※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

16歳女子高生、教室で全裸にされたの~それから~(5) http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1138280380/

186 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:01:25.87 ID:4NhEXtwN0

  「でもよ~緋村、ジョジョって面白いかぁ?」
  「バカにはつまらないんじゃない?」
  年明け早々下らない会話。
   気楽なもんだよな・・・

  「なぁなぁ小早川」
  「あん?」
  「ジョジョって面白いかぁ?何か絵、キモいしよぉ~」
  はぁ・・・



  第2部はガチ、決まってんだろ。だいたいシュトロハイムの熱さが分からないようzy(ry


187 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:04:04.59 ID:4NhEXtwN0

  「なぁなぁ小早川っ」
  「なんだよ、今度は」
  相良がツンツンと、人差し指である方向を指した。

  「あの胸、太もも、マジたまんねぇよな~」
  「・・・」
  そんな目で諏訪さん見てんじゃねぇよ、カス。

188 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:07:10.70 ID:4NhEXtwN0

  えっと、お湯の温度はこれでよしっと。
  こっちの鍋に刻んだチョコを入れてっと・・・

  あ、やだ!お母さんいいからあっち行っててよぉ、もぅっ!!
  だからそんなんじゃ無いって!!友達に・・・ちょ、絶対信じてないでしょ!!

  ふふ、瀬名君きっとびっくりするぞぉ~

189 :諏訪まりも ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:09:12.80 ID:4NhEXtwN0

  5粒入りで2000円か・・・
  あ、でもどうせ男子にチョコの値段なんて分かる訳無いか。
  ん~・・・もっと見栄えのよさそうなのは・・・

  それにしても文化祭で彼女っぽい子連れてたの見た時は驚いたけど・・・
  ま、どうでもいっか。

  1200円、これにしよっと。

195 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:31:30.02 ID:4NhEXtwN0

  「でね、ちょっとお湯が入っちゃった訳」
  『あっちゃー』
  「仕方ないからこれは義理って事にしちゃった!アハハッ!」
  『何気にひどいわねぇ~だいたいアンタ、カレと他の人とで・・・』
  「ん?何よぉやちるぅ~」
  『・・・あ、いや、カレと他の人とで態度違いすぎだって!猫何十匹かぶってんのよぉ!』
  「ん~・・・600匹ぐらい?」
  『そんなもんかしらね』
  「ちょっとぉ~!否定しなさいよぉ~!!」
  『だってオクサマぁ~』

  「ところで・・・やちるはどうなのよ?例のカレとは」
  『うん・・・チョコは用意したんだけど・・・』
  「そっか・・・上手くいくといいね」
  『ありがと・・・ねぇ・・・』
  「ん?」

  『・・・・』

  「な~に~よぉ~」
  『・・・アヤも頑張ってね』
  「大丈夫よぉ!ウチらラブラブだし?」
  『・・うん、そうだよね。それじゃまた明日ね。』
  「うん、おやすみ~」

196 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:34:34.52 ID:4NhEXtwN0

   彼女いるのに他の子にキスされたけど何か?・・・っと
  よし、スレ立て。

  ・・・・・

  ま、叩かれるわな。普通。
  風呂行ってくるか。

  ふぅ・・・さて、何か参考になりそうなレスは・・・
  ・・・乱立でdat落ちかよ。

  ・・・クソッ

197 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:41:42.14 ID:4NhEXtwN0

  「ほら、やちる頑張って!」
  「う、うん・・・」
  ピンク色の紙袋を抱えたまますっかりカチコチになっちゃってる。
  「もぅっ!らしくないなぁっ!!」

  バシっ

  「あ・・・」
  背中を叩いた拍子にカレの前に飛び出ちゃった。

  ・・・よしよし、いい感じ。

  「あや~っ!!」
  ガバッ
  「やった、やったよ~!!」
  「えっ、ホントっ!?マジ!?マジっ!?」
  二人手を握りあって思わずその場で足をバタバタ。

  よかったね、やちる・・・

  さて、それじゃアタシもチョコ渡してきますかぁ~
  瀬名君の高校の前で待ち伏せて、びっくりさせてやるんだからぁ~
  うふ、うふふ~

198 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:46:47.32 ID:4NhEXtwN0

  ガタンゴトン・・・

  瀬名君の高校行くの、これで3度目かぁ・・・

  ガタンゴトン・・・

  初めて行ったのが体育祭の時でぇ・・・2度目は放課後デートの時かぁ・・・

  ガタンゴトン・・・

  あの時は瀬名君びっくりしてたなぁ、駅での待ち合わせだったし・・・
  今度もびっくりするだろなぁ・・・

200 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:49:52.17 ID:4NhEXtwN0

  ん~と、この電信柱の影が丁度いいかな?
  ホームルーム終わるまで・・・あと10分か。
  ふふ、楽しみ~

  やっぱり「わっ!」って出るのがいいかな?
  それとも電信柱からピョコって顔だけ出してみるとか・・・

  ん~、ど・う・し・よ?

201 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:51:30.43 ID:4NhEXtwN0

  あと5分・・・
  3分・・・
  2分・・・

  キーンコーンカーンコーン

  おっし!

203 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/27(金) 23:55:16.69 ID:4NhEXtwN0

  あ、来たき・・・

  ・・・え



  やだ・・・誰その子・・・
  なんでそんな仲よさそうに・・・
  あ、やだ、腕なんて組まないでよ・・・

  やだ・・・


  なんなのこれ・・・

205 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:01:46.16 ID:CCCUB/GR0

  ピッ
  『すっごい楽しみだな、文化祭!』
  ピッ
  『急にゴメン、今日学校終わってからどっか行かない?』

  ピッ
  『花火きれいだったね、来年も行けたらいいね』

  ピッ
  『えっと、初めてのメールだし・・・やっぱり始めましてって言ったほうがいいのかな?』


  ピッ

  『彩、今日はホントありがと・・・彩に出逢えて、ホントよかったよ。』

206 :やちる ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:05:02.77 ID:CCCUB/GR0

  そういえばアヤ、ちゃんとチョコ渡せたのかしら・・・
  『ねぇ、どうだった?』

  ・・・遅いわね、返信。
  電話してみよっと。

  プルルル、プルルル
  「あ、もしも・・・ちょ、ちょっと!何泣いてんのよ!どこ!?」

210 :やちる ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:11:29.94 ID:CCCUB/GR0

  アイツの高校最寄の駅のベンチで、彩が制服姿のままうなだれてた。
  「何が・・・あったの?」
  「・・・」
  とりあえず隣に腰掛ける。

  「・・・」
  「・・・」
  沈黙が続く。

  「あのね・・・」
  彩が口を開く。

  「セナ君にチョコ渡そうとして、それで、それ、で・・・」

  目から涙が溢れ出す。

  「アタシのこと、すきって、ヒック、いって、くれたのにぃっ!!」

  黙って彩を抱きしめる。

  アイツ、絶対許さない。

212 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:13:50.82 ID:CCCUB/GR0

  ギシッ、ギシッ
  ベッドが動きに合わせてきしむ。
  指に乳房の柔らかな感触。
  指先に力を込める度に甘い声が耳に届き、僕を陶酔の世界へと誘う。

  ちゅっ・・・

  「好きだよ・・・」

214 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:15:49.25 ID:CCCUB/GR0

  今日も駅のベンチで一人待ってる。
  あ、あの制服・・・違う。
  あっ!・・・違った。

  ・・・もう8時だ・・・帰らなきゃ・・・

215 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:20:34.57 ID:CCCUB/GR0

  やっべwwwwwwもう10時wwwwwww
  ここん所いっつもこんな時間だなぁ・・・
  共働きに感謝、感謝。

  ・・・あ、一応メールしとかなきゃ。
  『ゴメ、塾通う事になっちゃって平日一緒に帰れないわ』

  お、返信来た来た。
  『今度の日曜どうしても会いたいの』

  モテる男はツラいねぇタハー(ノ∀`)

216 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:23:07.31 ID:CCCUB/GR0

  「ごめん、待った~?」

  いつも通り待ち合わせの10分前に小早川君が来た。

  「いや、参ったよ~。最近成績ガタ落ちでさぁ」

  大丈夫、大丈夫。

  「ホント困るよなぁ、勝手に塾入る手続きされちゃって」

  絶対、負けない。

217 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:27:13.07 ID:CCCUB/GR0

  「ホント大変だね。で、塾で何の教科習ってるの?」

   な、何って、そりゃぁアレだよ・・・

  「数学と科学だよ、何か最近難しくなってきてついていけなくてさぁ~」
  「へ~、そうなんだ~・・・どんな人なの?塾の先生」

  え、えっと、んっと・・・
  「白髪の生えたおじいさんでさ、ワイシャツもなんかしわしわでさ・・・」

  「・・・巨乳で髪の長い女子高生じゃないの?」
  へ・・・?

218 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:31:48.28 ID:CCCUB/GR0

  何なのよ、数学だとかじじいだとか。
  「いや、なんの話?巨乳の女子高生て?へ?」

  大体アンタの方からアピって来たんじゃない。
  「あ、そっかそっか!」

  はいはい次は何て言い訳?
  「巨乳の子に浮気するんじゃ無いかって事ね?大丈夫胸の大きさなんて関係な・・・」

  バキッ!
  「ざけんじゃ無いわよ!!全部ばれてるんだからっ!!!」
  通学カバンの角、これは効くわよ?

219 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:35:57.87 ID:CCCUB/GR0

  っつ~~~~!!
  「な、何すだよ!?」
  「それはこっちのセリフよっ!!」

  ドガッ!!
  ちょwww顔やめてwwwボディでwwwww
  「何よあのデカチチ!!」

  ズドッ
  あひwwwwボディでも蹴りはヤメテwwwwww
  「鼻の下伸ばしやがって!!!」

  「ち、ちがうんだって、ただのクラスメ・・・」
  「とぼけんじゃねぇ早漏死ねっ!!!」
  ズガシャッ
  うはwwwwwwおけぇぇぇぇぇぇぇ・・・うぇっ

220 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:40:51.22 ID:CCCUB/GR0

  「でね、とどめにチンポ思い切り蹴り上げてやったの。」
  「うん、ナイス」
  やちるの部屋で梅昆布茶をすすりながら結果を報告する。
  ・・・ババ臭い趣味ねぇ。

  「アタシだったらとりあえずカバンにレンガでも詰めておいて全力でブン殴るかな」
  「あ~、アタシもそうすればよかった~」

  ズズッ・・・
  一瞬沈黙。
  あ、やば。涙出てきた。
  「ホント、なんで、あんなの好きになっちゃったのよぉぉぉっ!!!」
  「ホラ思い切り泣け!そして飲め!!」
  あ~しょっぱ。

221 :瀬名 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:43:02.09 ID:CCCUB/GR0

  さて、スレ立てスレ立て。
  まんまんみてもちんちんおっきしなくなっちゃった


  ちょwwwwwおまwwwwwww食いつきよすぎwwwwwww
  俺クオリティテラタカスwwwwうぇっうぇwwwwww


  マジシャレナンネorz

223 :彩 ◆Z2KySTSpOo :2006/01/28(土) 00:50:57.53 ID:CCCUB/GR0

  まだ4月上旬だってのに桜がほとんど散っちゃっている。

  あ~あ~、こんな風強いのにそんなスカート履いて。
  ・・・何気に胸でかいわね、あの子。
  はぁ・・・

  「どうしたのよアヤ?」
  「な~ん~で~も~な~い」
  「・・・ねね、アレ見て」
  やちるが例のミニスカ巨乳を指差す。
  「なんかさ、いかにも優等生って感じでむかつかない?無駄に乳でかいし」
  「うんうん・・・あれ、あいつ同じクラスじゃない?」
  廊下に張り出されたクラス表・・・ウチらと同じクラスの所に視線を注いでいる。

  「やっぱりアイツ同じクラスだって!!」
  「え、マジで~?」
  あ~もうヤダヤダ、こっちはデカ乳なんて見たくないのに。
  「ちょっといじめてやろっか?」
  「そうしよっか?」
  思い出しただけで腹立ってきたわ、デカ乳・・・


  ・・・あの子には罪、ないんだけどね。

  ~完~