指す物にとっての最大の目標であり、
倒すべき「相手」であり続けてほしいと思います。

 

15:50 

追悼企画「たてかべ和也さんを偲ぶ」

今日は追悼企画として、先月6月18日に80歳で亡くなられた、
声優「たてかべ和也さんを偲ぶ」と題して、女性声優相撲との関わりを、
短い時間ではありますが、様々な方を通じてご紹介していきたいと思います。

先月6月23日の通夜と翌日の告別式には、多くの声優仲間が参列。
小原乃梨子さん野村道子さんよこざわけい子さん は勿論、
野沢雅子さん、水田わさびさん、かないみかさん、戸田恵子さん、田上和枝さん…。

各メディアでの報道の通り、認知症を患っていらっしゃる、
初代・大山親方こと「大山のぶ代」さんは参列なさいませんでしたが、
メッセージカードを寄せられたと報道されています。

 

現役時代の略歴を振り返ります。
大きな注目を集めたのは、1967年の「黄金バット」もありますが、
やはり1972年、最初の「ど根性ガエル」でのゴリライモ役でしょう。
野沢雅子(ひろし)と千々松幸子(ピョン吉)という両横綱と対峙する、
「後味の悪くない敵キャラ」
 この路線が初めて定着した作品とも思われます。

1974年には「はじめ人間ギャートルズ」のドテチン役
そして1975年のタイムボカン、1977年のヤッターマンと、
「タイムボカンシリーズ」で代々「3悪」の一味を演じてこられました。

何よりも1979年の「剛田武(ジャイアン)」役は、
一般にも広く知られる、たてかべ和也さんの「代名詞」的キャラクターとなりました。

1980年代中盤以降は、アニメへの出演はレギュラー作品にほぼ限られますが、
2000年の「タイムボカン2000 怪盗きらめきマン」
2008年の「ヤッターマン(2008)」にも出演なさいました。

今日の向正面の小桜エツコさんは、怪盗きらめきマンで「キラメール」を、
そして2008年のヤッターマンはみなさんの記憶に新しい所だと思いますが、
そこで親方、たてかべさんが演じた「トンズラー」が憧れる
「アイちゃん(ヤッターマン2号)」を演じていらっしゃったのが、
今日正面解説の「伊藤静」さんなんですよね!

春日山「そうですよー、あの現場では本当に貴重な経験を、
    いっぱいさせて頂きました。大関、横綱という立場で、
    先輩方に稽古を見て頂く機会って本当に少ないので、とても良い経験でした。」

 

そして、TVアニメでの最後の作品となったのが、
「旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目」の第8話
旦那の弟…?弟ですねw「マヨタマ」回である、「マヨタマ爆誕」です。

「A太」という、ガキ大将、まさにジャイアンで見せた、最も得意な形での出演でした。

やはり全盛期の、現役の時のような、低い力強い声とは違いましたが、
アニメファン、声優ファンとしては「感慨深い」ご出演だったように思います。

 

16:05 

さあ、声優相撲名古屋場所2日目。館内は中入りの休憩時間に入っています。

「たてかべ和也さんの育てた力士たち」

たてかべ和也さんは、現役時代から「二枚鑑札」として師匠を兼任し、
多くの弟子を育てられました。
(男性声優相撲は細かくつけていないことを前提にお読み下さい)

自身が社長となっていた「オフィス央」が1984年に「ぷろだくしょんバオバブ」に吸収合併されます。
オフィス央時代に見出した「堀内賢雄」が立てた「ケンユウオフィス」に移籍しますが、
上記3つの事務所(部屋)で取締役となり、多くの名力士を見出し、育て上げました。

1988年初土俵「クレヨンしんちゃん」の矢島晶子
横綱に昇進したちびまる子ちゃんのお姉ちゃん役を演じた水谷優子
同じく横綱にも昇進一時代を築いた折笠愛
2000年代では3場所連続優勝、大関になった「小林沙苗」
あるいはそのドラえもんを演じることとなった「水田わさび」などなど。

1980年代から声優相撲「高砂部屋」…というより、
声優相撲全体を支える力士を発掘し育て上げた「名伯楽」でもありました。

 

16:40

個人的な印象としては、たてかべ和也。
普段がどういった方なのかあまり(当然ながら)存じ上げないのですが、

それこそジャイアンと同じで、「気は優しくて、力持ち」。
良くドラえもんに関連した、「アニメランキングなどのテレビ特番」で、
他の旧ドラえもん声優さんと揃って顔出し出演をされていた印象があります。

その時はいつも満面の笑顔で、明るくジャイアンらしい振る舞いをなさってました。
きっと演技にも公私共に、「厳しい」「怖い」一面もお持ちだったのでしょうが、
あの人を魅了して離さない「笑顔」が一番印象に残っています。

春日山「少なくとも、若手だった私には優しく接して下さったように思います。
    優しさに基づいた厳しさだったような気がします。」


<今日2日目の結果>

 

はね太鼓

さあ、今日は横綱大関陣全員安泰でした。明日の取り組みもご覧いただきながら。

声優さんとそのキャラクターはアニメという世界の中で、
「永遠の命」を与えられます。そして、みなさんの心の中で生き続けるのでしょう。

数年後、数十年あとまで、名力士のことを語り継いで行きたいと思います。

今日の放送は春日山さんと玉垣さんでした。
お2人ありがとうございました。 名古屋から失礼いたします。

 

<明日3日目の取組>

11 茅野 2 121 金元 1
12 花澤 2 131 喜多村 0
13 沢城 2 41 早見 0
21 佐倉 2 111 悠木 0
22 戸松 1 122 0
23 日笠 2 112 種田 0
31 内田真 1 42 雨宮 1
32 上坂 0 141 大久保 2
132 小松 2 142 日高 1
151 赤崎 0 161 大原 2
152 木戸 1 162 瀬戸 0
171 東山 0 181 釘宮 1
172 M・A・O 2 202 沼倉 1
182 大西 1 201 佐藤利 1
191 井口 0 192 竹達 2
211 井上麻 2 221 洲崎 2
212 村川 0 222 諏訪 0
231 小倉 1 241 山本希 1
232 三森 1 242 加隈 2
251 高垣 1 261 小林ゆ 2
252 佐藤聡 0 262 高森 1