15九03


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2015年九州場所3日目(2015年11月10日)

 

日付 幕内 向正面 十両 ラジオ 実況 特集
3日目 2015/11/10 尾車
島本須美
玉垣
小桜エツコ
甲山
氷上恭子
佐渡ヶ嶽
田村ゆかり
檜川 新十両紹介
巽悠衣子

 

17:05
声優相撲九州場所3日目、福岡声優センターです。
幕内後半最初の相撲、「種田梨沙 - 金元寿子」
金元寿子が寄り切りで勝って2勝1敗、種田梨沙は初黒星です。

今日は「国会中継」がありました関係で、
「@ウィキ」での中継はこの時間からとなります。ご了承下さい。

では前半の中から「この一番」のコーナーです。
熱戦になりました、「石上静香-上田麗奈」の幕内・十両対決。

 

東十01・上田麗奈(3勝)上手投げ ●西前16・石上静香(2勝1敗)

土俵際まで追い込みました石上ですが、上田の必死な抵抗。
攻撃の手が一瞬緩んだ瞬間に、出し投げ気味の投げを打ち、
上田麗奈があっという間に逆転の勝利。3連勝としました。

 

●沼倉愛美 (0勝) 小手投げ ○小澤亜李(3勝)

水瀬いのり(3勝)下手投げ ●釘宮理恵(1勝)

そして先場所「旋風」を巻き起こした両者も、順当に?3連勝です。

 

幕内の解説は、正面に元関脇・尾車親方の「島本須美」さん
向正面からは元小結・玉垣親方の「小桜エツコ」さんです。

 

「声優相撲3日目後半 注目の2番」

さあそして、3関脇の登場…、館内今日一番の拍手です! 福岡声優センター!

< 888888888888

 

西前04・加隈亜衣 初顔合わせ 西関脇・悠木碧

西に今年2度優勝を経験した関脇の悠木碧。2戦2勝。そして、
東には西前頭4枚目にまで番付を上げたご当所「加隈亜衣」です。
初顔合わせの一番です。

仕切りの間、懸賞が回り終えましたが…、身長差があります。
2人で身長差が約20センチという一番。加隈亜衣関は164cm。

今日の解説のお2人で言えば、尾車親方は162cm
そして玉垣親方は148cmということで…
まず尾車さん、上背のある加隈関、どう相撲を取りたいでしょうか。

尾車「だいぶと格上ですし、やっぱり小柄な相手が戦いにくい
   と思います。私もそうでしたけどww」

やはり大柄な力士は小柄な力士とは戦いづらいでしょうか?

尾車「それは絶対にあると思います。
   大柄力士は、小柄な力士とくらべて選択肢とかバリエーションが
   少ないですし、相手に手のうちを見られ勝ちですから。」

玉垣さん。玉垣さんよりも更に小柄で良く頑張っています。

玉垣「それで優勝できちゃうあたり、相当な才能と稽古
   積んでいるんでしょうね、悠木関は。 感心させられます。」

大柄な相手には、むしろ体が小さいのを活かしたいですよね?

玉垣「活かそうとして出る物じゃないですね、体格ですからww
   自然と出ちゃうのが小柄な相撲の強みでもあり欠点でも。」

さあ、連勝同士。激しいつっぱり合いに期待したい両者。
軍配返りました、3連勝はどちらの手に!?

 

 

●加隈亜衣(2勝) はたき込み ○悠木碧(3勝)

細かく突っ張る悠木をうまく受けていました加隈ですが、
逆に攻め込もうとした所、悠木が絶妙なタイミングでの
「はたき」を決め、堂々と3連勝。加隈亜衣は声援に応えられず
2勝1敗と星が変わりました。 悠木は三役3連勝一番乗りです。

 

続いても、楽しみな一番です。

東関脇2・戸松遥(2勝)4-3西小結・東山奈央(1勝1敗)

 

2連勝と、関脇に陥落したものの本来の力を取り戻しつつある
戸松遥が東の土俵。そして、先場所9勝をあげて小結に復帰。
三役としてまた「大関」を目指す「東山奈央」が西土俵です。

東山奈央は初日、横綱・茅野愛衣と結びの一番で対戦。
終始ペースを作ろうと全力を尽くした相撲でしたが、
結果敗れました。 ここまで1勝1敗の成績です。

 

さあ、玉垣さん…、と言いますか、ご存知、
「妖怪ウォッチ」の「ジバニャン」役ですっかり大人気、
「小桜エツコ」さん
に、「天野景太」=ケータ君について。
もちろん、戸松遥関についてお聞きしたいと思います。

ここまで2日間、どのようにご覧になっていますか?

玉垣「初日は良かったですね。らしい“押し”が出てました。
   でも昨日は少し攻められて引いた所で勝ったような相撲…
   だったので、連勝スタートと言っても、楽ではないと思います。」

特に尾車さん。相手が難敵と言いますか、強敵の「東山」関ですね。

尾車「そうですねー、2人とも“パワー”型と言いますか、
   非常に力強い演技で人気で、魅了させてくれますよね。」

でも最近はパワー一辺倒じゃないですよね?

尾車「元々四つで相撲が取れない訳じゃなかったですよね。
   戸松関は足技とか手足の長いのを活かした相撲もありますし、
   東山関は四つ相撲のような、じっくり粘る相撲
   上位で磨いてきてますから、楽しみですよね。」

仰るとおりですね。
何よりも、過去の対戦成績をご覧頂きますと、
「戸松遥 4-3 東山奈央」4対3とほぼ互角なんです。
先場所まで「大関」を務めていたことを考えれば、
非常に戸松にとっては苦手、というか合口の悪い相手です。

尾車「おもいっきりの良い相撲を東山関は取りますから、
   大関の地位をどこか守ろうとして来た戸松関にとっては、
   星勘定の意味で戦いづらかったのかもしれませんね。」

もちろん白星も大事ですが両者。自分の相撲に徹したい。
そして、九州場所を後半に向けて盛り上げていって欲しい!
人気力士同士の一番に、館内からも声援が沸き起こります。

さあ時間です。 東山奈央、戸松遥。注目の一番です。

 

戸松遥(2勝1敗)寄り切り ○東山奈央(2勝1敗)

25秒の攻防! 東山奈央が勝って対戦成績「4対4」!
戸松遥を下して、2勝1敗としました!!
うーん、天を一瞬仰いだか、戸松遥。3日目に土です!
いつもどおり、深々と礼をして勝ち名乗り東山。館内からは大きな拍手。

結局…、右四つ、左上手で両者不十分という形になりました。
しかし組んだらすぐに頭を付けていった東山の廻しの引き方。
そしてしっかりと堪えて押し込まれませんでした。

逆に下から上へ上へと圧力を掛けつつ前に出ると、
戸松はやはり本調子ではないか、残すことが出来ず後退。
そのまま土俵を割って粘り勝ち、寄り切りました。

さすが「桃山奈央」!
もとい「東山奈央」ここにあり、といったような相撲内容です。


 

「今日(3日目)の結果」

11 茅野愛衣 3 押し出し 111 上坂すみれ 0
112 洲崎綾 0 突き落とし 12 花澤香菜 3
21 佐倉綾音 3 押し出し 122 潘めぐみ 0
33 戸松遥 2 寄り切り 42 東山奈央 2
31 小松未可子 2 寄り切り 121 内田真礼 0
142 加隈亜衣 2 はたき込み 32 悠木碧 3
41 雨宮天 0 寄り切り 132 竹達彩奈 1
131 M・A・O 3 押し出し 141 大原さやか 0
151 早見沙織 2 はたき込み 162 山本希望 0
161 種田梨沙 2 寄り切り 152 金元寿子 2
171 井上麻里奈 1 はたき込み 181 大久保瑠美 2
231 沼倉愛美 0 小手投げ 172 小澤亜李 3
192 豊崎愛生 1 上手投げ 182 木戸衣吹 0
191 水瀬いのり 3 下手投げ 232 釘宮理恵 1
201 喜多村英梨 2 寄り切り 212 佐藤利奈 0
211 井口裕香 3 上手投げ 202 小清水亜美 1
221 大西沙織 1 上手投げ 241 諏訪彩花 3
242 田村睦心 2 押し出し 222 小林ゆう 2
251 津田美波 1 はたき込み 311 小倉唯 0
261 白石涼子 2 寄り切り 252 内山夕実 1
312 上田麗奈 3 上手投げ 262 石上静香 2

横綱大関陣は3連勝、関脇では戸松にも土が付き、悠木碧が唯一の3連勝。
東山奈央も2勝1敗と小結ながら好調をキープしています。
平幕ではM・A・O、小澤亜李、水瀬いのり、井口裕香、諏訪彩花が3連勝。
3連勝を目指した新入幕の「石上静香」は十両筆頭の上田麗奈に敗れ初黒星です。

 

「明日(4日目)の取組」

42 東山奈央 2  1-10 12 花澤香菜 3
11 茅野愛衣 3 12-2  121 内田真礼 0
21 佐倉綾音 3 2-1 41 雨宮天 0
31 小松未可子 2 4-0 111 上坂すみれ 0
172 小澤亜李 3 1-0 32 悠木碧 3
33 戸松遥 2 初顔合わせ 112 洲崎綾 0
132 竹達彩奈 1 2-2 122 潘めぐみ 0
131 M・A・O 3 0-1 232 釘宮理恵 1
141 大原さやか 0 3-3 152 金元寿子 2
151 早見沙織 2 0-1 142 加隈亜衣 2
161 種田梨沙 2 5-1 181 大久保瑠美 2
171 井上麻里奈 1 1-1 162 山本希望 0
201 喜多村英梨 2 1-4 182 木戸衣吹 0
191 水瀬いのり 3 初顔合わせ 241 諏訪彩花 3
202 小清水亜美 1  2-14 192 豊崎愛生 1
211 井口裕香 3 1-0 242 田村睦心 2
231 沼倉愛美 0 0-1 212 佐藤利奈 0
221 大西沙織 1 初顔合わせ 252 内山夕実 1
262 石上静香 2 初顔合わせ 222 小林ゆう 2
251 津田美波 1 --- 341 明坂聡美 0
261 白石涼子 2 --- 312 上田麗奈 3

明日は結びで「1対10」、東山奈央の挑戦を受けます、花澤香菜。
しかし今場所、本調子ではない花澤に対して東山は勢いを保てるか?
結び前は事実上の「ごちうさ」対決。 15度目の挑戦、初日を金星で狙う内田真礼です。

そして注目は前から5番目の相撲。
関脇・悠木碧の相手が何と7枚目の「小澤亜李」となりました。
これは今場所の好調具合、先場所の活躍を見越しての割とのこと。
審判部によれば「序盤から好取組を積極的に組み、盛り上げたい」とのこと。
3連勝同士の一番が明日4日目に組まれます。

もう一つの「3連勝対決」は、「水瀬いのり-諏訪彩花」
4連勝として中盤に向け、無敗を守れるのはどちらか。
過去「2対14」と大きな差が付いている「小清水-豊崎」も、
今場所、現時点においてどちらが勝るか注目です。


 

収録:「新十両紹介:巽悠衣子」

今年2015年九州場所、3日目の中入りの時間は、
毎場所恒例となっています「新十両紹介」をお送り致します。

実に大挙「4人」が新十両となりました九州場所
国会中継がある関係で、収録でお届けする形となりますが、
ご了承頂きまして、まずは今場所1人目、巽悠衣子さんです。
ではインタビュールームから、お伝えしてまいりましょう!

 

放送席ー、放送席ー。
新十両紹介「巽悠衣子」さんをお迎えいたしました。
まずは関取昇進おめでとうございます!

巽「ありがとうございまーす、佐渡ヶ嶽部屋の巽悠衣子でーす。」

アニメにラジオに、以前から活躍されている巽悠衣子関、
何か「新十両」としてご紹介するのが、「あっ、そうなの?」と
思ってしまうような感じもしますが、念願の関取
ですね!

巽「結構言われましたよー、いろんな所から。
  秋巡業で関西方面行った時とか、ラジオ一緒にやってる子とかー
  『あれ?先輩、新十両なんですかー』とかってーww!」

プロフィール:
1987年9月17日、大阪府出身、155cm
佐渡ヶ嶽部屋(アイムエンタープライズ)所属、初土俵:2009年夏場所。

 

今プロフィールもご覧頂いていますが、大阪府のご出身…、
まあ年齢のことは申しませんが、最近は本当に若く10代とか、
或いはデビューして2年そこそこで新十両をつかむといったような。
若手の台頭が声優相撲では特に「顕著」になっています。
そこから考えますと、初土俵が2009年夏と、「6年半」前ですね。

巽「あっはい、いつの間にか、先輩の立場になっていて…、
  次々若い子が入ってきて、本当に居辛かったんですからーww!」

タスカニー。…あっ、口癖が移っちゃいましたww

巽「ちょっ…、言ってない! 言ってないです!!
  言うにしても『確かに』であって、その「タスカニー」
  じゃないですからー、もう! wwww」

様々な、ステキなお人柄も伺える「ラジオ番組」でも活躍の、
JOHNさんもとい、「ゆっこ」さんこと巽悠衣子さん。

巽「それTシャツ!私の着てたTシャツに書いてあった文字だからー
  ちょっと綺麗にお願いしますよ! 皆見てるんですからー!」

おっとついつい、失礼しました。

 

声優相撲的には、先場所幕下2枚目で「5勝2敗」をあげて、
6年半掛かりましたが待望の「新十両」を掴んだわけですが…
7番目の相撲で、野水伊織さんに勝っての昇進確定でした。

巽「2枚目ですけど、4勝3敗だとなぁ~って思ってたので、
  番付的には下(7枚目)ですし、絶対にこの相撲に勝って、
  十両になるんだ!と気合入れて土俵にあがりましたね。

同じ佐渡ヶ嶽部屋といえば、両大関を始めとして、
優勝争いの上位を独占する場所もありますし、何よりも、
新鋭の活躍が「目覚ましい」2015年でした。
大西沙織関、そして小澤亜李関の先場所は記憶に新しいですよね。

巽「2人ともだいぶ部屋的には後輩なんですよね…(--;」

ちょっと、顔映ってますからww 変顔っぽいのやめて下さいww

巽「でも本当、何で皆こんな強いの!って思うぐらい、
  もちろん上位の子達は皆そうですけど、本当凄くてー。
  稽古していても圧倒されちゃってて、正直。」

部屋はもちろん、アニメやラジオでの共演という形での
稽古も非常に充実されてますもんね。
特に「ぶつかり稽古」で、ぶつかられる側が上手だとww

巽「えっ、そんなこと言われてるんですか?私ww」

らしいですよ? 誰とかは言えませんが、
多分言ったら今後取材受けてもらえなくなりそうなのでww

巽「でも、今幕内で相撲取ってる子たちとも結構むかしから
  稽古して来てたりするので、見てて嬉しくなりますね。」

 

先のそのお話を…。
TVアニメ「えとたま」ニコニコ生放送 干支~ク!【正直者干支娘】

 

今年春、「干支~ク!」内の名企画「干支大陸」
(敢えて説明すると、アニメ「えとたま」を、情熱大陸風に
 インタビューされてる感じで無茶振りに答える企画)で、
巽さんがご自身で「送りバント巽」という素晴らしい発言をww

巽「何かそれ、色んな所で言われてるみたいでー、
  いやそういうことじゃなかったんですけどーww」

「影の立役者」として、今幕内で活躍している人気力士を、
「ぶつかり稽古」で強く育てたのが「巽悠衣子」関
です!

巽「何か親方衆みたいな扱いになっちゃってますけどww
  一応新十両ですからね、私! まだまだ頑張りますよー!」

・竹達彩奈 kiss×sisラジオ
・金元寿子 ゆいこ・ひさこのでかした!RanQueen!
・雨宮天  魔法科高校の劣等生WEBラジオ 満開!ブルーム放送委員会
・大橋彩香 あどりぶ

上記4つのラジオで共演していた4人とも大活躍!

巽「いやでもほら!私も関取ですから、今や!」

 

あまりラジオとかニコ生みたいに時間も長く無いので、
ではここで、巽さんのこれまでを振り返って行きたいと思います。
もう一度プロフィールを…。

プロフィール:
1987年9月17日、大阪府出身、155cm
佐渡ヶ嶽部屋(アイムエンタープライズ)所属、初土俵:2009年夏場所。

先場所中に28歳を迎えられましたが、初土俵も22歳の時ですからね。
そして、ラジオ中に計測した結果、「(自称)155cmであると。

巽「まあ、だいたい155cmってことで良いじゃないですかww」

「あどりぶ」#080より、スタッフ等と計測した結果、
「154.9cm」だったが、ざっくり四捨五入して「155cm」と。
まあ、声優相撲は本家大相撲みたく「身体測定」ってしませんからねw
(別の声優さんは、身長が「芸歴」ならぬ「芸身長」だと、
 某どっとあいの初回からぶっ放してましたがww(o・∇・o)


そもそも声優力士を目指したキッカケが、「お姉さま」だったと。
関取のお姉さんも声優力士を目指していて、
妹である悠衣子関がその夢を叶えたということですね。

中学・高校時代は奈良県の学校に通っていて、
最近はその真偽が疑われていますが、
「センター英語(模試)で満点」を取ったという才女でした!

巽「いや! 嘘って訳じゃないですからねー、昔は出来たんです!」

大学進学と同時に声優養成所、翌年には名門たる「日ナレ大阪校」に。
養成所生でありながら現・「佐渡ヶ嶽部屋」に所属
2009年大阪場所後に、上京し序ノ口デビューを果たします。
「けいおん!」「宇宙をかける少女」で勝ち越しました。

巽「あの初土俵の頃、前相撲の大阪場所の時のことは
  多分一生忘れないと思いますね!」

 

翌2010年には、序二段優勝を果たします。その原動力は、
「kiss×sis」の「住之江りこ」役です!
主人公の弟を大好きなお姉ちゃんズ「あこりこ」の「りこ」役でした。

巽「テレビアニメの前にも映像作品がありましたけど、
  いろんな意味でハードな稽古だったので、印象深いですね。」

竹達彩奈と巽悠衣子のキスシス公開生放送(2009.06.20)

個人的に今でもOAD時代の「公開生放送」が忘れられません!
あの「ポッキーゲーム」のシーンは永久保存です!

巽「うわっ、久しぶりに思い出した~、序ノ口の頃の奴じゃん!」

ようやく「けいおん!」の中野梓が出た直後の「竹達彩奈」関と、
その「けいおん!」にモブで出て初土俵の「巽悠衣子」関
「あこりこ」として公開生放送をされてました、懐かしい!

巽「って、えっ? 当時のこと知ってるんですか?ww」

当時、超!A&G+で見てましたよ?この放送。(サラッと)

巽「ええーっ!! …、凄いですね、良くこの頃から知ってますねw」

この後ゲストに来たの、覚えてらっしゃるかな、
大関・日笠陽子関が大亀あすかさんとやってたラジオ「デジスタ」に、
この公開生放送後に飛び入りゲストでお2人が出演されたんです。
デジスタ#011 で、巽悠衣子さんを初めて知りましたね。

巽「何か若干記憶も朧気なんですけど、良く覚えてますねww」

ええ、デジスタのヘビーリスナーであり、kiss×sisファンであり、
昔から注目してましたから、竹達関も巽関もww

 

2012年春場所では、ご当所で三段目優勝。
「ズーブルズ!」「クェイサーII」「咲 -saki- 阿知賀編」
「リトバス」で西園美魚役も一時期。そして2013年になると、
問題児たちが居世界から来るそうですよ?、幻影ヲ駆ケル太陽など。
徐々に幕下で定着するような、キャラ名ありの演技が増えます。

昨年春は特に「魔法科高校の劣等生」での「北山雫」
作品内でも人気が高い役になりましたね。

今年2015年、ジョーヌ・クラフティ役も「DOG DAYS''」から
担当されていますし、「えとたま」のシマたん…。

そして何より先場所から今場所に掛けて。
「探偵チームKZ事件ノート」で主人公・立花彩役です!

巽「送りバントじゃないですけど、主人公ってあんまり無かったので、
  何か嬉しかったですね、もちろん大変ですし緊張しますけど」

いわゆる「天てれアニメ枠」内での10分アニメです。

 

本来なら、巽悠衣子さんのパーソナルなお話も、
色々と時間があれば伺いたかったのですが・・・

普通の人も来るタイ古式マッサージとか、鯱・モグラ事件であるとか…

巽「いやちょっ、やめときましょう!」

まあ、ラジオで良くそういう話題は出てきますからww

ラジオも、アニメも、更に楽しみ、期待される「巽悠衣子」関。
最後に皆様に一言、意気込みを。


巽「はい。 何か色々言われたような気がするけど…
  皆に負けないように努力して、やっと関取になることが
  出来ました! 本当に支えてくれる皆さんのおかげです。

  一場所でも多く関取で居られるように稽古頑張ります!
  出来れば来年の春も関取で居たいなってのが目標です。
  これからも応援よろしくお願いしますね!」

新十両、巽悠衣子関でした。