15名13


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

2015年名古屋場所・13日目(2015/07/24)

 

正 面 春日山 伊藤静
向正面 大谷育江
十 両 桐山 松岡由貴
ラジオ 北陣 今井麻美

 

15:12 

声優相撲は13日目。優勝争いも終盤戦、
上位陣による熾烈な争いが繰り広げられています。
各段優勝も決まり、いよいよ場所も残り3日。
各力士、力の入る相撲を展開しています。

 

「優勝争い」(12日目現在)

12-0 佐倉綾音
11-1 茅野愛衣、花澤香菜、日笠陽子

 

「今日の取組」(13日目)

11 茅野 11 172 M・A・O 9
12 花澤 11 21 佐倉 12
13 沢城 9 32 上坂 5
22 戸松 5 31 内田真 7
23 日笠 11 242 加隈 8
41 早見 4 142 日高 5
42 雨宮 6 112 種田 6
111 悠木 5 152 木戸 5
121 金元 5 192 竹達 8
122 3 212 村川 6
131 喜多村 3 152 木戸 5
132 小松 9 141 大久保 6
161 大原 7 222 諏訪 4
162 瀬戸 3 251 高垣 4
171 東山 7 201 佐藤利 7
181 釘宮 3 211 井上麻 8
182 大西 5 202 沼倉 5
191 井口 3 241 山本希 6
221 洲崎 9 321 津田 -
231 小倉 8 252 佐藤聡 5
232 三森 4 261 小林ゆ 7
262 高森 2 362 藤田咲 -

優勝争いを占う意味で重要な一番です。
横綱・花澤香菜・1敗と、大関・佐倉綾音・全勝の一番。
結び前ながら、今場所の行方を左右するような一番が組まれました。


 

15:30 

「十両優勝を争う一番・がっこうぐらし!対決!」

さあ、十両の時間は、元関脇・桐山親方こと「松岡由貴」さん
お伝えしておりますが… 注目の一番を迎えています。

声優相撲十両の時間、優勝を決める一番が今日組まれました。

 

東十14・小澤亜李(12勝) - 西十07・水瀬いのり(10勝2敗

新十両にして「12連勝」という快進撃を続ける小澤亜李と、
十両3場所目にして大勝ち、2桁にのせた水瀬いのり。
唯一2敗で追いかける水瀬との直接対決が今日組まれました。

小澤が勝って「13連勝」とすれば、追いかける水瀬との差が星3つとなり、
13日目にして「十両優勝」を決めます。
もし水瀬が勝てば優勝決定は明日以降です。

さて桐山さん、小澤亜李関、どういった強さを感じていらっしゃいますか?

桐山「何というか、相手に合わせて立ち回りが上手いですよねー
   メインヒロインというか、今場所は2番手で相手力士を良く見ながら、
   器用な相撲を取っている印象です。
   新十両とは思えないぐらい落ち着いて、堂々とした相撲だと思います。」

対する水瀬関の印象はどうですか?

桐山「水瀬ちゃんは対照的に、自分の相撲を押し通してますね。
   前に出る相撲を心がけて、ブレない。 その姿勢が重要だと思います。」

となれば、今日の相撲はどうなるでしょうか。

桐山「現時点ではやはり組まれたら小澤さんだと思います。
   とはいえ一昨日だったかな、水瀬関も廻しを取っても
   しっかりと相撲になるので、まず立ち合いから注目したいです。」

十両の時間なんですが…
まるで幕内の優勝が決まる一番かのようなものすごい歓声です。

桐山さん、今日も今場所6回目の「満員札止め」となっているんですが、
十両からお客さん多いですよね。

桐山「そうですね、やっぱり声優人気が高まっているのと、
   加えてこうした面白い相撲が増えると、
   自然とお客様も早くから足を運んでくださいますよね。」

やはり今期いちばんの話題作「がっこうぐらし!」で、
メインキャラ4人の2人を演じる両者です。

さあ時間です!
雨宮天以来、新十両で13連勝、そして十両優勝なるか、小澤亜李!
水瀬いのりが待ったを掛けて明日以降に優勝を持ち込めるか!?

 

軍配返って… 一瞬の静寂!

さあ立った!やはり立ち合いの威力は小澤か!
水瀬がたまらず上から叩きます。
おっと両者見合って間合いを取る格好になった!
手を伸ばす水瀬とそれをうまく弾き返す小澤。

ここで手を掴んで食い止めた小澤!
水瀬は何とか押して前に出たいが…手を封じられています。

< 8888888888

館内からは早くも拍手が沸きます。
土俵のほぼ中央…ここで小澤から手を離した!
そして左四つ… 右上手の体勢!
右の投げ、堪えた、堪えた水瀬。
出し投げ気味の投げを堪えました、水瀬いのり。

< 8888888888

両者への声援、拍手が響く館内。
しかし本来なら右四つを取りたいか水瀬。

…ここで…、水瀬巻き替えた!右四つ!
小澤が巻き替え返そうとしますがそれは出来ない!

水瀬が一転寄って行く…が、小澤堪えた。
しかし投げを打つ、上手投げ決まった~!!

水瀬いのり、全勝の小澤亜李を止めました!
穏やかな所から一変、激しい後半の「巻き替え」見事に決まりました。
小澤亜李に土、優勝争いは明日以降に持ち越しです。


 

16:00 

今日13日目ということで、「各段優勝力士」が決まりました。

先ほどご覧頂きました通り、幕内と十両は明日14日目以降に優勝が決まります。
幕下以下ではご覧のように優勝が決まりました。
幕内の土俵の合間にインタビューをおとどけしようと思いますが・・・

さて、今日の解説には、2003年に序ノ口、序二段、三段目と優勝。
「テクノライズ(TEXHNOLYZE)」と「真月譚 月姫」ですかww
もちろん、2008年には幕内連続優勝を果たされています。
元横綱・伊藤静の春日山親方です。

そして向正面からは、元関脇・大谷育江さんです。
序二段設立の1991年初場所で「序二段優勝」を果たされています。

 

「声優相撲2015年名古屋場所各段優勝力士」(13日目現在)

番付 声優名 部屋 出身地 生年 初土俵 出演作
幕内            
十両            
幕下 田中あいみ 九重 東京都 1992年 2012年 干物妹!うまるちゃん(土間うまる)
三段目 高橋李依 九重 埼玉県 1994年 2013年 それが声優!(一ノ瀬双葉)
序二段 長久友紀 出羽海 兵庫県 - 2014年 それが声優!(萌咲いちご)
序ノ口 姫崎愛未 ジョブネット 福岡県 1994年 2015年 暗闇三太(戸村井六子)

 

今回は幕下以下での優勝決定戦はありません。

幕下は九重部屋の「田中あいみ」さん。幕下39枚目です。
三段目は今期大活躍でした、高橋李依さん。こちらも九重部屋です。
序二段は長久友紀さん。三段目の高橋さんと「それが声優!」で「イヤホンズ」を組んでいますね。
序ノ口は、福岡県を拠点に活動のアイドルグループ「LinQ」から、
「姫崎愛未」さんが声優相撲の土俵でも活躍、序ノ口優勝としました。


 

「各段優勝力士インタビュー:幕下・田中あいみ」


放送席、放送席。 各段優勝力士インタビューです。
まずは幕下優勝の「田中あいみ」さんです、おめでとうございます。

田中「はい、ありがとうございます!」

各段優勝は初めてですよね?

田中「はい。優勝争いに加わるのも初めてだったので、
   優勝出来て本当に嬉しいです。」

今日13日目は優勝を決める一番で、
「カッター」としてお馴染み、松井恵理子さんとの対戦でした。

田中「先場所優勝されてますし、愛知のご出身なので、
   応援とかは松井さんの方が多かったと思うんですが…w
   私のことを応援して下さる方も居たので頑張れました!」

九重部屋の所属、初土俵が2012年ですね…。
個人的には、一昨年2013年、まだ序二段だった頃に、
「ラジオどっとあい 田中あいみ の よ~い、ドン!」で、
55代目のどっとあいパーソナリティをされてましたね。

田中「そうです、ありがとうございます。今以上にガチガチでしたww」

初のヒロインというと、去年春場所の「わしも WASIMO」で、
主人公・ひよりちゃん役
が初ですよね。

田中「そうですね、今年からレギュラーで放送中です。」

あ、そうだ、夕方に教育テレビ(Eテレ)でやってますもんね。
そして話題になったといえば、あの「弱虫ペダル」の店員さん、
タナカ役ww で、滑舌の良い相撲をみせてくださいましたね。

田中「はい、同じ名前でww
   大食いのメニューを早口で読み上げるって相撲だったんですが、
   また最近話題にして下さる方が多くて、頑張ってよかったと思いました。」

なにより今場所は人気の作品ですよね。
動画工房さんの「干物妹!うまるちゃん」で、
「干物妹(ひもうと)」である主人公…というかヒロインというか、
土間埋(どま うまる)役を演じられてますね。

田中「ぬへへぇ~ww そうです、うまるちゃんです!」

美妹(びもうと)という、家の外だと
思わず皆が振り返って、クラスからも人気の高い頭身も高い、
容姿端麗な女の子を「演じている」 うまるちゃん。
そこでは、どことなく「伊藤かな恵」さんっぽいのかなぁ~
なんて思ったりもしてますがww

田中「ああいう力強い相撲も目指してます!」

一方で、家に帰ると「厳しい」wwと本人は言うお兄ちゃん、
野島健児さん演じる「土間大平」に甘えるぐーたら妹「干物妹(ひもうと)」
もう2頭身ですよね、デフォルメされて、
可愛いんだけどイラつく、そんな感じの「2キャラ」を演じられてます。

田中「そう、イラつくんだけど、可愛いって良く言われますwww」

今日の相撲も、これまでを見てもそうですが、
結構難しい技が必要な所も見事に演じられてますね。

田中「部屋(81プロデュース)には素敵な先輩がたくさん居るので、
   稽古で勉強させて頂いてますね。」

何よりも、うまるのOPである、
「かくしん的☆めたまるふぉ〜ぜっ!」は今期の中でも凄いキャラソンですね!

田中「嬉しいですw! 好きだって仰って下さる方が多くて。」

テンポも早くて、途中で転調もあって声色変えたり、
更にキャラソンとしてキャラ声で歌わなければ行けないのに、
簡単にこなされてますもんね。

田中「いや、簡単じゃないですよww 相当稽古しましたもんw!」

その稽古でのがんばりも今場所の結果に繋がりましたね。

田中「はい!」

さあ、来場所は当然自身最高位、幕下のかなり上位になると思われます。
秋場所に向けて意気込みをお願いします。

田中「良い流れで来ているので来場所もまずは勝ち越せるように。」

田中あいみさんでした。


 

「各段優勝力士インタビュー:三段目・高橋李依」

続いて三段目優勝です。こちらも九重部屋所属、「高橋李依」さんです、おめでとうございます。

高橋李「はい、高橋李依です!」

三段目優勝…なんですが、三段目とは思えない安定感ですねw

高橋李「いえいえ、やめてくださいよーww
    でも幕下の方とも相撲で勝てて自身になりました。」

初土俵は2013年なんですが、それ以前、
高校時代から「高校声優相撲」で大活躍されましたね。
バドミントンなどで知られる高校の「放送部」に所属。
「アニメ甲子園2010-2011声優相撲部門優秀賞」
「第5回九重部屋新弟子検査特別賞」
などを受賞されてますね…
エリートじゃないですか!

高橋李「いやだからそういう期待持たせるようなのやめてくださいよー!」

調べて思い出しましたが、教習所時代に、
今や関取の「上田麗奈」関などと一緒に声優ユニット
「Anisoni∀(アニソニア)」を結成されてましたね!

高橋李「関取になってて、凄いな~ってww」

エピソードも満載で多才なのを窺い知れますが…
新体操やら側転やら楽器演奏やら、絵やら…ww

高橋李「ちょっと、なんで今、絵で笑ったんですか!ww」

いえいえ、何でもないですよw

初土俵が2013年で、その年には印象深いラジオ。
「高橋李依の本気!アニラブ」と「ニッポン朗読アカデミー」が。

高橋李「良い稽古になってます。土俵でも稽古が活きてると思います。」

好きなスポーツは「スポッチャ!」じゃなくて、
「声優相撲」って言っていただけたら…w
と言いつつ、男性陣はもちろんですが、
「ニッポン朗読アカデミー」からは多くの活躍力士を輩出されてますね。

高橋李「当時は今ほど皆出演作がなかったので、
    皆の活躍が私としても嬉しいです!」

さあ今場所の話題に移ろうと思うんですが…
三段目力士の出演作数じゃないですね、正直ww

高橋李「ww いえ、でも今期は本当にたくさん出させて頂いてます。」

 

まず「乱歩奇譚 Game of Laplace」の「男子中学生」
コバヤシ(コバヤシ少年)
役ですね!

高橋李「性別が男の子ってのをちょっと意識しました。」

一部のファンから絶大な支持を受けているコバヤシ君ですがww
土俵では豪快な「外掛け」を決めました。
もともと足技も時折見せますが、ここまで綺麗に決まったのは初でしたね。


そして何より話題になっている「がっこうぐらし!」
直樹美紀、みーくん役
ですね。まあ、こちらは女の子の後輩ちゃん。
先輩たちの中で唯一の2年生…

高橋李「しっかりもので可愛い後輩ちゃんですよー」

M・A・Oさんも幕内で大活躍、そして十両では
先輩2人の声優さんが優勝を争って激突…。
そして高橋李依さんは三段目優勝と、本当に凄いですね。

高橋李「みんな活躍してて、テレビでも見られるので
    毎日ドキドキ・ワクワクしながら応援してますw!」

3話も話題になってましたが、みーくんは1話から登場していて、
かつその1話でも活躍されてましたから…。

高橋李「あんまりまだ話せない部分も多い作品なのでww」

インタビューする側も、される側も大変ですよww


そして主人公を演じている「それが声優!」。
一ノ瀬双葉役と、あとコロリちゃん役ww

高橋李「双葉が持っているぬいぐるみだコロ!」

ありがとうございますww
でも2役演じられたり、特番でナレーションしたりと、
普通に声優としてのスキルが試される作品なので、
こちらも声優相撲ファンは必見の番組だと思います!

高橋李「はい、お願いします 見てみてくださーい!」

序二段優勝の長久さんとも組んでいる、ユニット「イヤホンズ」。
もうラジオにひっぱりだこじゃないですか!

高橋李「色んな所にお呼ばれして… まあここもですがww」

話題作にたくさんご出演の高橋さん。
さあ来場所は幕下ですね。

高橋李「双葉ちゃんと同じような感じで、
    双葉ちゃんに負けないように稽古して秋場所、頑張ります!」

高橋李依さんでした。


 

「幕内の相撲ダイジェスト」

◯東前07・東山奈央(8勝5敗) 引き落とし ●東前10・佐藤利奈(7勝6敗)

初場所以来半年ぶりの勝ち越しとなる「東山奈央」関。
東山「怪我も治ってきたので、また沸かせる相撲を取りたい」
と持ち前の明るい声と笑顔で答えてくれました。

「ためしてガッテン」でナレーションを演じたり、
「ハロー!! きんいろモザイク」で早口な英語を披露したり、
きんモザ、ニセコイ、俺ガイル… 2期アニメも多数放送。
東山「星は上がってなかったですけど、前に出る相撲が取れていたので、
   いつか勝ちに繋がると信じ続けて稽古を続けました。」

 

◯東前06・大原さやか(8勝5敗) 押し出し ●東前12・諏訪彩花(4勝9敗)

10周年を記念する「ARIA」シリーズ。
主要6人で唯一現役を続けるのが大原さやか関です。

大原「まだまだ若い子に負けません!って言うのが最近の生きがいですww
   アリシアさんを思って私も頑張ってます。」

特技:京都の大原関、当然場所後に行かれるんでしょ? と聞いたら…

大原「まあ行くつもりですけどww 気が散るからやめて下さいww
   勝ち越したら行くって目標を立ててるので、今から楽しみです。」

と満面の笑顔で口に手を当てながら話してくださいました。

 

●東前04・大久保瑠美(6勝7敗) はたき込み ◯東前03・小松未可子(10勝3敗)

昨日悠木碧に敗れたものの、今日は小柄な大久保を下して、
2桁10勝目。おそらく返り三役は決めたのではないでしょうか?

小松「いつもぎりぎり勝ち越し、
   8勝とか9勝ばっかりなので今回こそ!と思ってました。」と談話。

(調べると2桁は2013年夏場所以来2年ぶりで、)自身最高の成績を目指します。


 

「大関戦2番」

◯東大関2・日笠陽子(12勝1敗) 突き出し ●西前14・加隈亜衣(8勝5敗)

上位対戦が続く加隈亜衣関、今日は日笠陽子関との対戦。
気合を入れて臨みましたが、圧倒的なパワーに「突き出し」で敗れました。
日笠陽子は1敗を守って優勝争いに食らいつきます。

「ビキニ・ウォーリアーズ」で共演している大関の印象を聞いて、
加隈「キャラと大関…ちょっと違うなぁ、と思っちゃいましたけど、
   土俵上での真剣な姿は普段や稽古場とまた違ってオーラがありましたw!
   また戦える番付まで活躍して上がりたい」
とのことでした。

 

●東関脇・内田真礼(7勝6敗) はたき込み ◯西大関・戸松遥(6勝7敗)

関脇・大関の入れ替え戦的な様相を呈しているこの一番。
しかし戸松遥が意地のはたき込みで勝って勝ち越しに望みを。

内田真礼は勝ち越しを決められず、残り2日勝っても9勝。
大関取りは極めて微妙な流れとなっています。


 

「優勝を争う一番、佐倉綾音-花澤香菜」

 

注目の一番、全勝の大関・佐倉綾音と、1敗の横綱・花澤香菜の直接対決!
過去の対戦、13回戦って、横綱の12勝1敗。

佐倉綾音は憧れの横綱相手にどうも…
萎縮はしていないのですが、どうも本来の
おもいっきりの良い相撲が取れていない印象。

しかし横綱は現在佐倉に11連勝中ながら、
今年ここまでは成績では大関が圧倒しているだけに、
佐倉が横綱を目指す上で倒さなければ行けない相手に変わりありません。

普段通り、冷静を装う佐倉ですが、心中はいかに。13連勝なるか大関!
今場所も佐倉綾音の好調を止められるか横綱・花澤!


下がりながらの「引き落とし」どうだ!?
佐倉が土につくのが早かったか!軍配は西横綱に上がりました。

審判互いに顔を見合いますが…
物言いは付きません。 流れとしては佐倉でしたが…
これで佐倉綾音が1敗に後退、全勝がいなくなりました!
13日め、名古屋場所は更に混戦となります!

花澤香菜、今場所も今場所も佐倉綾音を下しました!!

●東大関・佐倉綾音(12勝1敗) 引き落とし ◯西横綱・花澤香菜(12勝1敗)

春日山「不思議なものですね。流れは完全に佐倉だったのですが、
    土俵際で花澤が俵をうまく使って何とか残っていますね。」


 

「今日の結果」(13日目)

優勝争いは、全勝がいなくなり、1敗で3人が並ぶ混戦です。

「優勝争い」(13日目現在)

12-1 花澤香菜、佐倉綾音、日笠陽子
11-2 茅野愛衣