15秋08


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

2015年秋場所中日・8日目(2015年9月20日)

中 日 09/20 出羽海
田中真弓
湊川
平野綾
白玉
甲斐田ゆき
春日山
伊藤静
松岡

 

 声優相撲は中日8日目を迎えました。
昨日から始まった秋の大型連休、いつもにも増して多くのお客様が詰めかけ、
十両の時間から満員となっています、声優国技館。

 幕内の優勝争いは、関脇・小松未可子と、
新入幕の水瀬いのりが7連勝で引っ張る展開です。

 今日、小松未可子は大関・佐倉綾音との対戦、
そして同じく大関戦に新入幕の水瀬いのりが挑みます。
1敗の大関と、全勝の2人が直接対決、
非常に面白く楽しみな2番が組まれました。

 まずは十両の土俵、元幕内・甲斐田ゆきさんこと、白玉親方をお迎えしての放送です。

 

「十両・水橋かおり8連敗負け越し…」

 さて親方、十両の土俵なんですが…、
東十両14枚目の「水橋かおり」関が、今日敗れました。
これで8連敗の負け越しが決まりました。

 

●水橋かおり(0勝) 押し出し ○大坪由佳(3勝)

白玉「そうですね、状況が厳しくなってきましたね…」

 41歳で現役を務める水橋かおり関
後ろ1枚無い状況で負け越しとなりました。
以前から「幕下陥落となれば引退」を公言してきただけに、ですね。

白玉「でも分かりませんけど、7勝8敗なら
   西で踏みとどまれるかも知れませんし、諦めちゃいけませんよ!」

 そうですね。それに、幕下に仮に落ちても、
現役を続けて欲しいと思うファンは多い
と思います。

 

「十両優勝争い」

田村睦心(7勝1敗)寄り切り ●明坂聡美(6勝2敗)

1敗対決は、田村睦心が勝利。明坂聡美関は2敗に後退しました。

 

 さあ、そして全勝7連勝の「石上静香」と、
昨日幕内の「水瀬いのり」との、段違い「全勝対決」
敗れて1敗となった「小清水亜美」の直接対決!

白玉「新入幕で中日勝ち越しなんてなったら凄いですね!」

 しかし相手はもう中堅に近い実績を持つ小清水亜美関。
返り入幕を早く決めたい小清水と、先場所の小澤に続く、十両1場所通過を目指す石上の一番です!

 

●石上静香(7勝1敗) 押し出し ○小清水亜美(7勝1敗)

 小清水の長い手が石上を引かせました!
廻しは取りに行きませんでした、「押し出し」
小清水亜美が直接対決で追いつきました。

 十両優勝争い、全勝はいなくなりました、
1敗で石上静香、小清水亜美、田村睦心が並ぶ展開です。


十両優勝争いはこの5人が中心です。

7-1 小清水亜美、田村睦心、石上静香

6-2 上田麗奈 、明坂聡美

 

 そういえば、聞きましたよ、
「ラジオGoes! ~六陽魔法高校2年C組へようこそ~」第3回放送

まあ、声優相撲の2000年代を支えてきた業師、
少年声の相撲があれば、必ず三役を張っているであろう皆さんの共演ww

白玉「ありましたね、あの楽しかった奴ねww」

 パーソナリティが…、現役時代の四股名で申しますと、
皆川純子さんと斎賀みつきさん。
そして、第3回のゲストが、
もう筆頭格、竹内順子さんと、今日の解説・甲斐田ゆきさんです!

白玉「何か皆さんと対戦した記憶が…ww」

 親方4人が揃ってラジオって、
殆ど記憶に無いんですけど、凄いですね!
あの「名探偵コナン」のラジオみたいな衝撃を覚えました。

白玉「ゲーム『Goes!』も含めて、ファンの方に喜んでもらえたなら~」

ぜひ、音泉でも放送中なので、気になる方は!
http://www.onsen.ag/program/goes/
さあ、十両の放送、甲斐田ゆきの白玉親方でした。
では、放送席を交代します。


 

 さあ、幕内の放送席をご紹介致します。
正面解説、元大関・「出羽海」の田中真弓さん
そして向正面からは、元関脇・「湊川」の平野綾さんです。

 出羽海さん、優勝争いは今場所“も”
といって良いかもしれません、混沌としてきました。

出羽海「ですねー、また佐渡ヶ嶽勢が…
    と思っていたら、横綱大関陣に全勝が居なくなって。」

 はい。優勝争いは小松、水瀬が全勝でトップという、
場所前では想像も付かなかったような展開になってます。

 そして、向正面からは、2回目の解説で、
早くも中日を担当されるというww 湊川さんです。

湊川「はーい、向正面の解説席って、
   こんなにお客さんと近いんですね!ビックリしました!!

特に中日ですから、お客様の「雰囲気」みたいなものも、
バッチリ伝わってくるんじゃないですか?

湊川「ですねー、警備の仕事をしてる時とはまた違った、
   お客様との近さを感じますねー、頑張ります!」

 

「2親方の新入幕の思い出」

 さて、出羽海親方、新入幕の時のことって覚えてますか?

出羽海「まあ何となくは覚えてますけどね、
    ただ私、
負け越しだったんですよ、新入幕の場所。」

 そうですね、1983年の秋場所。前頭10枚目の新入幕で7勝8敗でした。

出羽海「幕内になったからって通用しない、とは
    思わなかったんですけど、うまく相撲取られたりして…
    そこから来年の本場所まで猛稽古でしたよ!」

 続く1984年の春場所は、13勝2敗で優勝争いにも加わりました。
佃半平太(Gu-Gu-ガンモ)とかの時代ですってww
あと、「巨神ゴーグ」とか…。

出羽海「ああ、そうですね、次の新三役の場所も2桁勝って…
    って、お2人(司会のRxと湊川親方のこと)とも生まれてないでしょ?

 …そうですね、はい。
さも、リアルタイムで声優相撲見てきたかのように話してますがww
そう考えると、(水瀬関の)新入幕で7連勝って凄いですよね。

出羽海「いや、そう簡単に出来ることじゃないと思いますよ…?」

 

 そして、湊川親方、平野綾さんについても…
と思う訳なんですが、流石に皆さん、平野綾さんの新入幕のことはご存知かと思いますがww

湊川「いやでも!でも、言っても10年近く前ですからね、
   当時のこと知らないファンの方も多いと思いますよ?」

 確かにそうですね。
平野綾関は、2005年に、序ノ口、三段目、幕下と各段優勝して、
2006年初場所で「新十両」。まずここからしておかしいんですがww

十両2場所目となった「2006年春場所」では、数少ない「十両全勝優勝」を遂げます!

湊川「そうなんですよ、私! 15戦全勝だったんですから!」

 その原動力となったのが…
もう他にございません。「涼宮ハルヒの憂鬱」の「涼宮ハルヒ」役です。
やっぱり話題作のヒロイン役ということで、大きな注目を集めましたよね?

湊川「そうですね、まだ18歳でしたし。」

 当時の旋風と言うか、雰囲気は凄かったと伺います。
18歳で新時代の訪れを告げるような全勝優勝。
続く、2006年の夏場所で「新入幕」だった訳ですが…

湊川「そこでも2桁勝てたんですよね。夏は。」

 そうなんです、西前頭11枚目で「11勝4敗」で「敢闘賞」受賞。
あの、豊口めぐみ関平幕優勝を遂げた場所です。

では、新入幕で初金星を遂げた一番を振り返ります。

 

「録音音源:2006年夏場所前11・平野綾 - 西横綱・川澄綾子

 十両全勝優勝、幕内でも快進撃を続ける平野綾。
若干18歳の新鋭を、横綱はどう迎え撃つのか!

当たって、廻しを取った!
平野が前に出る! 寄る、寄って、横綱… 粘れません!
一瞬で勝負が決まりました、川澄は金星…
平野綾、新入幕での金星です!!

 

 湊川さん、まあ堀江関が休場だったこともあって、
実質4横綱の場所でしたが、横綱から金星。どうでした?

湊川「組むにしても、早く攻めないと、とは思ってたので、
   速攻で行こうって考えていたのを思い出しました。」

 あの勝った瞬間の、キリッとした表情と、
それに応える大歓声ですね、出羽海さん。

出羽海「やっぱり新入幕力士が強いと、盛り上がりますよね。
    目新しいですし、どこまで行くんだろう?って思いもありますし。」

 今日は新入幕力士2人が横綱・大関と激突です。
湊川さんはどう占いますか?

湊川「やっぱり似た境遇なので、どちらかと言うと、
   星勘定では難しいのでしょうけれど、横綱に挑戦する、
   小澤…小澤亜李関を応援したいですね!」

 小澤亜李関もそうですね、横綱戦
横綱戦がいきなり組まれるってのも凄いですがw
1敗の横綱・沢城と2敗の新入幕・小澤亜李が組まれました。
さあ、幕内の土俵が始まります…。


 

「中日後半の土俵」

●加隈亜衣(5勝3敗) 寄り切り ○種田梨沙(5勝3敗)

 両者が本場所の土俵で「初顔合わせ」
なのには驚きましたがww 加隈は5勝3敗です。

談話:
加隈関はですね、花道から引いてきて、
「やっぱり上位陣は強い!」って苦笑いしながら、帰ってきました。
「勝てる相撲だったなぁ~」と言いながら、
土俵際、攻めてから体を入れ替えられて、
逆転された所まで見て、控えへと向かいました。

取組後の様子を伝えてもらいました…

 

●早見沙織(1勝7敗) 押し倒し ○悠木碧(7勝1敗)

談話:
悠木碧関、勝って7勝目を上げましたけど…
「正直、相手も調子が悪いの分かってたので、
 お互い本調子の時に土俵で戦いたいですね。」と言った後で、
「でもまた星を五分にしましたからww」と、
20度目の対戦、これで「10対10」となった「あおさお対決」
上機嫌で風呂場へと向かいました。

 早見関は1勝7敗と後が無くなりました。
少し気がかり…、というかどこか痛めてるのか心配です。

 

 さあ、そして今日注目の「大関戦」が組まれました2番
もちろん、大関登場に沸いている面もあるのですが、
この歓声は、「7連勝」で優勝争いを引っ張る、
2人の力士に対しても向けられていることと思います。

 

東大関・佐倉綾音(6勝1敗)6-2東関脇2・小松未可子(7勝)

過去の対戦は6対2です。

佐倉綾音 6-2 小松未可子
--- ---
--- ---
押し出し  
送り吊り出し  
--- ---
寄り切り  

 

 去年名古屋場所はご当所の小松関が、当時関脇の佐倉関を破りましたが、
それ以降は佐倉が連勝中、そして大関になって2度目の対戦です。

出羽海「送り吊り出しは見覚えがありますねぇ!
    本当に豪快な相撲だった記憶があります。」

 さあ、早くも制限時間を迎えます。
関脇7連勝の小松未可子と、1敗で逆転優勝を狙う大関・佐倉綾音。
行司軍配返りました、先に拳を付いて小松…

< 手を付いて! 手を付いてっ!
< はっけよい、残った!

 

 

佐倉綾音(7勝1敗)寄り切り ●小松未可子(7勝1敗)

 小松、足技が決まりませんで、
慌てて出し投げを打った所を、体重預けられてしまって
一気に土俵際を背に大関に寄り立てられてしまいました…。

 これで現時点で、全勝は新入幕の13枚目、
「水瀬いのり」1人となって、三役に全勝は居なくなりました!

 

 さらにこれで、次の大関戦が持つ「意味」が、
否が応にも大きくなって来ます。「水瀬いのり」が登場です!
土俵下でこの一番を見ていた、"いのすけ"心境やいかに…。

談話:
控え室でお話を伺えました。
普段に比べると、緊張もあってか、かなり言葉少なだったんですが、
「私が初土俵を踏んだ、『世紀末オカルト学院』で、
 神代マヤ(くましろ-)を演じていた大関との対戦。
 5年掛かりましたけど、戦える地位まで来たんだな、って
 何か嬉しくなりました。」と、日笠関のことを語ってくれました。

「ダンまち、シンフォギア(GX)でも同じ稽古場に居たんですが、
 直接稽古を出来た訳じゃなかったので、
 どれぐらい相撲が取れるか分かんない面もあるんですけど、頑張ります!」
とのことでした。

控え室の談話でした。

 しかし大関にとっては、「止め女」としてプレッシャーの掛かる一番です。
大関・日笠陽子は、先輩力士として土俵上で…
さあもう制限時間を迎えます。
ドーーーッと中日の声優国技館が振動するような声援と歓声です。
両者の声援が交錯します!

 7連勝を達成、「新入幕中日勝ち越し」の快挙なるか?
そして優勝争い単独トップなるか、水瀬いのり!
新入幕、13枚目の力士に星を落とす訳に行かない、
大関の意地があります、西に日笠陽子!
いつも通り、少し間合いをはかるように、
相手を見ながら… ゆっくりと膝に手をおきながら腰を割ります。

 

水瀬いのり(7勝1敗)すくい投げ ○日笠陽子(7勝1敗)

 組まれた所で、前に出ましたがそこは歴戦の猛者。
日笠陽子が逆転の「すくい投げ」で下しました!
これで… これで! 全勝は中日の段階で居なくなりました。

出羽海「やはり先場所の優勝力士でしたね!
    でも全然、強気な相撲で水瀬関も健闘しました。」

 

 さあ、そして結び前の一番も、「新入幕力士」が…
登場するんですが、小澤亜李関。

談話:
師匠(田村ゆかり)からはですね、
「せっかく横綱戦が中日に組まれたんだから、
 目立って来い」と言われたみたいですww
「お客様を喜ばせるような相撲を取ってこい」
という意味らしいですね。と語ってました。


 現時点で5勝2敗の東前頭15枚目力士が、
6勝1敗の横綱に挑戦するという、一見不思議な構図
ですが…
先場所十両優勝を遂げた新入幕力士に対する、
「期待感」の現れといった中日結び前の取組!

さて、湊川、前半で小澤関に期待されてましたね。

湊川「はい。割を崩すぐらいの取組が組まれたんですから、
   全力で行かないと横綱にも失礼ですからね!」

 初顔合わせの一番!大関2人が、
全勝力士を破って、1敗で並ぶ優勝争い。
今年横綱初優勝に向けて、落とせない一番です。

東に沢城みゆき、西に小澤亜李! 式守伊之助、軍配返した!

 

 立ち合い!小澤が突き放した!
一歩引いて沢城が廻しを狙いに行くところ…
小澤が横にいなした!沢城はバランスを崩している…

 そこを一気に出た!出た!
下からの押しに一気に土俵を割りましたー
小澤亜李、「押し出し」~!!

 新入幕力士による「金星」です!!!
中日に波乱が待っていました、声優国技館!

 

●沢城みゆき(6勝2敗) 押し出し ○小澤亜李(6勝2敗)

< 危険ですから、座布団は投げないで下さい 危険ですから…

 

 まだ結び前ですが、座布団が舞います。
勝ち名乗りを受けて、厚い懸賞を受け取ります。
少し拳を握りました、小澤亜李!

 

「幕内優勝争い(中日時点)

7-1 茅野愛衣佐倉綾音、日笠陽子小松未可子悠木碧、水瀬いのり

6-2 花澤香菜、沢城みゆき、井口裕香、小澤亜李

 中日を終えた段階で…
6人が7勝1敗で並んでいます!


 

「金星インタビュー:小澤亜李」

放送席~ インタビューです。
放送席。
やってくれました!!
新入幕で初金星! 小澤亜李関
です、おめでとうございます。

小澤「はい、ありがとうございます~」

幕内も横綱挑戦も「初めてガール」でしたが、いきなりの金星!

小澤「www はい、若葉ちゃんにも助けてもらいましたww」

この快挙は、部屋の「大西沙織」関も達成していますが、
それまでしばらく出ていませんでした。どうですか?

小澤「あんまり無いんだろうなぁ~とは思ってましたけどw
   でも相手が誰か意識し過ぎず、相撲に集中しました。」

そもそも、好調とはいえ5勝2敗です。
横綱と当たると思ってました?

小澤「いやっ…、何で私!?って思いましたけどww」

今日敗れましたが、同じ新入幕の
水瀬いのり関が7連勝で今日大関戦だったりもしましたもんね。

小澤「何か凄いですねww 7連勝とか、優勝争いとか。
   でも、稽古してても"覚醒"したのが分かるぐらい、
   先場所よりも夏巡業通じて強くなってました。」

しかし小澤関も6勝2敗で優勝争い、残ってますよ?

小澤「まあ数字の上ではですよね、先輩の援護射撃が精一杯だと思いますw」

佐倉綾音関、日笠陽子関と佐渡ヶ嶽勢が賜杯を取っています。
今場所も2人が1敗で来ていますね。

小澤「先場所、十両も幕内もウチ(佐渡ヶ嶽部屋)だったんでww
   できれば今場所も賜杯がウチに帰ってきたら嬉しいですけど。」

明日は「Classroom☆Crisis」「モンスター娘のいる日常」
で共演中の関脇・雨宮天関との一番ですね。

小澤「出来たら上位とあんまり当たりたく無いんですけどねぇ…ww」

いやいや、期待の現れだと思いますよww?

小澤「そうですね…、まあどこまで通用するか分かんないですけど、
   少しでも勝てるように頑張りたいと思います。」

妹ちゃんでもある「瀬良ミズキ」、凄い良いと思います。

小澤「あっ、ありがとうございますww ファンですかっw」

夏アニメ発表前の「クラ☆クラ」の「画像」で
一目惚れしたキャラクター
だったのでww

 そのラジオ「株式会社 小澤亜李」であるとか、
あともちろん「おざなり」、「モン娘」のラジオも最初やってましたね、
「アクエリオンロゴス 創声部」「こちらGSH」…
それにこの秋からは、もうすぐですけど、
「ランス・アンド・マスクス ~RADIO騎士団~」と、
ラジオでも大活躍ですよね!

小澤「改めて言われると凄いですね、はい、色々出させて貰ってます。」

 アニメにラジオに大活躍の小澤関。
もう今から場所終盤の「がっこうぐらし!」12話が楽しみ…
というか、心配というか、くるみちゃんは大丈夫なのか、とか!

小澤「楽しみにしてて下さ~いww」

 本当にあの、10話からですかね、
「もがき苦しむ」演技、なかなか出来るもんじゃないと思います。
地声含めて、サバサバしていて、声も低めな所が多いですけど!

さあ、今場所の目標を聞かせてください。

小澤「ここから負け越したら、超カッコ悪いんで、
   とりあえずあと2番勝って、早く勝ち越したいです。」

わかりました。明日からも頑張ってください、小澤亜李関でした。

 

「今日(中日)の結果」

31 内田真礼 3 はたき込み 12 茅野愛衣 7
13 沢城みゆき 6 押し出し 251 小澤亜李 6
11 花澤香菜 6 寄り切り 32 雨宮天 4
232 水瀬いのり 7 すくい投げ 22 日笠陽子 7
21 佐倉綾音 7 寄り切り 33 小松未可子 7
131 早見沙織 1 押し倒し 42 悠木碧 7
41 上坂すみれ 4 突き出し 252 豊崎愛生 5
111 M・A・O 4 寄り切り 162 井上麻里奈 5
141 竹達彩奈 4 突き落とし 112 大原さやか 3
121 東山奈央 3 下手投げ 132 金元寿子 2
182 加隈亜衣 5 寄り切り 122 種田梨沙 5
152 潘めぐみ 4 押し出し 142 洲崎綾 3
151 大久保瑠美 2 引き落とし 181 佐藤利奈 2
161 日高里菜 0 突き落とし 202 瀬戸麻沙美 3
171 喜多村英梨 3 押し出し 191 赤崎千夏 2
211 大西沙織 4 上手投げ 172 木戸衣吹 5
212 沼倉愛美 5 寄り切り 192 小倉唯 1
201 山本希望 5 押し出し 241 井口裕香 6
221 津田美波 5 押し出し 242 釘宮理恵 3
321 三森すずこ 3 寄り切り 222 村川梨衣 1
231 小林ゆう 3 寄り切り 261 加藤英美里 3
311 内山夕実 5 寄り切り 361 大橋彩香 5
332 白石涼子 4 寄り切り 312 諏訪彩花 5
431 高橋未奈美 2 突き落とし 322 佐藤聡美 2
331 中原麻衣 1 押し出し 432 茅原実里 1
341 高垣彩陽 3 押し出し 372 上田麗奈 6
401 石上静香 7 押し出し 342 小清水亜美 7
351 久野美咲 3 押し出し 381 阿澄佳奈 3
392 石原夏織 3 寄り切り 352 藤田咲 3
422 徳井青空 5 押し出し 362 寿美菜子 5
371 田村睦心 7 寄り切り 411 明坂聡美 6
421 矢作紗友里 3 押し出し 382 高森奈津美 3
391 牧野由依 5 突き落とし 442 朝井彩加 4
441 水橋かおり 0 押し出し 402 大坪由佳 3

 

「明日(9日目)の取組」

13 沢城みゆき 6 17-9  22 日笠陽子 7
11 花澤香菜 6 初顔合わせ 232 水瀬いのり 7
42 悠木碧 7 2-3 12 茅野愛衣 7
21 佐倉綾音 7 2-0 111 M・A・O 4
33 小松未可子 7 3-0 41 上坂すみれ 4
31 内田真礼 3 3-4 121 東山奈央 3
251 小澤亜李 6 初顔合わせ 32 雨宮天 4
122 種田梨沙 5 1-0 112 大原さやか 3
131 早見沙織 1 5-1 152 潘めぐみ 4
141 竹達彩奈 4 3-3 132 金元寿子 2
241 井口裕香 6 1-1 142 洲崎綾 3
151 大久保瑠美 2 7-3 202 瀬戸麻沙美 3
161 日高里菜 0 初顔合わせ 222 村川梨衣 1
182 加隈亜衣 5 1-0 162 井上麻里奈 5
171 喜多村英梨 3 3-1 181 佐藤利奈 2
231 小林ゆう 3 初顔合わせ 172 木戸衣吹 5
191 赤崎千夏 2 1-2 212 沼倉愛美 5
261 加藤英美里 3 2-1 192 小倉唯 1
201 山本希望 5 2-1 252 豊崎愛生 5
211 大西沙織 4 2-1 221 津田美波 5
332 白石涼子 4 --- 242 釘宮理恵 3