※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

21歳新米OL、課長に恋しちゃったの(9)   http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1140092719/

37 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 22:17:17.24 ID:uQBT4wlq0

 「大泉君……なんで」
  「話は後!しっかりつかまってて!!」
  「は、はいっ!」

  私をお姫様だっこしたまますごい速さで走っていく大泉君。
  すごいな、こんな運動神経良かったなんて……

  そしてネオン街を抜け、ライトが灯る公園に到着した。

  「はぁ、はぁ、ここまで来れば大丈夫だろ……」
  うわ、汗びっしょりになっちゃってる。

39 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 22:22:04.01 ID:uQBT4wlq0

  「とりあえず、ここに座って」
  大泉君が私を下ろし、ベンチへと腰掛けさせる。
  そして、まだ恐怖で震えている私に自分のコートをかける。
  「ちょっと待っててね」
  そう言って、自販機の方へと走っていく。

  「はい、どうぞ」
  目の前に缶コーヒーが差し出された。
  あったかい……
  プシッ
  あ、甘口の……砂糖ミルク多め……

40 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 22:25:42.52 ID:uQBT4wlq0

  「大丈夫?怪我は無い?」
  大泉君も私の隣に腰掛け、優しげな視線を投げかける。
  「うん、大丈夫……」
  「そっか、よかった」
  そして、心底ほっとしたような笑顔。

  「でも……なんであそこに?」
  「うん……まぁ……」
  言葉を濁し、顔をそらす。
  「何て言うか、その……」

  赤くなってた頬が、ますます赤くなる……

41 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 22:29:45.08 ID:uQBT4wlq0

  「ストーカーみたいでアレなんだけど……」
  「なぁに?」
  「心配で……後つけて来てたんだ」
  「え、もしかして会社からずっと?」
  小さくコクンとうなずく。

  「ありがとう、大泉君……」
  「木戸さん、課長亡くなってから……すっかり落ち込んじゃってたし……」
  「……うん」
  「そういう状態で合コン連れ出されて、大丈夫なのかなって」
  「……優しいんだね」

42 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 22:33:55.57 ID:uQBT4wlq0

  「ねぇ、大泉君」
  「ん?」
  「知ってたんだね、課長の事……好きなんだって」
  急に熱いものがこみ上げてきた。

  「課長に会いたい、あいたいよぉっ」
  涙が溢れてくる。

  ……え?
  大泉君も……泣いてる?
  「木戸さん、好きなだけ泣いていいから」

43 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 22:38:12.42 ID:uQBT4wlq0

  思わず大泉君の胸にしがみつく。
  「課長、かちょうっ!好きだったのにぃっ!なんで、なんでっ!」
  大泉君も私を抱きしめ、頭を撫でてくれる。
  「うん、うん」
  「気持ち伝えたかったよぉっ!好きって、ちゃんと言いたかったよぉっ!」
  「大丈夫だよ、課長も、ぐすっ、聞いてくれてるよ」
  「ホント?大泉君、聞いてく、れてるかな?」
  「うん、空の上から、きっと聞いてくれてる」

  あったかい、すごくあったかい……
  ありがとう大泉君、ありがとう……

44 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 22:42:17.36 ID:uQBT4wlq0

  日曜日の早朝、鏡の前に立ち入念にチェック。
  「眉毛よし、目元も……うん、控えめにっと」
  鏡の中に映る、黒いスーツ姿の私。

  ちゃんと踏ん切り付けないと。
  課長のためにも。
  ……大泉君のためにも。

  決心した。
  課長に、気持ちを伝えに行く。

47 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 22:58:43.05 ID:uQBT4wlq0

  このマンションの6階に課長の自宅がある。
  オートロック前のインターホンのボタンを1つ1つ押していく。
  ……大丈夫、腹はくくってる。

  ピンポーン、ピンポー……

  「はい、どちらさまでしょうか」
  落ち着いた、透き通るような声。
  運動会の時に聞いたそれに比べると、少しばかり元気が無い。
  「木戸と申します。室尾課長に生前お世話になった」
  「あ、木戸さんね。今開けるからちょっと待っててね」

  そしてガラス戸が開いた。

48 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 23:02:05.32 ID:uQBT4wlq0

  「さぁどうぞ、上がって」
  あの時と比べ少し伸びた髪を、後ろでざっくりと束ねている。
  奥さんも……少しやつれたなぁ。

  案内された和室に置かれた白木の祭壇。
  写真の中でいつもと変わらない笑顔を見せている課長。
  そして白い布に包まれた箱。

  本当に、亡くなられたんですね。課長。
  「失礼します」
  祭壇の前に正座し、お焼香をあげる。

49 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 23:06:11.22 ID:uQBT4wlq0

  ――ダメですよ課長、ドジ治すって言ってたのに。
  目を閉じ、手を合わせる。

  ――こんなキレイな奥さん悲しませて、まったく。
  鼻にツンとくるお焼香の煙。

  ――課長……ずっとずっと好きでした。口に出しては言えませんでしたが。
  胸の奥が熱くなる。

  ――今まで、本当に、ありがとうございました。天国では、もう、ドジ、しないでくださいね。
  息が、まともに出来ない。

50 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 23:08:37.72 ID:uQBT4wlq0

  「はい、これで涙を拭いて」
  「ありがとうございます」
  奥さんがタオルを手渡してくれた。

  「……ありがとう」
  「え?」
  涙を拭く私に、不意に奥さんが礼を言った。
  「あの人が生きていたらきっとこう言っただろうから……だから、ありがとう」

  奥さんも、泣いていた。

51 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 23:14:57.20 ID:uQBT4wlq0

  「早すぎますよね、まだ36だってのに」
  「うん、一緒に旅行行こうねって約束してたのに」
  お互いに涙を流しながら、あの人の事を語る。

  「今年はドジ治すって、言ってたのに」
  「ホント、お餅をノドに詰まらせちゃうなんて、あの人ったら」
  「もっともっと、いっぱい話とかしたかったのにっ」
  「私も、もっともっと、一緒にいたかったっ」

  泣きじゃくる2人を、いつもと変わらない笑顔の課長が見守っていた。

52 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 23:19:14.18 ID:uQBT4wlq0

  居間に移動し、テーブルを挟みお茶をすする。
  「ねぇ、奥さん」
  「ん?」
  「やっぱり家でもドジだったんですか?課長」
  「ええ、しょっちゅうご飯粒とか落としたり」
  「もぅ……社食でもザル蕎麦スルスル逃がしてばっかだったし」
  「ふふっ、あの人らしい」

  「ねぇ、木戸さん」
  「はい」
  「あの人ね、いつも木戸さんの事話してくれてたのよ」
  「え、そうなんですか?」

53 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 23:23:51.10 ID:uQBT4wlq0

  「ドジってもいつもフォローしてくれる、助かるって」
  「だって、放っておけませんからあの人」
  「……ごめんなさいね、鈍感な人で」
  「こちらこそ、奥さんがいらっしゃるのに……」

  「……誠さんの事、好きになってくれてありがとうね」
  微笑みながら、奥さんが言った。
  「……え?」
  「あの人がこんなに好かれてたなんて、嬉しいな」
  「いや、そ、そんなっ」
  「……ちょっぴり、妬けるけどね」
  そして今度はいたずらっぽい笑み。

54 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 23:28:58.33 ID:uQBT4wlq0

  「またいつでも遊びにいらしてね」
  「はい、奥さんもお元気で」
  いくらか明るい表情になった奥さんに見送られ、部屋を後にした。

  マンションから出て、もう一度課長の部屋を見上げる。
  同時に視界に入るどこまでも青い空。

  背筋を伸ばし、深々と礼をする。

  ――課長、今までお疲れ様でした。

  『ありがとう、木戸君もお疲れ様』

  ――それでは……さようなら。

  課長の声が聞こえたような気がした。

55 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 23:33:21.27 ID:uQBT4wlq0

  「それでね、今度はマザコン男ひっかけちゃってさぁ」
  相も変わらずの職場の風景。

  「あいかわらず男運ないわねぇ香苗」
  1つ違うのは課長はもういないという事。

  「でも近場手打つとか考えられないしぃ~」
  でも課長は生きている、私や奥さんの心の中で。

  「私はそうは思わないけどな」
  そして、私を成長させてくれた。

56 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/19(日) 23:35:44.12 ID:uQBT4wlq0

  今日はバレンタインデー。
  「ねね、大泉君」

  ちょっぴり太めの同僚。
  「ん、なに?」

  「はい、これ」
  「え、いいの?こんな高そうなの」

  私はもう……

  「いいの――」

  踏み出す事を、ためらわない。

  「――本命だから」


  ~完~