※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

16歳女子高生、教室で全裸にされたの~それから~(2) http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1138280380/

42 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/26(木) 23:45:14.96 ID:jBWeu4Gt0

  ドーーーーン!
  (花火で打ち出して障壁突破とか無理ある話だよなぁ・・・夜一さん)
  「うわぁ、きれ~!」
  「う、うん・・・」
  僕の隣で浴衣姿の彩ちゃんがはしゃいでる。
  (彩ちゃんの方がキレイだよ・・・)
  花火より、自然と隣にいる彼女の方に気が行ってしまう。
  「ん?」
  「あ、いや、ほ、ほら!次ナイアガラだよ!」

43 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/26(木) 23:48:10.40 ID:jBWeu4Gt0

  トクン、トクン・・・
  「ホント、きれいだね~」
  何か花火の音より、自分の鼓動の方が大きく聞こえちゃう・・・
  「あれ、職人さんとか火傷しないのかなぁ?」
  瀬名君もなんか花火よりアタシの方に視線、行ってるみたいだし・・・

  あ・・・

45 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/26(木) 23:49:18.28 ID:jBWeu4Gt0

  「あれ、職人さんとか火傷しないのかなぁ?」
  右手で花火の方を指差した拍子に左手が動いた。

  ぴた・・・

46 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/26(木) 23:50:57.29 ID:jBWeu4Gt0

  そっと手を上に重ねて、軽く握ったの。
  トクン、トクン・・・
  だんだん、鼓動が大きくなって行ったの。

47 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/26(木) 23:52:32.64 ID:jBWeu4Gt0

  彩ちゃんの方にそっと振り向く。
  僕を見上げる瞳が段々細くなっていく。
  トクン、トクン・・・

49 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/26(木) 23:53:26.20 ID:jBWeu4Gt0

  目を閉じたまま、そっと唇を差し出す・・・
  トクン、トクン、トクン、トクン・・・

50 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/26(木) 23:54:51.99 ID:jBWeu4Gt0

  右手で彩ちゃんの肩をそっと抱き、二人の距離を縮め・・・

  ドーン・・・パラパラパラ・・・・ドーン・・・

  唇に、柔らかい感触。

51 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/26(木) 23:56:07.96 ID:jBWeu4Gt0

  何も、聞こえない。

  ただ、唇の感触だけ。

  あぁ・・・

  うれしい・・・・

52 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/26(木) 23:59:14.26 ID:jBWeu4Gt0

  さーて風呂入る前に一丁スレ立てるかイェアァ!!
  「彼女と初キスしたけど何か質問ある?」っと。
  おっしゃー!じゃ風呂行ってみっかーっ!!ヤッフー!!


  おーし、いい湯だったぜ!ボンバァ!




  あ、乱立で落ちてやんの。

57 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:18:38.21 ID:4NhEXtwN0

  「ねぇねぇアヤぁ~」
  「ん~」

  やちるが玉子焼きをほおばりながら身を乗り出す。

  「最近化粧してなくない?」
  「うん。」
  「なして?」
  「だって・・・」
  「だって?」
  「化粧してない方が・・・可愛いって・・・」
  「だ~れ~が~よぉ~?」
  ウィンナーを歯で挟み、ピョコピョコさせながらやちるが問い詰める。
  「か、カレが・・・」


  「えーい、この幸せ物めがぁっ!!」
  ひょいっ、そう言いながらアタシのイチゴを奪い取る。
  「あたしももーらいっ!」
  「じゃウチも~」
  ひょいっ、ひょいっ
  「あ、やだ~、や~め~て~よ~っ」
  「やかまし~いっ!ご祝儀じゃ~い!」

  イチゴ、無くなっちゃった。

58 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:20:47.57 ID:4NhEXtwN0

  こなぁぁゆ
  あ、彩からメールだ。
  『10月の12,13,14学園祭なんだけど、いつ来る?』
  まぁいつでもいいんだけど・・・

59 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:22:01.94 ID:4NhEXtwN0

  ピロリロリーン
  『こっちはいつでもいいよ、彩の都合のいい時で』
   む~、その答えが一番困るのよね~・・・

  仕方無いなぁ・・・それっ!

60 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:25:10.32 ID:4NhEXtwN0

  さぁ恋せよアミーゴ、おどr・・・ピッ
  「はい、もしもし」
  『あ~、セナ君~?』
  「あ、彩」
  『一番困るんですけどー、いつでもいいっての』
  「う~ん、だってその3日間全部空いてるし」
  『じゃ、13日』
  「うん、それでいいよ」

61 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:29:46.66 ID:4NhEXtwN0

  「じゃ、13日に校門のところで待ってるね」
  『うん、分かった』
  「ところで・・・今何してたの?」
  『えっと・・・パソコンいじってた。彩は?』
  「今お風呂から出たとこ~」
  『・・・』
  「あ、変な事想像してたでしょぉ~!」
  『ち、違うよ!コメントに困ってただけだっての!!』
  「ふぅ~ん・・・」
  『絶対信じてないだろお前~』
  「はいはい、そういう事にしておいてあげます」
  『まぁ見てみたいけどさ・・・・』
  「・・・バカ。じゃ、おやすみ~!」
  ピッ

  もぅ~・・・バカバカッ!!

62 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:31:55.24 ID:4NhEXtwN0

  そういえば彩の学校来たのって初めてだなぁ・・・
  「あーっ!セーナーくーんっ!!」
  そんな手ぇ振らないでも分かる・・・ん?
  「も~、遅いよっ!!」

  やば、メイド服ktkr

64 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:37:12.46 ID:4NhEXtwN0

  「なに、彼がウワサのカレなワケ?」
  「どうもアヤがいつもおせわになっております~」
  「ふつつかな娘ですが、どうぞよろしく・・・」
  「もう、ヤダ、やめてってばぁ!」
  みんなが口々に冷やかす。もぅっ!!
  「あ、どうもお世話になっております。」

  おしゃべりに夢中になってるみんなをよそに、瀬名君がアタシの耳元でボソっと言ったの。
  「どしたのさ、その格好」
  「ウチのクラスの模擬店の衣装なの・・可愛いでしょ」
  「・・・はいはい」

65 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:41:09.99 ID:4NhEXtwN0

  やっべ、マジ可愛いわこれ・・・
  「もぅ~っ!」
  自然と顔がニヤける。
  連中は・・・よし、こっち見てない。

  ちゅっ

  「!?」
  「・・・可愛いよ」
  「・・・バカぁ」

  「ちょっとちょっとぉ、何コソコソやってんのよぉ~」
  やべ、琴欧州女に見つかったか!?

66 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:44:32.67 ID:4NhEXtwN0

  「あ~あっついあっつい」
  「や、やだっ!やめてよやちるぅ~」
  もぅ~、ほっぺに不意打ちなんてバカバカッ!

  「奥様、今年は暖冬の気配ですわねぇ」
  「ええホント、熱くて熱くて」
  千春とアケミまで、もうっ!

  「ほらっ!いこっ!」
  瀬名君の手を掴んで校舎の方へ走ったの。
  ホントにもぅ・・・ばかぁ・・・

67 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:49:32.20 ID:4NhEXtwN0

  彩が顔を真っ赤にして俺の手を引っ張る。
  あぁ、ギュっと抱きしめて~!!

  そういや、何気にウチの学校の連中も結構来てるのな。
  あの子とかウチのクラスでなかったっけ・・・やば、目あった!?

  「はぁ、はぁ・・・も~バカバカッ!」
  「そう言うなって」
  俺をポコポコ叩きながら彩がむくれる。
  ホント可愛いなぁ・・・
  思わず肩を抱き寄せ・・・
  「ほら、いこっ!」
  サッ

  スルーされますた(´・ω・`)

68 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:53:21.72 ID:4NhEXtwN0

  「ここがね、アタシの教室。それでね~」
  瀬名君と手をつなぎながら校舎の中を案内する。
  「・・・でね、ここが音楽室」
  ガラガラっ
  「ここでピアノ弾いててね、それでやちると仲良くなったの」
  「へ~、彩、ピアノ弾けるんだ」
  「うん、子供の頃から習ってるの」

69 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:56:41.19 ID:4NhEXtwN0

  「聴いてみたいな~・・・何か弾いて見せてよ」
  「うん、いいよ。それじゃぁねぇ~・・・」
  彩がピアノの前にちょこんと腰掛ける。

  ピ ア ノ と メ イ ド
  た ま ん ね ぇ

  「これとか・・・分かるかな?」
  タンタンタンタンタラランタンタラッラ

  白タイツハァハァ(;´Д`)

70 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 00:58:08.25 ID:4NhEXtwN0

  ふんふんふ・・あ、和音とちった・・ふんふん・・・

  ガタッ、カタ・・・

  ん?後ろで物音したような・・・

  ふんふんふふんふん・・・まいっか・・・

71 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 01:00:12.63 ID:4NhEXtwN0

  「どうだった?」
  彩が腰掛けたままこっちを振り向く。
  「うん、すごくよかったよ!」
  何が、とか聞くな。

  「それじゃ次はりかし・・・あ、あれ?」
  「ん?」
  「ドア・・・開かない・・・」

72 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 01:02:36.93 ID:4NhEXtwN0

  ちょっとヤダ、どうなってるの?
  なんかドアの向こうで引っかかってるっぽい・・・

  「セナ君もちょっと手伝って~」
  「う、うん」
  二人でドアの取っ手に手をかけて・・・
  「せーーーのっ!!」
  ガタっ!
  「せぇぇぇぇのっ!!!」
  ガタっ!

  「ダメ・・みたい」

73 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 01:05:17.85 ID:4NhEXtwN0

  ハァッ・・・ハァッ
  彩が肩で息をしながらドアに手をかけている。

  ガバッ
  「えっ!?ちょっ!!」

  思わず、その背中に抱きついた。

74 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 01:08:23.19 ID:4NhEXtwN0

  「やだっ!セナく・・ん・・・」
  瀬名君がアタシの背中にぴったり張り付く。
  腰のあたりに硬い感触・・・
  「アヤ・・・」

  鼻先で首筋をくすぐるようにして・・・

  ちゅっ・・・

  「んっ!」

  背筋に電気が走った。

78 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 01:23:47.95 ID:4NhEXtwN0

  ドクンッ、ドクンッ
  彩の鼓動が伝わってくる。

  「やだぁ、こんなとこ・・・んんっ!!」
  こっちを振り向いた拍子に唇を奪う。

  「はぁ・・んっ、人、来ちゃうよぉ・・・」
  「大丈夫だよ・・・ほら、こっちへ」
  彩をアコーディオンカーテンの裏側へと導く。

80 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 01:25:37.24 ID:4NhEXtwN0

  頭が、下腹部が、熱病に冒されたように火照ってくる。
  でも・・・



  こわいよ・・・

81 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 01:27:23.58 ID:4NhEXtwN0

  チェロやコントラバス、トロンボーンといった楽器に囲まれ、彩と二人立ち尽くす。
  「セナくぅん・・・」
  不安そうに僕を見上げる。
  「大丈夫だよ・・・」
  微笑み、もういちど唇を重ね合わせる。

  ちゅっ・・・

82 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 01:29:55.07 ID:4NhEXtwN0

  瀬名君に抱きしめられたまま、キスを繰り返す。
  ちゅっ、ちゅっ・・・

  アタシも両手を瀬名君の背中に回し・・・
  ちゅっ・・・はむ・・・

  目を閉じ、唇を開いていく・・・

83 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 01:32:18.29 ID:4NhEXtwN0

  お互いの体を密着させたまま、何度も何度も唇を重ね合わせる。
  はむ・・・んっ・・・

  そしてどちらからともなく舌先を伸ばし、絡ませあう。
  ちゅっ・・ちゃぷ・・・・

  とろける様な感触が、舌先から後頭部、背中、腰へと駆け巡っていく。