15秋01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

2015年秋場所初日(2015年9月13日)

 

日付 幕内 向正面 十両 ラジオ 特集 補足
初 日 09/13 堀江
堀江由衣
伊勢ヶ濱
水樹奈々
三保ヶ関
TARAKO
佐渡ヶ嶽
田村ゆかり
今場所展望  

 

<今日のハイライト>

「今日の十両の取組」
「進退がかかる41歳、水橋かおり関」
「新十両:石上静香 初白星」
「十両の結果」
「優勝額掲額」
「新入幕1:小澤亜李」
「新入幕2:水瀬いのり」
「大関・戸松遥 休場で関脇陥落へ」
「ごちうさ?? リゼ-シャロ対決」
「結びの一番:花澤24-0悠木

 


15:05

 声優相撲です。真夏の熱戦となった名古屋場所から1ヶ月半。
舞台はここ東京・秋葉原の「声優国技館」に移って15日間の熱戦。
秋めいてきました9月場所、今日から「秋場所」が始まります。
どうぞ熱戦にご期待下さい。
十両・幕内の時間、15日間の実況を務めます、私、
テキストアナウンサーのy=Rxです、よろしくお願い致します。

 今場所から、十両の取組も、リアルタイムで集計して参ります。
十両の土俵が進んでいます。この時間の解説は、
元幕内・TARAKOの「三保ヶ関」親方です、よろしくお願いします。

 

「今日の十両の取組」

321 三森すずこ 312 諏訪彩花
331 中原麻衣 322 佐藤聡美
341 高垣彩陽 332 白石涼子
351 久野美咲 342 小清水亜美
361 大橋彩香 352 藤田咲
371 田村睦心 362 寿美菜子
382 高森奈津美 372 上田麗奈
381 阿澄佳奈 391 牧野由依
401 石上静香 392 石原夏織
411 明坂聡美 402 大坪由佳
421 矢作紗友里 422 徳井青空
431 高橋未奈美 432 茅原実里
441 水橋かおり 442 朝井彩加

 

「進退がかかる41歳、水橋かおり関」

 さあ、三保ヶ関さん。十両の今日の割をご覧頂いていますが、注目は?

三保ヶ関「やっぱり水橋関ですね、進退を賭ける場所なので…
     何とか勝って欲しかったのですが…」

はたき込みに朝井関に敗れましたね。

 水橋かおり関は、先月誕生日を迎えられて41歳
夏巡業、北海道のご出身ということで何としても関取で巡業を迎えたい、
と先場所語っていました。何とか14枚目ですが十両に残りました。

 本家大相撲でも、旭天鵬、若の里とベテランが引退しましたが、
この水橋関も「関取で無くなったら引退を考える」と数年前から公言しているだけに、
今場所は進退がかかる場所として注目されています。

三保ヶ関「私はまるちゃんとかもあって、30代で引退しましたし、
    『探偵少年カゲマン』って作品の頃に(41歳は)当たるんですけど、
     もう親方として土俵から離れてましたから、本当に凄いなぁと思ってます。」

ちなみに、明日は1990年、平成2年生まれの24歳、
新鋭の「高橋未奈美」関との対戦が組まれています。

 

「新十両:石上静香 初白星」

 今場所唯一の新十両は、石上静香さんです。
再出世したのが2012年、当初の九重部屋から昨年2月に尾車部屋に移籍。
去年から番付を駆け上がり、新十両の座を射止めました。
では、元三役、石原夏織関を下した一番です。

 新十両、石上静香、地元の歓声も背に受けて!石原、先に手を付きました!

 さあ立った!石上、廻しを探りに行く、石原押し返す!
廻しは取れない、石原が前に出ようとする所… 石上がいなす。
いなされて石原の、石上はたき込み~ 石原、ばったりと手を付きました。
 石上… 突き落としか、いやはたき込みでしょうか。
いずれにせよ、今土俵上で大きく息を吐き、勝ち名乗りです!

 というわけで、新十両で初日白星をあげました、石上静香関。
「下セカ」などでヒロイン(…w?)を演じている石上関、
都合があえば、「新十両紹介」などで詳しくご紹介したいと思います。

 

「協会ご挨拶」

「初日にあたり謹んでご挨拶を申し上げます。
 本日ここに恒例の秋場所を開催致しましたところ、
 初日早々ご来場下さいまして、誠にありがたく心より御礼申し上げます。

 今場所は新関脇の2人を始め、新進古豪の各力士は全力を尽くし、
 気迫の篭った相撲を展開、皆様のご期待にお答え出来るものと存じます。
 何卒千秋楽までご来場の上、ご声援を賜りますようお願い申し上げましてご挨拶と致します。

 2015年9月13日、私益財団法人 声優相撲協会理事長 林原めぐみ」

 

「十両の結果」

 

312 諏訪彩花 1 送り出し 321 三森すずこ 0
322 佐藤聡美 1 寄り切り 331 中原麻衣 0
332 白石涼子 1 押し出し 341 高垣彩陽 0
342 小清水亜美 1 押し出し 351 久野美咲 0
352 藤田咲 0 引き落とし 361 大橋彩香 1
362 寿美菜子 0 寄り切り 371 田村睦心 1
372 上田麗奈 1 押し出し 382 高森奈津美 0
381 阿澄佳奈 1 引き落とし 391 牧野由依 0
392 石原夏織 0 はたき込み 401 石上静香 1
402 大坪由佳 0 引き落とし 411 明坂聡美 1
421 矢作紗友里 0 寄り切り 422 徳井青空 1
431 高橋未奈美 1 寄り切り 432 茅原実里 0
441 水橋かおり 0 はたき込み 442 朝井彩加 1

 新十両の石上静香は、初日元三役の石原に勝利。
今日が誕生日、大橋彩香関が勝利しました。今日で21歳になりました。

 


「優勝額掲額」

 

東京場所ということで、夏場所と名古屋場所の優勝掲額を行いたいと思います。

 まず、5月「夏場所」は、新大関優勝の「佐倉綾音」関。初優勝です。
ご存知、今年上半期を代表する話題作「艦隊これくしょん -艦これ-」から、
「角界のアイドル」~♪ こと、「那珂ちゃん」の肖像です。

もちろん、那珂ちゃんだけでなく、艦これを始め、多くのキャラクターを演じ、
演技幅の広さを示してくれました。 今場所2度目の優勝を目指します。

 続いて、名古屋場所は、久々2度目の優勝を達成した「日笠陽子」関
かつて得意とした「ヒロイン」キャラで復活を遂げ、14勝1敗の好成績。
肖像には「六花の勇者」から姫様・ナッシェタニアの肖像です。
本来のド・ヒロインキャラで再び横綱を目指して先輩大関、連覇を目指します!

 

優    勝

    

2015年7月場所

大関・日笠陽子 関

 

優    勝

    

2015年5月場所

大関・佐倉綾音 関

 

 この2場所は共に優勝したのが「佐渡ヶ嶽部屋」
アイムエンタープライズの新旧大関
でした。
優勝には届かなったものの、両場所で佐渡ヶ嶽勢は大勝ちし、存在感を発揮しましたね。

 さあ、来年1月の東京場所で掲額される「優勝額」、
誰の肖像、誰のキャラクターが掲額されるのでしょうか、
今から楽しみでなりません!

 


 

「幕内」

 

声優相撲、初日の声優国技館、満員のお客様が詰めかけています。
初日の幕内の解説陣をご紹介致します。
正面解説は元横綱・堀江由衣の「堀江」親方
向正面は、元大関・水樹奈々の「伊勢ヶ濱」親方です。
お2人どうぞよろしくお願いします。さあ、堀江さん。先場所も本当に盛り上がりました。

今日、除幕式が行われた2つの優勝額も、共に佐渡ヶ嶽部屋、
先場所は大関2人が優勝を争う展開
となりましたね。

堀江「本当にそうですね。優勝出来なかったですけど、
 大西関も居ますし、内田真さん、早見さん、洲崎さん…
 それに今場所は注目なのが小澤さん!本当に層が厚いです。」

 向正面からは伊勢ヶ濱さんです。
横綱陣、今年まだ優勝が無いんですよね?どうご覧になってますか?

伊勢ヶ濱「もちろん同部屋同士で対決が無い点で
 佐渡ヶ嶽の皆は有利なんでしょうが、
 それでも優勝が1回も出来ていないというのは横綱陣寂しいですね。
 今場所こそは、と期待してます!」

 

「今日の幕内の取組」

 

11 花澤香菜 24-0  42 悠木碧
12 茅野愛衣 3-2 41 上坂すみれ
13 沢城みゆき 2-0 111 M・A・O
21 佐倉綾音 5-2 112 大原さやか
22 日笠陽子 9-0 121 東山奈央
31 内田真礼 4-0 122 種田梨沙
32 雨宮天 1-1 131 早見沙織
33 小松未可子 1-4 132 金元寿子
141 竹達彩奈 初顔合わせ 142 洲崎綾
151 大久保瑠美 2-2 152 潘めぐみ
161 日高里菜 4-3 162 井上麻里奈
171 喜多村英梨 1-3 172 木戸衣吹
181 佐藤利奈 1-0 182 加隈亜衣
191 赤崎千夏 7-1 192 小倉唯
201 山本希望 1-1 202 瀬戸麻沙美
211 大西沙織 1-1 212 沼倉愛美
221 津田美波 0-1 222 村川梨衣
231 小林ゆう 初顔合わせ 232 水瀬いのり
241 井口裕香 10-8  242 釘宮理恵
251 小澤亜李 初顔合わせ 252 豊崎愛生
261 加藤英美里 --- 311 内山夕実

 

さて、堀江さん。今日の取組見てどうお感じですか?

堀江「やっぱり感じるのは、上位の役者が揃ってるってことですね~
   横綱陣は勿論ですけど、上位陣初日から安心出来ない相手が揃ってますね!」

対する伊勢ヶ濱さん、対戦する側、小結・平幕陣も「番狂わせ」を狙ってくるとは思います。

伊勢ヶ濱「対戦成績で劣るからと言って、ネガティブになっちゃダメだと思いますね。
     むしろ今回こそ!と狙っていけば、チャンス十分にあると思います。
     それぐらい今場所の前頭上位陣には期待してます!」

確かに今場所は上位陣、一日も序盤から油断ならないような実力者揃いです。

堀江「特に、横綱戦の中でも、結び前の一番。茅野さんが3対2ですから、
   両者の熱戦に期待したいと思います!」

では改めて幕内の割を見てまいりましょう。
中入り後最初の相撲は、「加藤英美里-内山夕実」という、直接対決から始まります。

続く新入幕力士2人は共に、元大関との対戦。
小澤亜李は豊崎愛生と、水瀬いのりは小林ゆうとの対戦です。
井口-釘宮は、これで19回目の対戦、元関脇同士は井口が10勝8敗です。

赤崎-小倉は、一方的「7-1」と赤﨑千夏が有利です。
日高里菜-井上麻里奈 までが前半の取組。後輩は大久保瑠美-潘めぐみの対戦から。

続く、「竹達彩奈-洲崎綾」は元同部屋対決で、幕内で「初顔合わせ」です。
洲崎綾関は大幅に自身最高位を更新、「前頭4枚目」で上位対戦も組まれうる所まで番付上げてきました。

新関脇の2人、小松未可子、雨宮天は前頭3枚目の実力者との対戦。
そして、結びの一番は、25度目の対戦で初勝利を目指す、
「横綱・花澤香菜-悠木碧」
の一番です。


 


○東前16・加藤英美里(1勝) すくい投げ ●東十01・内山夕実(1敗)

男装する姉と、女装する弟というイレギュラーな対戦になりました。
両者のラジオも安定感あって楽しいですが…
秋場所幕内最初の相撲は加藤英美里が勝利。

 

新入幕の1人が土俵に上がって、大きな歓声が上がりました。
好調・佐渡ヶ嶽部屋からまた新星が現れました。
小澤亜李関です。では、ご挨拶をどうぞ。

小澤「新入幕の小澤亜李です! 亜季(あき)じゃありません!ww
   まだ名前を知らないという方も多いと思いますので、
   印象に残るような相撲を取って、お名前を覚えて頂けるよう頑張ります!
   応援よろしくお願いします。」

先場所は実に「14勝1敗」という十両抜群の好成績。
十両を1場所で通過しました。

堀江「早く幕内で見たい、とお客さんも期待してるみたいですから、
   声援に答えられるように、良い相撲を期待したいですね~」

今日の割では、新入幕力士と、元大関が対戦する相撲が2番組まれています。
小澤が対戦するのは、返り入幕の元大関・豊崎愛生関です。

 

「新入幕インタビュー:小澤亜李」

○東前15・小澤亜李(1勝) 寄り切り ●西前15・豊崎愛生(0勝)

放送席、幕内初白星です。小澤亜李関です。
元大関を相手に廻しをすぐ取りましたね!

小澤「内に潜れれば、廻しを取れれば!と思ってたので。
   流れも良かったと思います。」

東京出身ということで、地元の声援も大きかったですね。

小澤「嬉しいですね、やっぱり気合が入ります。
   こんな私、声援もらえるんだ、ってビックリしてますww」

横綱との稽古で右腕を少し痛めたようですが…?

小澤「まあ…ww 問題無いです、はい。」

今場所の目標は?

小澤「先輩から『新入幕優勝』って言われたのでww
   一応それを目指して頑張りたいと思いますwww」

でも、それも冗談では無いぐらいの活躍を先場所見せましたから。
幕内でも活躍して、まずは勝ち越しですね?

小澤「実際はそうですね、来場所も幕内で相撲が取りたいです。」

部屋の力士も好調ですし、活躍、期待しています。

小澤「はい、頑張ります!」

小澤亜李関でした。放送席どうぞ。


 

「新入幕:水瀬いのり」


さあ対するは、いよいよ覚醒した感のある「水瀬いのり」関
先場所は小澤亜李に唯一土を付けました。
こちらも十両準優勝から番付をあげて、新入幕です。

水瀬「皆さんこんにちはー、水瀬いのりです。
   念願の幕内で相撲が取れるということで嬉しいです!
   観てくれてますかー? 自分らしい相撲で、
   先輩力士の皆さんに胸を借りるつもりで頑張ります!」

親方、非常にこちらも楽しみな新入幕ですよね?

堀江「そうですねー。見ていても応援したくなる、可愛い子ですよね。
   ぜひぜひファンの方を大切にして、
   皆から愛される力士に成長していって欲しいですね~」

今日の対戦相手は、元大関の小林ゆう関です。

 

●東前13・小林ゆう(0勝) はたき込み ○西前13・水瀬いのり(1勝)

放送席~、小澤関につづいて、新入幕初日白星です。
水瀬いのり関です、おめでとうございます!
勝った時、ものすごい歓声でしたね!

水瀬「はい。ワーーーッって本当凄かったです!」

元大関が低く来た所、冷静にはたきが決まりましたね。

水瀬「体が動きましたね、自然と。
   もっと堂々と四つに組んで勝てるようになりたいです。」

がっこうぐらし!、心が叫びたがってるんだ。
と稽古を横綱・茅野愛衣関と一緒して、西武ドームでは始球式まで!

水瀬「横綱に稽古付けてもらって…。本当に充実してます。」

稽古を積んでいますが…、疲れとかは無いですか?

水瀬「はい大丈夫です。なりたくて力士になったので、
   稽古も楽しい、というかやりたくてやってるので。」

三役力士・上位力士とも、「アルドノア」とか「ごちうさ」とか、
「シンフォギア」とか「ダンまち」とかで共演して。

水瀬「本当に毎日が楽しいです。憧れてた幕内の皆さんと土俵で戦える。
   今からワクワクしています!」

同じく新入幕の小澤亜李関と共に、今場所沸かせて下さい。

水瀬「はい!頑張ります!!」


さて、伊勢ヶ濱さん、どうでしょう。

伊勢ヶ濱「本当に楽しみですね。 受け答えにも好感が持てます!」

伊勢ヶ濱親方を「一番憧れている」と水瀬関仰ってましたよ!

伊勢ヶ濱「嬉しいーーー! もう、更に応援したくなりました!」

歌と演技を共に鍛えてきたという水瀬関。
ソニー・ミュージックアーティスツ所属ということで、
これから先、長く楽しめそうな、こちらも楽しみな力士が誕生しています。


 

「大関・戸松遥 休場で関脇陥落へ」

さて、今場所幕内では初日から休場が出ています。
大関・戸松遥関
夏場所は2桁の白星を挙げていたのですが…
先場所は地元名古屋で6勝9敗と負け越し。
今場所は「カド番」の場所でしたが、初日から休場です。

もし、このまま中日まで出場が無ければ、2場所連続負け越しとなり、
「大関陥落」となってしまいます。

休場を発表した記者会見の模様です。

 

Q. 出場せず、休場を選んだ意図を教えて下さい。

戸松「最近は大関という地位に相応しい成績を残せなくなっている。
   仮に関脇に、そして平幕に陥落しても、
   時間をかけてじっくり怪我を治したい。

Q. 2010年以来の関脇陥落、今の心境は?

戸松「怖いって気持ちも正直あります。
   でも大関で無くなっても、また目指せば良い、
   ってぐらいの気持ちで九州場所に向けて調整します。」

Q. 部屋の師匠、仲間からは?

戸松「うーん…、師匠(田中理恵)からも、皆からも励ましてもらいました。
   特に愛生ちゃんは、大関仲間でしたから、
「お互い頑張ろう」って。」

Q. 九州場所への意気込みを、お聞かせ下さい。

戸松「楽しみにしていたファンの皆さんには… 申し訳ありません。
   でも本来の自分らしい相撲を取れるように頑張ります。
   いつになるか分かりませんが、
   また大関に戻れるように一から頑張りますので…、
   変わらない応援、お願いします!」

 

さあ、インタビューから決意と気合が見て取れました。
元横綱の堀江親方、どう感じますか?

堀江「大関とは特に、3年ぐらい前ですかね、
  「猫神やおよろず」って作品とかでご一緒しましたけど、
   前に出るパワーは凄かったです。ちょっと最近元気無くて心配でした。
   でも、私も10年前、同じような感じでした。」

そうですね。
2005年は堀江さんの中でも最も苦しんだ年でした。
年6場所中4場所休場。3年間優勝なし。

堀江「進退が掛かる場所って言われて、自信も無くしましたね。」

しかし、翌年初場所12勝、春場所13勝。
夏は休場しますが、続いて2場所連続優勝で復活を遂げました。

堀江「史上初の10回目の優勝でしたし、あの優勝は嬉しかったですね。」

皆さんご存知の通り、横綱と大関は違いますが、
「結果」が求められる地位ですし、その結果が出せなければ…

堀江「大関ならば引退か陥落、横綱は陥落もありませんからね。
   私も横綱返上したいって本気で考えたこともありましたよ、正直。
   でも、応援してくれるファンの方とか、仲間の応援もあって復活できました。」

なにせ11年に渡り横綱を張った訳ですからね。

堀江「戸松ちゃんも長いでしょ?大関。

はい。2009年の新大関からおよそ6年です。

堀江「また本調子に戻ってくれば、チャンスはあると思いますよ!
   だってまだ若いんですもん。大丈夫です!」


そして、向正面の伊勢ヶ濱さん。どうですか?

伊勢ヶ濱「あのーっ…、
     その堀江親方が不在の中、大関になったんですが、
     1年ずつしか大関保たなかったんですよね、私。
     2005年に新大関、そこでは優勝出来ずに
皆勤5場所で関脇陥落。
     でもその後また大関に戻れて、しかも優勝も出来ました。

あの2009年の初優勝は、大関陥落→復帰を経てのでしたからね。

伊勢ヶ濱「平幕まで番付下げましたけど、大関に戻れました。
     
3回目の復帰は流石にムリでしたけど…。
     親方も仰るとおり、まだまだ若いんですから、
     チャンスはあると思って、慌てずに相撲取って欲しいです。」


 

「後半の取組」

 

「ごちうさ?? リゼ-シャロ対決」

さあ、関脇最後に登場は、大関候補筆頭の「内田真礼」関です。
結構共演もある両者の対戦、今日の相手は2枚目の「種田梨沙」関。

8勝→13勝→13勝→9勝 と、33勝を上回りながら、
大関昇進が見送られている内田真関。

「連続して2桁を挙げられる安定感が大関には求められる。
 仮に負け越すようならば大関に相応しいとは言えない。
 しかし、Charlotteでの二重人格に近い演技で、
 これまでとは違った一面を見られた。
 人気実力は申し分無いだけに、勝ち星、土俵上での「結果」が欲しい」

と、横綱審議委員も総見後に語っていました。

場所後に始まる「ご注文はうさぎですか??」では、
リゼとシャロを演じる両者。
あぁ^~、両者への声援がよりひときわ大きくなりました!

種田梨沙関は毎場所あと一歩で三役に届いていません…。
今場所こそ!今場所こそ!ファンの願いは高まっています。
この秋場所で、その期待に答えられる活躍を見せられるか!?

両者、悲願に向け… 秋場所の初日を迎えます!

 

●東関脇・内田真礼(0勝)突き倒し ○西前02・種田梨沙(1勝)

突き放して種田梨沙! 見たことの無いような、
豪快な力強い突きが出ました!!
ドーーーッと沸いていますざわつく館内!

内田真礼を土俵下へ…。 種田関、手を差し伸べて居ます。
…土俵に戻ります、関脇。 しかし、初日黒星発進です。

伊勢ヶ濱「廻しを取りに来るだろう…って、思い込みが…
     関脇にはあったのかもしれませんね。
     落ちた後の表情がそう語っているように見えました。」

大関戦を前に大いに盛り上がっています、秋場所初日です。

 


 

「結びの一番:花澤24-0悠木

さあ、結びの一番を迎えます。
過去24回の対戦全てで横綱が勝っています。
しかし、2度の優勝を挙げている悠木碧、25回目の対戦です。

談話:支度部屋で立ち合いを繰り返し練習していました。
   絶対に立ち合いで勝つ、という意図が全面に出てました。

伊勢ヶ濱「私も小柄な方でしたから、立ち合いは集中してましたね。
     押すなり組むなり、立ち合いが大事だと思います。」

「シンフォギアGX」で共演する伊勢ヶ濱親方からのアドバイスです。
もちろん、堀江親方も悠木関とは多く共演されてますが。
さあ、制限時間いっぱいです!


さあ立ち合い…悠木良い立ち合いだ!
胸を突き上げて、そこから頭を付けました!

押しに徹して悠木だ!悠木だ!
横綱が土俵を丸く回り込もうとするが構わず出た!
悠木、出た~! しかし体が少し割れています…が…?

軍配は悠木!そして… 行司の軍配に対して…
物言いは…? 付きませんか? ああ、付きません!
横綱は表情変えず戻ります!
今日一番の歓声が上がります!座布団が舞います、声優国技館!!

小さな巨人が、これまで崩せなかった大きな大きな壁を!
 大横綱を初めて下しました! 25度目の対戦で初勝利!!
 花澤香菜、横綱初日に土が付きました!」

 

●東横綱・花澤香菜(0勝) 押し出し○西小結・悠木碧(1勝)

 

放送席、放送席!
25度目の挑戦… 念願の初勝利です!
殊勲インタビュー、悠木碧関です、おめでとうございます!

悠木「ありがとうございまぁす!!」

これまでどうしても勝てなかった横綱に…ついに勝てましたね!

悠木「はい、あのぉ…、あと一歩届かない、
   惜しい相撲も何番もあったので、本当に今日勝てて嬉しいです!」

今日の勝因は何だと思いますか?

悠木「やっぱり立ち合いですね。そこだけに集中してました。
   あと… 小松関とかもそうでしたけど、
   初日、苦手にしているような感じもあったので、
   初日に当たれるから、チャンスだな、と狙ってましたww」

お2人は共演も多くて、「ゆとりちゃん」とか、
古くから稽古を積んでこられましたね。

悠木「お互い良い稽古をして来られましたから…
   でも稽古で、私のクセが見透かされてたかも知れないですねww
   真正面からの相撲が今日は良かったようです。」

2度の優勝でも崩れなかった相手を下しましたよ?
どうでしょう、3度目の賜杯というのは。

悠木「いやいやww 流石にそれは。」

大関目前でしたが負け越しで大関取りならず、
平幕陥落から復活の返り三役の今場所です。
目標を聞かせてください。

悠木「いや変わりませんよ。一番一番集中して、いつもどおりです。
   まあ、敢えて言えばやっぱり大関を目指す上で、
   2桁勝利を目指して行きたいですけど、あんまり意識しても仕方ないので。」

初日、横綱・花澤から初勝利を挙げました、悠木碧関でした!


 

「今日の結果」(初日)

 

11 花澤香菜 0 押し出し 42 悠木碧 1
41 上坂すみれ 0 上手投げ 12 茅野愛衣 1
13 沢城みゆき 1 上手投げ 111 M・A・O 0
21 佐倉綾音 1 押し出し 112 大原さやか 0
121 東山奈央 0 すくい投げ 22 日笠陽子 1
31 内田真礼 0 突き倒し 122 種田梨沙 1
131 早見沙織 0 寄り切り 32 雨宮天 1
33 小松未可子 1 寄り切り 132 金元寿子 0
141 竹達彩奈 1 押し出し 142 洲崎綾 0
151 大久保瑠美 0 押し出し 152 潘めぐみ 1
161 日高里菜 0 寄り切り 162 井上麻里奈 1
171 喜多村英梨 0 上手投げ 172 木戸衣吹 1
181 佐藤利奈 1 すくい投げ 182 加隈亜衣 0
191 赤崎千夏 0 突き落とし 192 小倉唯 1
201 山本希望 1 突き落とし 202 瀬戸麻沙美 0
211 大西沙織 1 上手投げ 212 沼倉愛美 0
221 津田美波 1 押し出し 222 村川梨衣 0
231 小林ゆう 0 はたき込み 232 水瀬いのり 1
241 井口裕香 1 寄り切り 242 釘宮理恵 0
251 小澤亜李 1 寄り切り 252 豊崎愛生 0
261 加藤英美里 1 すくい投げ 311 内山夕実 0

 

「明日の取組」(2日目)

112 大原さやか 0 0-5 12 茅野愛衣 1
13 沢城みゆき 1 7-1 121 東山奈央 0
11 花澤香菜 0 1-0 111 M・A・O 0
122 種田梨沙 1 0-8 22 日笠陽子 1
21 佐倉綾音 1 4-4 132 金元寿子 0
42 悠木碧 1 0-2 32 雨宮天 1
33 小松未可子 1 2-0 142 洲崎綾 0
31 内田真礼 0 3-2 41 上坂すみれ 0
131 早見沙織 0 6-6 141 竹達彩奈 1
151 大久保瑠美 0 4-4 162 井上麻里奈 1
161 日高里菜 0 2-2 152 潘めぐみ 1
171 喜多村英梨 0 初顔合わせ 182 加隈亜衣 0
181 佐藤利奈 1 2-3 172 木戸衣吹 1
191 赤崎千夏 0 2-5 202 瀬戸麻沙美 0
201 山本希望 1 3-1 192 小倉唯 1
211 大西沙織 1 1-0 222 村川梨衣 0
221 津田美波 1 初顔合わせ 212 沼倉愛美 0
231 小林ゆう 0 15-16 242 釘宮理恵 0
241 井口裕香 1 初顔合わせ 232 水瀬いのり 1
251 小澤亜李 1 初顔合わせ 312 諏訪彩花 1
261 加藤英美里 1  3-13 252 豊崎愛生 0

 結びの一番は、「ARIA」の劇場版でも共演が期待される
新旧癒し系力士の楽しみな一番。 過去5回はすべて茅野関。

 大関・佐倉綾音は「4対4」と、番付上では常に上に居ながら、
五分で合口が悪い相手、金元寿子の挑戦を受けます。

 今日殊勲の星を上げた悠木碧は、新関脇・雨宮天との対戦。
自身最高位の洲崎綾は同じく新関脇の小松未可子との対戦。
「内田真礼-上坂すみれ」の「中二病対決」は6度目の対戦です。

 平幕同士では、「早見-竹達」の俺妹、旧同部屋対決は「6-6」。
過去の対戦拮抗している相撲が多く、「小林ゆ-釘宮」は30回を超えています。