※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆17歳女子高生、昨日教室で全裸にされたの☆8日目(2)   http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1139055477/

32 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 22:48:02.62 ID:3NBUcCou0

  首を起こし、周囲を見ると・・・壁がえぐられてる!?

  「さすが、やるわね・・・」
  カツッ、カツッ、サチコ様が近づいてくる。
  「当家に伝わりし『禁鞭』の一撃を避けるとは。想像していた以上だわ」

  これ・・・ちょ、当たったらタダじゃ済まないっ!!
  「卯ノ花さん!逃げるわよ!!」
  「え、あ、うんっ!!」

33 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 22:52:04.82 ID:3NBUcCou0

  タッタッタッタッ

  「待ちなさぁぁいっ!!」
  ビュオッ!!ズガガッ!!ガスッ!!
  サチコ様が鞭をでたらめに振り回しながら追いかけてくる。

  幸いヒールの高いブーツを履いてるおかげで、走るスピードはそんなでも無いけど・・・
  でもこのままって訳には・・・あっ!!
  「卯ノ花さん!こっち!!」
  私は卯ノ花さんの手を掴んで、理科室へと飛び込んだの。

34 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 22:56:49.14 ID:3NBUcCou0

  「ちょっと、こんな所でどうす・・フガッ」
  「いいから静かにして」
  卯ノ花さんの口を手で塞いで、辺りを見渡す。

  あの棚は資材・・・あっちは実験器具・・・
  「ん~ん~っ!!」
  「いいから黙ってて」

  あ、あった。薬品棚。
  「卯ノ花さん、行くわ・・・あ」
  何か白目をむいて痙攣してる。そういえば手、離すの忘れてたっけ。
  ・・・まぁ静かになったからいっか。

35 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 22:59:34.71 ID:3NBUcCou0

  さすがに鍵がかかってるか・・・えい、志穂チョップ!
  バキッ!
  よし、開いた開いた。

  えっとアルミ箔と・・・う~ん、これでも無いし・・・

  「見つけたわよ!」
  あ、来ちゃった。

36 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:04:08.74 ID:3NBUcCou0

  「いい加減観念する事ね」
  とりあえず時間稼がないと・・・

  「ねぇ、何で私達を狙うの?」
  えっと、過酸化水素水・・・違う。
  「自分の胸に聞いてみる事ね、彩さんにどれだけひどい事を・・・」
  キンカン・・・これでもない。
  「胸に?もしもし、おっぱいちゃん、おしえて?」
  希・・あった!!
  「あのね、そう言う意味じゃなく・・・」

37 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:08:36.22 ID:3NBUcCou0

  すばやく薬棚からボトルを取り、足元に叩きつけてボトルを割る。
  「・・・お前、一体何をっ!!」
  そして鞭が来るよりも早くこぼれた液体の上へとアルミ箔をばら撒く。

  ビュオッ!鞭が唸る。
  バックステップで避け、そして反動を利用して一気に懐へと飛び込む。

  あと数秒・・・時間稼ぎしないとっ!!

38 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:11:31.80 ID:3NBUcCou0

  ガスッ、バキッ、パシッ!
  突きや蹴りを繰り出すけど、巧みに受け流される。
  「くっ!さすがっ!やるわねっ!!」
  攻撃に意識を集中させて・・・よし、いい立ち位置。

  足元・・・十分に反応起きてる!!
  卯ノ花さんは入り口脇・・・準備出来た!!

39 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:15:55.20 ID:3NBUcCou0

  バッ!
  後ろに飛びのき間合いを開ける。
  「無駄よ!この間合いなら鞭で・・・」

  さらに飛びのきながらマッチで火を起こし・・・
  サチコ様の足元へと火の付いたマッチを投げ込みながら、さらに入り口に飛びのき
  卯ノ花さんを掴み・・・

  「・・・なっ!?」
  アルミ箔と希塩酸との科学反応で生じた水素に引火・・・っ!!

  ドォォォォォンッ!!


  サチコ -K.O-

40 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:20:29.44 ID:3NBUcCou0

  「卯ノ花さん、大丈夫?」
  「う・・ん、あれ、鞭女は・・・?」
  チラっと理科室の方を見る。薬品やアルコールに引火したのか、部屋中を炎が包み込んでる。
  「まさか・・・あの中?」

  「うん。それよりD棟音楽室に急がないと。」
  「え、でも、ちょ、火事・・・」
  卯ノ花さんの手を引っ張り、私は大急ぎでその場を後にしたの。

41 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/02/04(土) 23:21:35.75 ID:4LuEALjv0
志穂タン機転が効くなwwww

42 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:26:45.39 ID:3NBUcCou0
(>>41なんてったって志穂タンですから)

  「えっと、現在地がここで・・・」
  壁に貼ってあった校内地図を指でなぞる。
  「隣の棟の5階かぁ・・・」

  「ねぇ、ちょっと、消防車来てる!!」
  「あ、ほんとだ」
  窓から外を眺めると3台の消防車が校庭に来てた。
  消防士さん達もなんか忙しそうだったよ。

  「そんな事より先急がないと」

43 名前: ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:27:30.10 ID:3NBUcCou0
(それでは20分ほど休憩します)

44 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/02/04(土) 23:28:07.10 ID:4LuEALjv0
ドーナツか?w

45 名前: ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:30:28.33 ID:3NBUcCou0
(>>44NO、まんじゅうに化けました)

46 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/02/04(土) 23:38:32.88 ID:XBAWdVLKO
45
まんじゅうくれまん汁

47 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:50:42.16 ID:3NBUcCou0
(>>46ゴメン、もう全部食べちゃった)

  一方そのころ・・・
  音楽室のカーテンを少し開け、紅葉とヨウコが隣の棟を眺めている。
  「何か・・・理科室燃えてない!?」
  「紅葉姉ぇ、アタシちょっと見てくる!!」
  紅葉の返答も待たず、ヨウコが飛び出して行く。

  彩の心の中’志穂、無茶はしないで・・・っていうかするなバカぁぁぁっ!!’

48 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:53:37.81 ID:3NBUcCou0

  よし、この渡り廊下を越えればD棟ね・・・ん?

  「・・・」
  「・・・」

  何か目の前に、短パン履いたおっさんと、黄色い全身タイツ着て懐中電灯持ったハゲ親父が。
  「俺サトシ!バトルしようぜ!!」
  「ピカチュゥ!!」

  「・・・目、合わせちゃだめよ」
  「・・・分かってる」

49 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:56:21.20 ID:3NBUcCou0

  「ピカチュウ、10万ボルトだ!」
  短パンからスネ毛ボーボーの足を生やしたおっさんが指示を出す。

  「ピカチュゥ!!」
  そして脂ぎった全身タイツハゲが懐中電灯をチカチカさせる。

  「・・・」
  「・・・」

50 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/04(土) 23:57:56.49 ID:3NBUcCou0

  「・・・ねぇ」
  「俺サトシ!なんだい!?」
  「・・・それ、君のポケモン?」
  「そうだよ!ピカチュウって言うんだ!!」
  「ピカチュゥ!!」

  ・・・誰か助けて。

51 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 00:00:49.33 ID:XFwwmksT0

  「・・・ねぇ」
  「俺サトシ!なんだい!?」
  「・・・ポケモンて、空飛べるんだよね」
  「うん、飛べるよ!!」

  全身タイツハゲの背中に短パンオヤジがおぶさる。
  そして、渡り廊下の縁に足をかける。
  「いくぞ、ピカチュウ!!」
  「ピカチュウ!!」



  サトシ&ピカチュウ -K.O-

52 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 00:05:04.66 ID:XFwwmksT0

  私達は何事も無かったかのようにD棟の階段を登って行ったの。
  すると、踊り場の所にショートカットの女子中学生が仁王立ちしてたの。

  「ねぇ、アンタが志穂?」
  「うん、そうだけど・・・」
  ここからだとパンツ、見えるんですけど・・・

  「ずいぶんと・・・派手にやってくれたじゃないの」
  ピンクのストライプだ・・・

54 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 00:08:51.80 ID:XFwwmksT0

  「ねぇ・・・パンツ、見えてるよ」
  「なっ!?」
  慌ててスカートを抑える。

  「可愛いパンツね」
  「う、うるさぁぁぁいっ!!」
  顔を真っ赤にしながら、階段から飛び降りそのまま蹴りを撃って来た。

  「はい、よろしくっ」
  「ウボアァッ!!」
  とりあえず卯ノ花さんでガード。

55 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 00:13:30.39 ID:XFwwmksT0

  当たり所が悪かったのか、卯ノ花さん一発でのびちゃった。使えない子ね。

  「はっ!彩さんが言ってた通りの人でなしねっ!!」
  ん?ぶ隊長、私の悪口でも言ったのかな?
  「どういう事?」

  「しらばっくれんなよぉっ!!」
  ビュッ、ビュッ!
  今度は正拳突きが飛んできた。
  「全裸の彩さんにっ!!男子トイレ行かせてっ!!」
  よっ、ほっ。
  「うんうん」

57 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 00:18:13.29 ID:XFwwmksT0

  「トイレットペーパーで、グルグル巻きにしたって、なぁぁっ!!」
  雄たけびに合わせて胴回し蹴り。
  ガシッ!!
  そこにカウンターで上段蹴りを合わせる。
  「たしかにしたけど・・・でも原因作ったのは神戸さんだよ?」

  バッ
  ストライプパンツちゃんがトンボを切り間合いを開ける。あ、また見えた。
  「その上つるつるまんこ、つるつるまんこ言っていじめたそうじゃんかよ!」
  「だってつるつるまんこだし」

58 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 00:24:57.84 ID:XFwwmksT0

  「そういう所が気に入らないんだよぉっ!!」
  突っ込んで来ながら・・・左突きね、みえみえだわ。

  「そんな興奮されても・・・っ!?」
  左手の突きを手で受け止める・・・力が入ってな・・・フェイク!?
  ガスッ!
  右肘が私の頬に刺さる。
  「くぅっ!?」

  ・・・アロロ、ロアロエ(小娘が、舐めるなぁ)!!

59 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 00:31:37.22 ID:XFwwmksT0

  パンツの左手を全力で握る。
  「ぐあぁぁぁっ!!」
  そして背負い・・・
  「人間魚雷ぃぃっ!!」
  真上に放り投げ・・・

  ビュオォォォ、ガスッ!!

60 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 00:32:09.46 ID:XFwwmksT0

  刺さったわね・・・10、9、8・・・2、1、よし、落ちてきた。
  ヒュルルル・・・

  タイミングを合わせてっと。
  「少林寺奥義」

  落ちてくるパンツの顔面目がけて・・・
  「羅・刹・掌ッ!!」

  一撃必殺の気迫を込めた拳を打ち出すっ!!

61 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 00:35:38.96 ID:XFwwmksT0

  ピクピク痙攣してるパンツの元へと歩み寄る。
  「
  あまり年上、舐めるもんじゃないわよ?」
  「こ・・の・・・ひ・・・と・・・で・・・な・・・」
  「だ・ま・れ」
  ガスッ


  ヨウコ -K.O-


  さて、卯ノ花さん起こさないと。