15秋09


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

2015年秋場所9日目(2015年9月21日)

9日目 09/21 錣山
緒方恵美
ゲスト
貴家堂子
西岩
岩男潤子
谷川
水谷優子
藤崎

 

 声優相撲秋場所は9日目を迎えました。秋の大型連休も5日間の中日です。
優勝争いは混戦となりました。全勝が幕内は居なくなりました。

 

「今日(9日目)の取組」

13 沢城みゆき 6 17-9  22 日笠陽子 7
11 花澤香菜 6 初顔合わせ 232 水瀬いのり 7
42 悠木碧 7 2-3 12 茅野愛衣 7
21 佐倉綾音 7 2-0 111 M・A・O 4
33 小松未可子 7 3-0 41 上坂すみれ 4
31 内田真礼 3 3-4 121 東山奈央 3
251 小澤亜李 6 初顔合わせ 32 雨宮天 4

 

 結びの一番は、今場所初の「横綱大関戦」
大関同士が同部屋なので、直接対決が今場所ありません。
沢城みゆき17-9日笠陽子が結びです。

結び前の一番も注目、「初顔合わせ」です。
「花澤香菜(初顔)水瀬いのり」という、
新入幕力士・水瀬いのりが横綱初挑戦です!

もう一番の横綱戦「悠木碧2-3茅野愛衣」は、
ご存知元同部屋対決。6度目の対戦は、
7勝1敗の優勝争いトップ同士の「直接対決」です。
3番とも注目したい、今日9日目の相撲です。

 

 十両の時間は、元幕内・岩男潤子の「西岩」親方です。
本家大相撲では、若の里関が襲名した「西岩」の名跡ですが、
以前から声優相撲では「西岩」といえば岩男潤子さんですww

 

「十両勝ち越し2名誕生」

石上静香(8勝1敗)突き落とし ●上田麗奈(6勝3敗)

新入幕の「石上静香」が8勝1敗!突き落として、
十両の勝ち越し第1号です!

 

田村睦心(8勝1敗)外掛け ●小清水亜美(7勝2敗)

 十両の田村睦心関が逆転の「外掛け」!
これで2人が十両勝ち越しを9日目に決め、優勝争いはトップです。
逆に、小清水亜美はここまで守ってきた、
優勝争いのトップから陥落してしまいました。

 

8-1 田村睦心、石上静香

7-2 小清水亜美、明坂聡美

6-3 内山夕実、諏訪彩花、上田麗奈

 優勝争いは、1敗2人、2敗2人、3敗3人です。
それでは、声優相撲、幕内に放送席をうつします。


 

「幕内ゲスト解説:貴家堂子さん」

 改めまして、こんにちは、声優相撲秋場所9日目。
満員御礼が続く声優国技館です。

今日は素敵なゲスト解説の方をお呼びしております。
元関取、初代「振分」親方の、
「貴家堂子(さすが・たかこ)」
さんです!!

貴家「はーい、皆さんお久しぶりです、
   貴家堂子です、今日はよろしくお願いします。」

 はい、もう本当にいつまでもお若い…
貴家堂子さん。この最初の声を聞くだけで。
というか、確かに声優相撲の実況解説としてはお久しぶりなのですが、
毎週のように、日曜日、お声は伺っているのでww

貴家「まあ、そうですよねww
   変わらず声をやらせて頂いてます。」

 ご存知無い方が居らっしゃるかもしれないので、
アニメ「サザエさん」の第1回放送(1969年)から、
46年間「タラちゃん」(フグ田タラオ)役
を演じて来られました!

貴家「そうですねーww また出演出来て嬉しいです。」

 貴家さん…に、声優相撲の放送席にお越し頂いたのは、
どうやら2008年に「かんなぎ」の"上森シゲ"役の時に、
ゲスト解説でお呼びして以来「7年ぶり」だそうです!

貴家「そんな前でしたか。でも、続けてきてよかったです。」

 もちろん、2006年に親方を定年で引退されるまでは、
十両解説を中心にでしたが、良く解説をお願いしていましたが、
今回は「正面ゲスト解説」をお願いします。

貴家「前回も言いましたけど、正面解説って緊張しますよww」

 ぜひぜひ貴重なお話を聞かせてください、お願いします。
そして、画面に映っていましたが、少しお待たせしました。

声優相撲協会理事もお務めです。
元関脇・「錣山」親方こと、緒方恵美さんです。

錣山「皆さんこんにちはー、錣山の緒方恵美です。」

お2人、実はラジオもなさってるんですね、
今から3年前、2012年夏に。

スーパーダンガンラジオ 緒方恵美の絶望学園放送部 第2回 貴家堂子

 

錣山「そうなんですよー!メッチャクチャ、緊張しました!」

えっ、理事でも緊張されるんですかww?

錣山「しますよ!するに決まってるじゃないですか!
   だって、貴家さんですよ!」

貴家「いや私だって緊張しましたよ。ラジオでしゃべるのなんて
   経験したことなかった
ですからーww」

あ、そうだったんですね!

錣山「最近でこそ、声優さんのラジオって当たり前ですけど、
   昔は無かったですもん。ラジオドラマみたいなのはあっても、
   フリートークをするって、それこそ私達の世代ぐらいからじゃないですか?」

そういう意味でも、貴家さんのフリートーク、
非常に貴重だったんじゃないですかね!

貴家「ほら、同い年のチャコさん…、白石冬美さんとか、
   ラジオを長くやってこられましたけど、私は機会が無かったですね。」

ああそうか、第2代横綱たる「白石冬美」さん
同い年なんですね、何か感慨深いですもうww

 

 さあ、幕内の土俵に移ります。幕内と十両の対戦。
もうかなり懐かしい部類になって来ましたが、
4期続いた「ハヤテのごとく!」の、「ハヤテ-ナギ」の
「ハヤテのごとく!」対決。凄く久々な感じが致します!

 

●白石涼子(4勝5敗) 寄り切り ○釘宮理恵(4勝5敗)

 ここは主人のナギが、幕内力士の意地を見せました!
白石涼子、悲願の幕内には何としても勝ち越しが欲しい所です。

 

「声優相撲黎明期の話」

 さて、貴家さんは、TBSのラジオドラマ、
全盛期に近い時期だったのでしょうが、
その「専属」になった所から芸歴が始まりますね。
声優相撲に参加される前は、いわゆる「外画」や
海外ドラマの「吹き替え」やラジオドラマのご出演が中心…

 ただ、調べると1963年のアニメ映画です、
「セロひきのゴーシュ」にご出演されていたようですね。
声優相撲としては三役経験者である、
堀絢子さん松島みのりさん増山江威子さんも!お名前がありますね。

 声優相撲の初土俵… だというと、
恐らく「鉄腕アトム」の1964年夏頃の出演、
海を汚す海底都市を嫌う"イルカ文明"
「ドーフィン族」の王子である「ピピ」役と思われますが…

貴家「何か当時のこと少し思い出しましたよ、懐かしいですねぇww」

 当然1964年だとまだ幕内の土俵も残ってませんが…
土俵にも上がられて、番付が現存する限りは、
関取として、1970年代後半まで現役を続けられました。

貴家「そうですね、あのぉ…天才バカボンの「はじめちゃん」
   をやっていた頃までは結構頑張ってましたよww」

 中でも貴家堂子さんが活躍された場所というと、
1969年場所、当時はまだ年1回の頃でした本場所が。
ちょうど横綱の「加藤みどり」さんが引退される場所ですが、

野沢雅子さんが新三役!あと、千々松幸子さん、
もう大関でした松尾佳子さんと対戦されてますね。

貴家「まだ皆さんお元気なのが凄いですけどwww」

錣山「いや本当凄いですよ!」

 その1969年で注目すべきは、やはりこの2作品。
「ハクション大魔王」の「アクビ」(娘)と、
「サザエさん」の「フグ田タラオ」(タラちゃん)でしょうね。

錣山「この2作品が同じ時期なのにも驚きますよね」

 何をおっしゃいますww
「セーラーウラヌス」「エメロード姫」
或いは「碇シンジ」を固め打ちされた親方
がww

錣山「私のことは良いんですww!」

 

さあ、三役の対戦がここから始まります。

東前15・小澤亜李(6勝) 初顔合わせ西関脇・雨宮天(4勝)

 6勝2敗の小澤亜李、昨日は「横綱」を破り、
新入幕金星を挙げました! 今日は関脇・雨宮天との一番。

 実は小澤亜李関の方が1992年生まれと、1歳年上なんですね。
楽しみな一番を迎えました!

 

●小澤亜李(6勝3敗) 寄り倒し ○雨宮天(5勝4勝)

雨宮天、強引な豪快な相撲で白星先行!
小澤亜李、寄り倒されました、3敗目!

 

「小松未可子(7勝) 3-0 上坂すみれ(4勝)」

 いよいよ5年近くを経て最終回を目前としている、
超!A&G+ の「lady go!!」ですが…
まあ、上坂関は途中からの参加ではありますが。

 まだ関取も遥か上だった時代に始まったこの番組、
今や、2人が「三役」で直接対決を迎えるまでに成長されました。

ひょっとしたら、「FIVE STARS」の5人も、
数年後、同じような状況を迎えているかも知れませんね。

さあ、小松未可子は今日の一番、勝ち越しが掛かります!

 

小松未可子(8勝1敗)寄り切り ●上坂すみれ(4勝5敗)

 小松未可子、勝ち越し一番乗り!
上坂すみれは4勝5敗となります。
そして、小松未可子は明日、大関・日笠陽子との対戦です!

 

悠木碧(7勝)2-3茅野愛衣(7勝)

 1敗同士の「直接対決」は過去2対3、
元同僚(プロ・フィット)ということで、
手の内は知っているからでしょうか、横綱かなり苦戦しています。

 『ARIA The AVVENIRE』も今週末、劇場公開予定!
更に今日で言えば、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』
いよいよ話題となっている実写ドラマが公開されます。

「戦姫絶唱シンフォギアGX」でも共演続く両者!
どちらが勝っても全くおかしくありません、さあ軍配返ります。

 

●悠木碧(7勝2敗) すくい投げ ○茅野愛衣(8勝1敗)

 横綱が勝ち越しを決めました!
悠木碧、3度目の賜杯が少し遠のいて2敗目です。

 

「結び前:花澤香菜(6勝)初顔合わせ 水瀬いのり(7勝)」

 そして結び前の一番、
昨日は「小澤亜李」が金星を取ったのが、この結び前でした。
では、水瀬いのり関への談話です。

談話:(水瀬いのり)
当然ですけど、横綱初挑戦ということで、
「緊張してます。手汗が半端ないです」と、
控えから緊張している様子でしたww

と言いますのもね、昨日もそうでしたけど、
デビュー作の「世紀末オカルト学院」で共演していた相手。
「戦う相手になった時に、こんなに大きな相手だったんだ」
と恐怖心じゃないですけれど、存在感の大きさを実感しているようです。

 

水瀬いのり、『ここさけ』で得た自信 声優を諦めかけた過去や転機となった作品とは

 

 声優相撲の道を諦めなかったからこそ、
ここまで来ることが出来ました、7勝1敗!
「殻を破れた」瞬間に、今日この一番をすることが出来るか!

 

花澤香菜(7勝2敗)突き落とし ●水瀬いのり(7勝2敗)

 前に出ました!しかし、強烈な「突き落とし」でした…。
水瀬いのり2敗に後退! 一瞬、天を仰ぎました。
手を差し伸べる横綱、手を取って立ち上がりました。

そして横綱は2敗ですが…
この横綱は怖いです。2敗でも優勝を虎視眈々と狙っています。

 

 そして「サザエさん」についても触れなければなりませんね。
声優相撲で言うと、元大関という言い方になります。
1926年生まれながら、70年代に大活躍。
1977年に51歳で「新関脇」、そして1978年には、
「52歳」での「新大関」を果たした「麻生美代子」さん。

先日の報道で皆さんご存知の通り、
「麻生美代子」さんが「磯野フネ」役を勇退されるとのことです。

貴家「そうですね、色んな所で話題になっているようで。」

改めて、麻生さんが「89歳」だった、
ということに驚かれた方が非常に多いようですよ。

貴家「昔からそうでしたけど、私含めて、加藤さん含めて。
   年齢に驚かれますよね良くww
   その中でも麻生美代子さんは最年長ですから。」

多くで演じる声優さんが変わってきた「サザエさん」ですけど、
サザエさんの「加藤みどり」さん、そしてタラちゃんの「貴家堂子」さん、
そしてフネさんの「麻生美代子」さんは、
1969年の第1回から変わらず演じてこられました。

貴家「麻生さんは、90年代特に親方を勇退されてから、
   専属じゃないですけど、解説に居らっしゃってましたもんね。」

 そうですね。非常に穏やかな、味のある解説が、
今でも印象に残っています麻生美代子さんの正面解説…。
でも「和風総本家」のナレーションは続投とのことですし、
90代での現役も目前ですから…
どうかお元気で居て頂きたいと思います。
「声優相撲の生けるレジェンド」でございます。

 

 さあ、放送時間もまもなくですね…。
久しぶりに「貴家堂子」さんをお迎えしての放送でした。
もうすぐ「サザエさん」も50年を迎えますし、
恐らく50年記念巡業もまた例のごとくあるでしょうから、
そこを目標に! ぜひ頑張ってください!!

貴家「今日はお呼び頂いてありがとうございました。」

 

「今日(9日目)の結果」

13 沢城みゆき 6 押し出し 22 日笠陽子 8
11 花澤香菜 7 突き落とし 232 水瀬いのり 7
42 悠木碧 7 すくい投げ 12 茅野愛衣 8
21 佐倉綾音 8 上手投げ 111 M・A・O 4
33 小松未可子 8 寄り切り 41 上坂すみれ 4
31 内田真礼 3 押し倒し 121 東山奈央 4
251 小澤亜李 6 寄り倒し 32 雨宮天 5
122 種田梨沙 5 押し出し 112 大原さやか 4
131 早見沙織 2 突き落とし 152 潘めぐみ 4
141 竹達彩奈 4 突き落とし 132 金元寿子 3
241 井口裕香 6 寄り切り 142 洲崎綾 4
151 大久保瑠美 3 押し出し 202 瀬戸麻沙美 3
161 日高里菜 0 寄り切り 222 村川梨衣 2
182 加隈亜衣 6 はたき込み 162 井上麻里奈 5
171 喜多村英梨 4 押し出し 181 佐藤利奈 2
231 小林ゆう 3 寄り切り 172 木戸衣吹 6
191 赤崎千夏 2 押し出し 212 沼倉愛美 6
261 加藤英美里 3 押し出し 192 小倉唯 2
201 山本希望 6 寄り切り 252 豊崎愛生 5
211 大西沙織 5 はたき込み 221 津田美波 5
332 白石涼子 4 寄り切り 242 釘宮理恵 4
311 内山夕実 6 押し出し 362 寿美菜子 5
442 朝井彩加 4 突き落とし 312 諏訪彩花 6
321 三森すずこ 4 押し出し 341 高垣彩陽 3
421 矢作紗友里 3 寄り切り 322 佐藤聡美 3
331 中原麻衣 2 押し出し 382 高森奈津美 3
371 田村睦心 8 外掛け 342 小清水亜美 7
351 久野美咲 4 引き落とし 391 牧野由依 5
402 大坪由佳 3 押し出し 352 藤田咲 4
361 大橋彩香 5 寄り切り 411 明坂聡美 7
401 石上静香 8 突き落とし 372 上田麗奈 6
381 阿澄佳奈 4 引き落とし 422 徳井青空 5
431 高橋未奈美 2 はたき込み 392 石原夏織 4
500 - - 寄り切り 432 茅原実里 2

 

「優勝争い」(9日目時点)

8-1 茅野愛衣佐倉綾音、日笠陽子小松未可子

7-2 花澤香菜悠木碧、水瀬いのり

 

「明日(10日目)の取組」

11 花澤香菜 7 初顔合わせ 251 小澤亜李 6
232 水瀬いのり 7 初顔合わせ 12 茅野愛衣 8
13 沢城みゆき 6 1-1 32 雨宮天 5
33 小松未可子 8 0-8 22 日笠陽子 8
21 佐倉綾音 8 7-3 42 悠木碧 7
31 内田真礼 3 初顔合わせ 182 加隈亜衣 6
41 上坂すみれ 4 2-0 111 M・A・O 4
121 東山奈央 4 4-1 112 大原さやか 4
141 竹達彩奈 4 1-2 122 種田梨沙 5
131 早見沙織 2 5-9 162 井上麻里奈 5
201 山本希望 6 0-1 132 金元寿子 3
172 木戸衣吹 6 初顔合わせ 142 洲崎綾 4
151 大久保瑠美 3 3-4 171 喜多村英梨 4
241 井口裕香 6 1-2 152 潘めぐみ 4
161 日高里菜 0 3-5 192 小倉唯 2
181 佐藤利奈 2 14-8  231 小林ゆう 3
191 赤崎千夏 2 初顔合わせ 211 大西沙織 5
242 釘宮理恵 4 1-4 202 瀬戸麻沙美 3
252 豊崎愛生 5 0-1 212 沼倉愛美 6
221 津田美波 5 2-0 261 加藤英美里 3
351 久野美咲 4 --- 222 村川梨衣 2