15名06


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

2015年名古屋場所・6日目(2015/07/17)

 

正 面 伊勢ヶ濱 水樹奈々
向正面 湊川 平野綾
十 両 大鳴戸 竹内順子
ラジオ 甲山 氷上恭子

 

16:03 

台風11号が昨日夜遅く、四国に上陸、現在は日本海を北上しています。(17日現在)
広範囲で大雨、強風、時化となっています。引き続きどうぞご注意下さい。

台風関連他のニュースのため、この時間から声優相撲中継をお送りしてまいります、ご了承下さい。
愛知県声優館です。今日から中盤戦の土俵を迎えます。
今、中入りの休憩時間です。 台風が接近しているものの、多くのお客様が来場しています。
上位陣、今場所は絶好調。3横綱大関の佐倉、日笠が5連勝として、この中盤戦を迎えています。

 

今日の幕内の放送は、向正面の解説には、
先場所限りで声優相撲を引退なさいまして、年寄・湊川を襲名なさいました。
元関脇、2000年代の声優相撲を大いに盛り上げてくださいました、
「平野綾」の湊川親方をお迎え致しました!

親方、お疲れ様でした。
湊川「はい、ありがとうございます。平野綾、湊川です。
   今日は宜しくお願いします!」

地元愛知県のご出身ということで、マス席の中にある「向正面」の解説席はどうですか?

湊川「結構、私に気がついてくれて、握手して下さいとか、声を掛けて下さる
   ファンの方が多くて、近くで触れ合える機会少ないので嬉しいですね。」

現役時代、特にこの名古屋は、大きな声援を受けていらっしゃいました、親方です。
今日は幕内の放送、宜しくお願いします。

そして正面解説には、元大関、現在は「伊勢ヶ濱一門」の総帥でもあられます。
「水樹奈々」の「伊勢ヶ濱親方」です、宜しくお願いします。

伊勢ヶ濱「はい、宜しくお願いします。水樹奈々でーす。」

 


「ファンレター:WHITE ALBUM」

というわけで、お2人に対してファンレターが届いていますw 30代の女性の方からです。

伊勢ヶ濱さん、そして湊川さん。お2人というと、
2009年初場所の「WHITE ALBUM」が大好きでした。
対照的な「アイドル」役、アイドルとしても恋愛でも良き友でありライバル。
声優相撲でもライバルだった両者ですが、現役当時のお話も聞きたいです。

もう6年も前なんですね、「WHITE ALBUM」
ご存知の方も多いと思いますが、1990年代のゲームを原作とするアニメ作品で、
当時としては珍しくゲームの挿入曲シングルがオリコンTop100に入るなど、
「音楽」にも力を入れた美少女ゲームの先駆的作品でした。
森川由綺役を湊川さん緒方理奈役を伊勢ヶ濱さんが担当されてましたが…

伊勢ヶ濱「何か随分昔のようなww 気がしますねwww」

湊川「ですねーww」

湊川さん、当時を思い出してどうですか? 伊勢ヶ濱親方の印象は。

湊川「いや、今でこそ出て当たり前… みたいになってますけど、
   この作品の主題歌だった曲(深愛)で紅白歌合戦に初出場されたじゃないですか~。
   声優相撲の歴史を変える、ものすごい力士なんだなぁって、
   年末にしみじみ思ってましたねw」

伊勢ヶ濱「いやいや、綾ちゃんだってすごかったじゃん!
     人気作品に出まくって、テレビにも私なんかよりたくさん出てたし!

www 当時の番付をここでご覧頂きたいと思います。

2009年初場所上位番付

能登麻美子 横綱 堀江 由衣
川澄 綾子 横綱 伊藤 静

水樹 奈々 大関 名塚 佳織
沢城みゆき 大関

釘宮 理恵 関脇 桑島 法子
佐藤 利奈 小結 平野 綾
小林 ゆう 前① 戸松 遥
福圓 美里 前② 加藤英美里

今見ても錚々たる面々ですねw 沢城がこの年横綱に昇進、その前の4横綱時代。

伊勢ヶ濱「私は横綱に、綾ちゃんは大関に届かなったけど、
     2006年ぐらいに1度チャンスがあって一度下がって。
     もう1度、そのチャンスを目指す「リベンジ」の時期だったと思います。」

そうですね。そして、伊勢ヶ濱さんが、結果的には唯一のとなりましたが、
2009年初場所、「水樹奈々」初優勝を飾った場所。
当時の懐かしい音源を持ってきました。

2009年初場所 東大関・水樹奈々 - 西小結・平野綾

大関復帰4場所目、連勝で迎える今日の一番、対戦相手は平野です。
大きな拍手に包まれてきました、声優国技館!

さあ立った! 水樹の鋭い突き放し!
平野が一気に下がりましたが… 俵に足を掛けて残しました!
廻しを取りに行く平野、ここで四つに組んで… 右四つか

左上手から一気に投げる! 水樹奈々、大関の豪快な「上手投げ」
今日も連勝、水樹奈々の勝ち!

伊勢ヶ濱「いやぁ、強かったですね、私ww」

そりゃそうですよ、この場所優勝するんですもん。湊川さん、どうですか?
当時の実際の音声を聞きながら。

湊川「我々やっぱり本場所以外の活動もあって、
   どうしても場所によって稽古が積めるかどうか、
   それで調子が決まっちゃう所があったんですが…
   この場所の親方はすごかったですよww 先に先に攻められて。」

 

音楽活動、歌手活動も積極的なお2人ですが、この「WHITE ALBUM」という作品。
芸能活動をする2人の作品ということで、キャラクターソングも人気を支えましたね。

伊勢ヶ濱「そうですねー、綾ちゃんとも一緒に歌いましたもんね!」
湊川「そうでしたね、色々思いだしますねww」

あ、調べてこなかった…。
「POWDER SNOW(Live Ver.)」、確か「WHITE ALBUM2」の終盤だったと思いますけど。
当時よくテレビでもCM流れてたりして…。 いやぁ懐かしいなぁ。

自分は、特に緒方理奈のキャラソンだと、
「SOUND OF DESTINY」もそうですけど、そのカップリングに収録されていた、
「ガラスの華」って曲が本当に好きで…
1986年当時のテレビから流れてきても全く遜色無いというか…。

伊勢ヶ濱「それ、前も言ってませんでしたww?」

ええ、同じことを方方で言っておりますよw


 

「まよなかデリバリー対決」

さあ、幕内3番目の取組です。

声優相撲、楽しみというか、ラジオから人気の取組になった両者の一番です。

ラジオ関西で引き続き絶賛放送中の「まよなかデリバリー」で共演の両者です。
東方、のじょさんこと山本希望さんが特に、この内山夕実関を大好きというねww

湊川さんも、ラジオ本当に若い頃からなさってますもんね。
お調べしたら、中学生の頃、「天使のしっぽ ホームパーティ」が…

湊川「アニメに関連したラジオだとそこらへんが最初ですよねww」

「ラジオどっとあい」、「涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部」、
「RADIOアニメロミックス」シリーズ、「リッスン? 〜Live 4 Life〜」…
そして今はNACK5の「AYA Means I Love You」とw

 

◯東前14・山本希望(1勝5敗) 寄り切り ●西十03・内山夕実

山本希、出る!出ました寄り切り~。山本希、今場所の初日が6日目出ました!

そして、内山との対戦、ついにのじょさんが勝ちました!
狙ったかのように、密着する相撲で内山を寄り切りました。

 

談話です、初日の山本希さん。

「まあ、誰とは言いませんが、ラフなストーリーを
 アレ(Rhodanthe*)の子(種田梨沙関)とやってたりするんで。
 私もちょっとラフに寄り切っちゃいました。 ゆーみん、悪く思わないでねw?」
とのことです。

きっと、ラジオ「夕実&梨沙の東京ラフストーリー」のことですねw
この7月から新たに始まったラジオ番組です。
Rhodanthe*でもおなじみの、内山夕実関と種田梨沙関の安定感抜群のラジオですww

ただ、「おまアレ」的(佐倉綾音関のラジオ等参照)には、
山岡ゆりさんまで巻き込んで、山本希望関も激おこ案件ですね。


 

「幕内前半の相撲、5連勝力士の結果」

 

●東前13・小倉唯(4勝2敗) 押し出し ◯西前14・加隈亜衣(6勝)

まず最初の登場は入幕2場所目の「加隈亜衣」関
押し相撲を取った小倉唯との激しい突き合いの末、
加隈亜衣が押し勝って、軽い体の小倉唯が飛んで土俵の下へ。
加隈亜衣勝って6連勝としました。

この力士も、今ラジオで「キャン丁目キャン番地」をやっています。
先場所7連勝を新入幕で遂げて三賞も獲得した「大西沙織」関と一緒なんですが、
かなり意識していたみたいで、三番稽古を場所前取って鍛えてきたとのことです。

湊川「やっぱり共演している力士が好調だと、
   「私も頑張らなきゃ!」ってなりますからね、相乗効果ですね」

 

◯東前12・洲崎綾(6勝) 下手投げ ●東前16・小林ゆう(5勝1敗)

注目の「5連勝同士」の対決!

元大関の小林ゆう関が好調5連勝でした。お2人も対戦経験が当然ありますよね?
今場所は全盛期のパワーが戻ってきたような強さが目立っています。

対するは今や、「洲崎西 THE ANIMATION」で、
「洲崎綾役の洲崎綾」でお馴染みとなっている洲崎綾関。
最高位が11枚めなので、それに近い番付で、
すでに6連勝として、勝ち越しから自身最高位を狙う場所になります。

先ほどからラジオの話題が出ていますが、
「ラジオ番組」をアニメ化!というのは非常に稀だと思いますね。

 

●西前11・村川梨衣(2勝4敗) 突き出し ◯西前07・M・A・O(6勝)

今期の中でも注目度トップクラスのアニメ「がっこうぐらし!」
アニメ史上最速となる「ニコニコ動画ミリオン」を記録など話題になっていますが。
2話は1話に比べて出演が増えた印象のM・A・O関。

今期は他の日常系アニメを見ても、その作品の影響が出てしまうんですが…w

お2人は「わかば*ガール」で共演中。
村川梨衣関のボクっ子の威力、きんモザの猪熊弟くんで分かっていたつもりでしたが、
今回も案の定やられてしまいましたw

ただ相撲は絶好調のM・A・Oが一方的に「突き出し」て6連勝でした。

 


 

「両者の本場所以外での共演」

 

歌手活動で言えば、「アニメロサマーライブ」にも良くご出演されていましたが…

何と言っても、2009年ですね!2日目。
「Animelo Summer Live 2009 -RE:BRIDGE-」で、
オープニングメドレーを両者が飾りました!
々様の「DISCOTHEQUE」と、懐かしい「MonStAR」をメドレーで歌われて。

湊川  「またご一緒したいですねー!」
伊勢ヶ濱「ねーーww」

個人的に、当時感動したのが…
そう、アニメロサマーライブといえば、毎年豪華出演陣が歌う「テーマソング」
話題になっている訳なんですが、2009年のテーマソングが特に好きなんです。

「RE:BRIDGE 〜Return to oneself」

彩音/ALI PROJECT(宝野アリカ)/石川智晶/いとうかなこ/ELISA/近江知永/奥井­雅美/ GRANRODEO/栗林みな実/
サイキックラバー/榊原ゆい/savage genius/JAM Project(影山ヒロノブ、遠藤正明、 きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹)/
Suara/茅原実里/平野綾/manzo/­水樹奈々/May'n/桃井はるこ/米倉千尋

ものすごい豪華な面々の中で、今でこそ「声優シンガー」って増えましたけど、
この当時は本当に数えるぐらい。そんな中両者が出場されて…。

01:38 ごろからの1番のサビ!

声優さんの力強い歌声での、「平野綾×水樹奈々」は本当に今考えても凄い!
声優界の「歌姫」が共演だぁ!と当時PV見ながら思ったのを覚えています。

伊勢ヶ濱「何か恥ずかしいです、やめて下さいよーww」
湊川  「でも改めて見る機会無いんで… 何か…若いなぁって」
伊勢ヶ濱「いやいや、綾ちゃん今でも若いよw! 老けこんじゃダメw」
湊川  「いうてももう“年寄”ですからw」
伊勢ヶ濱「そういう意味じゃないでしょw!?」

 

「ラジオでの共演」

ラジオの話も多いですね。もちろん、平野綾関だけじゃなく、
伊勢ヶ濱親方はもうアニラジを10年以上続けていらっしゃいますよね!

伊勢ヶ濱「はい、おかげ様で長いこと…ww」

お2人のラジオでの共演ってあんまり思ったより少ないんですよね。

「RADIOアニメロミックス」#007(2007年11月17日?)

ちょっと古いのを引っ張りだして来ましたがwww
珍しくわたわたしてる湊川さんが聞かれますww
現役時代も聞かれましたが「折れちゃいそう」「ちっちゃくて…」って。

湊川  「ひどいんですよ!私の方が身長は高いのにw!
伊勢ヶ濱「いやだって、今でも細いけど、当時本当に小柄に見えて、
     うわ相撲取って大丈夫かなぁ、怪我させちゃわないかなぁって…
     でも私何かよりよっぽど芯が通ってたよね」

湊川  「何言ってるんですか奈々さん、元大関自信持ってくださいよww」


 

17:10 

「後半の土俵から注目の結果」

●西前06・瀬戸麻沙美(1勝5敗) 引き落とし ◯西前04・日高里菜(3勝3敗)

昨日は大柄対決を制した瀬戸ですが、今日は小柄な日高相手に大苦戦。

 

●東前02・金元寿子(1勝5敗) 小手投げ ◯西前01・種田梨沙(2勝4敗)

今場所、やや不調な両者。金元寿子は平幕に落ちましたが前に出る相撲を心がけています。

今日も左上手を取ると寄っていきます。
…が、種田梨沙が押された所で「小手投げ」を決める!
種田梨沙、逆転の小手投げで2勝目。上位陣との対戦が終われば、
まだ勝ち越しへの望みがあります。中盤以降が大事です。

 

◯東前01・悠木碧(2勝4敗) はたき込み ●東前04・大久保瑠美(2勝4敗)

注目の小柄対決。
公称:144.5cmの悠木碧と150.0cmの大久保瑠美関の対戦。
大久保が押していく所を悠木が変わってのはたき込み。

大久保「相手が小柄なので、押すにも押しづらくて…」と素直に語りました。


 

「地元大関・戸松遥登場!」

さあ、大関・戸松遥の登場で、館内盛り上がってきました。

昨日ですかね、谷川親方がゲストの回に話題に上がりましたが、
幕内力士で今、愛知県出身なのが2人です。
湊川さん、同郷愛知の出身ということですよね。

湊川「今場所出場するか微妙だ、ってお話を聞いていたのですが、
   ファンのことを思って出場。 本当に頭が下がる思いです。
   それで苦しんでいるとはいえ、白星先行していますから、
   何とか勝ち越せるように15日間頑張って欲しいですね。」

 

今日は、前頭7枚目なのですが対戦が組まれました、「東山奈央」関との対戦です。

両者「戸松遥-東山奈央」といえば、「まおゆう魔王勇者」の共演。
「メイド姉・メイド妹」という姉妹…?共演が印象深いですねw

 

とここで、支度場で大関に湊川さん宛のメッセージを頂いたので、そちらをお聞き下さい。
湊川「あ、そうなんですか、楽しみ!」

戸松「はーい、戸松遥でーす。
   ええっと、平野さん、あ湊川さんといえばやっぱり「絶チル」ですね。
   「絶対可憐チルドレン」。 私がまだ10代の頃に共演させて頂いて…。
   そうです、子役から活躍されている先輩だったので、いつも頼りっきりでww」
戸松「正直、学年で言うと2つしか違わないんですが、
   私が序ノ口の頃から三役でバリバリ活躍されていたので、大先輩に思えてました。
   稽古も厳しかったんですが、いつも気に掛けてくれてて、
   あの稽古があったから今の私が居ると思います。」
戸松「ちょっと愛知出身、今少ないんですけど、
   新入幕の諏訪ちゃんとも一緒に、何とか頑張って盛り上げて行けたらな、と思ってます。
   湊川さーん!綾さーん!勝ち越せるよう頑張りまーす!」

というわけで…

湊川「やっぱり変わんないですねww」

ですか、やっぱりw

湊川「というか、当時の方が大人っぽかったかもしれません、年齢で言えばww
   でも、当時まだ年齢で言えば若手だったので、
   「年下の後輩」ってのが新鮮で。 可愛かったですねやっぱり~」

伊勢ヶ濱「私達それに、WHITE ALBUMで共演してますもんね。
     「観月マナ」役を大関やってました。」

!! あ、そうでしたね! 懐かしい~。思い出しました、そうでしたね。
自分の中ではもう完全に、親方と共演といえば、「47都道府犬」だがねww!

伊勢ヶ濱「ちょっと馬鹿にしたでしょ今ww」

いえいえ、失礼な、そんなことは無いんだがね!
さあ、最後の塩撒きです。 オレンジのタオルでいつものように汗を拭う戸松。
対するは、7枚目ながら不気味な存在、東山奈央です。

 

東山奈央 - 戸松遥

さあ制限時間いっぱい! やはり声援は地元大関・戸松遥が圧倒しています!
館内でサイリウムを振る人のほとんどが「オレンジ」一色
しかし、東山にも大きな声援、子どものような声も聞かれます。

子どもからも大人からも人気の高い両者です。力の入った熱戦となるのか。
東山が間合いを見ています、すでに手を付いている戸松。立ち合いです…


立ち合い、東山が突き放す!両者離れて…
東山が小柄を活かして潜り込む、前廻しを引いた!

戸松は相手のペースで相撲を取りたくない!
ここで戸松が叩く、更に今度は下から圧力を掛けて廻しを切ろうとする…
しかしそこは辛抱強い相撲、東山は命綱を手放さない!

戸松は今度は両方の腕を… 覆いかぶさるように東山の上から上手を掴みました。
小柄な東山はここからどうするか?
しかしすでに額に汗が滲んでいます大関、長期戦は避けたい所ですが…

今度は東山が前に寄って行く! おお一気に出て…
戸松、堪えた!

< 88888888

ここで館内拍手… 再度東山が前に出ようとする所、戸松が再度こらえて…

東山崩して下手から… 「下手投げ」~!

下手が活きました、崩してからの下手投げ、戸松の背中に土!
東山、殊勲の星です! 戸松は3勝3敗と厳しくなりました!

 

◯東前07・東山奈央(3勝3敗) 下手投げ ●西大関・戸松遥(3勝3敗)

 

放送席、インタビューです。
大関に勝って、星を五分に戻しました「東山奈央」関です、おめでとうございます。

東山「ありがとうございます。東山奈央です。」

去年の秋場所以来、そして去年名古屋場所も大関に勝っていて、
過去の対戦、4対3の戸松関とはいえ、終始 余裕のある相撲に見えたのですが。

東山「いや、さすがに余裕は無いですけど…。
   でも今日は廻しを取って相撲を取ろうと思っていたので、
   大きな大関相手に良い流れだったと思います!」

これまでの対戦はやはり、両者前に出る相撲が多かったですよね。

東山「結構私が前に出てるのに、大関にうまく取られて
   逆転負けしてる印象があったので、なら組んだらどうなるだろう…って」

先場所は特に生命線である膝に厳しいテーピングがあって。
心配しているファンの方が多かったんですが、今場所はどうですか?

東山「足の調子は悪く無いです。じゃなきゃ大関には勝てませんよーw」

今場所は前頭7枚目で迎えた名古屋場所ですね。

東山「番付とか相手はあんまり気にせず、自分らしい相撲を取って、
   お客様に喜んでもらえるように頑張りたいです。
   相手が大関でも、それこそ横綱でも。自分の相撲に徹して頑張ります!」


 

17:45 

「注目全勝対決:小松未可子-花澤香菜!」

 

さあ、ここれから横綱戦です。注目の「5連勝対決」が組まれました。

西前頭3枚目の「小松未可子」と、西横綱「花澤香菜」の一番。
特に今場所は上位陣が絶好調ですから、終盤まで全勝を守らないと、
或いは優勝争いに残れないかも知れません。
今年の優勝は13勝2敗まで優勝ラインが下がりましたが…

伊勢ヶ濱「普通なら、1敗までですからね、優勝争い。
     やはり終盤まで全勝で行かないと優勝出来ない。
     それぐらいに思っていないと現実には厳しいと思います。」

 

今場所は上位陣がここまで絶好調。横綱3人が揃って「5連勝」です。

前半3場所、横綱は賜杯に手が届いていません!
そして、この花澤もかつての全盛期の連覇からは想像出来ないほど、
今賜杯から遠ざかっています。

一方でスラーっとした体格から出される足技であるとか投げ。
業師でもある小松未可子関。今場所絶好調の5連勝。
最高位:小結ですから、大勝ちすれば「新関脇」も可能性があります。

お互い今日の相撲に「勝ちたい」という状況は同じだと思います。
勝利への執念が勝るのはどちらか!

さあ、制限時間いっぱいです。5連勝同士! また歓声が湧き上がる名古屋です。
先に腰をおろしたのが小松です。 横綱はまだ腰を割らず小松を見ています。

少し間合いを取ってゆっくりと腰を下ろす横綱。
さあどうでしょうか。 行司軍配返っています!

 

立ち合い、気合が入っています両者。さあ立った!

横綱やはり廻しを取りに行った!
しかし、小松がその手を払った、そして横に回りこむ。
体が離れていますが、横綱組めるか?

っといなした、いなした! 廻しを取りに行った所、
向き直って体勢立て直したい横綱… しかし押されて、足が出た!

小松未可子、横綱・花澤香菜に今年2度目の勝利!!金星!

6連勝を決めたのは何と小松未可子です! 横綱についに土!!!

 

☆◯西前03・小松未可子(6勝) 押し出し ●西横綱・花澤香菜(5勝1敗)

 

放送席、花澤から初金星で6連勝です。小松未可子関です、おめでとうございます。

小松「はい、ありがとうございます。」

顔真っ赤で引き上げてきましたね。

小松「いやまあ、元から赤くなりやすいんですが、でもはい、力の入る相撲でした。」

横綱が廻しを狙ってきました。それを交わすように動いて、
相手にスキが出来るのを待ちました。 想定していましたか?

小松「そうですね、こうなるかな…って土俵下で考えてた通りでした。」

横綱の癖みたいなものを掴んだのでしょうか?
いずれにせよ、初顔合わせの初場所に続き2度めの勝利。
しかも「金星」となりました。

小松「結構共演昔から多くて、稽古もしてたので…。
   でもやっぱり本場所の土俵で「金星」、嬉しいですね。」

これで6連勝。どうですか?

小松「イヤww まあ、まだ好調力士と当たっていない人も多いので、
   とりあえず早く勝ち越しを決めたいです。」

大勝ちすれば、「新関脇」もあり得る番付ですよ?

小松「いや、まずは勝ち越しです。 そうしないと取りこぼしちゃうので。
   あと2番勝つのが、決して楽じゃないとわかっているので。」

分かりました。 またインタビュールームでお待ちしています。

小松「はい。また来られるように頑張ります!」

小松関でした、放送席どうぞ。


<今日6日目の結果>

 

 

<優勝争い>

全 勝 茅野 沢城 佐倉 日笠 小松 M・A・O 洲崎 加隈(8人)

 

序盤戦終わって全勝10人。6日目、2番「全勝対決」がありましたが、
他の8人が今日も勝って6連勝です。
徐々に好調力士同士の対戦が組まれ、優勝争いが絞られてくることが予想されます。