※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

操作について

基本操作

特殊操作

ダッシュ(66,44) 中央4方向を除き、入力し続けることでダッシュを延長できます
ダッシュ中は相手の射撃を消したり、すり抜けられる「グレイズ」が発生します
飛翔+6or4
(66or44)
急上昇、急降下
(飛翔、9D、3Dなど)
入力した方向へ移動します。相手の方向へ振り向くこともできます
中央軸に戻るまでの間に1回のみ使用が可能です
飛翔+
1or2or3or7or8or9
結界ガード
(バリガ、チキガ)
敵を押し返します。ただし通常のガードより硬直が長くなります
ガード中にC
連撃(AAAA) 入力方向によって内容が変化します
AAA8A、AAA2A、AAA6Aなど
近距離でA連打
4+Aの後打連打
チャージ射撃
フルチャージ射撃
(LHB、長溜HB)
長く溜めるとフルチャージ射撃に変化します
チャージ中は各方向入力で移動できる他、後ろダッシュ(BD)でキャンセルできます(HBキャンセル)
Bを押し続けて離す
宣言
(通常宣言、生宣言)
スペルゲージを使用してスペルカードを使える状態にします
試合時間回復効果があります
(増加する時間は【スペルゲージ値÷100】(最大20)カウント)
ゲージ一本以上時に
スペルボタン
早口宣言(早口) 行動を中断して宣言を行います。早口自体でスペルゲージを一本消費します
通常宣言と違い、試合時間回復効果はありません
ゲージ一本以上時に
スペルボタンを2回
割り込み宣言(割り込み) ※1.20アップデートで追加
ガード中に使用することで、ダメージ無しで相手を押し返す攻撃判定を発生させつつ宣言します。
スペルゲージが1本以上かつ1000以上溜まっていないと使用できません
ガード中にスペルボタンを2回
スペルカード(スペカ) キャラクターセレクトで事前に選んだスペルを発動します。
スペルカードゲージ量によって威力が変化します。
宣言後スペルボタン
オカルトアタック 特殊な必殺技を使用します。威力はボールの所持数で変化します
使用後に攻撃を受けるとオカルトアタックと怪ラストワードの使用が一定時間不可能になります。
ただし、オカルトボールは奪われません
ボール所持時に
A+B
怪ラストワード(LW) オカルトボールを全て消費して大技を繰り出します。
威力はボールの所持数によって変化します
ボール4つ以上所持時
スペル+C
復帰 中央へ戻る前に体勢を立て直します。
受けた攻撃によって復帰可能までの時間が異なります。
吹き飛ばされ後 ボタン
吹き飛ばされ後 ボタン+4or6
ダウン回避 復帰せずに中央に戻った後、ダウンを省略して復帰します
スタン値が100%の場合はできません
中央でダウン前 ボタン
移動起き上がり ダウンから戻る際に、移動して復帰します。立スタン時はできません
立スタンと違い、スタン解除後15F(実質は5F)の間の両方ガードは成立しません
ダウン中4or6

ゲームシステム

グレイズ 前ダッシュ中と上下移動、急上昇、急降下(飛翔)の始めには
触れた相手の射撃を消したり、すり抜けられる「グレイズ」が発生します
ガード耐久値
ガードクラッシュ
相手の射撃をガードするとガード耐久値が削られ(赤くなる)、
全て失うとガードが崩されて一定時間無防備になります。
ガードクラッシュが発生するとガード耐久値が最大値を超えて回復します。暫く経つと標準値に戻ります
ガード中の上下移動 ガードをするとガード状態で硬直(ガード硬直)しますが、
上下移動を使うとガードの硬直が終わる少し前(2Fほど)から移動できます

軸について

  • 深秘録は常時空中戦のゲームではあるが、一般的な格ゲーの地上に相当するものとして基本軸(中央軸)が存在します
  • 常に基本軸へ引力が働いており、上軸の場合は降下、下軸の場合は上昇するため、上下軸に留まり続けることはできません
    (HBを溜め続けることで一定高度まで留まることはできる)
  • 上下軸は所謂空中判定のため、使用できる技・行動が異なったり、一部技の性能が変化したりします。
    また、上下軸から攻めてくる相手への迎撃手段を「対空」と呼称したりします

コメント

名前: